広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 駅とコンビニ | トップページ | 地下通路のラッピング広告 »

2014年8月22日 (金)

異常気象ではない

一昨日(2014年8月20日)の局地的な豪雨は広島市に大きな被害をもたらしました。

今回の豪雨に対し、広島市の金山健三・危機管理部長は「経験したことのないような雨量があり、その情報を得るとほぼ同時に119番が殺到し始めた」と述べ、想定外の大雨で対応が後手に回ったとの認識を示したということです。

しかし「経験したことのない」というのは想定すらできないのでしょうか。

また、気象台は、三入観測所で測定された時間降雨量101ミリ、3時間降雨量217ミリ、6時間降雨量のいずれも「観測史上最大」としています。

そもそもアメダスのデータはここ数十年のものしかありませんし、三入観測所の測定開始は12年前に過ぎません。

アメダス以前は、広島県の観測所は、広島の江波と、呉と福山の三箇所でしたが、いずれも沿岸部の雨の少ない地域です。

当然ですが、広島は沿岸部より山間部の方がずっと雨も多く、同じ広島市内でも私の住んでいる南区と、今回大きな被害を出した安佐北区ですら、天候も気温も違います。

また、土砂災害というのは、広島県は全国一ですが、それでも25年間くらいのデータでみても、年間4件のこともあれば、600件を超える年もあり、本当にバラバラです。

ですから、期間も短く、範囲も狭いデータで「想定」することは不可能です。

全国的に見ると、今回の「観測史上最大」の雨量は、僅かなアメダスの観測データでも100回以上あり、6時間雨量では700回以上です。

一部報道では、温暖で雨の降らない地域に起きた「青天の霹靂」のように報じられていますが、そんなこともありません。

広島は、もともと土砂崩れの多い地域であり、全国一危険な場所が多く、今回の土砂災害に遭った地域も土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域に指定されるような場所でした。

そして「経験したことのない」どころか、わずか15年前の大雨でも、広島では300箇所以上で土砂崩れが起こり、30人以上が亡くなっています。

データを見る限り決して「記録的」とは思えない雨量で、これほど大きな災害が起きるのは、行政の責任です。

それも単なる怠慢であればまだしも、金儲けのために危険な場所を危険だと認定させず「安全」だと騙してきたようなところもあります。

まるで原発事故のようなものです。

さらに「記録的」「観測史上初の」「かつて経験したことのない」など、大袈裟な表現を使い、国の責任で起きている災害を自然のせいに責任転嫁しているところも非常に似ていると思うわけです。

Matui

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


消防局の金山健三・危機管理部長をスケープゴートにして、
それで終わりというのも、
おかしな話ですね。

投稿: 宇品灯台 | 2014年8月22日 (金) 12時41分


宇品灯台さん
松井市長は午前3時に対策本部の立ち上げなどについて報告を受け、翌朝、普通通りに登庁するまで「寝たり休んだりしながら」情報を聞いていらしゃったようです。

「何でも私がするのがリーダーシップとは思っていない。それぞれの区で判断できるという計画になっている。判断をしている時に私の所に情報が入ったという状況ではない。私も職員も計画に基づいて対応したと思っている」と言われたと報じられています。

確かに、この市長なら下手に口出しせず、職員に任せた方が確かかも知れません。

投稿: 工場長 | 2014年8月22日 (金) 12時53分


市長の避難所の見舞い
たった5分間だったそうですね。
票は集まらないと思って早めに切り上げたのでしょうか。
もう1期やるつもりなら,災害に強い都市を実現していただかないと困ります。
サンフレッチェの本拠地も決めきれない人に実現できるかはなはだ疑問ではありますが。

