広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 医学部定員の削減 | トップページ | iPad airの保護フィルム »

2015年9月18日 (金)

マイナンバー

憲法も民意も無視する政府ですが、来年から運用開始されるマイナンバーについても驚くほど報道がありません。

最も報道がないのは、中小零細企業、事業者に対する義務と責任です。中小企業の社長らと話しても、法律の内容やガイドラインについてあまりに知らないことに驚きます。

当面、最も大変な義務と責任を押し付けられて大変になるのは中小企業で、どんな零細企業であっても例外なく、基本規程、取扱規程などを作り、組織的安全処置と人的安全措置、さらにそれを確実に実行するための技術的・物理的な対策も求められます。

とにかく、全ての事業者が目的を明示した上での従業員とその家族のナンバーの収集・本人確認、そして保存期間を過ぎたデータの廃棄・削除までが義務付けられ、違反に対しては両罰規定つまり担当者と共に会社も責任を負う法律になっており、特に情報漏えいに対する罰則は極めて重く、例えば特定個人情報(マイナンバー付きのデータ)を提供すると執行猶予の付かない実刑となります。

それを防ぐために事業者には就業規則の変更、社員教育なども求められると同時に、委託業者に対しても、自社以上の管理体制を監督する義務を負いますし、委託先が再委託する場合の許諾と再委託先の監督義務も負います。

例えば委託先に対しては、最低でも、秘密保持義務、事業所内からの特定個人情報の持ち出し禁止、特定個人情報の目的外利用の禁止、再委託における条件、漏洩事案の発生時における委託先の責任、委託業務終了後の返却または廃棄、従業員に対する監督・教育、契約内容の遵守状況についての報告、などを明記し守らせるようになっています。

運用規定はマイナンバーの取得から始まり、利用、保管、提供、削除・廃棄の各段階で明確に定めるよう指導されていますし、それらが確実に実行されるための物理的な環境整備と教育まで求められます。

利用は当面は行政手続きに限られますが、給与や報酬に伴う手続きに必要になりますから、事業者は従業員だけでなく、顧問など報酬を支払う全ての個人とその家族についての情報収集が必要となります。その本人確認も事業者の責任です。

当面、マイナンバーが必要となる提出書類は、源泉徴収票、支払報告書、雇用保険者資格取得・喪失届、健康保険・厚生年金保険被保険者被扶養者異動届などがあります。

また、マイナンバー法は特定法であり、従来の法律より上位にあるため、従来の法律と矛盾する点があっても、マイナンバー法が優先されます。

保管については電子データにすると面倒で、アクセスログ(いつ、誰が、どのパソコンから、どのファイルにアクセスしたか)の管理体制や、社内で利用できる電子媒体(USBメモリーなど)の制限も必要になりますから、電子媒体を使わずに紙媒体での保管が現実的です。

ついでに、法人に対しても法人番号が通知されますが、これはインターネットでマルチデバイス、マルチプラットフォームで公開されるため、一切の管理は不要です。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


零細企業の社長ですが、先週くらいから銀行のセミナーがいくつかあり、銀行の子会社がマイナンバーの収集を一人600円で請け負うとか、色々と整備しないといけない規定集のひな形を10万円で売るとかという話しでしたが、話しを聞けば聞くほど零細企業が自力で出来るようなことではなく、こうしたサービスを使うしかないと思わせる内容でした。

我が社は書かれているように「紙でのみ」の管理に決め、買うのはせいぜい金庫くらいですが、電子データにでもしようものなら、鍵のかかる専用オフィスに、専用回線を引いた専用パソコンに覗き見ができないフィルムを貼っておき、担当者以外は入れないようにして、その担当者にも入退室の記録を付けさせ、いつ誰がどのファイルにアクセスしたかというコンピューターログの管理からセキュリティーソフト、運用ソフト、確実な削除システム、それらのシステムの保守管理の導入は必須となり、下手をすると2000年問題以来のITバブルになるのではないかとすら思い、まずは関連株を買ったところです。

アベノミクスは失敗ですが、マイナンバーこそが究極の経済対策と言えそうです(笑)

投稿: 社長 | 2015年9月19日 (土) 09時09分


社長さん

このところの経済政策が全てそうですが、一部の企業にはバブルをもたらしますが、それが弱い立場の人達に大きな負担を強いることが問題だと思います。本来、政治が行なうべきは、逆だと思うのですが…

投稿: 工場長 | 2015年9月20日 (日) 08時24分

« 医学部定員の削減 | トップページ | iPad airの保護フィルム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

零細企業の社長ですが、先週くらいから銀行のセミナーがいくつかあり、銀行の子会社がマイナンバーの収集を一人600円で請け負うとか、色々と整備しないといけない規定集のひな形を10万円で売るとかという話しでしたが、話しを聞けば聞くほど零細企業が自力で出来るようなことではなく、こうしたサービスを使うしかないと思わせる内容でした。

我が社は書かれているように「紙でのみ」の管理に決め、買うのはせいぜい金庫くらいですが、電子データにでもしようものなら、鍵のかかる専用オフィスに、専用回線を引いた専用パソコンに覗き見ができないフィルムを貼っておき、担当者以外は入れないようにして、その担当者にも入退室の記録を付けさせ、いつ誰がどのファイルにアクセスしたかというコンピューターログの管理からセキュリティーソフト、運用ソフト、確実な削除システム、それらのシステムの保守管理の導入は必須となり、下手をすると2000年問題以来のITバブルになるのではないかとすら思い、まずは関連株を買ったところです。

アベノミクスは失敗ですが、マイナンバーこそが究極の経済対策と言えそうです(笑)

社長さん

このところの経済政策が全てそうですが、一部の企業にはバブルをもたらしますが、それが弱い立場の人達に大きな負担を強いることが問題だと思います。本来、政治が行なうべきは、逆だと思うのですが…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62300861

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー:

« 医学部定員の削減 | トップページ | iPad airの保護フィルム »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31