広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 8%増税とシステムトラブル | トップページ | オーストラリアからのお祝い »

2014年4月 4日 (金)

48年間は4年分

再審の決定した袴田巌さんを支援し続けてきたWBC(世界ボクシング評議会)は元ボクサーの袴田巌さんを「名誉王者」として認定し、4月6日の世界タイトル戦で、ベルトの贈呈を計画しているということです。

Wbc


クローズアップ現代「埋もれた証拠~“袴田事件”当事者たちの告白... 投稿者 gomizeromirai

死刑囚として長期間拘置されていた袴田巌さんは、まだ再審の決定と保釈が行われただけですが、もし無罪となれば、補償金が2億2千万円になると報じられています。

これは、刑事補償法による補償金の上限が一日1万2千5百円なので、その上限額で計算されたもののようです。

袴田さんは24時間、365日、自由を奪われただけでなく、死刑囚であることから、常に「1時間後に死刑を執行されて殺されるかも知れない」という恐怖に苛まれながら独房で暮らすという、他の受刑者とは格段に厳しい状況におかれていました。ですから、有期刑に適用されている上限額で良いはずはありません。

ちなみに足利事件の再審で無罪が確定した菅家は、死刑囚ではありませんでしたが、上限額で計算され17年で8千万円が支払われたそうです。

おそらく死刑囚が冤罪を晴らして無罪になること自体が想定外であるようにも思えますが、その責任を負うべき最高裁の判事の年収は5千万円以上と言われています。

つまり、被害者の48年の人生が、誤ちを犯した人の4年分の収入で償われるというわけです。それも、本人は全く責任を取らず、それを支払うのは、我々国民です。

いずれにしても、お金以外でも償えるものがあるはずですから、あらゆることを考えて実行して欲しいと思います。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


本当にどう表現したらいいのかわからない気持ちです。お姉さんも弟さんのために一生をささげたということを知ってなおさらのこと。とても自分にはできません。冤罪で亡くなった方たちも合わせて死刑という刑の重みを感じます。決して自分たちのメンツのためだけに裁判を長引かせないでと願います。福井県でも今冤罪事件を抱えています。

話は全然違いますが、函館の市長も頑張ってほしい。市民がうらやましい。
事故が起きてからでは遅いのです。どうして福島が教訓にならないのか。

投稿: おおたき | 2014年4月 4日 (金) 09時16分


検察は反省するどころか即時抗告というのは、どうしたことでしょうか。
自分達のメンツしかないのでしょうか。
本当に恐ろしい事だと思います。

投稿: アコ | 2014年4月 4日 (金) 11時24分


いつ殺されるか分からない状態で48年間って、本当に地獄だと思います。
そうして殺された人がいるかと思うと、ゾッとしますね。
袴田さんには出来るだけのことをしてあげたいと思います。

投稿: | 2014年4月 4日 (金) 11時55分


袴田さん
機械的に算定されるお金より,皆さんの心がこもったベルトの方がうれしいでしょう。
たとえ10億もらっても20億もらっても,奪われた袴田さんの人生は戻ってこず,誰も責任は取らず,血税だけが使われるのですね。