投稿: もみじ日記 | 2014年8月23日 (土) 00時21分


「経験した事の無い」って、誰の経験なんでしょうね?
私は、30年近く前に中国山地で車に乗っていて、車の前10m先も見えなくなるような大雨に遭遇うした事があります。
人の記憶は曖昧なもので、今様に数量的に記録されていないと、同じような大雨でも、被害があったかなかったかで、印象は違ってくるでしょうね。
アメダスの記録は、指摘されているようにほんの約40年です。この程度の記録では、過去最大とか言う言葉は使えないですね。
また、気象レーダーも、今のように詳細にわかるようになったのもごく最近ですね。
今回の雨量の記録は、可部の三入での観測データーですが、この地区と甚大な被害がでた八木や緑井では、普段の気候でも同じではないのですから、三入にデーターをそのまま使うのは如何なものでしょうか。
同じような雨が降っても、過去には災害にならなかったのが、今回はなった。
記録的なとか過去最大とか未経験とかで、災害の責任を自然現象に負わせていますね。
行政が災害指定地域の資産価値を重要視せず、住宅不適地としないかぎり、同じような災害は繰り返されるでしょうね。
市民もは、住もうと思うのなら、家を建てようと思うのなら、周りの自然環境を重要視すべきですね。
広島市内周辺の色々な場所に行きますが、どうしてここに家を建てているのだろうと思う危険な場所は少なくないですね。
それと災害で家を失った人の残っている住宅ローンがいつも問題になりますが、住宅ローンには、借り主が亡くなった場合は、ローンを免除されるようにたいていの場合は生命保険に入っています。
自然災害で家を失った場合は、残ったローンはこの生命保険を適用すれば良いと思います。
住宅ローンようの生命保険は、もしかしたら儲かったいるのではないでしょうか。
または、支払った金利分のお金を、元金に補填し、それでも残った元金だけを返済するような法令を作るべきですね。
そうすれば、住宅ローンの審査に、立地場所の自然環境も査定に含まれますから、危険地域での住宅建設は減るでしょうね。

投稿: やんじ | 2014年8月23日 (土) 06時15分


前々からうすうす感じていたことをはっきりと指摘してくれました。
普通の社会常識では「かつて経験したことのない」のは少なくとも60年に一度もないくらいの異常な事態。
「観測史上初の」と言われれば、明治維新以来の異常事態かと思うでしょう。
実態はアメダス設置から12年間の「観測史上初」。

こういう極めて不自然な用語用法がなぜ決められたのかが疑問でした。
同意、同感です。
「想定外を広げる」そして責任を誤魔化す、という姑息な発想だったようです。

グレーは淡青hell blaws氏のブログに引用されており、ここに来ました。
転載させていただきました。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2437.html

投稿: もうすぐ北風 | 2014年8月23日 (土) 12時12分


オーストラリアに住む弟の嫁さんの両親から
「広島に住むお兄さんは大丈夫ですか」
と連絡があったそうです。

今回の件は世界的なニュースになっているようですね。

投稿: 元安川 | 2014年8月23日 (土) 17時36分


「三入観測所の測定開始は12年前に過ぎません」とありますが、三入のアメダスは、1976年に設置されています。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=67&block_no=0950&year=&month=&day=&view=

12年前との根拠は何でしょうか。12年前というのは、誤りではないでしょうか。
アメダスのほとんどの観測点は1970年代に解説されています。

投稿: 村上茂樹 | 2014年8月23日 (土) 20時34分


もみじ日記さん
今回も警報の出し方を「検討するように指示」されたそうですが、一事が万事、平和宣言まで丸投げで、いつも「検討を指示」される方ですから、ご自身で何かを考えたり決定されるようなことはないと思います。

優秀な職員に期待するしかないでしょうね。

投稿: 工場長 | 2014年8月23日 (土) 20時54分


やんじさん
雨量に関しては、もっとレーダーの記録などを組み合わせて推定すべきで、観測データのみに頼っている今の状態は恣意的としか思えないほど稚拙だと思います。

住宅ローンについては全くその通りで、日本の原発も保険が高額過ぎてかけられない状態ですが、それが本来のリスクだと思います。

投稿: 工場長 | 2014年8月23日 (土) 20時57分


もうすぐ北風さん
ご同意、ご同感、そして転載、ありがとうございます。

投稿: 工場長 | 2014年8月23日 (土) 21時00分


元安川さん
世界的には8分で126mm、20分で206mmという記録もあるようですし、日本でも時間雨量で150mmを超える記録もいくつかありますから、100mmで何十人もの住人が亡くなったということは世界的なことなのでしょうね。

