広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 原発と詭弁と嘘-3 | トップページ | 原発と詭弁と嘘-4 »

2015年10月17日 (土)

新白島駅 20151017

アストラムライン新白島駅の全貌がほぼ見えてきた。

シリンダー状の駅舎部分ができたのが3月14日で、
それから7ヶ月経っても、まだ全てが完成したわけではない。
ちょっと異常だが、
まあそれだけ建設業界は厳しい状況にあるということだろう。

Image

JR新白島駅から、
フラットな屋根が川のように、アストラムライン新白島駅に向かって、
曲線を描いて作られている。
天井には杉板が貼られ、
屋上は緑の植栽になっている。

緑の草と茶色い杉板のフラットな屋根が、
白い四角い幾何学的なJRの駅舎と白いシリンダー状のアストラムラインの駅舎を結ぶ様は、
なんともドラマチックだ。

当初の計画では、このフラットな屋根はなく、
シリンダーの駅舎がほぼ直接JRの駅舎に繋がるはずだったが、
工事費削減ということで、フラットな屋根に変更された。
それが結果として、
このドラマチックな空間を作り出すことになったようだ。

シリンダー状の屋根には沢山の円い穴が空いていることで、駅のプラットホームはやけに明るい。
夜になるとその穴から光が洩れてくる。

プラットホームに降りるエスカレーターからみるホームの人たちの動きは、
見るだけでも楽しい。

アストラムライン新白島駅の改札口の前はかなり広い広場となっている。

いずれここに、
オープンカフェができたり、
ミニコンサートがされたり、ストリートパーフォマンスがされたりするようになるのだろう。

楽しみだ。

新白島駅は広島のシンボルマークとなったことは確かだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 原発と詭弁と嘘-3 | トップページ | 原発と詭弁と嘘-4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62474234

この記事へのトラックバック一覧です: 新白島駅 20151017:

« 原発と詭弁と嘘-3 | トップページ | 原発と詭弁と嘘-4 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30