投稿: もみじ日記 | 2014年4月 4日 (金) 14時12分


間違ったことをしたら謝る。償う。
そんな常識的なことができないのが、お上というやつなんですね。
血税で償われても・・・。

誰にでも間違いはありますが、故意に間違いを誘導したなんてことがあれば(私自身はそれ自体が犯罪だと思いますが・・・)、どう償うんでしょうね・・・。

誰かこの矛盾だらけの世の中をひっくり返してくれないですかね。
平和裏の無血革命で・・・

投稿: 橋本クリニック | 2014年4月 4日 (金) 15時30分


原発の安全神話と同じように、警察・検察の絶対正義のようなものがあるのでしょうね。
地位も無く、権力もお金も無かったら、環境が裕福でなかったら、その人をどのように見ていたのか、
そんな先入観で、警察も検察も司法も判断しているのかも。
法のもとには皆平等、基本的人権なども、機能していないのでしょうね。
そして、今の政府は、これらを無くす憲法を作ろうとしています。
また、マスコミも今も尚、同じように、人に対して対応しています。
司法の正義が何なのか、警察、検察、政府等に対しての、義なのか。
そうでなく、憲法から判断すると、司法の義は、国民であるべきですね。
取り調べは可視化すべきですし、証拠も検察の都合に合わせるのでなく、検察に不利な証拠を隠したら裁判は無効にし、検察は偽証罪で断罪されるべきですね。
裁判員制度では、裁判員の負担を軽くするために、証拠等を簡素化するようですが、これが本当に良いのかも議論しないといけないように思います。
また、裁判員制度での判決を、高裁が簡単に覆すのも大きな問題のように感じます。
それと、最高裁判所裁判官は、任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際に最高裁判所裁判官国民審査(国民審査)されますから、国民が信任しています。
誰もが、この国民審査を重要視してはいないのではないでしょうか。
冤罪を防ぐためにも、重要な審査だと思います。

投稿: やんじ | 2014年4月 5日 (土) 16時52分


おおたきさん
お姉さんだけでなく、殺人者の身内ということで多くの人の人生も狂わせたのではないでしょうか。人間が完璧でない限り、取り返しの付かない誤ちになる死刑制度も原発も、無理だとしか思えません。

国のトップと違い、せめて住民が直接選んだ首長には、あくまで住民のことをみて考え行動して欲しいですね。

投稿: 工場長 | 2014年4月 6日 (日) 08時27分


アコさん
先日「クローズアップ現代」ではアメリカでの冤罪を防ぐ取り組みなどが紹介されていましたが、そのインタビューで検事は「検察には全ての証拠があり、検察は有罪ではなく、正義と真実を求めているのです」と言っていました。

日本の検事や裁判官にも見習って欲しい姿勢だと思います。

投稿: 工場長 | 2014年4月 6日 (日) 08時28分


2014年4月 4日 (金) 11時55分さん
受刑者に死刑が確定すると、刑務所は全力で自殺を防ぐようです。つまり、死んだ方がましだという状況に置かれ、死ぬことも許されない、まさに地獄ですね。

投稿: 工場長 | 2014年4月 6日 (日) 08時29分


橋本クリニックさん
人を裁くという仕事に就く人には、知識や能力だけでなく、それに相応しい人格も備えて欲しいものです。

投稿: 工場長 | 2014年4月 6日 (日) 08時32分


やんじさん
原発にしても、冤罪事件でも、あまりに多くの事実が隠蔽され、改ざんされています。そして、書かれているように、それを更に容易にする法律が作られました。

違憲とされる選挙で選ばれた人たちは、その憲法さえ変えようとしています。

国民はもっと危機感をもたないといけないと思います。

投稿: 工場長 | 2014年4月 6日 (日) 08時46分

« 8%増税とシステムトラブル | トップページ | オーストラリアからのお祝い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当にどう表現したらいいのかわからない気持ちです。お姉さんも弟さんのために一生をささげたということを知ってなおさらのこと。とても自分にはできません。冤罪で亡くなった方たちも合わせて死刑という刑の重みを感じます。決して自分たちのメンツのためだけに裁判を長引かせないでと願います。福井県でも今冤罪事件を抱えています。

話は全然違いますが、函館の市長も頑張ってほしい。市民がうらやましい。
事故が起きてからでは遅いのです。どうして福島が教訓にならないのか。

検察は反省するどころか即時抗告というのは、どうしたことでしょうか。
自分達のメンツしかないのでしょうか。
本当に恐ろしい事だと思います。

いつ殺されるか分からない状態で48年間って、本当に地獄だと思います。
そうして殺された人がいるかと思うと、ゾッとしますね。
袴田さんには出来るだけのことをしてあげたいと思います。

