広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« JINS MEME | トップページ | ストレスチェック法 »

2015年11月30日 (月)

デンキブランと神谷バー

東京に住む友人達4人で、浅草雷門近くの「神谷バー」で食事した。

上野駅から地下鉄銀座線に乗った。
駅は天井は低く、レトロな雰囲気がそのまま残っている。

折角だからと浅草寺にお参りし、
ついでに、仲見世の友人の経営する「杵屋」で「雷門おこしと揚げおかき」を、皆へのお土産に買った。
このあたりに来るのは久しぶりだが、妙に懐かしく、ホッとする。

「神谷バー」は、1階が神谷バー、2階がレストランカミヤ、3階が割烹神谷になっている。
トリップアドバイザーにランクインしていることもあってか、外人客が多い。
台東区のレストラン2,611軒の中で46位とある。

Image


2階のレストランで食事。
まずは生ビールで乾杯。
アサヒビールの本社がすぐ近くの川向こうにあるからだろう、ビールはすべてアサヒビールだ。
ウイスキーは全て竹鶴、
焼酎は「1丁目1番1号」、神谷バーの創立者が明治32年に北海道旭川に創った工場で製造したという。 焼酎甲類だが、美味い。
300mlの四角い小さなビンも可愛いらしい。
徳利に丁度いい大きさだ。
あっという間に2本空けた。

つまみはコロッケ、ハンバーグ、唐揚げ、ソーセージと、どれも馴染みの料理だ。

料理も酒も安くて、美味い。

「ここで、たまに会おうじゃないか」ということに、即決した。

私の本籍は、元々雷門だったが、結婚し、新居を作ったときに、今の住所に移した。
母に、「本籍はそう簡単には移すものではありません」と怒られた。
父はそこで生まれ、育ったということで、父母とも相当に思い入れのある地だったようだ。

会社社長として羽振りの良かった父は、このあたりでよく遊んでいたらしい。
その父からは、神谷バーの話はよく聞いていた。

明治の時代、ブランデーなんてのはハイカラで、
40~50度もあるブランデーは強すぎるということでワインをブレンドして出したところ、
電気にふれたようにしびれたので、電気ブランと名がついたといわれているが、
そのブレンドの仕方は門外不出で、ここでしか飲めないという。

食後、1階のバーで、その有名な「デンキブラン」を飲んだ。
デンキブランは 270円。ちょっと甘めで飲みやすい。
電気ブラン〈オールド〉は370円。
Denki Bran Fixは 510円とある。

1人で飲んでいるのは男性だけではない、女性も多い。


戦前は浅草地区は日本一の繁華街として栄えたらしいが、
そんな古き良き時代の雰囲気が、洋風の建物にも、
バーにも、レストランにも残っている。

料理もさして高くないから、
東京に行ったついでに、こんな不思議な空間で、1人でデンキブランを飲むのも、また粋だ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« JINS MEME | トップページ | ストレスチェック法 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62765098

この記事へのトラックバック一覧です: デンキブランと神谷バー:

« JINS MEME | トップページ | ストレスチェック法 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30