投稿: 工場長 | 2014年8月23日 (土) 21時04分


村上茂樹さん
コメントありがとうございます。

三入観測所の測定開始時期は気象庁の資料で見た記憶にもとづいて書きました。

ただ、三入観測所は可部観測所からの移設で、観測データとしては同一箇所のものとして扱われることもあったと気付き、正確に調べてみようかと思ったものの週末ですし「アメダスのデータはここ数十年のものしかありませんし」ということに変わりはなく、論旨が変わるかけでもないので、取り敢えずそのままにしていました。

おそらく、お示し頂いたリンクの赤線もそういうことなのだろうと思いますが、週明けに更に正確に調べて注釈を付けておこうと思います。

また、アメダスのよる観測は1970年代から開始されたものですが、私が見た一覧には平成以降のものも結構有り、殆どが1970年台と言えるほどでもなかったような気がします。それもまた、補足しておきたいと思います。

投稿: 工場長 | 2014年8月23日 (土) 21時41分


 村上茂樹さんはこちらにも同じコメントをしていますので、「工場長」さんの解説を引用させていただきました。

 12年前が仮に30数年前としても、確かに開設時期は早まりますが、常識的な百数十年との落差は変わりません。
 「想定外」の「異常気象」ではない、という論旨に変わりはありません。
 私のコメントの論旨は変わりません。
 工場長さんの「論旨」にもいささかの変更もないと考えます。

 それより、気になるのはこうした時期とか数量などのデータを穿り出して、「根拠は?」と追及パターンで、元の主張する論旨をそらし、曖昧にする効果です。
 Net投降者にどうもそういう人が目立ちます。
 論旨についてどう考えているのか、意見がないのですよね。

投稿: もうすぐ北風 | 2014年8月24日 (日) 10時04分


いつも楽しく拝読しております。

一つ気になるのですが、
>そして「経験したことのない」どころか、わずか15年前の大雨でも、広島では300箇所以上で土砂崩れが起こり、30人以上が亡くなっています。

15年前の土砂崩れでは、数日にわたって雨が降り続いたかと思います。
今回はほんの数時間に集中してふりました。
このことをもって「経験したことがある」と主張なさるのはどうか、と少し疑問を持ちました。

あまり建設的でないコメントで恐縮です。今後もブログ楽しみにしております。

投稿: こけし | 2014年8月24日 (日) 10時08分


私の調査も不十分だったので、再調査しました。

アメダスの三入は、平成13年12月20日開設とあり、確かに12年しか経過していません。
42ページ、観測所番号67292
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/amedas/ame_master.pdf
これによると、確かに平成になってから設置された観測点も何割かあります。不勉強でした。

三入は、可部からの移設で、三入は可部の北東約2.7kmの地点です。可部は1975年04月28日設置です。
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/amedas/67291/

地方気象台や測候所とは異なり(これらの多くは明治時代開設)、アメダスはせいぜい40年程度しかデータがありません。それなにに、「観測史上」などという表現を使うのは確かにおかしいです。「40年間の観測期間で最大」、といった表現とすべきです。

これはメディアの責任であり、災害原因追求に際してごまかしの口実とならないことを願うばかりです。

投稿: 村上茂樹 | 2014年8月24日 (日) 15時42分


もうすぐ北風さん
確かに私のブログでも医療、放射線、電力などについて書いた記事には高い確率で、ソース、データを求めるコメントが付きます。

もちろんデータがあれば、出来るだけ正確に提示したいとは思いますが、世の中の現象が全てデータ化されているわけでもなく、人類の知らないこともまだまだ多く、医療でも科学技術でも不確実な分野は多く、そのため疫学などでもメカニズムより統計が重視され、予測や推定による予防原則などもあるわけです。

そして、多くの場合、都合の良いデータも悪いデータも存在することが多く、最先端技術の論文の多くも確定的なものではなく、細かい間違いはあるのは当たり前で、多くの人に認められるまでに何十年もかかるものも少なくありません。

そうしたことは前提の上で、議論を重ねたいと思っています。

投稿: 工場長 | 2014年8月25日 (月) 20時57分


こけしさん
コメントありがとうございます。

私は最近やけに好んで使われる「かつて経験したことのない」という表現に強い違和感を覚えています。

この言葉の主語は曖昧で、「かつて経験したことのない」のは、人類なのか、国民なのか、県民なのか、市民なのか、あるいは個人なのか、私のように還暦を過ぎた人間なのか、二十代の息子の年代なのか、小学生なのか、まるで分かりません。

