広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 緊急時にファックス? | トップページ | 温暖化でデング熱? »

2014年9月 4日 (木)

広電、広島駅2階レベルに乗り入れ

9月2日の夕方、テレビを見ていたら、
「広電が、広島駅に2階レベルで乗り入れる」と報じていた。
9月3日の新聞にはその詳細が載っていた。

建設費は155億円、アッセの建て替え費用はJR負担とする、
完成は10年後とのことだ。

私は随分以前から、このブログで、
「駅前大橋線はアッセを建て替えてでも、
2階レベルで、JR広島駅に乗り入れ、
新幹線の下を通り抜けて、二葉の里とつなげるべきだ」
と、様々の視点から何度か書いてきた。

行政の関係者にも、都市計画の専門家にも話し、
広電の関係者にも話したことがある。

しかし、数人を除いて、
「平面で乗り入れるのが、一番経済的であり、既存のシステムを壊さずに済む」
と殆んどの人は、あまり乗ってこなかった。

その後、広電の社長になった越智氏は、地下鉄案の推進者であり、私の意見とは違っていた。
そうこうするうちに、廃止となることが想定される部分の沿線住民からは反対運動が起こったりもした。

広電の広島駅乗り入れは無理だなと殆んど諦めていた。

それが、
猿猴橋駅は廃止するが、残り路線を活用し、市内循環線を新たに設けるという提案がされ、住民の理解を得ると共に、
宇品線については、駅前大橋線をまっすぐ南に延ばすという計画にまで発展していた。

なかなか期待した通りにはいかないだろうが、
駅周辺の再開発ビル群と八丁堀、紙屋町地区の一体感が強まることは確かだろう。


今回の決定に、
このブログがどのように影響したか、わからないが、
そんなことに関係なく、
私が提案してきたことと同じことが実現しただけでも、
嬉しい。


元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


さすが元安川さん。
先見の明ありでしたね。

投稿: もみじ日記 | 2014年9月 4日 (木) 10時37分


もみじ日記様

エヘヘ、
ありがとうございます。

投稿: 元安川 | 2014年9月 4日 (木) 15時29分


建設費を広島市が負担するのでしょうか?
そうなら、如何なものかと。
私企業のことの、税金をつかうのは。
2階で広島駅に乗り入れのは、JR利用者には、便利ですね。
でも、バスに乗り換えとか、駅前の福屋などの施設に行くには、2階から地下へと移動することのなるでしょうから、足腰の悪い人や車椅子の人達には、どうなんでしょうか。
先日に東ちづるさんの講演で、からだの不自由な人が障害者と呼ばれるののでなく、社会に障害が多いから、不自由なのだと、障害社会だと言われていました。
誰もが不自由なく生きられるようなインフラになって欲しいものです。
ところで、駅前の地下街の存在感は、どうなるのでしょうか。

投稿: やんじ | 2014年9月 6日 (土) 13時20分


やんじ様

障害者でなく、のの
障害社会という言い方はいいですね。

何事にも、何時も、
これでいいの?
これって、おかしいんじゃないの?
という姿勢でいることが必要なのようですね。

投稿: 元安川 | 2014年9月 6日 (土) 17時41分


すぐ公共交通の広電を「私企業」という言葉が括るのはいかがかと思います。同じ公共交通のアストラムラインは多額な税金を垂れ流しのように使っていて文句も出ない。広電は、僅かな黒字をやっと確保している。アストラムラインは、第三セクターというだけで許される。
特に駅前大橋線は、都心部を衰退させないたために必要な事業です。街の発展のため、広電とを「私企業」で片付けてよいのか、アストラムラインの経営は今のままでよいのか、それぞれの在り方を考えるときかと思います。

