広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 今年の流行語・ミニマリストとパレートの法則と無駄 | トップページ | 民泊、airbnbが合法化される! »

2015年11月23日 (月)

テロと有志連合の違い

日本の報道番組の「誤報・隠蔽チェック」にも疲れ、テレビも見ることがなくなっていますが、「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスターが「誤爆の犠牲になった人たちから見れば、有志連合による空爆もテロに当たる」と発言したことが、ネット上でも議論を呼んでいます。

「誤爆とテロは違う」という意見もあります。

確かに先月(2015年10月)アメリカ軍が国境なき医師団の病院を爆撃したのは誤爆だと思われますが、とても「誤爆」とは思えない爆撃、あるいは誤爆でなくても市民を巻き添えにした爆撃も数多くあります。

そもそも、パリで100人あまりが犠牲になったテロが世界中に大きく扱われても、その攻撃とは関係のないモスクや難民キャンプが報復で襲われたことは殆ど報じられていません。

そして、何百回、何千回と繰り返えされている有志連合の空爆により、何千人、何万人もの犠牲者が出ていることも問題にされていません。

テロが如何に卑劣な行為だとしても、他国に軍隊を派遣し市民を巻き添えにするような攻撃が許されるという根拠はどこにあるのでしょうか。

日本で宗教団体がサリンを使ったテロを起こし、それに対して、米軍など他国の軍隊が日本を爆撃する、そんなことがあり得るのでしょうか。

ISの攻撃がテロなら、明らかにそれ以上の破壊を行い、それ以上の犠牲者を出している有志連合の空爆は何なのでしょうか。

2015年10月。ロシアのシリア空爆、民間人の死傷者多数
https://www.youtube.com/watch?v=yvIYk60Tq-U

#إدلبفيديو يوضح أثار الدمار في مدينة #أريحا بعد سقوط طائرة حربية تابعة للنظام من نوع "ميغ 23" وسط السوق الشعبي في المدينة؛ ما أدى لسقوط 27 شهيداً على الأقل وعشرات الجرحى، وما زالت عمليات البحث عن الجرحى جارية تحت الأنقاض، في ظل استهداف المدينة براجمات الصواريخ، وقذائف المدفعية من حواجز النظام في ريف حماه.#المركز_الصحفي_السوري.

Posted by ‎المركز الصحفي السوري‎ on 2015年8月3日

「テロとの戦い」と言えば、どんな犠牲も許されるのでしょうか。
戦争を終結するために原爆を使ったという米国の主張は正しいのでしょうか。

「私はイスラム教徒です。人々は私のことをテロリストだと言います。私はみなさんを信じています。みなさんは私を信じてくれますか? 信じてくれるのなら、ハグしてください」
https://www.youtube.com/watch?v=lRbbEQkraYg

このイスラム教徒の男性に100人以上のパリの市民がハグをしました。

しかし、その一方で、テロとは何の関係もないモスクが襲われたり、テロリストから逃れてきた難民のキャンプが襲撃されたりもしています。

「報復ではなく和解を」今こそ読むべき本です。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


スノーデン氏によれば、3つの国の諜報機関が、「スズメバチの巣」と名付けた作戦計画を立て、世界中の過激論者を一箇所に引き寄せることができるようなテロ組織を創りあげた。

NSAの文書は、シオニスト独立体(国家)を護るための「スズメバチの巣」作戦の一環として、宗教及びイスラム教のスローガンを創作するという最近の作戦実行について言及している。

スノーデン氏が明らかにした文書によれば、「ユダヤ人国家を守るための唯一の防護策は、その境界に『創られた敵』をおいておくことである」

暴露は、ISISのリーダーで聖職者であるアブ・バル・バグダデイはモサドの手で、神学理論と演説技術のコースの他に、まる一年間にわたって集中的軍事訓練を受けたことを明らかにした。

ロシアのプーチンはISISに資金援助をしている国がG20にある証拠を持っていると言ったが、その中に米国がいることは明らかである。

要するにテロは連合軍のマッチポンプで、テロを生み出しているのは米国、英国、仏国、そして、それに加わろうとしているのが日本だということである。

投稿: 解説 | 2015年11月23日 (月) 08時43分


空爆→自爆テロ→空爆・・・・・
報復の連鎖に陥っていますね。
どちらかが、全滅するまで、
この連鎖は続くのでしょうね。
原発が爆破されれば、それこそ人類の滅亡です。

