広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 長野新幹線あさま・・・ | トップページ | イオンの電気自動車充電器 »

2015年2月12日 (木)

東電と広島市長

西洋では666という数字が「悪魔の数字」として知られており、その根拠は新約聖書「ヨハネの黙示録」に記述されている「ここに知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は666である」。(13章18節)という箇所で、ヒットラーからWWW(インターネットのワールド・ワイド・ウェブ)まで、様々な関連が指摘されています。

じつはYouTubeにもそういう動画があり、試聴回数が666から動かない、というものです。

それは以下の動画でした。

東電新会長「総括原価方式があるために日本の電力料金は韓国の2倍から3倍もする、アメリカの2倍もする」
https://www.youtube.com/watch?v=0EM26fPAcCc

私も、この動画を何度か見ていますが、視聴回数が666から動くことがありませんでした。

ところが、今日見て見てみると、少しカウントが上がっていました。何だったのでしょうか。

ところで、もっと凄い試聴回数の記録があります。広島市の松井市長の公式記者会見動画です。前の秋葉市長の時は万単位の市長回数もありましたが、松井市長では0「ゼロ」とか1という視聴回数を見ることも珍しくありません。

普通、アップした担当者は見るでしょうし、担当部署や関係者も見るものではないでしょうか。広島市には1万人の職員がいますが、誰も市長の記者会見には興味がないのでしょうか。

一体、誰が、そんな市長を選んだのでしょうか。

Photo

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


いつまでも666というのも気持ち悪いですが、0とか1とかというカウントも初めて見ました。
広島市の職員は動画アップ後の確認をしないということでしょうか。
市に出す書類は重箱の隅をつつくようなチェックをされるのですが。

投稿: 天使 | 2015年2月12日 (木) 13時51分


本旨から外れますが、日本の記者会見のキーボードの音はうるさいですね。
海外ではMacやiPadが主流になっているので、あんなうるさい音はしないのですが。
先日はMicrosoftが新しいWindowsを発表した記者会見でも記者席はMacとiPadばかりでした。

投稿: りんご | 2015年2月12日 (木) 16時05分


>一体、誰が、そんな市長を選んだのでしょうか。

残念ながら我々広島市民ということですね。
「サンフレッチェは2位でいい。」とおっしゃったけど再選されるのでしょうか。
不思議な力学だと思います。

投稿: もみじ日記 | 2015年2月12日 (木) 22時41分


天使さん
私も松井市長の記者会見以外で再生回数0も1も見たことがありません。
限定公開にしていても、0や1が見られるのは、僅かな時間だけです。
ある時は、始まってしばらくカメラが他所を向いているようなこともありましたし、職員から、どれほどコケにされているのかと思いますが、きっと、そのことにすら気づいていない市長なのだと思います。

投稿: 工場長 | 2015年2月13日 (金) 09時00分


りんごさん
一昔前は、海外の記者会見ではズラリとパソコンが並び、日本では紙のノートでしたが、日本は周回遅れというところでしょうか。

投稿: 工場長 | 2015年2月13日 (金) 09時01分


職員にも相手にされていないとは、情けない限りですね。
まあ、発信することは、すべて職員等にまかせているのでしょうから、職員が見る必要はないのでしょう。
市長が、どのように考え、これからどうするかということがないのでしょうから、職員にも緊張感はなく、何を言おうが考えようが、誰かさんの意向だろう思っているのでしょうね。
また立候補するということは、市政に影響力のあるあの人に、頭を下げ貢物でもして、出馬を許してもらったのでしょうかね。傀儡市政にはうってつけの人のようですから。
それと、災害時に市民が命を失い危機になっていても、なにもしなく、その責任さえ誰も問わない。
責任を負わすことさへできない人が、また市長になることをマスコミが許すようでは、広島市は終わってますね。

投稿: やんじ | 2015年2月13日 (金) 15時27分


皆さんの論議されたい話題とこのコメントはちょっとずれが有るのは承知していますが

You Tubeのカウント数字が一定回数から、しばらくの間動かないという現象は
管理側が意図してやっている事です。
私も或る友人の出演している動画を見ていて、そういう事に出くわしました。
回数が301回から全く上がらないのです。
その動画だけでなくほかの方の動画も301回で停止していました。
ただし、運よくそこに管理者側から注意書きが書いてありました。
「You Tubeは同じ人が連続クリックしてもカウントが上がっていくという性質を持っています」
「ただ、皆さんにとってアクセスの数字は大切です」
「ですから、このYou Tubeでは300以上のアクセス数になると一旦累計を止めて今までのアクセス数が適切かどうかを検証しています」
「ですからアクセス数が300になるとしばらくの間停止しますが心配しないでください、内部では累計を継続しています」
という、説明書きが有りました。
東電のそれも、たまたま666でカウントアップを止めて、妥当なクリックかどうかの内部の検証をしたのでしょう。今は681回となっています。

