広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 温暖化でデング熱? | トップページ | 腕時計のバンドの交換 »

2014年9月 6日 (土)

2階建て新幹線Max

越後湯沢まで上越新幹線「たにがわ」に乗った。

Image
 
2階建て新幹線Maxの2階席、
景色は良く、さして揺れることもなく快適だ。

新幹線はほぼ全線が高架かトンネルだが、
視線がちょっと高くなっただけで、景色は随分と違う。

1階は?
と下に降りてみると、

ブラインドを下ろしたかのように、外は全く見えない。
どうして?

座っている人も殆どいない。

1階席の窓の高さまで、丁度コンクリートの遮音壁になっているのだ。
これじゃ、走っている間中、同じコンクリートの壁を見続けていることになる、
外の景色を全く見ることはできない。

しかしこの2階建ての新幹線、
外から見るとちょっとボテッとしていて、あんまり格好は良くないが、
同じ架線の高さの中に2倍の座席を設けるとは、
JR東日本も上手いことするなと、感心した。

2階建てにすることによって一度に倍の人が運べるし、
ホームの長さは今までの長さでいいし、
1階建てだろうと2階建てだろうと、
かかる電気代、人件費、etc.の費用は殆ど変わらないだろう。

故に1階席は殆ど空で走ってもさして困らないだろう。

逆に、
冬のスキーシーズン、
お盆、お正月、GWとか、
景色なんかどうでもいいから、座って行きたいという人には、
この1階席は大変ありがたいということになる。


「効率」と「快適性」とは、
普通は、なかなか相容れないもんだが、
この2階建て新幹線Maxは、
それを上手く解いているといえそうだ。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


二階建ての新幹線は、以前に山陽東海道新幹線でも走っていましたよね。
確か一階が個室だったかな。
列車の旅で、一番の楽しいのは車窓からの風景だと思います。
窓から見えるのがコンクリートだけなんて寂しいですね。
料金が半分以下なら、まだ納得できますが。
船旅で言えば、船底の客室みたいなものですね。
経済性とか効率とかが、良いことのように言われていますいますが、果たしてそれ幸せなのでしょうか。

投稿: やんじ | 2014年9月 6日 (土) 13時08分


やんじ様

上越新幹線のMAxも、2階席から埋まり、
景色よりも、ともかく座りたいという人のために1階席があるような感じです。
世の中いろんな人がいますからねー。

投稿: 元安川 | 2014年9月 6日 (土) 17時29分

« 温暖化でデング熱? | トップページ | 腕時計のバンドの交換 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

二階建ての新幹線は、以前に山陽東海道新幹線でも走っていましたよね。
確か一階が個室だったかな。
列車の旅で、一番の楽しいのは車窓からの風景だと思います。
窓から見えるのがコンクリートだけなんて寂しいですね。
料金が半分以下なら、まだ納得できますが。
船旅で言えば、船底の客室みたいなものですね。
経済性とか効率とかが、良いことのように言われていますいますが、果たしてそれ幸せなのでしょうか。

やんじ様

上越新幹線のMAxも、2階席から埋まり、
景色よりも、ともかく座りたいという人のために1階席があるような感じです。
世の中いろんな人がいますからねー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60222190

この記事へのトラックバック一覧です: 2階建て新幹線Max:

« 温暖化でデング熱? | トップページ | 腕時計のバンドの交換 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31