広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島駅の「縦列ベンチ」 | トップページ | 中国料理 恵莉華 »

2015年12月13日 (日)

軽減税率のない国

今日は、予定していた歴史と外交についての記事を後回しにし、強くリクエストされた記事を先に掲載します。

これまでも何度か記事にしてきたホイコッケンのシェフはデンマーク王室のシェフでした。

そのデンマークには軽減税率などありません。消費税は25%です。

デンマークは子どもたちの福祉を重視しており、18歳になるまで子ども手当てが支給されます。月額は以下の通りです。0-2歳は約26,000円、3-6歳は約21,000円、7-14歳は約16,000円、15-17歳は約16,000円、更に大学生には約8万円が支給されます。

デンマークの学校には、テストはありません。塾もありません。板書もなく、先生と生徒が平等に討論をし、自分で放課後を楽しみ、自分で考える力を養い、他者との対話を尊重します。

デンマークは再生可能エネルギーによる発電の割合が43%で世界1位です。そして、2050年までに化石燃料ゼロを目指しています。

デンマークの国会議員は最長1年の育休制度があり、休業中は報酬が全額支給されます。その期間は選挙で落選した比例候補名簿で上位だった人が代理議員を務めます。こうした配慮により、出産や育児をする人が国会議員になりにくいということがありません。

デンマークはICT=情報通信技術の発展指数で世界2位です。(ちなみに1位は韓国です)ロボット技術を介護や福祉に活用するための研究が進んでいます。

自由を重んじるデンマーク では政府・民間を問わず、副業(収入の有無は問わない)は本業との利益相反がない限り広く認められています。また協同組合や労働組合、地域社会でのボランティア、サークル活動なども盛んです。

デンマークでは、自動車と歩行者と自転車のレーンがきちんと分離されて、交通の安全と効率性が確保されています。

Photo

このデンマークには軽減税率などありません。消費税は25%です。

軽減税率を設けていないのは、以下の理由があります。
(1)徴税コストを抑制する
(2)軽減税率の適用対象品目の峻別が困難である
(3)税の歪みを抑制する
(4)高所得者は食料品に対しても相応の支出を行うため高所得者の方が軽減税率による負担軽減額が多くなる
(5)低所得者への配慮は社会保障給付によって行う方が効率的である

なお、慈善活動や文化活動、非営利活動などにより提供されるサービスなどは非課税となっています。

これらは全てデンマーク大使館の公式サイトからの情報です。

デンマーク領事館&大使館(Facebook)
https://www.facebook.com/EmbassyDenmark/

駐日デンマーク大使館(Twitter)
https://twitter.com/danishembtokyo

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

殆どが大使館のサイトからの内容なので良いことばかりのようですが、消費税のみならず所得税も高く累進性もなく50%超えているような国です。自動車税にたって280%と世界一税金の高い国です。安いレクサスでも1000万円を越えます。だから件のシェフも重税を逃れて日本に来たのではないですか?

投稿: 大和魂 | 2015年12月13日 (日) 07時53分


大和魂さん

ついでに高いものを言えば、投票率が90%近くあるということです。

だから、民主主義が機能し、国のお金=国民のお金、であり、それを皆で選んだ政治家が国民のために使うわけですから、いくら税金が高くても文句はないのだと思います。

そして、教育費は無料、医療も無料、介護も無料、全世帯の25%になる国営住宅も無料、そして国会議員の報酬は安く、地方議会の議員は無給のボランティアです。

どういう国を目指すのかには色々な考え方があります。大きな政府、小さな政府、自由な競争社会、福祉の充実した社会、様々でしょう。

最も重要なことは、それを国民が決める、ということです。日本政府が目指しているものは、とても国民の望んでいるものには思えません。

元デンマーク王室のシェフに限らず、移住に関して非常に高いハードルを持つ日本に来ている外国人がいます。政治はともかく、それだけ、まだ日本にも魅力があるということで、それは誇らしいことですし、それを政治で台無しにすることなく、引き継いで行くのは我々の責任だと思います。

投稿: 工場長 | 2015年12月13日 (日) 08時35分


新聞や書籍も軽減税率が話し合われるようですが、どんな議論になるか楽しみです。

明らかに言論封じ作ですが、これに反対する新聞社はいるでしょうか。まだ日本の大手新聞社にジャーナリストがいるのかどうか示して欲しいものですね。

投稿: 読者 | 2015年12月13日 (日) 11時37分


読者さん

新聞も買い方によって税金が違ったり、コンビニのイートインでも出され方によって違ったり、恐ろしく複雑な軽減税率となりそうですね。

そして、その財源は福祉予算になるとか、本末転倒とは、このことでしょうか。

投稿: 工場長 | 2015年12月15日 (火) 12時20分

« 広島駅の「縦列ベンチ」 | トップページ | 中国料理 恵莉華 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

殆どが大使館のサイトからの内容なので良いことばかりのようですが、消費税のみならず所得税も高く累進性もなく50%超えているような国です。自動車税にたって280%と世界一税金の高い国です。安いレクサスでも1000万円を越えます。だから件のシェフも重税を逃れて日本に来たのではないですか?

大和魂さん

ついでに高いものを言えば、投票率が90%近くあるということです。

だから、民主主義が機能し、国のお金=国民のお金、であり、それを皆で選んだ政治家が国民のために使うわけですから、いくら税金が高くても文句はないのだと思います。

そして、教育費は無料、医療も無料、介護も無料、全世帯の25%になる国営住宅も無料、そして国会議員の報酬は安く、地方議会の議員は無給のボランティアです。

どういう国を目指すのかには色々な考え方があります。大きな政府、小さな政府、自由な競争社会、福祉の充実した社会、様々でしょう。

最も重要なことは、それを国民が決める、ということです。日本政府が目指しているものは、とても国民の望んでいるものには思えません。

元デンマーク王室のシェフに限らず、移住に関して非常に高いハードルを持つ日本に来ている外国人がいます。政治はともかく、それだけ、まだ日本にも魅力があるということで、それは誇らしいことですし、それを政治で台無しにすることなく、引き継いで行くのは我々の責任だと思います。

新聞や書籍も軽減税率が話し合われるようですが、どんな議論になるか楽しみです。

明らかに言論封じ作ですが、これに反対する新聞社はいるでしょうか。まだ日本の大手新聞社にジャーナリストがいるのかどうか示して欲しいものですね。

読者さん

新聞も買い方によって税金が違ったり、コンビニのイートインでも出され方によって違ったり、恐ろしく複雑な軽減税率となりそうですね。

そして、その財源は福祉予算になるとか、本末転倒とは、このことでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62853708

この記事へのトラックバック一覧です: 軽減税率のない国:

« 広島駅の「縦列ベンチ」 | トップページ | 中国料理 恵莉華 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31