秋葉氏に国連事務総長代行になっていただき、
調停をお願いしたら、どうでしょうか。

投稿: 宇品灯台 | 2015年11月23日 (月) 08時43分


北朝鮮、イラン、イラクを悪の枢軸、ならずもの国家と非難した、アメリカ、イギリス、フランスは、一体どれほど他国に侵入し、空爆などで一般市民を虐殺してきたか、彼らこそ、悪魔の国です。

投稿: 悪魔 | 2015年11月23日 (月) 21時48分


「誤爆」ってのは、現代のように正確な位置に爆撃できる性能があるのですからありえませんよね。爆撃は目標を正確に捉えて行われていますから、間違った爆撃なんてありえませんよね。
「誤爆」となる大きな要因は情報の正確性でしょうし、情報の信憑度がどれくらいなら爆撃するかという人の判断ですね。
そもそも、アメリカの戦略に、「民間人は犠牲にしない」なんて存在するのでしょうか。
「何をやっても勝てば官軍」であり、「勝ちさえすれば全ての法律や倫理も国際法も無視できる」ではないでしょうか・
ISISも国連の常任理事国も、同じようなものかもしれませんね。
少数の人の利益のために、多数を犠牲にするのですから。

宗教とか人種とか民族で差別しているようじゃ、世の中から戦争は無くならないでしょうね。
悪いのは、個人なんですからね。

そいえば、ネットの中には、ISISの指導者はイスラエルの諜報員だというのもありますね。
たしかに、イスラム教を目の敵にしているイスラエルが、有志連合の主だった国にはなっておらず、積極的に攻撃しているというのは見かけませんですからね。

投稿: やんじ | 2015年11月24日 (火) 09時39分


解説さん

こうした報道が有志連合の国より日本で報道されていないことが何より残念です。

国連の「表現の自由」をめぐる訪問調査を日本政府がドタキャンするという、国際社会から見たら異常な事態が発覚し、岸田外相が訳の分からない言い訳をしていましたが、「報道の自由度ランキング」も今や180カ国中61位と過去最低です。

日本人は如何に自分たちが何も知らないか、ということから知る必要がありそうです。事実を知らずに何も判断できません。事実を抜きに民主主義は機能しません。

投稿: 工場長 | 2015年11月26日 (木) 13時03分


宇品灯台さん

自分たちは安全な場所から攻撃を行なう空爆が正義で、自らの命をかけて闘う自爆テロが悪だというのは、なかなか理解し難いことですし、殺戮の先に平和があるとも思えません。

まさに「報復ではなく和解」というヒロシマの心を伝えるべき時ですね。

投稿: 工場長 | 2015年11月26日 (木) 13時05分


悪魔さん

死刑制度すら廃止している国が多い中、罪のない人の命まで奪う空爆やテロが許される「大義」があるはずもありませんが、これらが全て仕組まれたことだとすれば、本当に悪魔の所業ですね。

投稿: 工場長 | 2015年11月26日 (木) 13時08分


やんじさん

確かに、2年以上前からカリフォルニアの公道を走っている自動運転車はミリ単位の精度で走行していますから、遥かにお金のかかっている軍事用の機器が、それ以下ということはあり得ないでしょうね。

ついに、トルコがロシアの爆撃機を撃墜し、各国の思惑も一様ではありませんが、最も犠牲になるのは一般市民です。この殺人ゲームに参加することだけは避けたいものです。

投稿: 工場長 | 2015年11月26日 (木) 13時13分


日本に限らず西側の報道を見ていると、ロシアに悪く、トルコに好意的な印象を持つ人が多いようですが、トルコがシリアやイラクでテロ組織であるISISを支援していることは国際情勢に詳しい人には知られたことであり、当然それらは国際法違反です。逆にロシアのシリアへの軍事進出は、シリア政府の要請に応たえた合法的なものです。

イラク政府は、ISISを攻撃するふりをして、本当はISISを支援している米軍には撤退を促し、代わりにISISを本気で潰そうとしているロシア軍にイラクに駐留を許そうとしているのです。

一方で、トルコはイラクの抗議を無視して、トルコ軍をイラクに駐留させ、ISISがモスル近郊の油田で産出した石油の「石油ロンダリング」を助けており、その利益はトルコ与党、ISIS、イスラエルが得ています。

今後は、ロシアがイラク政府の要請を受諾し、ロシア軍がイラクに駐留するようになれば、ロシアはシリアだけでなく北イラクのトルコ軍基地を空爆するようにもなるので、トルコ軍が北イラクでロシアの爆撃機を撃墜したりする事態になり、いずれはトルコ軍=NATOとロシアとの戦い=第3次世界大戦に発展するというシナリオもあります。

