広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 赤い電気自動車 | トップページ | 車椅子のまま運転 »

2015年3月 9日 (月)

ドイツ・メルケル首相発言「日独協力して、脱原発を」

《ドイツのメルケル首相は日本を訪問するのを前に、ドイツが進めている脱原発政策について、「日本も同じ道を進むべきだ」と述べ、エネルギー政策の転換を呼びかける考えを示しました。
・・・・・・・
この中で、メルケル首相は4年前の東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「ドイツは、このぞっとするような原発事故を連帯感を持って受け止め、より早く原子力から撤退する道を選んだ」と述べました》
とNHKがニュースで報じたことを、
News Picksが取り上げ、
それに対し、様々の人がコメントをよせていた。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150307/k10010007561000.html

堀江貴文氏は「余計なお世話だ」と断じ、
かなりの人が「ドイツはフランスから原発で発電した電気を買っていて、何を寝ぼけたことを言ってるんだ」といっていた。
総じて「日本とドイツは違う。
原発がなければ、日本の経済は成り立たない」
といった類のコメントが多かったように感じる。

どうも「原発が壊れた時の様々のリスクと原発の経済的メリット」とを、
同じ次元で、比べて論じているように思える。

今回のフクシマ原発事故のようなことが起これば、
人間の身体に様々の影響を及ぼすわけで、そのリスクと、
原発による経済的メリットとは、
本来次元が違う話なんだろうと思う。

しかしそれもフクシマ原発事故をみると、
たくさんの人が避難を余儀なくされ、今まで住んでいたところに住めなくなったり、
フクシマ原発周辺の農作物、水産物が食べられなくなったり、
除染、廃炉にはかなりの年月と費用がかかるというがわかってくると
どうも原発の経済的メリットも本当にあるの?
といいたくなってくる。

私は素直に、このドイツ・メルケル首相の
「ドイツと日本が協力して、脱原発を進めましょう」
という提案に乗りたい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


あれだけ世間を騒がせて反省もない堀江貴文氏の意見など、それこそ「大きなお世話」です。

メルケル首相の「ドイツと日本が協力して、脱原発を進めましょう」に賛成します。

投稿: ちょっと辛口 | 2015年3月 9日 (月) 07時03分


原発は一般の国民にとっては高い電気を買わされるというデメリットと取り返しの付かない被害を及ぼす危険しかない。
だが原発による様々な補助金も貰って潤う乞食どもには莫大な経済効果だ。
その乞食どものおかげで今も11万人が避難生活を余儀なくされ廃炉どころか汚染水の処理すら目処が立っていない。
確かこのブログにも書かれていたと思うがフランスから買う以上の電力をドイツはフランスに売っている。
原発の電力は細かく調整できないので余剰電力を叩き売るしかなく、足りない時は他の国から買うしかない。
ドイツはフランスの余剰電力を買ってあげているに過ぎないが、最終的にはフランスの汚れた電力を買うのをやめて、100%クリーンなノルウェーからの電力に切り替える予定だ。
それに今でもドイツ国民は自分が望みさえすれば100%自然エネルギーの電力が買える自由がある。ここが最大の違いだ。日本国民はいくら望んでも乞食に金をやることを止められない。

投稿: 源氏 | 2015年3月 9日 (月) 07時56分


余計なお世話ではないのです。
福島の原発事故の時に、もし燃料プールが倒壊したら南半球に逃げると言っていた米国の専門家がいました。
原発事故は世界中に影響します。事実、福島の原発事故の時も放射能は米国西海岸まで及びました。
あの事故を経験すれば、こんな地震大国に原発を置いておくことはできないと思うのは当たり前です。

投稿: ホーリー | 2015年3月 9日 (月) 08時04分


原発が全て停止していて、大企業は儲かり、中国から撤退して国内に工場を移転しているのに、未だに、原発がなければ経済が成り立たないと言っている人は、原発カルト教団の信者なんでしょうかね。
こう主張する人たちは、もし原発が稼働しても電気代が下がらなければ、電力会社を責めるのでしょうか?まあ、稼働しても下がらないでしょうね。
原発が稼働したら、電気代がどれだか下がるかを示してもらいたいものです。
原料費がタダのエネルギーを使った発電のほうが安いのは、当たり前です。
30年前数千万円していたコンピューターも、いまのスマホ以下の性能でしょうから、再生エネルギー発電に進んだほうが、将来的には、安価で外国の事情に左右されない安定した電気になると思います。

投稿: やんじ | 2015年3月 9日 (月) 08時38分


ちょっと辛口様

「ちょっと甘口」のコメント、
ありがとうございます。

投稿: 元安川 | 2015年3月 9日 (月) 09時10分


私の友人は石垣島に引っ越してしまいました。

色々理由はあるのでしょうが、
沖縄県の人口は増えているそうです。

投稿: 元安川 | 2015年3月 9日 (月) 09時19分


やんじ様

除染、廃炉等のための費用は11兆円かかるという計算もあるようです。
それを経済効果と受け取る人がいるようですから、
厄介ですね。

投稿: 元安川 | 2015年3月 9日 (月) 09時29分


今、日本のどこに住んでも原発ゼロの電力です。
日本は世界で最初に脱原発を果たした国です。
あとは少しでも早く廃炉にして、原発が停っても使う無駄な電力を止めることです。
そして世界中に廃炉ビジネスを展開して儲けるのです。

投稿: 平家 | 2015年3月 9日 (月) 09時48分


平家様

廃炉ビジネス、
東電の新しいビジネスとして開発、輸出し、
電気代が安くなれば、
国民から感謝されるでしょうね。
応援しましょう!

