広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 連休も最終日 | トップページ | iPhoneでライフログが無料 »

2014年5月 7日 (水)

プラダビルと原宿・青山のウィンブルドン化

先日、10年ぶりくらいに表参道から青山に向かって歩いた。
並木のケヤキの樹も随分と大きくなって、街の風格を造りだしている。
しかしそれにしても、街の変化の速さに驚く。

ついこの前建ったと思っていた安藤忠雄設計の表参道ヒルズさえ、
もう古臭く感じる。
その表参道ヒルズの端に同潤会アパートの一部が申し訳程度に残されているが、
当時この建物が日本のコンクリート集合住宅の最先端の建物だった
と知る人はまずいないだろうし、感じる人もいないだろう。

GUCCI、BURBERY、LOEWE、RENATO NUCCI 、Anne Fontaine、TOD'S・・・・・
聞いたこともないような外国資本の高級ブランドのビルが並んでいる。

ここは日本なの?
原宿、青山のウィンブルドン化は凄まじい。

建物も、どこからそんなデザインが生まれてくるのかと、
驚くほど個性的で斬新なデザインだ。

コンクリートの箱に、不定形にくりぬいてガラスをはめ込んで窓としていたり、
菱形に張られた鉄骨の柱の間にガラスが嵌め込まれていたりしている。

どこから柱で、梁か、
どこから壁、屋根 になるのか、
わからなかったりする。

菱形をモチーフとするプラダの建物の建つ敷地は大きく傾斜していることもあって、
庭と壁が折り紙のようにカットされ、繋がっていく。

その折り紙の一部となっているメッシュの金網にかこまれて、
地下への入り口が設けられている。

Image_3

こんな庭の作り方はちょっと日本人的感覚とは違う。

しかしそれにしても街の変化は凄い。
それもたかだかここ10年くらいの間に起こっている。
石造りのヨーロッパの街にはあり得ないことだろう。

あと10年もしたら、
この街は、日本は、
一体どんな街になっているのだろうか。

楽しみだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


現代の日本の建物はビルですら半世紀しかもたないと言われますが、案外良いことかも知れませんね。
いや良くないとしても、それが現実ですから、それを活かすしかありませんね。

投稿: 通りすがり | 2014年5月 7日 (水) 13時52分


通りすがり様

建築には、いずれにしろ寿命があるわけですが、
いずれ解体、消滅するということを、
前提に建物が作られない、
ということが、問題ですね。
壊れることはない、
壊れないようにするにはどうしたらいいのかということで、
作られている故に様々の問題が起こってくるのではないでしょうか。
原発はその典型といえるかも知れませんね。

投稿: 元安川 | 2014年5月 7日 (水) 15時35分


壊されることが前提にされていない、という点では、最近流行りのタワーマンションなども気になります。
いざ解体の時期が来たとき、多数の権利者が存在するタワーマンションなどは、スムースに建て替えの話が進むのでしょうか? 気になります。

投稿: 二河川 | 2014年5月 7日 (水) 20時38分


二河川様

タワーマンションに限らず、
分譲マンションは全て
老朽化したり、地震で大きく壊れたりした時、
ほぼ所有者、居住者全員の同意がないと、
解体も改修もできないという問題を抱えているようです。
販売したマンション会社は、
売って終わりで、
後は何も知りません、権限も責任もありませんというスタンスです。

投稿: 元安川 | 2014年5月 7日 (水) 22時12分


分譲マンションの所有者からすれば、「なんと無責任な」という反応になっても不思議ではありませんが、前向きに考えると、一つのマンションという「地域」で、民主主義を自分たちの手で実際に育て実行する素晴らしい機会に恵まれているということでもあります。そのためのマニュアルは、何年か後にはベストセラーになるかもしれません。

投稿: 半可通 | 2014年5月 8日 (木) 05時44分


半可通様

広島は他の都市に比べてマンションが多い都市です。
そんなマニュアルが、広島から生まれて欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2014年5月 8日 (木) 07時24分

« 連休も最終日 | トップページ | iPhoneでライフログが無料 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

現代の日本の建物はビルですら半世紀しかもたないと言われますが、案外良いことかも知れませんね。
いや良くないとしても、それが現実ですから、それを活かすしかありませんね。

通りすがり様

建築には、いずれにしろ寿命があるわけですが、
いずれ解体、消滅するということを、
前提に建物が作られない、
ということが、問題ですね。
壊れることはない、
壊れないようにするにはどうしたらいいのかということで、
作られている故に様々の問題が起こってくるのではないでしょうか。
原発はその典型といえるかも知れませんね。

壊されることが前提にされていない、という点では、最近流行りのタワーマンションなども気になります。
いざ解体の時期が来たとき、多数の権利者が存在するタワーマンションなどは、スムースに建て替えの話が進むのでしょうか? 気になります。

二河川様

タワーマンションに限らず、
分譲マンションは全て
老朽化したり、地震で大きく壊れたりした時、
ほぼ所有者、居住者全員の同意がないと、
解体も改修もできないという問題を抱えているようです。
販売したマンション会社は、
売って終わりで、
後は何も知りません、権限も責任もありませんというスタンスです。

分譲マンションの所有者からすれば、「なんと無責任な」という反応になっても不思議ではありませんが、前向きに考えると、一つのマンションという「地域」で、民主主義を自分たちの手で実際に育て実行する素晴らしい機会に恵まれているということでもあります。そのためのマニュアルは、何年か後にはベストセラーになるかもしれません。

半可通様

広島は他の都市に比べてマンションが多い都市です。
そんなマニュアルが、広島から生まれて欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/59564813

この記事へのトラックバック一覧です: プラダビルと原宿・青山のウィンブルドン化:

« 連休も最終日 | トップページ | iPhoneでライフログが無料 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31