広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 中国料理 恵莉華 | トップページ | カープグッズショップ+α »

2015年12月16日 (水)

Bブロックの建物 寿命は100年? 儚いなー!

広島駅南口のBブロックの再開発ビルの全貌がほぼ見えてきた。
マンション部分はあと数階高くなるらしいが、
完成すれば高さ193m、中四国、九州で1番高いビルとなるという。

まだ工事中ということで、広島駅を出たところからみると、
建物の外壁に取り付けられたタワークレーンの足ーマストと呼ぶらしいが、
その姿がなんとも美しい。
超高層ビルの建設工事では、タワークレーンは通常、建物の中に設けられるので、タワークレーンのマストを見ることは滅多にない。
ル・コルビジェの「機能的なものは美しい」という有名な言葉を思い出させる。
竣工したら取り外されるのだろうが、
無くなったら、ノッペラボウなどこにでもあるマンションの外観になってしまうのだろう、
ちょっと寂しい。

工事中の建物には、少しずつ変化していくことへの期待と興奮と独特の美しさがある。

Image

この建物は大きい。
敷地面積8,300m2で、延べ床面積が124,800m2というから、単純に計算すれば1,500%の容積率になる。
1,500%というのはすごい。
ズムスタは50,472m2というから、その倍以上の面積がある。
戸数だって514戸という。
五月が丘団地は378戸だから、倍とはいわないが、ちょっとした郊外にある団地以上に大きい。
それが着工して3年ほどで竣工しする。
竣工したときには、多分全戸完売しているのだろう。

それだけの中身が、あの建物の中に収まっているのだと知ると、改めて驚く。

しかし、ここまでくるには、かなりの紆余曲折があったようだ。
計画がスタートしたのは1981年というから、竣工するまでに35年もかかったことになる。
35年は長い。
途中西武百貨店の出店計画もあったし、JALホテルの建設計画もあったが、
バブルがはじけたり、リーマンショックもあった。
西棟の低層部にビックカメラが出店し、13~52階の高層部には住友不動産の分譲マンションになったというわけだ。
東棟は一足早くパチンコ店がオープンしている。
パチンコ店だけが独立して造られたということには、それはそれなりの経緯があったらしい。

総工事費353億円というが、
建物は50年も経てば、一気に老化、劣化するという。
鉄筋コンクリートの建物の寿命は100年ともいわれている。

スペイン バルセロナのガウディの設計するサグラダファミリアは、造るのに300年間もかかるといわれていたが、建設技術の発達と潤沢になった資金のおかげで、144年間で完成するだろうといわれている。
完成してから1,000年はもつ?

3年ちょっとで造ったこの建物は何年もつのだろうか。
100年?
儚いなー
その時、どうするんだろう?

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


タワークレーンが外にできだしたのは、広島では約20年前くらいに始まったと思います。
最近は、ほとんどこれですよね。
それにここの建設方法は、梁や柱を工場で造ってきて、それぞれを現場で鉄筋を繋いで組み合わせて、繋ぎあわせた部分だけを現場でコンクリートを打っているようですね。
型枠大工が少なく、梁と柱の結合部は特に型枠が難しいので経験が必要だからと、難しい結合部分は工場で作り、直線部分だけを型枠にしているようですね。
こんな超高層ビルも、鉄筋コンクリートも組み立て式だと思うと技術の進歩は凄いですね。
最初は、森ビルが核になるような話だたっと思います。
バブルの頃は、「森ビル」って凄いと思ってましたが、今はどうなんでしょうか?

投稿: やんじ | 2015年12月16日 (水) 05時09分


古い神社仏閣や城などを観ると素晴らしく感動すらしますが、今そうしたものを作るというコンセンサスは得られないでしょう。100年かかって1000年もつより、3年で100年もつ方が効率的ですし、何よりも、その建物を建てると決めた人は誰も完成を見ることもなく、子孫は既にこの世にはいない先祖の決めたもののために働かされることになるわけです。どっちにしても多くの負の遺産を残して今でも増やしてはいますけど。

投稿: 通りすがり | 2015年12月16日 (水) 10時59分


やんじ様

Cブロックの開発も森ビルが主体になって進めているようですし、
上海にも巨大なビルを建設したようですし、
三井、三菱、住友系の企業とは、
一味違った事業の進め方をしているようですね。
たいしたもんです。

投稿: 元安川 | 2015年12月16日 (水) 13時40分


通りすがり様

今空き家が大きな問題になっていますが、
つい10年くらい前までは、
日本人はうさぎ小屋に住んでる、
とかいわれ、一生懸命建物を作ってきました。
それが今は余ってしまっているのです。
広島でも超高層ビルをどんどん作っていますが、
後が心配ですね。

投稿: 元安川 | 2015年12月16日 (水) 13時46分

« 中国料理 恵莉華 | トップページ | カープグッズショップ+α »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

タワークレーンが外にできだしたのは、広島では約20年前くらいに始まったと思います。
最近は、ほとんどこれですよね。
それにここの建設方法は、梁や柱を工場で造ってきて、それぞれを現場で鉄筋を繋いで組み合わせて、繋ぎあわせた部分だけを現場でコンクリートを打っているようですね。
型枠大工が少なく、梁と柱の結合部は特に型枠が難しいので経験が必要だからと、難しい結合部分は工場で作り、直線部分だけを型枠にしているようですね。
こんな超高層ビルも、鉄筋コンクリートも組み立て式だと思うと技術の進歩は凄いですね。
最初は、森ビルが核になるような話だたっと思います。
バブルの頃は、「森ビル」って凄いと思ってましたが、今はどうなんでしょうか?

古い神社仏閣や城などを観ると素晴らしく感動すらしますが、今そうしたものを作るというコンセンサスは得られないでしょう。100年かかって1000年もつより、3年で100年もつ方が効率的ですし、何よりも、その建物を建てると決めた人は誰も完成を見ることもなく、子孫は既にこの世にはいない先祖の決めたもののために働かされることになるわけです。どっちにしても多くの負の遺産を残して今でも増やしてはいますけど。

やんじ様

Cブロックの開発も森ビルが主体になって進めているようですし、
上海にも巨大なビルを建設したようですし、
三井、三菱、住友系の企業とは、
一味違った事業の進め方をしているようですね。
たいしたもんです。

通りすがり様

今空き家が大きな問題になっていますが、
つい10年くらい前までは、
日本人はうさぎ小屋に住んでる、
とかいわれ、一生懸命建物を作ってきました。
それが今は余ってしまっているのです。
広島でも超高層ビルをどんどん作っていますが、
後が心配ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62860361

この記事へのトラックバック一覧です: Bブロックの建物 寿命は100年? 儚いなー!:

« 中国料理 恵莉華 | トップページ | カープグッズショップ+α »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31