広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 土用のしじみと冷凍保存 | トップページ | 広電、広島駅2階レベルに乗り入れ »

2014年9月 3日 (水)

緊急時にファックス?

広島市は記録的な土砂災害が起きた20日未明、広島地方気象台が発表し「広島県防災Web」にも掲載されていた「県内全域で1時間に最大70ミリの降雨が予想される」という雨量予測のファックスを「見落としていた」ということです。

それにしても今時、そういう緊急の連絡をファックスで行う民間企業、あるいは個人はいるのでしょうか。

公立の小中学校のPTAですら、緊急連絡は電子メール、ツイッター、ライン、電子掲示板を使います。

流石「ITはお嫌い」で、12年間続いていた市長あてメールも、電子掲示板も全てやめたというアナログでレガシーな松井市長がトップになった広島市だけあります。

そして、そのことに対し、松井一実市長は一昨日(2014年9月1日)の記者会見で「情報を見ていないのは事実だが、それが、どう影響があったかは検証しなければならない」と述べたそうです。

更に、その前に、15年前の土砂災害を教訓に、秋葉忠利前市長時代に作られた警報に関するマニュアルも、今回は無視されていたことも報じられています。

おそらく真夜中のことですから、情報も得て、全てがマニュアル通りに行われたとしても、大きな災害になったでしょうし、犠牲者も変わらなかったかも知れません。

しかし、それは結果論です。

もし、これが昼間の災害だったら、行政の対応の違いは、犠牲者の数に大きく影響した可能性もあります。

それらが機能していても防げなかったであろうことをどうするかは、今後の課題ですが、その前に、決められていたことが行われず、市長が災害時に「寝たり休んだりしながら」部下に丸投げにし「適正に対応した」と平然と会見することこそ大きな問題だと思います。

また、「落ち着いてから丁寧に検証する」ということですが、是非「お嫌い」でも、ICTの活用を考えて欲しいものです。

Photo

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


そういえば、
我が家は数年前に、固定電話を止め、
同時にFAXも止めました。

投稿: 宇品灯台 | 2014年9月 3日 (水) 10時11分


緊急連絡にツイッターやライン、メールで良いんですね。

どれも対してFAXと変わらない、見てなければ伝わらない電子ゴミなのに、本当にそれにすれば大丈夫なんですか?

緊急連絡と言うなら、確実に伝わる人伝いで無ければ意味はない。

投稿: | 2014年9月 3日 (水) 12時34分


宇品灯台さん
固定電話のない家庭は増えていますし、あっても使う頻度は僅かだと思います。
仮にファックスがあっても、着信に気づくのが数日後ということも良くあるようです。

投稿: 工場長 | 2014年9月 3日 (水) 14時43分


学校の緊急連絡網も通常の電話によるものは残しながらも、メインはメール、ツイッター、ラインになっています。

通常の電話による連絡網が2時間とか3時間かかることがあるのに対し、メールやメッセージは瞬間に全員に届く上に、ラインなどは相手が見たかどうかも分かります。

もちろん、どんなものでも見落とされる可能性はありますから、複数の通信手段で行うことが望ましいと思いますが、今では最も利用の少なくなったファックスが最も見落とされる可能性も高いと思いますし、今時、緊急性のあるものや重要なものをファックスでのみ送るというのは如何なものかと思います。

投稿: 工場長 | 2014年9月 3日 (水) 14時45分


緊急時ではありませんが,我々の仕事はいまだにほとんどがFAX送信です。
そのため検察庁や警察署が,関係ない一般家庭等に被疑者の供述調書を送信してしまったなんていう事例があるようです。

投稿: もみじ日記 | 2014年9月 4日 (木) 00時37分


「寝たりやすんだり」は、何を表現しているのか、理解できかねます。
夜に休むとは、普通は寝ることですよね。
つまり、「寝ていた」
布団に入ったままで、寝ていたり目が覚めていたりしていたのなら、夜中に叩き起こされて、寝付けなかったということなんでしょうか。
どちらにしても、寝ていたことになりますよね。
「寝たり起きたり」なら、気になって起きて自分なりに情報を収集していたことにもなるかもしれませんね。
ところで、市長の家にはネット環境がないのでしょうか?
スマホも持たず、ガラケイなのでしょうか?
今の時代、気象予報士は、必要が無いとも言われています。
それは、誰でも気象情報が簡単に手に入るからです。
だから、誰でも天候をそこそこ予報できるようになりました。
市長の家にネットがあるなら、スマホを持っていたら、自分でどのような状況か判断できたのではないでしょうか。
災害があった時間の雨雲レーダーの映像を見ましたが、尋常で無い雨雲でした。
今まで、他の人に判断させ、他の人の意見でしか話せなかったような市長ですから、危機管理能力も判断力のあるリーダシップないことが、市民の命や財産を危ういものにしていますね。
今期限りで広島から、去って欲しいものです。
砂防ダムとか警報とかで、行政の責任のようにマスコミは言っていますが、公共事業は悪だとして、公共事業費を削減させたのは誰でしょうか?
砂防ダムの建設が進まない一因ではないでしょうか。

