広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 昭和の歌 | トップページ | とれいゆ・大人の修学旅行 »

2015年2月 2日 (月)

I am not Abe.

もし、本当に後藤健二さんが殺害されたとしたら、日本人が掲げるべき次のプラカードは「I am not Abe.」かも知れません。

安倍首相は日本人が人質になっていることを知りながら、わざわざオバマ大統領ですら思い留まった中東に行き、人道支援の形を取りながらも「対イスラム国」支援だというアピールを繰り返してきました。

そして、日本の宣戦布告を受けて、人質交渉は表舞台に移り、テロに屈しない日本は、立派に有志連合の仲間入りを果たし、全ての地域の全ての日本人がテロの標的となりました。

そう言えば、日本の首相で「あなたとは違うんです」と仰った方がいらっしゃいました。

日本人は「安倍首相とは違う」ことをアピールする必要がありそうです。

今こそ最も大きな声で「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、 ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」と言い、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」ことをアピールすべきです。

私達は「あの方とは違います」「報復の連鎖、悲劇の連鎖は断ち切ります」そうアピールしましょう。

Abe1
Abe2
Abe3
Abe4

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


We are not ABE.

投稿: 日本国民代表 | 2015年2月 2日 (月) 07時48分


最も重要なことは後藤さんが殺された理由は「日本人だから」のみだということだ。
湯川さんは犯罪者として逮捕され、処刑されたが、後藤さんは違う。
安部首相が日本人の代表として、空爆で何千人もの人を殺している有志連合に加担したから、後藤さんは、敵国となった「日本人」として殺されたのだ。

投稿: 源氏 | 2015年2月 2日 (月) 10時32分


大切な問題提起有難う御座います。

「国家」と「市民」の違いが焦点になっているように思いますが、国家、特に阿部政権下の日本は、この違いを意識していない多くの人たちを巻き込み、国家主義的な対応だけが正しいという宣伝を始めるているように思います

その背景ですが、外国への財政支援がどう使われているのかは、ほとんど分りません。例えば、皆さんは日本がアメリカに与えている「思いやり予算」がどう使われているのか知っていますか。

しかも、どの国でも官僚は文書の操作に長けています。「難民支援」という費目に、軍事費を計上することくらい朝飯前です。阿部総理そしてそれを推進した官僚たちはこうした状況を熟知しています。

その結果として、「イスラム国」が「日本国」は有志連合に加わった見做す、ということも計算済みだったと考えるのが合理的です。

「I am not Abe」「We are not Abe」と発信することで、これほど邪悪なシナリオを描いていた勢力と大多数の日本国民は違うのだ、というメッセージを世界的に共有することは大切だと思います。

でも、それが「イスラム国」に届くのかどうかについては疑問です。そもそも国家と個人個人とは違った存在だということを「イスラム国」が理解していたのなら、個人として平和を実現すべく努力した後藤さんと国家とは違うということは分かっていて当然です。

でも、その「イスラム国」にも、憲法と折鶴を掲げて説得の努力は続けるべきだと思います。

投稿: 国際派 | 2015年2月 2日 (月) 21時11分


日本国民代表さん
I am the same as you.

投稿: 工場長 | 2015年2月 3日 (火) 20時10分


源氏さん
その通りですね。
それにしても、安倍首相の責任や政府の対応のまずさを指摘したのはテレ朝の「報道ステーション」「モーニングバード」くらいで、他局では「イスラム国と闘う」という安倍首相の中東での演説に疑問を呈したコメンテーターが、他のパネラーから袋叩きにあっていました。

どうも日本のメディアは「テロに屈しない」という報道で「権力者に屈している」ように見えます。

投稿: 工場長 | 2015年2月 3日 (火) 20時12分


国際派さん
国民は、選挙制度の不備で、偶々あんな人が首相にはなっているが、民意は違うということをアピールしなければならないように思います。

ヒロシマの果たす役割が更に大きくなったように感じます。

投稿: 工場長 | 2015年2月 3日 (火) 20時15分


折角の一番下の画像の文言が英文検索にヒットしないな…と思ったので、
以下、ちょっと起こしてみました。
投下して行きます。


"I am not ABE"

Japan did not make war for 70 years.
It is now abandoned and peaceful country to war under Article 9.
Behavior of Prime Minister Abe of the country's a shame.
Goto Kenji's not abe.
It is a symbol of peace.
It is killing the peace to kill the Goto-san.
Do not kill the peace!

投稿: ちょと気になりましたもので… | 2015年4月 3日 (金) 10時23分

« 昭和の歌 | トップページ | とれいゆ・大人の修学旅行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

We are not ABE.

最も重要なことは後藤さんが殺された理由は「日本人だから」のみだということだ。
湯川さんは犯罪者として逮捕され、処刑されたが、後藤さんは違う。
安部首相が日本人の代表として、空爆で何千人もの人を殺している有志連合に加担したから、後藤さんは、敵国となった「日本人」として殺されたのだ。

大切な問題提起有難う御座います。

「国家」と「市民」の違いが焦点になっているように思いますが、国家、特に阿部政権下の日本は、この違いを意識していない多くの人たちを巻き込み、国家主義的な対応だけが正しいという宣伝を始めるているように思います

その背景ですが、外国への財政支援がどう使われているのかは、ほとんど分りません。例えば、皆さんは日本がアメリカに与えている「思いやり予算」がどう使われているのか知っていますか。

しかも、どの国でも官僚は文書の操作に長けています。「難民支援」という費目に、軍事費を計上することくらい朝飯前です。阿部総理そしてそれを推進した官僚たちはこうした状況を熟知しています。

その結果として、「イスラム国」が「日本国」は有志連合に加わった見做す、ということも計算済みだったと考えるのが合理的です。

「I am not Abe」「We are not Abe」と発信することで、これほど邪悪なシナリオを描いていた勢力と大多数の日本国民は違うのだ、というメッセージを世界的に共有することは大切だと思います。

でも、それが「イスラム国」に届くのかどうかについては疑問です。そもそも国家と個人個人とは違った存在だということを「イスラム国」が理解していたのなら、個人として平和を実現すべく努力した後藤さんと国家とは違うということは分かっていて当然です。

でも、その「イスラム国」にも、憲法と折鶴を掲げて説得の努力は続けるべきだと思います。

日本国民代表さん
I am the same as you.

源氏さん
その通りですね。
それにしても、安倍首相の責任や政府の対応のまずさを指摘したのはテレ朝の「報道ステーション」「モーニングバード」くらいで、他局では「イスラム国と闘う」という安倍首相の中東での演説に疑問を呈したコメンテーターが、他のパネラーから袋叩きにあっていました。

どうも日本のメディアは「テロに屈しない」という報道で「権力者に屈している」ように見えます。

国際派さん
国民は、選挙制度の不備で、偶々あんな人が首相にはなっているが、民意は違うということをアピールしなければならないように思います。

ヒロシマの果たす役割が更に大きくなったように感じます。

折角の一番下の画像の文言が英文検索にヒットしないな…と思ったので、
以下、ちょっと起こしてみました。
投下して行きます。


"I am not ABE"

Japan did not make war for 70 years.
It is now abandoned and peaceful country to war under Article 9.
Behavior of Prime Minister Abe of the country's a shame.
Goto Kenji's not abe.
It is a symbol of peace.
It is killing the peace to kill the Goto-san.
Do not kill the peace!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/61068284

この記事へのトラックバック一覧です: I am not Abe.:

« 昭和の歌 | トップページ | とれいゆ・大人の修学旅行 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31