ちなみに2015年1月29日の、市長の会見については、現在は91回となっていますが、時期的にいつ静止画像を取られたのでしょうか?
You Tubeの本体画像に表示されるアクセス数と、同時に一般公開されるアクセス数とはかなりの時間差が生じますので、回数が大きく違うということは良く見られます。

投稿: まさじぃ | 2015年2月13日 (金) 18時12分


やんじさん
今の状況を見ると、選択肢のない史上最悪の市長選挙になりそうな様相です。
ここは、お上に頼らず、市民あるいは民間がもっと本気になって街づくりに取り組まないといけないようですね。行政には邪魔だけはして欲しくないところです。

投稿: 工場長 | 2015年2月14日 (土) 07時40分


まさじぃさん
詳しい情報をありがとうございます。
そういうこともあるのですね、初めて知りました。
ただ、ネット動画は良く見ていますし、自分自身もアップすることもあり、登録チャンネルなどは動画アップの連絡が来るとすぐに観ることもあるのですが、未だに0とか1は松井市長の公式動画でしか観たことがありません。秋葉市長の頃もありませんでした。しかも松井市長の動画に関しては1度や2度ではありません。かなり奇異な感じがします。

投稿: 工場長 | 2015年2月14日 (土) 07時43分


失礼しました!
松井市長の会見動画の数字云々より人気が無いという事を
おっしゃりたいのは判っていました。

しかし、何なんですかね。
先程もムービーを見ましたが2月9日の会見が実際には55回視聴されているのに
ちょっとチャンネルを切り替えて右に映し出される類似ムービー一覧で確認してみると
2月9日の会見はいまだに0回の視聴となっています。
カウントの開始をわざと遅くなるように載せているのか、或は規格外に人気が無いのでそういう現象になるのか・・((笑い

投稿: まさじい | 2015年2月14日 (土) 10時58分


まさじぃさん
いや、単に不思議だという話なのですが…

松井市長が不人気なことは、市長選で支援した会派からさえ広島市政初と言われる辞職勧告決議案が出たくらいですから、わざわざ確認の必要もなさそうです。

ここまで来るとシステム的な問題もあるのでしょうが「かつて経験のない」ことですし、私が知る限りでは市長記者会見のYouTubeへのアップは広報課の仕事なので、通常は複数の職員がアップされた動画のチェックも行っているはずです。

もしかすると、セキュリティを上げて、庁内からはYouTubeへのアクセスが出来ない可能性もありますが、それにしてもチャンネル登録者だけでも、ある程度の人数はいるはずですし、チャンネル全体の視聴回数は百万を超えているチャンネルです。

再生回数が0とか1というのを何度も観るというのは本当に不思議です。

東電の666も話題になって相当のアクセスがあったにも関わらず当分カウントアップしませんでしたし、いずれも不可解で不気味なことだと思ったわけです。

投稿: 工場長 | 2015年2月14日 (土) 11時43分

« 長野新幹線あさま・・・ | トップページ | イオンの電気自動車充電器 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつまでも666というのも気持ち悪いですが、0とか1とかというカウントも初めて見ました。
広島市の職員は動画アップ後の確認をしないということでしょうか。
市に出す書類は重箱の隅をつつくようなチェックをされるのですが。

本旨から外れますが、日本の記者会見のキーボードの音はうるさいですね。
海外ではMacやiPadが主流になっているので、あんなうるさい音はしないのですが。
先日はMicrosoftが新しいWindowsを発表した記者会見でも記者席はMacとiPadばかりでした。

>一体、誰が、そんな市長を選んだのでしょうか。

残念ながら我々広島市民ということですね。
「サンフレッチェは2位でいい。」とおっしゃったけど再選されるのでしょうか。
不思議な力学だと思います。

天使さん
私も松井市長の記者会見以外で再生回数0も1も見たことがありません。
限定公開にしていても、0や1が見られるのは、僅かな時間だけです。
ある時は、始まってしばらくカメラが他所を向いているようなこともありましたし、職員から、どれほどコケにされているのかと思いますが、きっと、そのことにすら気づいていない市長なのだと思います。

りんごさん
一昔前は、海外の記者会見ではズラリとパソコンが並び、日本では紙のノートでしたが、日本は周回遅れというところでしょうか。

もみじ日記さん
前回の選挙では対立候補の選挙事務所に忍者がいたとか、市議会でも保守系の議員に現金の入った封筒が配られたという証言もありましたが、それでもあの投票率を見れば、市民の責任が大きいですね。