投稿: 「やんじ | 2014年9月 4日 (木) 05時36分


もみじ日記さん
銀行などではファックス送信は必ず二人以上で確認して送信すると聞いたことがあります。
それでも送信後に電話確認するとも聞きました。

あるいはある公立校の校長は、以前は教育委員会からファックスが来ると必ず確認の電話が入っていたが、メールになって楽になったと言っていました。

ラインの利用者が急増している理由の一つが、相手がメッセージを見たことが分かるということのようですね。

投稿: 工場長 | 2014年9月 5日 (金) 07時06分


やんじさん
松井市長は土砂災害の発生を知った後も「寝たり休んだりしていた」と説明したことについて「私がそうしてはいけないと、マニュアルには書いていない」と反論したということですが、コメントする言葉もありません。

松井市長は、仮に情報を得たとしても、「区長に任せて、問題はなかった」と言われていますので、いくら技術やシステムが完備していても機能しなかった可能性が高いですね。

投稿: 工場長 | 2014年9月 5日 (金) 07時11分

« 土用のしじみと冷凍保存 | トップページ | 広電、広島駅2階レベルに乗り入れ »

震災復興」カテゴリの記事

コメント

そういえば、
我が家は数年前に、固定電話を止め、
同時にFAXも止めました。

緊急連絡にツイッターやライン、メールで良いんですね。

どれも対してFAXと変わらない、見てなければ伝わらない電子ゴミなのに、本当にそれにすれば大丈夫なんですか?

緊急連絡と言うなら、確実に伝わる人伝いで無ければ意味はない。

宇品灯台さん
固定電話のない家庭は増えていますし、あっても使う頻度は僅かだと思います。
仮にファックスがあっても、着信に気づくのが数日後ということも良くあるようです。

学校の緊急連絡網も通常の電話によるものは残しながらも、メインはメール、ツイッター、ラインになっています。

通常の電話による連絡網が2時間とか3時間かかることがあるのに対し、メールやメッセージは瞬間に全員に届く上に、ラインなどは相手が見たかどうかも分かります。

もちろん、どんなものでも見落とされる可能性はありますから、複数の通信手段で行うことが望ましいと思いますが、今では最も利用の少なくなったファックスが最も見落とされる可能性も高いと思いますし、今時、緊急性のあるものや重要なものをファックスでのみ送るというのは如何なものかと思います。

緊急時ではありませんが,我々の仕事はいまだにほとんどがFAX送信です。
そのため検察庁や警察署が,関係ない一般家庭等に被疑者の供述調書を送信してしまったなんていう事例があるようです。

「寝たりやすんだり」は、何を表現しているのか、理解できかねます。
夜に休むとは、普通は寝ることですよね。
つまり、「寝ていた」
布団に入ったままで、寝ていたり目が覚めていたりしていたのなら、夜中に叩き起こされて、寝付けなかったということなんでしょうか。
どちらにしても、寝ていたことになりますよね。
「寝たり起きたり」なら、気になって起きて自分なりに情報を収集していたことにもなるかもしれませんね。
ところで、市長の家にはネット環境がないのでしょうか?
スマホも持たず、ガラケイなのでしょうか?
今の時代、気象予報士は、必要が無いとも言われています。
それは、誰でも気象情報が簡単に手に入るからです。
だから、誰でも天候をそこそこ予報できるようになりました。
市長の家にネットがあるなら、スマホを持っていたら、自分でどのような状況か判断できたのではないでしょうか。
災害があった時間の雨雲レーダーの映像を見ましたが、尋常で無い雨雲でした。
今まで、他の人に判断させ、他の人の意見でしか話せなかったような市長ですから、危機管理能力も判断力のあるリーダシップないことが、市民の命や財産を危ういものにしていますね。
今期限りで広島から、去って欲しいものです。
砂防ダムとか警報とかで、行政の責任のようにマスコミは言っていますが、公共事業は悪だとして、公共事業費を削減させたのは誰でしょうか?
砂防ダムの建設が進まない一因ではないでしょうか。

もみじ日記さん
銀行などではファックス送信は必ず二人以上で確認して送信すると聞いたことがあります。
それでも送信後に電話確認するとも聞きました。

あるいはある公立校の校長は、以前は教育委員会からファックスが来ると必ず確認の電話が入っていたが、メールになって楽になったと言っていました。

ラインの利用者が急増している理由の一つが、相手がメッセージを見たことが分かるということのようですね。

やんじさん
松井市長は土砂災害の発生を知った後も「寝たり休んだりしていた」と説明したことについて「私がそうしてはいけないと、マニュアルには書いていない」と反論したということですが、コメントする言葉もありません。

松井市長は、仮に情報を得たとしても、「区長に任せて、問題はなかった」と言われていますので、いくら技術やシステムが完備していても機能しなかった可能性が高いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60245105

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急時にファックス?:

« 土用のしじみと冷凍保存 | トップページ | 広電、広島駅2階レベルに乗り入れ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30