特に、台風や津波あるいは地震のように、ほぼ100%捕捉されているものと違い、降雨量というのは、たまたま観測所に降った雨量であり、850万キロ平米の広島県の中の僅か30ヶ所程度の「経験値」でしかありません。

雨というのは最近の雨レーダーを見れば良く分かるように、数百メートル違うだけでも随分違うことがありますし、特に集中豪雨はそうです。

私は瀬戸内の沿岸部でしか生活をしたことがありませんが、まさにバケツをひっくり返したような雨で、道路から跳ね返ってくる水しぶきでワイパーも全く役に立たず立ち往生したり、連続300ミリの大雨で通行止めになったところに遭遇したり、ということは一度ならず経験していますし、高潮で道路が冠水し帰宅できなかった経験もあります。

しかし、このような豪雨のデータは気象庁にはありません。

投稿: 工場長 | 2014年8月25日 (月) 21時00分


村上茂樹さん
きちんと調べて頂き感謝します。
更に、この記事の主旨、私の意見もご理解頂き、ありがとうございました。
まずは被災者の方の生活への支援が重要ですが、今後は正しい検証に基づく対策が行われることを望みます。

投稿: 工場長 | 2014年8月25日 (月) 21時03分

« 駅とコンビニ | トップページ | 地下通路のラッピング広告 »

震災復興」カテゴリの記事

コメント

消防局の金山健三・危機管理部長をスケープゴートにして、
それで終わりというのも、
おかしな話ですね。

宇品灯台さん
松井市長は午前3時に対策本部の立ち上げなどについて報告を受け、翌朝、普通通りに登庁するまで「寝たり休んだりしながら」情報を聞いていらしゃったようです。

「何でも私がするのがリーダーシップとは思っていない。それぞれの区で判断できるという計画になっている。判断をしている時に私の所に情報が入ったという状況ではない。私も職員も計画に基づいて対応したと思っている」と言われたと報じられています。

確かに、この市長なら下手に口出しせず、職員に任せた方が確かかも知れません。

市長の避難所の見舞い
たった5分間だったそうですね。
票は集まらないと思って早めに切り上げたのでしょうか。
もう1期やるつもりなら,災害に強い都市を実現していただかないと困ります。
サンフレッチェの本拠地も決めきれない人に実現できるかはなはだ疑問ではありますが。

「経験した事の無い」って、誰の経験なんでしょうね?
私は、30年近く前に中国山地で車に乗っていて、車の前10m先も見えなくなるような大雨に遭遇うした事があります。
人の記憶は曖昧なもので、今様に数量的に記録されていないと、同じような大雨でも、被害があったかなかったかで、印象は違ってくるでしょうね。
アメダスの記録は、指摘されているようにほんの約40年です。この程度の記録では、過去最大とか言う言葉は使えないですね。
また、気象レーダーも、今のように詳細にわかるようになったのもごく最近ですね。
今回の雨量の記録は、可部の三入での観測データーですが、この地区と甚大な被害がでた八木や緑井では、普段の気候でも同じではないのですから、三入にデーターをそのまま使うのは如何なものでしょうか。
同じような雨が降っても、過去には災害にならなかったのが、今回はなった。
記録的なとか過去最大とか未経験とかで、災害の責任を自然現象に負わせていますね。
行政が災害指定地域の資産価値を重要視せず、住宅不適地としないかぎり、同じような災害は繰り返されるでしょうね。
市民もは、住もうと思うのなら、家を建てようと思うのなら、周りの自然環境を重要視すべきですね。
広島市内周辺の色々な場所に行きますが、どうしてここに家を建てているのだろうと思う危険な場所は少なくないですね。
それと災害で家を失った人の残っている住宅ローンがいつも問題になりますが、住宅ローンには、借り主が亡くなった場合は、ローンを免除されるようにたいていの場合は生命保険に入っています。
自然災害で家を失った場合は、残ったローンはこの生命保険を適用すれば良いと思います。
住宅ローンようの生命保険は、もしかしたら儲かったいるのではないでしょうか。
または、支払った金利分のお金を、元金に補填し、それでも残った元金だけを返済するような法令を作るべきですね。
そうすれば、住宅ローンの審査に、立地場所の自然環境も査定に含まれますから、危険地域での住宅建設は減るでしょうね。

