広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 九州の視覚障害者の方へ | トップページ | 平和主義を捨てる日本 »

2015年2月 9日 (月)

東京上空の空域

先日、ある講演会で
「東京都は、2020年の東京オリンピックに合わせ、
羽田空港の空域を少し広げることで、羽田空港の発着便を増やすことを検討している」との発言があった。

一緒に行った友人が
「それは少しおかしい。
東京上空は全て米軍の管理下にあるので、アメリカとの合意なしでは広げられないはずだ」という。

「JALにしても、ANAにしても、全て東京上空を避け、大島、房総半島上空を飛んで、羽田空港に離発着している。
その理由は、都心を飛ぶことでの危険性、騒音を避けるためだと皆思っているが、
そうではない」というのだ。

ネットで調べてみると
「東京上空の空域」
http://dmcr.web.fc2.com 
に、その辺の事情がかなり詳しく書かれている。

「横田進入管制区、通称「横田空域」と呼ばれる1都8県(東京都、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県新潟県、山梨県、長野県、静岡県)に及ぶ広大な空域の航空管制は横田基地で行われています。
 「横田ラプコン(RAPCON: Radar Approach Control の略)」とも呼ばれるこの空域はアメリカ空軍の管制下にあり、民間航空機であっても当該空域を飛行する場合は米軍による航空管制を受けなければなりません。
 許可を受ければ、米空軍の管制の元で横田空域内を飛行することが可能なのですが、許可が下りるかどうかは無保証であり、一便ごとに毎日許可を申請することは非現実的であるため、ほぼ全便が迂回する経路を取っています。
 同空域は1992年(平成4年)に約10%、2008年9月25日に約20%が返還され、現在は高度約7000mから約2400mの、東から西に高い6段階の階段状となっています。

※羽田発大阪行きについては、横田空域が通過可能となるよう、昭和37年に運輸省と米軍との間で特別に措置されましたが、横田空域通過後、最適飛行高度まで再上昇しなければならず、依然、非効率な飛行となっています」

Image


また、その友人は
「横田ラプコンの航空管理センターは所沢の米軍基地にある」
ともいっていた。

添付の図をよく見ると、
羽田空港から西の空は、未だに米軍の管理下にあることがわかる。

沖縄に、在日米軍基地の7割以上があると言っているが
もっと立体的、経済的にみれば、
それこそ在日米軍基地の7割以上は、首都圏にあるともいえそうだ。
???

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


最近、羽田の発着便数が増えたのは、何かと問題発言をしていましたが石原元都知事が直接アメリカと交渉してこの空域の一部返還ができたからだそうですね。日本政府でなく。
オリンピックがあるからという理由で、日本政府はアメリカに土下座外交でもするのでしょうね。
大きな社会問題になった成田空港も、この空域が原因で作らざる得なかったそうですね。
最近の戦争は、空域を制した方が勝ちます。日本の中枢機能が集中している都心は、アメリカ軍が戦後空域を制しています。つまり未だに占拠されたままですね。
アメリカ軍は、簡単に日本を占領できるということです。
安部首相は、自衛隊をどうのこうのと言ってますが、集団的自衛権の前に、日本の首都は自衛隊が守るようにするべきです。そうでないとアメリカ軍と自衛隊が対等ではないですね。
また、アメリカ軍の航空機は、日本の航空法の制約は受けませんから、中国地方でも問題になっている低空飛行もできます。また、何時でも何処にでも離着陸できます。
このことは、東北の大震災で「トモダチ作戦」として証明していますね。
御巣鷹山の事故でも、アメリカ軍が一番先に知っていたとか。
それとアメリカ軍は、誰の許可も受けずに皇居にオスプレイを着陸できるはずです。
皇居の中に、犯罪歴のある米軍兵が簡単に入るということです。
在日韓国人をどうのこうの言う前に、在日米軍の特権を問題にすべきですね。
未だにアメリカ軍に占拠されたままに日本です。本当の国防さえできていません。
集団的自衛権で自衛隊が海外に出た時、アメリカ軍の指揮下に入らざる得ないのが現状でしょうね。
そして、後藤健二さんたちは、アメリカの意向の結果でしょうね。
日本は、アメリカとイスラエルの二国間の協定の下部組織で従属する関係になるようですね。
今年は戦後70年ですが、未だに終戦の1945年と何も変わっていないのですね。

