広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 原発と詭弁−1 | トップページ | 原発と詭弁と嘘-2 »

2015年10月13日 (火)

ウッドデッキ

友人が家を新築している。
崖の擁壁の上に、小さな緑色の箱が、せり出して、建つ。

仲々ドラマチックだ。

庭にはウッドデッキのテラスを作るという。
そういえば、両親の家には、「濡れ縁」なんてのがあった。
雨晒しの縁側、廊下といえばいいだろうか。

雨晒しになるから、それなりの防腐剤処理がされている木を使うのかと思っていたが、
廃木材と廃プラスチックをリサイクルして固めたいうECOROCAの製品を使うのだという。
耐水性、耐久性、耐熱性がいいのだという。
2cmくらいの厚さだが、中は中空になっている。
だから、軽い。
http://www.awi.co.jp/business/other/ecoroca/

Image_3

かなり前から新建材と称する木擬き、石、岩擬きの建築資材が作られていた。
今では本物以上に綺麗だったりすると、木ではない、石ではない、岩ではないと思った方がいいくらいに、その技術は進歩している。

そうした擬きの建築資材はどうも好きになれなかったが、
このECOROCAの製品は、廃木材と廃プラスチックのリサイクル材を固めているというコンセプトがいい。
エコであり、かつ長持ちするというのだ。


このECOROCAの製品はそう簡単には腐らないから、
建物の外壁にも使えるのだという。

最近は土を固めて焼いたセラミックが、耐火性、耐水性に優れているということでよく使われている。

このECOROCAは耐火性はあまりなさそうだが、
木の温もりがあるのがいい。

我が家でウッドデッキのテラスを作る時には、使ってみよう。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 原発と詭弁−1 | トップページ | 原発と詭弁と嘘-2 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62447770

この記事へのトラックバック一覧です: ウッドデッキ:

« 原発と詭弁−1 | トップページ | 原発と詭弁と嘘-2 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31