前々からうすうす感じていたことをはっきりと指摘してくれました。
普通の社会常識では「かつて経験したことのない」のは少なくとも60年に一度もないくらいの異常な事態。
「観測史上初の」と言われれば、明治維新以来の異常事態かと思うでしょう。
実態はアメダス設置から12年間の「観測史上初」。

こういう極めて不自然な用語用法がなぜ決められたのかが疑問でした。
同意、同感です。
「想定外を広げる」そして責任を誤魔化す、という姑息な発想だったようです。

グレーは淡青hell blaws氏のブログに引用されており、ここに来ました。
転載させていただきました。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2437.html

オーストラリアに住む弟の嫁さんの両親から
「広島に住むお兄さんは大丈夫ですか」
と連絡があったそうです。

今回の件は世界的なニュースになっているようですね。

「三入観測所の測定開始は12年前に過ぎません」とありますが、三入のアメダスは、1976年に設置されています。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=67&block_no=0950&year=&month=&day=&view=

12年前との根拠は何でしょうか。12年前というのは、誤りではないでしょうか。
アメダスのほとんどの観測点は1970年代に解説されています。

もみじ日記さん
今回も警報の出し方を「検討するように指示」されたそうですが、一事が万事、平和宣言まで丸投げで、いつも「検討を指示」される方ですから、ご自身で何かを考えたり決定されるようなことはないと思います。

優秀な職員に期待するしかないでしょうね。

やんじさん
雨量に関しては、もっとレーダーの記録などを組み合わせて推定すべきで、観測データのみに頼っている今の状態は恣意的としか思えないほど稚拙だと思います。

住宅ローンについては全くその通りで、日本の原発も保険が高額過ぎてかけられない状態ですが、それが本来のリスクだと思います。

もうすぐ北風さん
ご同意、ご同感、そして転載、ありがとうございます。

元安川さん
世界的には8分で126mm、20分で206mmという記録もあるようですし、日本でも時間雨量で150mmを超える記録もいくつかありますから、100mmで何十人もの住人が亡くなったということは世界的なことなのでしょうね。

村上茂樹さん
コメントありがとうございます。

三入観測所の測定開始時期は気象庁の資料で見た記憶にもとづいて書きました。

ただ、三入観測所は可部観測所からの移設で、観測データとしては同一箇所のものとして扱われることもあったと気付き、正確に調べてみようかと思ったものの週末ですし「アメダスのデータはここ数十年のものしかありませんし」ということに変わりはなく、論旨が変わるかけでもないので、取り敢えずそのままにしていました。

おそらく、お示し頂いたリンクの赤線もそういうことなのだろうと思いますが、週明けに更に正確に調べて注釈を付けておこうと思います。

また、アメダスのよる観測は1970年代から開始されたものですが、私が見た一覧には平成以降のものも結構有り、殆どが1970年台と言えるほどでもなかったような気がします。それもまた、補足しておきたいと思います。

 村上茂樹さんはこちらにも同じコメントをしていますので、「工場長」さんの解説を引用させていただきました。

 12年前が仮に30数年前としても、確かに開設時期は早まりますが、常識的な百数十年との落差は変わりません。
 「想定外」の「異常気象」ではない、という論旨に変わりはありません。
 私のコメントの論旨は変わりません。
 工場長さんの「論旨」にもいささかの変更もないと考えます。

 それより、気になるのはこうした時期とか数量などのデータを穿り出して、「根拠は?」と追及パターンで、元の主張する論旨をそらし、曖昧にする効果です。
 Net投降者にどうもそういう人が目立ちます。
 論旨についてどう考えているのか、意見がないのですよね。

いつも楽しく拝読しております。

一つ気になるのですが、
>そして「経験したことのない」どころか、わずか15年前の大雨でも、広島では300箇所以上で土砂崩れが起こり、30人以上が亡くなっています。

