広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 塀のない庭 | トップページ | 介護用エレベーターの増設 »

2014年8月 6日 (水)

8月6日

今年も8月6日を迎えました。

日本は唯一の被爆国であり、核の脅威を最も知る国でありながら、3年前には「平和利用」と称していた原発の事故で、新たな被ばく者を生み、原爆投下を遥かに上回る放射能汚染を引き起こしてしまいました。

その原発事故により、多くの日本国民の生活が奪われ、命が脅かされ、国土を奪われ、未だに収束の目処もたっていません。

そして、この3年だけでも、日本では火力発電の効率化は目覚ましく、自然エネルギーによる発電が、家庭、企業、自治体などで広がり、省エネ技術だけでも原発20基分に相当すると言われ、一方で需要は下がるばかりです。

そうした状況にも関わらず、政府は未だにタイムセールなどで「電力不足」を演出し、アベノミクスの円安誘導で膨らむ貿易赤字を原発が止まっているせいにして、反省も対策もないまま、電源としては必要のない原発を再稼動させようとしています。

さらには集団的自衛権の行使という解釈改憲です。

ドイツの公共放送局が「日本では民主主義が機能していない」と報じ、原発大国のフランスでも同じように公共放送で日本の原発政策に対して批判的な報道が行われ、最大の同盟国であるアメリカでもニューヨーク・タイムズが「(集団的自衛権の解釈変更は)民主主義的な手続きを完全に損なうものだ」と書き、ジム・チャノス氏が安倍首相を「どの指導者よりもアジアを不安定化させる恐れのある最も危険な人物」だと言ったことは世界中に報じられました。

首相は「過ちは 繰返しませぬから」という碑文を心に刻んで欲しいものです。

Photo

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


43年ぶりの雨も、安倍首相が帰ると止んだようですね。
あんな市長でも、安倍首相よりは、ましな平和宣言でした。
「被爆者をはじめ放射線の影響に苦しみ続けている全ての人々に」は、もっとはっきりと「福島の人々」とか「甲状腺癌で苦しんでいる福島の子供達や、これからはじまる健康被害に苦しむ人たち」と言って欲しかったですけど。

投稿: 通りすがり | 2014年8月 6日 (水) 11時38分


醜い人は、天にも嫌われているようですね。
被爆者の集団的自衛権に反対する意見に対して、国民の命を守るために必要なような事を言っていましたね。
先の大戦でも、父母兄弟の命を守るためにと、多くに人が戦争の犠牲になり死んで行きました。
そんな人達を殺した国家は、その人達を救う事はなかったようですね。
国民の命を守るために国民を殺し、儲けたのは一部の人たち、そして今、儲けるのはアメリカであり、命を失い恨みを受けるのは日本になる集団的自衛権なんですよね。
ところで数年前には国会で、個別自衛権については、成立しなかったのに、同じ政治家が何の根拠も無く、国民の了解もなく集団的自衛権を認めるなんて、これは政治テロですね。

投稿: やんじ | 2014年8月 6日 (水) 20時27分


いつもその位置付けが分からないのですが、市長の平和宣言って、市長個人の想いなのでしょうか? それとも広島市という都市としてのメッセージなのでしょうか? 今年の平和宣言がどうだとか言うのではなく、昔から疑問に思っています。都市としてのメッセージならば、せめて市議会での議決をするべきだと思います。

投稿: 二河川 | 2014年8月 6日 (水) 21時56分


通りすがりさん
どの局も「我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増している今こそ、日本国憲法の崇高な平和主義のもとで69年間戦争をしなかった事実を重く受け止める必要があります。」という箇所を一番よく取り上げていたように思いますが、「被爆者をはじめ放射線の影響に苦しみ続けている全ての人々に、これまで以上に寄り添い、温かい支援策を充実させる」にしても「集団的自衛権」「福島(=原発事故による被ばく者)」という直接的な言葉を避けながらも明確にそのことを伝えるように考えた職員の苦肉の策ではないか、と思いながら聞いていました。

