広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« いぶしぎん・「食卓は遊びの広場だ」 | トップページ | アイフォンのケーブルは保証付き »

2015年9月25日 (金)

民営化とバブルとホテル近鉄アクアブィラ

このシルバーウイークに伊勢志摩方面に行き、
近鉄ホテルアクアブィラ泊まった。

伊勢志摩観光ホテル クラシックはサミットが開かれるということで、
一躍有名になったが、そこは現在改装中ということで泊まれなかった。
残念?

しかし同じ近鉄グループの経営するこの近鉄ホテルアクアブィラは、
なかなか素敵な、面白いホテルだった。
お勧めだ。

伊勢志摩の入り組んだ岬の高台に建っていることで四方八方、遠くに海が見える。

瀬戸内海に面して生活する私にとって、その景観はそれほどのものではなかったが、
敷地の高低差を巧みに使い、景観と周辺の緑を上手く取り込んでいるのには感心した。

メインエントランスは4階にある。
そのエントランスの車回しの下が駐車場になっている。
通常、駐車場は美しいとはとても言えないが、それをここでは車回しの下に隠しているのもいい。
駐車場からは、すぐに3階のエレベーターにアクセスできる。

建物は6階建てと低層なのに、各部屋からの景観は素晴らしい。
片廊下方式だが、廊下のガラスは大きく、海を望める。

1、2、3階の屋上は緑化され、5~6mほどの高さの大きな木も生えている。
部屋はその緑化された庭に面している。
なかなかいい。

通常、この位の大きな木を屋上に植えようとすると、
建築工事として、防水層、押えコンクリートがあり、
その上に、防根シート、排水層、透水シート、軽量土と重ねるので、
50cm以上の厚さが必要だという。

Image_9_2

普通なら、無愛想な真っ平らな陸屋根にするところを、
この建物の屋根は大きな折り紙を折ったような形にしているのも、美しい。

建物を上手く自然に溶け込ませるための工夫があちこちにある。
機能主義的にみれば、無駄な空間があちこちにある。

内装もかなり贅沢だ。

バブルの遺産という感じであるが、
ネットで調べてみると、
このホテルはそもそもは、
郵便貯金総合保養施設として、国立公園内に、宿泊施設、温泉、プールなどを備えた複合型保養施設メルパール伊勢志摩として作られたが、2007年3月末をもって営業終了し、
それを近鉄が取得し、「ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩」として改装し、
ホテルとして、一般開放したようだ。

こんな贅沢なホテルは、バブルでもなければ、作られなかっただろうと思う。

バブルも悪くないと思えてくるから、
可笑しい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


民間は良い物を造ったのですね。バブルの良い遺産になっているのでしょうね。
でも、公的な組織は、お金をたくさん使うための建造物ばかりでしたから、負債だらけでしたよね。
負債は多額に残って、建造物は廃墟が、バブルのイメージになってしまってますね。

投稿: やんじ | 2015年9月25日 (金) 06時07分


バブルの遺産と言えば、リゾートマンションも多いですね。
ホテル化されているところも多く、サービスよりハードを重視すると、海外のリゾートホテルのように100平米を超えるような広いスイートに安くて泊まれるところが多く、重宝しています。宿泊施設の再建といえば、星野リゾートのようにサービスを充実させて高く売っているところもありますが、どちらにしても民間は有効活用して再生できますが、役所絡みは三セクでも廃墟になるところが多い感じがします。

しかし伊勢なら一番はベイスイートでしょう。クラシックが、どんなにリニューアルされるかも楽しみですけど。

投稿: ホテル好き | 2015年9月25日 (金) 08時24分


やんじ様

コメント、
ありがとうございます。

このホテルは近鉄が作ったのだろうと思っていましたが、
経緯をみると、
どうも当時の郵政省が作ったようです。

世の中、あまりに変化が激しく、
かってどうだったかを知るのが、難しい時代になりましたね。

投稿: 元安川 | 2015年9月25日 (金) 08時30分


ホテル好き様

詳しいですね。

確かにリゾートマンションはバブルの遺産の最たるものですね。
それを是非airbnbのようなシステムを通して、
誰でもが気軽に泊まれるようにして欲しいですね。

次回は、ベイスイートに泊まってみたいと思っています。

投稿: 元安川 | 2015年9月25日 (金) 08時43分

« いぶしぎん・「食卓は遊びの広場だ」 | トップページ | アイフォンのケーブルは保証付き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

民間は良い物を造ったのですね。バブルの良い遺産になっているのでしょうね。
でも、公的な組織は、お金をたくさん使うための建造物ばかりでしたから、負債だらけでしたよね。
負債は多額に残って、建造物は廃墟が、バブルのイメージになってしまってますね。

バブルの遺産と言えば、リゾートマンションも多いですね。
ホテル化されているところも多く、サービスよりハードを重視すると、海外のリゾートホテルのように100平米を超えるような広いスイートに安くて泊まれるところが多く、重宝しています。宿泊施設の再建といえば、星野リゾートのようにサービスを充実させて高く売っているところもありますが、どちらにしても民間は有効活用して再生できますが、役所絡みは三セクでも廃墟になるところが多い感じがします。

しかし伊勢なら一番はベイスイートでしょう。クラシックが、どんなにリニューアルされるかも楽しみですけど。

やんじ様

コメント、
ありがとうございます。

このホテルは近鉄が作ったのだろうと思っていましたが、
経緯をみると、
どうも当時の郵政省が作ったようです。

世の中、あまりに変化が激しく、
かってどうだったかを知るのが、難しい時代になりましたね。

ホテル好き様

詳しいですね。

確かにリゾートマンションはバブルの遺産の最たるものですね。
それを是非airbnbのようなシステムを通して、
誰でもが気軽に泊まれるようにして欲しいですね。

次回は、ベイスイートに泊まってみたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/62336897

この記事へのトラックバック一覧です: 民営化とバブルとホテル近鉄アクアブィラ:

« いぶしぎん・「食卓は遊びの広場だ」 | トップページ | アイフォンのケーブルは保証付き »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30