広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 民主主義が機能しない | トップページ | ありがたい選挙 »

2014年12月 9日 (火)

お歳暮・くりなっと

今年もお歳暮の時期になった。

歳の暮と書くが、何故?
wikipediaで見ると、
「お歳暮という言葉は、もともとは年の暮れ、年末(歳暮=さいぼ。せいぼ)という意味を表わす言葉でした。
 毎年、年の暮れになると、一年間にお世話になった人に贈り物を持参してまわる習慣ができ、これを歳暮回り(せいぼまわり)と言うようになり、やがて、贈答品そのものを「御歳暮」と呼ぶようになり、現代に至っています」
とある。

本来は持参するものだったらしいが、
来られても大変だし、お伺いするのも大変だ。

近頃私は、贈り物を選び、送るのも、ネットでやっている。

随分と簡単になったもんだ。


頂く品物は、
時々どうしてこんなことができるの!?
と驚くことがある。

この花園饅頭の「くりなっと」の入れられたケースは竹で編まれた籠のように見える。
凄い!
よくよく注意してみれば、竹ではなく、どうも紙のようだが、
手で編んでいることは確かだ。

Image

100円ショップに行けば売っていそうな感じもするが、
それでもなかなか粋な商品になっている。

大粒の栗を渋皮ごと蜜漬けして作ったという技術にも感心するが、
それを3cm四方程度のこんな小さな籠入れて、箱に詰めてお歳暮商品にしている。

こんな手の込んで、贅沢なことも、お歳暮だから、可能になったことだろう。

お歳暮という習慣は、
クールジャパンの文化の源になっているようだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 民主主義が機能しない | トップページ | ありがたい選挙 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60763015

この記事へのトラックバック一覧です: お歳暮・くりなっと:

« 民主主義が機能しない | トップページ | ありがたい選挙 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30