投稿: やんじ | 2015年2月 9日 (月) 08時11分


やんじ様

被占領国の日本が、
こんなにも豊かになって、
70年間も平和であるというのは、
アメリカとしては、面白くないでしょうね。

投稿: 元安川 | 2015年2月 9日 (月) 10時22分


安部政権は集団的自衛権を進めるまえに、
個別的自衛権として、横田基地と座間基地の返還を求めるべきではないでしょうか。

投稿: 基地 | 2015年2月 9日 (月) 10時29分


基地様

横田基地と座間基地の返還ができたら、素晴らしいですね。
そんなの、
これまでに、できていないことの方がおかしいとも言えますが。

投稿: 元安川 | 2015年2月 9日 (月) 12時34分


こういう事実があるとは知りませんでした。
羽田空港が滑走路をもう1本増やすと言うニュースが以前流れた時、キャスターが
これで、千葉上空を旋回しなくてもすむようになると言っていました。
当時、私はなるほどと思いましたが、このキャスターは事実を知らずに発言したのでしょうか。
それとも知っているにもかかわらず、敢えて違う発言をしたのでしょうか。
報道の自由も大事ですが、報道の正確さも大事ですね。

投稿: ロマンスグレー | 2015年2月10日 (火) 12時32分


ロマンスグレー様

私も東京上空がこんな状況にあるということは、
初めて知りました。
意外と知られていない事ですね。
あの成田闘争も、、
あの人たちは知っていたのでしょうか?
知っていたなら、
もう少し違った展開になったような気がしますね。

投稿: 元安川 | 2015年2月10日 (火) 22時14分

« 九州の視覚障害者の方へ | トップページ | 平和主義を捨てる日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

最近、羽田の発着便数が増えたのは、何かと問題発言をしていましたが石原元都知事が直接アメリカと交渉してこの空域の一部返還ができたからだそうですね。日本政府でなく。
オリンピックがあるからという理由で、日本政府はアメリカに土下座外交でもするのでしょうね。
大きな社会問題になった成田空港も、この空域が原因で作らざる得なかったそうですね。
最近の戦争は、空域を制した方が勝ちます。日本の中枢機能が集中している都心は、アメリカ軍が戦後空域を制しています。つまり未だに占拠されたままですね。
アメリカ軍は、簡単に日本を占領できるということです。
安部首相は、自衛隊をどうのこうのと言ってますが、集団的自衛権の前に、日本の首都は自衛隊が守るようにするべきです。そうでないとアメリカ軍と自衛隊が対等ではないですね。
また、アメリカ軍の航空機は、日本の航空法の制約は受けませんから、中国地方でも問題になっている低空飛行もできます。また、何時でも何処にでも離着陸できます。
このことは、東北の大震災で「トモダチ作戦」として証明していますね。
御巣鷹山の事故でも、アメリカ軍が一番先に知っていたとか。
それとアメリカ軍は、誰の許可も受けずに皇居にオスプレイを着陸できるはずです。
皇居の中に、犯罪歴のある米軍兵が簡単に入るということです。
在日韓国人をどうのこうの言う前に、在日米軍の特権を問題にすべきですね。
未だにアメリカ軍に占拠されたままに日本です。本当の国防さえできていません。
集団的自衛権で自衛隊が海外に出た時、アメリカ軍の指揮下に入らざる得ないのが現状でしょうね。
そして、後藤健二さんたちは、アメリカの意向の結果でしょうね。
日本は、アメリカとイスラエルの二国間の協定の下部組織で従属する関係になるようですね。
今年は戦後70年ですが、未だに終戦の1945年と何も変わっていないのですね。

やんじ様

被占領国の日本が、
こんなにも豊かになって、
70年間も平和であるというのは、
アメリカとしては、面白くないでしょうね。

安部政権は集団的自衛権を進めるまえに、
個別的自衛権として、横田基地と座間基地の返還を求めるべきではないでしょうか。

基地様

横田基地と座間基地の返還ができたら、素晴らしいですね。
そんなの、
これまでに、できていないことの方がおかしいとも言えますが。

こういう事実があるとは知りませんでした。
羽田空港が滑走路をもう1本増やすと言うニュースが以前流れた時、キャスターが
これで、千葉上空を旋回しなくてもすむようになると言っていました。
当時、私はなるほどと思いましたが、このキャスターは事実を知らずに発言したのでしょうか。
それとも知っているにもかかわらず、敢えて違う発言をしたのでしょうか。
報道の自由も大事ですが、報道の正確さも大事ですね。

ロマンスグレー様

私も東京上空がこんな状況にあるということは、
初めて知りました。
意外と知られていない事ですね。
あの成田闘争も、、
あの人たちは知っていたのでしょうか?
知っていたなら、
もう少し違った展開になったような気がしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/61080496

この記事へのトラックバック一覧です: 東京上空の空域:

« 九州の視覚障害者の方へ | トップページ | 平和主義を捨てる日本 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31