広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 駅のシースルーエレベーター | トップページ | 正しい確信犯 »

2014年8月 3日 (日)

ジョンソンタウン

白いペンキで塗られ、
テラスのある
アメリカンテイストの木造の住宅、50棟ほどが、まとまって建っている。

住宅として使われているのもあるが、
ほとんどはカフェやレストラン、雑貨屋、自転車屋等のお店になっている。

看板も英語で書かれている。

面白い。
オシャレでもある。

50棟もの住宅が同じコンセプトで建てられているというのが、
この雰囲気を作り出しているのだろう。

首都圏ではかなり有名になっていて、
土休日、夏休みともなると駐車場に停まれないほどの人々が押し寄せてくる。

Image

ネットで調べてみると、
ここは元々入間の航空士官学校の教官のための宿舎があったが、
それが戦後、米軍に接収され、ジョンソン基地に勤務する関係者のための宿舎として建て替えられ、使用されていたらしい。

それを、所有者の磯野氏が建築家の渡辺治氏と一緒に、2004年、
米軍ハウス24棟はリノベーションし、
老朽化した日本家屋は解体して、米軍ハウスのコンセプトにそった住宅を35棟を建て、
それを「平成ハウス」とい称し、賃貸住宅としたことから、
今のような形になったようだ。
家賃は、周辺相場の1.5倍もしているという。
住んでいる人もいて、
デザイナーに写真家、文筆業に音楽家、
それにダンススタジオやアトリエもあるという。
 
一軒一軒の住宅には塀もないが、
敷地内を通過するいわゆる道路もない。

50棟以上の建物がなんとなく一つになっている。

道路に接しない50棟もの住宅があるなんて、通常はありえないが、
オーナーが1人で、全てを賃貸住宅とし、
その利用は自由としていることで、
こんな面白い街となったのだろう。

住宅のテラスが、全て北側に作られているのも面白い。
日本人なら、絶対にテラスは南に作ったはずだ。

今駐車場になっているスペースも元々は芝生で、
芝生広場の中に住宅が点在していたのではないだろうか。

入間市のジョンソンタウン、
歴史を上手く街作りに繋げている。
それなりに貴重な街だ。

広島市内の過疎化が進む団地でも、
住宅の塀を取り払い、
道路を減らし、
一つの広場の中に住むという感じにしたら、
案外面白い街ができるかもしれない。
人口減少も止まるかもしれない。

このジョンソンタウンを参考に検討してみたらいい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 駅のシースルーエレベーター | トップページ | 正しい確信犯 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60057686

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンソンタウン:

« 駅のシースルーエレベーター | トップページ | 正しい確信犯 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31