投稿: 元安川 | 2015年3月 9日 (月) 10時18分


メルケル首相は「ドイツが戦後、国際社会に受け入れられたのは、過去ときちんと向き合ったため」と言っていますが、安倍首相は過去ときちんと向き合うこともなく、紛争地域の一方にだけ金をばら撒き、それで国際社会に受け入れられるとでも思っているのでしょうか。
同じ敗戦国でありながら、今やドイツはヨーロッパのリーダーで、日本はアジアの嫌われ者、この差が何か、いつになったら分かるのでしょうか。

投稿: 国際派 | 2015年3月 9日 (月) 20時03分


国際派様

ドイツの「過去と向き合う」はかなり徹底しているようですね。
その内容がどのようなものか、
もっときちんと、メディアは報じて欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2015年3月10日 (火) 08時49分

« 赤い電気自動車 | トップページ | 車椅子のまま運転 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント


あれだけ世間を騒がせて反省もない堀江貴文氏の意見など、それこそ「大きなお世話」です。

メルケル首相の「ドイツと日本が協力して、脱原発を進めましょう」に賛成します。

原発は一般の国民にとっては高い電気を買わされるというデメリットと取り返しの付かない被害を及ぼす危険しかない。
だが原発による様々な補助金も貰って潤う乞食どもには莫大な経済効果だ。
その乞食どものおかげで今も11万人が避難生活を余儀なくされ廃炉どころか汚染水の処理すら目処が立っていない。
確かこのブログにも書かれていたと思うがフランスから買う以上の電力をドイツはフランスに売っている。
原発の電力は細かく調整できないので余剰電力を叩き売るしかなく、足りない時は他の国から買うしかない。
ドイツはフランスの余剰電力を買ってあげているに過ぎないが、最終的にはフランスの汚れた電力を買うのをやめて、100%クリーンなノルウェーからの電力に切り替える予定だ。
それに今でもドイツ国民は自分が望みさえすれば100%自然エネルギーの電力が買える自由がある。ここが最大の違いだ。日本国民はいくら望んでも乞食に金をやることを止められない。

余計なお世話ではないのです。
福島の原発事故の時に、もし燃料プールが倒壊したら南半球に逃げると言っていた米国の専門家がいました。
原発事故は世界中に影響します。事実、福島の原発事故の時も放射能は米国西海岸まで及びました。
あの事故を経験すれば、こんな地震大国に原発を置いておくことはできないと思うのは当たり前です。

原発が全て停止していて、大企業は儲かり、中国から撤退して国内に工場を移転しているのに、未だに、原発がなければ経済が成り立たないと言っている人は、原発カルト教団の信者なんでしょうかね。
こう主張する人たちは、もし原発が稼働しても電気代が下がらなければ、電力会社を責めるのでしょうか?まあ、稼働しても下がらないでしょうね。
原発が稼働したら、電気代がどれだか下がるかを示してもらいたいものです。
原料費がタダのエネルギーを使った発電のほうが安いのは、当たり前です。
30年前数千万円していたコンピューターも、いまのスマホ以下の性能でしょうから、再生エネルギー発電に進んだほうが、将来的には、安価で外国の事情に左右されない安定した電気になると思います。

ちょっと辛口様

「ちょっと甘口」のコメント、
ありがとうございます。

源氏様

ドイツがフランスから電気を買うのを止めたら、
フランスは困るでしょうね。
フランスは余った電気をどうするのでしょうかね。

除染、廃炉等の費用を一般的にはマイナスと見ますが、それをプラスと見る人がいるというのが厄介ですね。

私の友人は石垣島に引っ越してしまいました。

色々理由はあるのでしょうが、
沖縄県の人口は増えているそうです。

やんじ様

除染、廃炉等のための費用は11兆円かかるという計算もあるようです。
それを経済効果と受け取る人がいるようですから、
厄介ですね。

今、日本のどこに住んでも原発ゼロの電力です。
日本は世界で最初に脱原発を果たした国です。
あとは少しでも早く廃炉にして、原発が停っても使う無駄な電力を止めることです。
そして世界中に廃炉ビジネスを展開して儲けるのです。

平家様

廃炉ビジネス、
東電の新しいビジネスとして開発、輸出し、
電気代が安くなれば、
国民から感謝されるでしょうね。
応援しましょう!

メルケル首相は「ドイツが戦後、国際社会に受け入れられたのは、過去ときちんと向き合ったため」と言っていますが、安倍首相は過去ときちんと向き合うこともなく、紛争地域の一方にだけ金をばら撒き、それで国際社会に受け入れられるとでも思っているのでしょうか。
同じ敗戦国でありながら、今やドイツはヨーロッパのリーダーで、日本はアジアの嫌われ者、この差が何か、いつになったら分かるのでしょうか。

国際派様

ドイツの「過去と向き合う」はかなり徹底しているようですね。
その内容がどのようなものか、
もっときちんと、メディアは報じて欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/61249458

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・メルケル首相発言「日独協力して、脱原発を」:

« 赤い電気自動車 | トップページ | 車椅子のまま運転 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30