広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ソフトバンクと広島カープ | トップページ | 友人からのコメント »

2014年10月27日 (月)

国民の安全は海外へ

日本国民は日本国政府を頼らずに、外国の政府に頼りなさい、というのが政府の方針のようです。

原発で過酷事故が起きた際に、放射性物質の広がりを予測するはずのSPEEDI(スピーディ)ですが、福島原発の爆発では、その情報は米軍には知らされても、国民に知らされることはありませんでした。

ですから、日本国民が被爆を避けようとすれば、ドイツやフランスなど海外の情報に頼るしかありませんでしたが、日本政府を信じた国民は被曝を避けるどころか、却って放射能の多い地域に避難してしまいました。

そして、ついに原子力規制委員会は、これまで長い期間と膨大な予算を投じて開発したSPEEDIを国民のために使うことなく縮小し、次に原発が爆発した時には、住民避難の指標には使えなくするようです。

確かに、福島の原発が爆発した時、政府はSPEEDIの情報は公開せず、間違った情報のために、却って放射能の多い場所に避難して被曝した人たちがいました。国民のためには却って被害を広げ、米軍のためにしか機能しないのであれば、やめるというのは、正しいのかも知れません。

しかし、原子力規制委員会が重視する実測値も、福島原発の爆発の時は役に立っていません。測定器の設置してあるオフサイトセンターにいた職員が、住民に警告を発する前に逃げてしまったからです。

いずれにしても、この国の政府は国民の生命を守る気はないようです。

SPEEDIの公表されなかった放射能拡散試算図
https://www.youtube.com/watch?v=YumXS7HvExc

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


従兄弟の娘がフランス系企業の東京支社に勤務しています。福島の原発事故の際、早い段階で避難するようにフランス本社から指示がありました。彼女はすぐ大阪の親戚に身を寄せましたが、東京在住の従兄弟は「なんで?」と感じたようです。その後フランスが日本国民よりかなり正確な情報を持っていたことが分かりました。集団的自衛権にしろ、秘密保護法にしろ、一体この国はどうなってしまうのだろうという気持ちになっています。

投稿: てるる | 2014年10月27日 (月) 12時17分


「原発引っ越し」という本を読みましたが、そこには原発の爆発の後、自民党の議員、学者、マスコミ関係者や、その家族は東京から逃げていたと書いてありました。その間、何も知らされなかった東京都民は、普通に生活をし、内部被曝をしたのです。その後、都内でも高い放射線が測定され除染もされましたが、内部被曝は元には戻りません。その時逃げた人たちは除染された東京で普通に暮らしていますが、その時に東京にいて内部被曝した人たちは今も被曝し続けています。何年後か何十年後かにガンになっても、誰もあの時の被曝だと証明することはできません。私たちはそういう政府の国に住んでいるのです。

投稿: サイ | 2014年10月27日 (月) 13時12分


韓国の沈没船の船長は死刑を求刑されました。
日本の原発事故では、これほど酷いことが行われながら、誰も責任を問われないのでしょうか。

投稿: アコ | 2014年10月27日 (月) 20時12分


てるるさん
日本で起きていることを海外から知るしかないとは、本当に残念な状況ですね。

投稿: 工場長 | 2014年10月29日 (水) 08時11分


サイさん
政府もそうですが、マスコミ関係者は皆知っていることでありながら、誰も言おうとはしませんね。

投稿: 工場長 | 2014年10月29日 (水) 08時14分


アコさん
韓国の船長に殺人罪を適用するのも無茶だと思いますが、日本のようにあれほど大きな事故で誰も責任を問われないのも酷い話だと思いますね。

投稿: 工場長 | 2014年10月29日 (水) 08時15分

« ソフトバンクと広島カープ | トップページ | 友人からのコメント »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

従兄弟の娘がフランス系企業の東京支社に勤務しています。福島の原発事故の際、早い段階で避難するようにフランス本社から指示がありました。彼女はすぐ大阪の親戚に身を寄せましたが、東京在住の従兄弟は「なんで?」と感じたようです。その後フランスが日本国民よりかなり正確な情報を持っていたことが分かりました。集団的自衛権にしろ、秘密保護法にしろ、一体この国はどうなってしまうのだろうという気持ちになっています。

「原発引っ越し」という本を読みましたが、そこには原発の爆発の後、自民党の議員、学者、マスコミ関係者や、その家族は東京から逃げていたと書いてありました。その間、何も知らされなかった東京都民は、普通に生活をし、内部被曝をしたのです。その後、都内でも高い放射線が測定され除染もされましたが、内部被曝は元には戻りません。その時逃げた人たちは除染された東京で普通に暮らしていますが、その時に東京にいて内部被曝した人たちは今も被曝し続けています。何年後か何十年後かにガンになっても、誰もあの時の被曝だと証明することはできません。私たちはそういう政府の国に住んでいるのです。

韓国の沈没船の船長は死刑を求刑されました。
日本の原発事故では、これほど酷いことが行われながら、誰も責任を問われないのでしょうか。

てるるさん
日本で起きていることを海外から知るしかないとは、本当に残念な状況ですね。

サイさん
政府もそうですが、マスコミ関係者は皆知っていることでありながら、誰も言おうとはしませんね。

アコさん
韓国の船長に殺人罪を適用するのも無茶だと思いますが、日本のようにあれほど大きな事故で誰も責任を問われないのも酷い話だと思いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60547281

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の安全は海外へ:

« ソフトバンクと広島カープ | トップページ | 友人からのコメント »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30