袴田さん
機械的に算定されるお金より,皆さんの心がこもったベルトの方がうれしいでしょう。
たとえ10億もらっても20億もらっても,奪われた袴田さんの人生は戻ってこず,誰も責任は取らず,血税だけが使われるのですね。

間違ったことをしたら謝る。償う。
そんな常識的なことができないのが、お上というやつなんですね。
血税で償われても・・・。

誰にでも間違いはありますが、故意に間違いを誘導したなんてことがあれば(私自身はそれ自体が犯罪だと思いますが・・・)、どう償うんでしょうね・・・。

誰かこの矛盾だらけの世の中をひっくり返してくれないですかね。
平和裏の無血革命で・・・

原発の安全神話と同じように、警察・検察の絶対正義のようなものがあるのでしょうね。
地位も無く、権力もお金も無かったら、環境が裕福でなかったら、その人をどのように見ていたのか、
そんな先入観で、警察も検察も司法も判断しているのかも。
法のもとには皆平等、基本的人権なども、機能していないのでしょうね。
そして、今の政府は、これらを無くす憲法を作ろうとしています。
また、マスコミも今も尚、同じように、人に対して対応しています。
司法の正義が何なのか、警察、検察、政府等に対しての、義なのか。
そうでなく、憲法から判断すると、司法の義は、国民であるべきですね。
取り調べは可視化すべきですし、証拠も検察の都合に合わせるのでなく、検察に不利な証拠を隠したら裁判は無効にし、検察は偽証罪で断罪されるべきですね。
裁判員制度では、裁判員の負担を軽くするために、証拠等を簡素化するようですが、これが本当に良いのかも議論しないといけないように思います。
また、裁判員制度での判決を、高裁が簡単に覆すのも大きな問題のように感じます。
それと、最高裁判所裁判官は、任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際に最高裁判所裁判官国民審査(国民審査)されますから、国民が信任しています。
誰もが、この国民審査を重要視してはいないのではないでしょうか。
冤罪を防ぐためにも、重要な審査だと思います。

おおたきさん
お姉さんだけでなく、殺人者の身内ということで多くの人の人生も狂わせたのではないでしょうか。人間が完璧でない限り、取り返しの付かない誤ちになる死刑制度も原発も、無理だとしか思えません。

国のトップと違い、せめて住民が直接選んだ首長には、あくまで住民のことをみて考え行動して欲しいですね。

アコさん
先日「クローズアップ現代」ではアメリカでの冤罪を防ぐ取り組みなどが紹介されていましたが、そのインタビューで検事は「検察には全ての証拠があり、検察は有罪ではなく、正義と真実を求めているのです」と言っていました。

日本の検事や裁判官にも見習って欲しい姿勢だと思います。

2014年4月 4日 (金) 11時55分さん
受刑者に死刑が確定すると、刑務所は全力で自殺を防ぐようです。つまり、死んだ方がましだという状況に置かれ、死ぬことも許されない、まさに地獄ですね。

もみじ日記さん
昨年、検事や弁護士のミスで性犯罪の被害者が加害者に住所などを知られた時、担当検事は「引越し費用を損害賠償として請求すればいい」と言ったと報道されていますが、お金では償えないものがある、ということを理解し、お金以外のもので償うということを考えて欲しいですね。

橋本クリニックさん
人を裁くという仕事に就く人には、知識や能力だけでなく、それに相応しい人格も備えて欲しいものです。

やんじさん
原発にしても、冤罪事件でも、あまりに多くの事実が隠蔽され、改ざんされています。そして、書かれているように、それを更に容易にする法律が作られました。

違憲とされる選挙で選ばれた人たちは、その憲法さえ変えようとしています。

国民はもっと危機感をもたないといけないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/59405253

この記事へのトラックバック一覧です: 48年間は4年分:

« 8%増税とシステムトラブル | トップページ | オーストラリアからのお祝い »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31