広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 物もデータで送る時代へ | トップページ | リンチの横行 »

2014年6月 2日 (月)

昭和記念公園は、年々充実していっている!

東京立川市の昭和記念公園、
前回来た10年前と比べ、随分いい雰囲気になっている。

みんなの原っぱの真ん中に立つポツンと立っているクスノキは、
テレビでよく見る「このー樹なんの樹、気になる樹・・・」
のように大きく枝を張り、太い幹の樹になっている。
直径な2m以上はありそうだ。
あんな大きな樹は日本にはないと思っていたが、
ここ昭和記念公園にあった。

オープンは1983年というから、
それから31年経つ。
31年も経つとこれほどに変わるのだろうか。

砂川口のすぐ近くのポピーの丘に咲くポピーの群生する丘は、
色の濃い赤、ピンク、紫、白とあり、壮観だった。

沢山の人が大きなカメラを抱えて写真を撮っていた。
絵を描いている人もいた。

Image

前回来た時、確かこの辺りはコスモスが咲いていたはずと、
聞けば、
ポピーが終わると、その後にコスモスの種を撒くのだという。

水鳥の池には蓮の花が咲いていた。

あちこちに白いヤマボウシも咲いていた。

日本庭園は10年ほど前にオープンしたようだ。
池に面して桧皮葺の茶室があり、
盆栽を展示する専用のゾーンも造られていた。

数年前にオープンしたという「こもれびの里」には、
狛江の庄屋の母屋、蔵が移築され、
塀の前には、
田圃、水車小屋がある。

こうした新しく造られた施設の路は、
真砂土だろうか、
明るい茶色なのもいい。

ランニングコースでは箱根駅伝の予選会が行われたり、
みんなの原っぱではEXILEのコンサートが行われたりもするようだ。

立川の基地跡に造られたこの昭和記念公園は
面積も180haと広く、その内容の豊かさも、
さすが国立だと思わせる。

入園料 大人420円、
来場者は平成22年には約380万人だった。

1983年のオープンして以来、
毎年少しずつ、その内容を充実させている。

公園だからといって、
一度造ったら終わりというのでなく、
年々充実させているのがいい。

官の施設ではなかなか出来ないことだ。

公園に限らず、
どんな施設も一気に完成させようなんてしようとせず、
こうして少しずつでいいから、
充実していって欲しい。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 物もデータで送る時代へ | トップページ | リンチの横行 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/59686946

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和記念公園は、年々充実していっている!:

« 物もデータで送る時代へ | トップページ | リンチの横行 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30