こうしたことを何も知らず、理解せず、単に空爆もテロも同じだ、などと考えているから、戦争は防げないのですよ。

投稿: 大和魂 | 2015年12月15日 (火) 12時05分


大和魂さん

中東情勢についての詳しい解説をありがとうございます。
全くあり得ないシナリオとも思いませんが、現状ではかなり低い可能性とも思います。

まず、仮にロシアがトルコの要請に応じて進軍したとしても、シリアの内戦が終わらない状況で、ロシア軍が空爆をイラクにまで拡げることはないと思います。何より、現状のイラクでは仮にISISを掃討したところで、スンニ派アラブ地域を安定化できるシナリオが想定できません。

政治家によっては、勝っても負けても、軍産複合体が儲かりさえすれば良いという判断もあるかも知れませんが、プーチン大統領に関しては、そうではないように思えます。

軍事行動は、戦闘終結後の安定への政治的なシナリオが存在しない限り、いくら戦闘に勝ったところで、成功とは言えません。

シリアに関しては、ロシアが軍事介入してISISやヌスラ戦線を掃討することで、内戦が終わり治安も政情も安定し、アサド政権が引き続き政権を担うという状態で、ロシア軍は凱旋できるというシナリオがありました。

しかし、現在のイラクは違います。イラクにおけるシーア派、スンニ派、クルド人の状況をみる限り、いくらISISを潰したところで、スンニ派が安定した生活をおくれるようになるというシナリオがない限り、第2第3のISIS、あるいは第2第3のアルカイーダが生まれるだけだということを、プーチン大統領は理解しているように思います。

いずれにしても、大義、思惑、目的はともかく、殺される側の立場では、ニュースキャスターの古舘伊知郎氏が言ったように「テロも空爆も同じ」だというのは、素直にその通りだと思います。

投稿: 工場長 | 2015年12月15日 (火) 12時25分

« 今年の流行語・ミニマリストとパレートの法則と無駄 | トップページ | 民泊、airbnbが合法化される! »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

スノーデン氏によれば、3つの国の諜報機関が、「スズメバチの巣」と名付けた作戦計画を立て、世界中の過激論者を一箇所に引き寄せることができるようなテロ組織を創りあげた。

NSAの文書は、シオニスト独立体(国家)を護るための「スズメバチの巣」作戦の一環として、宗教及びイスラム教のスローガンを創作するという最近の作戦実行について言及している。

スノーデン氏が明らかにした文書によれば、「ユダヤ人国家を守るための唯一の防護策は、その境界に『創られた敵』をおいておくことである」

暴露は、ISISのリーダーで聖職者であるアブ・バル・バグダデイはモサドの手で、神学理論と演説技術のコースの他に、まる一年間にわたって集中的軍事訓練を受けたことを明らかにした。

ロシアのプーチンはISISに資金援助をしている国がG20にある証拠を持っていると言ったが、その中に米国がいることは明らかである。

要するにテロは連合軍のマッチポンプで、テロを生み出しているのは米国、英国、仏国、そして、それに加わろうとしているのが日本だということである。

空爆→自爆テロ→空爆・・・・・
報復の連鎖に陥っていますね。
どちらかが、全滅するまで、
この連鎖は続くのでしょうね。
原発が爆破されれば、それこそ人類の滅亡です。

秋葉氏に国連事務総長代行になっていただき、
調停をお願いしたら、どうでしょうか。

北朝鮮、イラン、イラクを悪の枢軸、ならずもの国家と非難した、アメリカ、イギリス、フランスは、一体どれほど他国に侵入し、空爆などで一般市民を虐殺してきたか、彼らこそ、悪魔の国です。

「誤爆」ってのは、現代のように正確な位置に爆撃できる性能があるのですからありえませんよね。爆撃は目標を正確に捉えて行われていますから、間違った爆撃なんてありえませんよね。
「誤爆」となる大きな要因は情報の正確性でしょうし、情報の信憑度がどれくらいなら爆撃するかという人の判断ですね。
そもそも、アメリカの戦略に、「民間人は犠牲にしない」なんて存在するのでしょうか。
「何をやっても勝てば官軍」であり、「勝ちさえすれば全ての法律や倫理も国際法も無視できる」ではないでしょうか・
ISISも国連の常任理事国も、同じようなものかもしれませんね。
少数の人の利益のために、多数を犠牲にするのですから。

宗教とか人種とか民族で差別しているようじゃ、世の中から戦争は無くならないでしょうね。
悪いのは、個人なんですからね。

そいえば、ネットの中には、ISISの指導者はイスラエルの諜報員だというのもありますね。
たしかに、イスラム教を目の敵にしているイスラエルが、有志連合の主だった国にはなっておらず、積極的に攻撃しているというのは見かけませんですからね。