投稿: 工場長 | 2014年8月 7日 (木) 08時15分


やんじさん
最近の気象庁の表現を使えば(8月6日としては)「観測史上初の」「かつて経験のない」大雨ということになるのでしょうか。

それにしても違憲状態で選ばれた政治家が作った内閣にとっては、憲法の精神などはどうでも良いのでしょうね。

投稿: 工場長 | 2014年8月 7日 (木) 08時18分


二河川さん
従来は多くの被爆者、市民、そして世界中の平和を願う人々の思いを的確な言葉に表現できる人こそが広島市長としての重要な資質として選ばれていたように思います。

そういう意味では、現在のように市長にそれだけの見識と能力がなく、体験談を公募し、剪定委員会や関係職員が起草しないといけない状況は残念だと思います。ただ、以前のような感動やサプライズはないものの、サポートする職員の方もあからさまな表現を取らないように、しかし必要なことはうまく滑り込ませていると感心しています。

投稿: 工場長 | 2014年8月 7日 (木) 08時21分

« 塀のない庭 | トップページ | 介護用エレベーターの増設 »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

43年ぶりの雨も、安倍首相が帰ると止んだようですね。
あんな市長でも、安倍首相よりは、ましな平和宣言でした。
「被爆者をはじめ放射線の影響に苦しみ続けている全ての人々に」は、もっとはっきりと「福島の人々」とか「甲状腺癌で苦しんでいる福島の子供達や、これからはじまる健康被害に苦しむ人たち」と言って欲しかったですけど。

醜い人は、天にも嫌われているようですね。
被爆者の集団的自衛権に反対する意見に対して、国民の命を守るために必要なような事を言っていましたね。
先の大戦でも、父母兄弟の命を守るためにと、多くに人が戦争の犠牲になり死んで行きました。
そんな人達を殺した国家は、その人達を救う事はなかったようですね。
国民の命を守るために国民を殺し、儲けたのは一部の人たち、そして今、儲けるのはアメリカであり、命を失い恨みを受けるのは日本になる集団的自衛権なんですよね。
ところで数年前には国会で、個別自衛権については、成立しなかったのに、同じ政治家が何の根拠も無く、国民の了解もなく集団的自衛権を認めるなんて、これは政治テロですね。

いつもその位置付けが分からないのですが、市長の平和宣言って、市長個人の想いなのでしょうか? それとも広島市という都市としてのメッセージなのでしょうか? 今年の平和宣言がどうだとか言うのではなく、昔から疑問に思っています。都市としてのメッセージならば、せめて市議会での議決をするべきだと思います。

通りすがりさん
どの局も「我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増している今こそ、日本国憲法の崇高な平和主義のもとで69年間戦争をしなかった事実を重く受け止める必要があります。」という箇所を一番よく取り上げていたように思いますが、「被爆者をはじめ放射線の影響に苦しみ続けている全ての人々に、これまで以上に寄り添い、温かい支援策を充実させる」にしても「集団的自衛権」「福島(=原発事故による被ばく者)」という直接的な言葉を避けながらも明確にそのことを伝えるように考えた職員の苦肉の策ではないか、と思いながら聞いていました。

やんじさん
最近の気象庁の表現を使えば(8月6日としては)「観測史上初の」「かつて経験のない」大雨ということになるのでしょうか。

それにしても違憲状態で選ばれた政治家が作った内閣にとっては、憲法の精神などはどうでも良いのでしょうね。

二河川さん
従来は多くの被爆者、市民、そして世界中の平和を願う人々の思いを的確な言葉に表現できる人こそが広島市長としての重要な資質として選ばれていたように思います。

そういう意味では、現在のように市長にそれだけの見識と能力がなく、体験談を公募し、剪定委員会や関係職員が起草しないといけない状況は残念だと思います。ただ、以前のような感動やサプライズはないものの、サポートする職員の方もあからさまな表現を取らないように、しかし必要なことはうまく滑り込ませていると感心しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/60101249

この記事へのトラックバック一覧です: 8月6日:

« 塀のない庭 | トップページ | 介護用エレベーターの増設 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31