職員にも相手にされていないとは、情けない限りですね。
まあ、発信することは、すべて職員等にまかせているのでしょうから、職員が見る必要はないのでしょう。
市長が、どのように考え、これからどうするかということがないのでしょうから、職員にも緊張感はなく、何を言おうが考えようが、誰かさんの意向だろう思っているのでしょうね。
また立候補するということは、市政に影響力のあるあの人に、頭を下げ貢物でもして、出馬を許してもらったのでしょうかね。傀儡市政にはうってつけの人のようですから。
それと、災害時に市民が命を失い危機になっていても、なにもしなく、その責任さえ誰も問わない。
責任を負わすことさへできない人が、また市長になることをマスコミが許すようでは、広島市は終わってますね。

皆さんの論議されたい話題とこのコメントはちょっとずれが有るのは承知していますが

You Tubeのカウント数字が一定回数から、しばらくの間動かないという現象は
管理側が意図してやっている事です。
私も或る友人の出演している動画を見ていて、そういう事に出くわしました。
回数が301回から全く上がらないのです。
その動画だけでなくほかの方の動画も301回で停止していました。
ただし、運よくそこに管理者側から注意書きが書いてありました。
「You Tubeは同じ人が連続クリックしてもカウントが上がっていくという性質を持っています」
「ただ、皆さんにとってアクセスの数字は大切です」
「ですから、このYou Tubeでは300以上のアクセス数になると一旦累計を止めて今までのアクセス数が適切かどうかを検証しています」
「ですからアクセス数が300になるとしばらくの間停止しますが心配しないでください、内部では累計を継続しています」
という、説明書きが有りました。
東電のそれも、たまたま666でカウントアップを止めて、妥当なクリックかどうかの内部の検証をしたのでしょう。今は681回となっています。

ちなみに2015年1月29日の、市長の会見については、現在は91回となっていますが、時期的にいつ静止画像を取られたのでしょうか?
You Tubeの本体画像に表示されるアクセス数と、同時に一般公開されるアクセス数とはかなりの時間差が生じますので、回数が大きく違うということは良く見られます。

やんじさん
今の状況を見ると、選択肢のない史上最悪の市長選挙になりそうな様相です。
ここは、お上に頼らず、市民あるいは民間がもっと本気になって街づくりに取り組まないといけないようですね。行政には邪魔だけはして欲しくないところです。

まさじぃさん
詳しい情報をありがとうございます。
そういうこともあるのですね、初めて知りました。
ただ、ネット動画は良く見ていますし、自分自身もアップすることもあり、登録チャンネルなどは動画アップの連絡が来るとすぐに観ることもあるのですが、未だに0とか1は松井市長の公式動画でしか観たことがありません。秋葉市長の頃もありませんでした。しかも松井市長の動画に関しては1度や2度ではありません。かなり奇異な感じがします。

失礼しました!
松井市長の会見動画の数字云々より人気が無いという事を
おっしゃりたいのは判っていました。

しかし、何なんですかね。
先程もムービーを見ましたが2月9日の会見が実際には55回視聴されているのに
ちょっとチャンネルを切り替えて右に映し出される類似ムービー一覧で確認してみると
2月9日の会見はいまだに0回の視聴となっています。
カウントの開始をわざと遅くなるように載せているのか、或は規格外に人気が無いのでそういう現象になるのか・・((笑い

まさじぃさん
いや、単に不思議だという話なのですが…

松井市長が不人気なことは、市長選で支援した会派からさえ広島市政初と言われる辞職勧告決議案が出たくらいですから、わざわざ確認の必要もなさそうです。

ここまで来るとシステム的な問題もあるのでしょうが「かつて経験のない」ことですし、私が知る限りでは市長記者会見のYouTubeへのアップは広報課の仕事なので、通常は複数の職員がアップされた動画のチェックも行っているはずです。

もしかすると、セキュリティを上げて、庁内からはYouTubeへのアクセスが出来ない可能性もありますが、それにしてもチャンネル登録者だけでも、ある程度の人数はいるはずですし、チャンネル全体の視聴回数は百万を超えているチャンネルです。

再生回数が0とか1というのを何度も観るというのは本当に不思議です。

東電の666も話題になって相当のアクセスがあったにも関わらず当分カウントアップしませんでしたし、いずれも不可解で不気味なことだと思ったわけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/61120796

この記事へのトラックバック一覧です: 東電と広島市長:

« 長野新幹線あさま・・・ | トップページ | イオンの電気自動車充電器 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31