投稿: まこと | 2014年9月 6日 (土) 23時24分


追記
広電・駅前大橋線の建設に関する国や市の補助金は、当然、地方公共交通を活性化させる法律の範囲内で支出されるものです。税金の支出に全く問題はありません。

投稿: まこと | 2014年9月 6日 (土) 23時30分


まこと様

コメント、ありがとうございます。

法律に基づいて支出されるとはいえ、
フクシマ原発絡みのお金は桁が違うようですし、
その使い方もよくわかりませんね。

投稿: 元安川 | 2014年9月 7日 (日) 07時49分


JR沿線からの都心部への軌道系アクセス改善は、広島の都市課題です。都市間競争で生き残るための、重要な課題です。
こういう重要な問題に、市が関与して、税金を投入するのも当然です。
もしこれがおかしいと言うならば、JRやアストラムの白島新駅もおかしいということになってしまいます。

投稿: 二河川 | 2014年9月 7日 (日) 22時09分


ニ河川様

鉄道等の公共交通機関の整備は、
街づくりを進める上で、
これからの時代のテーマでしょうね。

投稿: 元安川 | 2014年9月 8日 (月) 08時51分

« 緊急時にファックス? | トップページ | 温暖化でデング熱? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さすが元安川さん。
先見の明ありでしたね。

もみじ日記様

エヘヘ、
ありがとうございます。

建設費を広島市が負担するのでしょうか?
そうなら、如何なものかと。
私企業のことの、税金をつかうのは。
2階で広島駅に乗り入れのは、JR利用者には、便利ですね。
でも、バスに乗り換えとか、駅前の福屋などの施設に行くには、2階から地下へと移動することのなるでしょうから、足腰の悪い人や車椅子の人達には、どうなんでしょうか。
先日に東ちづるさんの講演で、からだの不自由な人が障害者と呼ばれるののでなく、社会に障害が多いから、不自由なのだと、障害社会だと言われていました。
誰もが不自由なく生きられるようなインフラになって欲しいものです。
ところで、駅前の地下街の存在感は、どうなるのでしょうか。

やんじ様

障害者でなく、のの
障害社会という言い方はいいですね。

何事にも、何時も、
これでいいの?
これって、おかしいんじゃないの?
という姿勢でいることが必要なのようですね。

すぐ公共交通の広電を「私企業」という言葉が括るのはいかがかと思います。同じ公共交通のアストラムラインは多額な税金を垂れ流しのように使っていて文句も出ない。広電は、僅かな黒字をやっと確保している。アストラムラインは、第三セクターというだけで許される。
特に駅前大橋線は、都心部を衰退させないたために必要な事業です。街の発展のため、広電とを「私企業」で片付けてよいのか、アストラムラインの経営は今のままでよいのか、それぞれの在り方を考えるときかと思います。

追記
広電・駅前大橋線の建設に関する国や市の補助金は、当然、地方公共交通を活性化させる法律の範囲内で支出されるものです。税金の支出に全く問題はありません。

まこと様

コメント、ありがとうございます。

法律に基づいて支出されるとはいえ、
フクシマ原発絡みのお金は桁が違うようですし、
その使い方もよくわかりませんね。

JR沿線からの都心部への軌道系アクセス改善は、広島の都市課題です。都市間競争で生き残るための、重要な課題です。
こういう重要な問題に、市が関与して、税金を投入するのも当然です。
もしこれがおかしいと言うならば、JRやアストラムの白島新駅もおかしいということになってしまいます。

ニ河川様

鉄道等の公共交通機関の整備は、
街づくりを進める上で、
これからの時代のテーマでしょうね。

二河川さんの言われる通りです。公共交通事業は、利益が出にくく、本来、行政が担当すべき事業です。それをコストの安い民間がやっているのです。路線バスの民営化がよい例です。
環境やバリアフリーの面から、アメリカ、ヨーロッパ、中国などの諸外国で路面電車の新規建設が続いています。先進国である日本も負けてはいられません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60253915

この記事へのトラックバック一覧です: 広電、広島駅2階レベルに乗り入れ:

« 緊急時にファックス? | トップページ | 温暖化でデング熱? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31