15年前の土砂崩れでは、数日にわたって雨が降り続いたかと思います。
今回はほんの数時間に集中してふりました。
このことをもって「経験したことがある」と主張なさるのはどうか、と少し疑問を持ちました。

あまり建設的でないコメントで恐縮です。今後もブログ楽しみにしております。

私の調査も不十分だったので、再調査しました。

アメダスの三入は、平成13年12月20日開設とあり、確かに12年しか経過していません。
42ページ、観測所番号67292
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/amedas/ame_master.pdf
これによると、確かに平成になってから設置された観測点も何割かあります。不勉強でした。

三入は、可部からの移設で、三入は可部の北東約2.7kmの地点です。可部は1975年04月28日設置です。
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/amedas/67291/

地方気象台や測候所とは異なり(これらの多くは明治時代開設)、アメダスはせいぜい40年程度しかデータがありません。それなにに、「観測史上」などという表現を使うのは確かにおかしいです。「40年間の観測期間で最大」、といった表現とすべきです。

これはメディアの責任であり、災害原因追求に際してごまかしの口実とならないことを願うばかりです。

もうすぐ北風さん
確かに私のブログでも医療、放射線、電力などについて書いた記事には高い確率で、ソース、データを求めるコメントが付きます。

もちろんデータがあれば、出来るだけ正確に提示したいとは思いますが、世の中の現象が全てデータ化されているわけでもなく、人類の知らないこともまだまだ多く、医療でも科学技術でも不確実な分野は多く、そのため疫学などでもメカニズムより統計が重視され、予測や推定による予防原則などもあるわけです。

そして、多くの場合、都合の良いデータも悪いデータも存在することが多く、最先端技術の論文の多くも確定的なものではなく、細かい間違いはあるのは当たり前で、多くの人に認められるまでに何十年もかかるものも少なくありません。

そうしたことは前提の上で、議論を重ねたいと思っています。

こけしさん
コメントありがとうございます。

私は最近やけに好んで使われる「かつて経験したことのない」という表現に強い違和感を覚えています。

この言葉の主語は曖昧で、「かつて経験したことのない」のは、人類なのか、国民なのか、県民なのか、市民なのか、あるいは個人なのか、私のように還暦を過ぎた人間なのか、二十代の息子の年代なのか、小学生なのか、まるで分かりません。

特に、台風や津波あるいは地震のように、ほぼ100%捕捉されているものと違い、降雨量というのは、たまたま観測所に降った雨量であり、850万キロ平米の広島県の中の僅か30ヶ所程度の「経験値」でしかありません。

雨というのは最近の雨レーダーを見れば良く分かるように、数百メートル違うだけでも随分違うことがありますし、特に集中豪雨はそうです。

私は瀬戸内の沿岸部でしか生活をしたことがありませんが、まさにバケツをひっくり返したような雨で、道路から跳ね返ってくる水しぶきでワイパーも全く役に立たず立ち往生したり、連続300ミリの大雨で通行止めになったところに遭遇したり、ということは一度ならず経験していますし、高潮で道路が冠水し帰宅できなかった経験もあります。

しかし、このような豪雨のデータは気象庁にはありません。

村上茂樹さん
きちんと調べて頂き感謝します。
更に、この記事の主旨、私の意見もご理解頂き、ありがとうございました。
まずは被災者の方の生活への支援が重要ですが、今後は正しい検証に基づく対策が行われることを望みます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60180426

この記事へのトラックバック一覧です: 異常気象ではない:

» 「観測史上初」「経験したことのない」など、「想定外」の異常気象にして責任逃れのためか [もうすぐ北風が強くなる]
広島の土砂崩れに寄せて    8/22 「グレーは淡青hell blau」氏から 広島から発信されてるブログより転載 ↓   異常気象ではない 「タウンNEWS広島 平和大通り」から 一昨日(2014年8月20日)の局地的な豪雨は広島市に大きな被害をもたらしました。 今回の豪雨に対し、広島市の金山健三・危機管理部長は「経験したことのないような雨量があり、そ...... [続きを読む]

« 駅とコンビニ | トップページ | 地下通路のラッピング広告 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31