広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島土砂災害募金 | トップページ | iPhone5リコール »

2014年8月25日 (月)

お葬式と絆

祖父が親しくしていた大叔父が亡くなった。
92歳、加齢による老衰死とのことだった。

年賀状に私のメールアドレスと携帯電話の番号を書いていたので、
息子さんが連絡をくれたのだ。

祖父も祖母も大叔父さんを「りゅうちゃん」と呼んでいたので、
私も「りゅうちゃん」と呼んでいた。
 
「りゅうちゃん」はいつもニコニコして、
殆ど喋らず、黙々とお酒を飲んでいる人だった。

親族控え室では、何十年もあったことのない親戚にあうことができた。
親戚の誰もが、年齢に関係なく「りゅうちゃん」と呼んでいるのを知った。

我が家も真言宗だが、
今回のお経は同じ真言宗でもちょっと違っていた。

真言宗といっても、色々分かれているのだろう。

お経を聞きながら、
亡くなった叔父さんのことを思い、
殊勝にも、生きてるってなんだろうななんて思ったりもした。

Image


通夜の精進落としの席は、
りゅうちゃんが90歳を過ぎて亡くなったということもあり、
賑やかだった。

初めて会う親戚もいた。
「りゅうちゃん」の奥さんの弟の長男ですいう人にも会えた。

子供の頃いつも一緒に遊んでいた従姉妹は、
「今は、金沢で大学の教授をしている」とも聞いた。

お好み焼きのチェーンを経営しているという従兄弟もいた。
「是非、お店の方にも来てください」と誘われた。

「あの工場はもう閉めたよ」という叔父さんもいた。

「今、体調を崩して入院している」という親戚もいた。

お葬式でもなければ、
こうして会うことの無かっただろう人達に、何人も会えた。

お葬式は新しい人の絆を創り出してもくれるようだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


真言宗のお葬式(お経)は、パフォーマンスが凄いというイメージがあります。
広島では浄土真宗が多いですが、浄土真宗では亡くなった方は即極楽に行き仏になっているので、葬儀は死者のための儀式ではなく、生き残っている人達の「縁」を繋ぐもの、と聞きます。「御縁を頂いて」とか言いますが、とても良い考え方だと思います。

投稿: アコ | 2014年8月25日 (月) 08時38分


歳をとるごとに、楽しい知らせから悲しい知らせが増えて来ますね。
でも、何年も会っていない人でも、会ったとたん、昔に蘇り、自然に会話できる良さもあります。
私達は、こうやって話が出来るのも、亡くなった方のお蔭だねという話をよくします。
先日の痛ましい惨事の折り、日頃、余り交流が無いにもかかわらず、心配してメールを下さった方がたくさんいらっしゃったことも感謝です。
人間の交流は、廻り回るものなのでしょうか。
記事を拝見して、考えさせられました。

投稿: ロマンスグレー | 2014年8月25日 (月) 13時48分


アコ様

「ご縁を頂いて」は、
親鸞上人のお言葉なんですね。

私も沢山の人の「ご縁を頂いて、今日がある」
ということを、近頃つくづく感じます。

投稿: 元安川 | 2014年8月25日 (月) 14時33分


ロマングレー様

今回の大雨と土砂崩れの件では、
私も沢山の人から、メールをいただきました。
ありがたいことですね。

投稿: 元安川 | 2014年8月25日 (月) 14時38分


広島の災害に心からお見舞い申し上げます。本当に大変なことになりましたね。
これからはあちこちで「想定外」が続くのではないかと思います。

お葬式では久しぶりの人との出会いも多く、不謹慎にも思わず顔がほころんでしまいがちです。先日から同級生の名を「お悔やみ欄」に続けて見たので、明日は我が身と
思わずにはいられません。

投稿: おおたき | 2014年8月25日 (月) 16時29分


おおたき様

今回土砂崩れのあった所の地層を見ると、
全てではないと思いますが
過去に土砂崩れがあったことによる地層が見られるとの、
学者が指摘していました。
ということでは、
想定外とはいえませんね。

「ご縁を頂いて」というのは、
親鸞上人のお言葉にあるようですね。
素晴らしいお言葉ですね。

投稿: 元安川 | 2014年8月25日 (月) 20時07分

« 広島土砂災害募金 | トップページ | iPhone5リコール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

真言宗のお葬式(お経)は、パフォーマンスが凄いというイメージがあります。
広島では浄土真宗が多いですが、浄土真宗では亡くなった方は即極楽に行き仏になっているので、葬儀は死者のための儀式ではなく、生き残っている人達の「縁」を繋ぐもの、と聞きます。「御縁を頂いて」とか言いますが、とても良い考え方だと思います。

歳をとるごとに、楽しい知らせから悲しい知らせが増えて来ますね。
でも、何年も会っていない人でも、会ったとたん、昔に蘇り、自然に会話できる良さもあります。
私達は、こうやって話が出来るのも、亡くなった方のお蔭だねという話をよくします。
先日の痛ましい惨事の折り、日頃、余り交流が無いにもかかわらず、心配してメールを下さった方がたくさんいらっしゃったことも感謝です。
人間の交流は、廻り回るものなのでしょうか。
記事を拝見して、考えさせられました。

アコ様

「ご縁を頂いて」は、
親鸞上人のお言葉なんですね。

私も沢山の人の「ご縁を頂いて、今日がある」
ということを、近頃つくづく感じます。

ロマングレー様

今回の大雨と土砂崩れの件では、
私も沢山の人から、メールをいただきました。
ありがたいことですね。

広島の災害に心からお見舞い申し上げます。本当に大変なことになりましたね。
これからはあちこちで「想定外」が続くのではないかと思います。

お葬式では久しぶりの人との出会いも多く、不謹慎にも思わず顔がほころんでしまいがちです。先日から同級生の名を「お悔やみ欄」に続けて見たので、明日は我が身と
思わずにはいられません。

おおたき様

今回土砂崩れのあった所の地層を見ると、
全てではないと思いますが
過去に土砂崩れがあったことによる地層が見られるとの、
学者が指摘していました。
ということでは、
想定外とはいえませんね。

「ご縁を頂いて」というのは、
親鸞上人のお言葉にあるようですね。
素晴らしいお言葉ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60169658

この記事へのトラックバック一覧です: お葬式と絆:

« 広島土砂災害募金 | トップページ | iPhone5リコール »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31