解説さん

こうした報道が有志連合の国より日本で報道されていないことが何より残念です。

国連の「表現の自由」をめぐる訪問調査を日本政府がドタキャンするという、国際社会から見たら異常な事態が発覚し、岸田外相が訳の分からない言い訳をしていましたが、「報道の自由度ランキング」も今や180カ国中61位と過去最低です。

日本人は如何に自分たちが何も知らないか、ということから知る必要がありそうです。事実を知らずに何も判断できません。事実を抜きに民主主義は機能しません。

宇品灯台さん

自分たちは安全な場所から攻撃を行なう空爆が正義で、自らの命をかけて闘う自爆テロが悪だというのは、なかなか理解し難いことですし、殺戮の先に平和があるとも思えません。

まさに「報復ではなく和解」というヒロシマの心を伝えるべき時ですね。

悪魔さん

死刑制度すら廃止している国が多い中、罪のない人の命まで奪う空爆やテロが許される「大義」があるはずもありませんが、これらが全て仕組まれたことだとすれば、本当に悪魔の所業ですね。

やんじさん

確かに、2年以上前からカリフォルニアの公道を走っている自動運転車はミリ単位の精度で走行していますから、遥かにお金のかかっている軍事用の機器が、それ以下ということはあり得ないでしょうね。

ついに、トルコがロシアの爆撃機を撃墜し、各国の思惑も一様ではありませんが、最も犠牲になるのは一般市民です。この殺人ゲームに参加することだけは避けたいものです。

日本に限らず西側の報道を見ていると、ロシアに悪く、トルコに好意的な印象を持つ人が多いようですが、トルコがシリアやイラクでテロ組織であるISISを支援していることは国際情勢に詳しい人には知られたことであり、当然それらは国際法違反です。逆にロシアのシリアへの軍事進出は、シリア政府の要請に応たえた合法的なものです。

イラク政府は、ISISを攻撃するふりをして、本当はISISを支援している米軍には撤退を促し、代わりにISISを本気で潰そうとしているロシア軍にイラクに駐留を許そうとしているのです。

一方で、トルコはイラクの抗議を無視して、トルコ軍をイラクに駐留させ、ISISがモスル近郊の油田で産出した石油の「石油ロンダリング」を助けており、その利益はトルコ与党、ISIS、イスラエルが得ています。

今後は、ロシアがイラク政府の要請を受諾し、ロシア軍がイラクに駐留するようになれば、ロシアはシリアだけでなく北イラクのトルコ軍基地を空爆するようにもなるので、トルコ軍が北イラクでロシアの爆撃機を撃墜したりする事態になり、いずれはトルコ軍=NATOとロシアとの戦い=第3次世界大戦に発展するというシナリオもあります。

こうしたことを何も知らず、理解せず、単に空爆もテロも同じだ、などと考えているから、戦争は防げないのですよ。

大和魂さん

中東情勢についての詳しい解説をありがとうございます。
全くあり得ないシナリオとも思いませんが、現状ではかなり低い可能性とも思います。

まず、仮にロシアがトルコの要請に応じて進軍したとしても、シリアの内戦が終わらない状況で、ロシア軍が空爆をイラクにまで拡げることはないと思います。何より、現状のイラクでは仮にISISを掃討したところで、スンニ派アラブ地域を安定化できるシナリオが想定できません。

政治家によっては、勝っても負けても、軍産複合体が儲かりさえすれば良いという判断もあるかも知れませんが、プーチン大統領に関しては、そうではないように思えます。

軍事行動は、戦闘終結後の安定への政治的なシナリオが存在しない限り、いくら戦闘に勝ったところで、成功とは言えません。

シリアに関しては、ロシアが軍事介入してISISやヌスラ戦線を掃討することで、内戦が終わり治安も政情も安定し、アサド政権が引き続き政権を担うという状態で、ロシア軍は凱旋できるというシナリオがありました。

しかし、現在のイラクは違います。イラクにおけるシーア派、スンニ派、クルド人の状況をみる限り、いくらISISを潰したところで、スンニ派が安定した生活をおくれるようになるというシナリオがない限り、第2第3のISIS、あるいは第2第3のアルカイーダが生まれるだけだということを、プーチン大統領は理解しているように思います。

いずれにしても、大義、思惑、目的はともかく、殺される側の立場では、ニュースキャスターの古舘伊知郎氏が言ったように「テロも空爆も同じ」だというのは、素直にその通りだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62729810

この記事へのトラックバック一覧です: テロと有志連合の違い:

« 今年の流行語・ミニマリストとパレートの法則と無駄 | トップページ | 民泊、airbnbが合法化される! »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31