広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 棄権する理由 | トップページ | 男子トイレのカバン掛け »

2014年12月14日 (日)

天皇陛下に一票

天皇・皇后両陛下の護憲発言に関して、安倍首相の側近が天皇家を批判しているということが伝えられています。

昨年(2013年)は、天皇が誕生日に際した記者会見で「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」と述べられ、日本国憲法を「平和と民主主義を守るべき、大切なもの」とし「知日派の米国人の協力」という表現で「占領軍による押しつけ」という考え方を否定しました。

そして、それを補完するように、皇后は、あきる野市五日市の郷土館にある「五日市憲法草案」から、日本国憲法と同様の理念をもった憲法が日本でもつくられていたことを紹介し、これもまた日本国憲法の理念が「占領軍による押しつけ」ではなく「日本人の間に既に育っていた民権意識」であることを強調されました。

さらに、今年(2014年)誕生日を前にした皇后は「私は、今も終戦後のある日、ラジオを通し、A級戦犯に対する判決の言い渡しを聞いた時の強い恐怖を忘れることが出来ません。まだ中学生で、戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく、従ってその時の感情は、戦犯個人個人への憎しみ等であろう筈はなく、恐らくは国と国民という、個人を越えた所のものに責任を負う立場があるということに対する、身の震うような怖れであったのだと思います」と、敢えて「A級戦犯」という言葉を使い、先の戦争の恐怖を語られました。

この発言は安倍首相がA級戦犯に対し自民党総裁名で哀悼メッセージを送り、処刑された全員を「昭和殉難者」として「自らの魂を賭して祖国の礎となられた」と賞賛した後のことだけに、その言葉は安部首相に向けられたものであるという見方が大勢でした。

このままでは、下手に民主主義を標榜するより、天皇制に戻した方が平和になるのかも知れません。

ただ、私は、どんな理由があろうとも、民主主義に望みを託すために、国政に何の影響も与えないだろう一票を入れてきました。

天皇陛下に一票、ではなく、民主主義に一票です。

002_2

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


大丈夫、心配には及ばない。
安倍政権も戦争なんて出来ない。
結局、靖国参拝も尻切れトンボで終わり、歴史の見直しも、河野談話の見直しも出来ず、憲法改正に向けて出した代物は、法学部の学生でも吹き出すほど稚拙なもので実現の可能性はゼロ、要するに威勢が良いのはアホな右翼や、劣等感の塊のネトウらを騙すだけのポーズに過ぎない。
日本はいつまでも米国の領土にすぎないのだから、どこが政権をとっても同じこと。
二度と米国と戦争をしようというアホはいない。

投稿: 源氏 | 2014年12月14日 (日) 11時11分

« 棄権する理由 | トップページ | 男子トイレのカバン掛け »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大丈夫、心配には及ばない。
安倍政権も戦争なんて出来ない。
結局、靖国参拝も尻切れトンボで終わり、歴史の見直しも、河野談話の見直しも出来ず、憲法改正に向けて出した代物は、法学部の学生でも吹き出すほど稚拙なもので実現の可能性はゼロ、要するに威勢が良いのはアホな右翼や、劣等感の塊のネトウらを騙すだけのポーズに過ぎない。
日本はいつまでも米国の領土にすぎないのだから、どこが政権をとっても同じこと。
二度と米国と戦争をしようというアホはいない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60807631

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下に一票:

« 棄権する理由 | トップページ | 男子トイレのカバン掛け »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31