広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ゲレンデマジックとゲレコン | トップページ | シャレオの交番がお店に »

2014年3月15日 (土)

住基カード

みんなの党の渡辺喜美代表がナベノミクスと称して「規制撤廃」などを提案したということですが、行政と関わると本当に無駄なものを多く目にします。

例年のようにネットで確定申告をするために確認してみると、住基カード(住民基本台帳カード)の公的個人認証サービスの期限が数日で切れることが分かり、急いで処理をすることになりました。

そもそも、この住基カードにしても、公的個人認証サービスにしても、納得できないことが沢山あります。

Jcard

住基カードが出来た時、顔写真付きの住基カードは、法的な身分証明証として利用できると言うことでしたが、現実にはビデオレンタル店から役所に至るまで、身分証明証として認めないところが沢山ありました。

なにしろ、住基カードの電子認証を更新する時に、免許証の提示を求められます。まさに住基カードを発行している役所が、それを身分証明証としては認めないというわけです。

それに、住基カードも公的個人認証サービスも登録時に料金がかかりますが、更に公的個人認証サービスは3年毎に500円の更新料金が必要となります。この更新制度や料金も納得できませんが、更新するには窓口まで行かないと出来ないというのも理解できないことです。

ネットを使って行政サービスを受けるための仕組みなのに、更新には窓口に行く必要があるのです。健康診断や適性検査があるわけではなく、書類を確認するだけなのにです。

行政サービスの効率を上げるための仕組みに対して、利用者が料金を払い、無駄に役人の仕事を増やしているとしか思えません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


住基カード に関しては、全く同感です。

まさに 渋忌カード です。

投稿: ちょっと辛口 | 2014年3月 11日 (火) 07時35分


運転免許証を持てなくなった高齢者が増えています。
行政が率先して身分証明書として欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2014年3月15日 (土) 09時53分


住基ネットの維持費が年間180億円だったと思いますが、マイナンバー制度のシステムも別に作るのでしょうね。
所詮、役人の天下り先を作るだけですね。

投稿: 通りすがり | 2014年3月15日 (土) 11時48分


私の母は免許を持っていないので,住基カードだけが頼りです。
それにしても免許証はなぜあんなに信用が高いのですかね。
昔,公務員時代に,レンタルビデオショップでカードを作る際に身分証明書を見せたら,「免許証はありますか?」と言われました。
法務省のものより,その指示を受ける警察のもののほうが信用があるのかと苦笑するしかありませんでした。

投稿: もみじ日記 | 2014年3月15日 (土) 22時00分


ちょっと辛口さん
「渋忌カード」確かに!

投稿: 工場長 | 2014年3月16日 (日) 09時39分


元安川さん
法律で公的な身分証明書として認められ、インターネットによる行政手続きにも使えるものが、行政で使えないというのは本当に酷いと思います。(もちろん粘れば使えるのですが)

投稿: 工場長 | 2014年3月16日 (日) 09時42分


通りすがりさん
住基ネットの維持費が年間180億円というのもお役所ならではで、民間がやれば桁がいくつか違ってきますが、予算も手間も、かければかけるだけ良いと勘違いしているお役人が多いようです。
民間では電力会社くらいですが。

投稿: 工場長 | 2014年3月16日 (日) 09時43分


もみじ日記さん
カードにICチップが付く時代ですから、政府がIDカードを発行し、それに免許、保険、住民票、戸籍などの情報を入れて、インターネットのブラウザーで使われているCookieのように、それぞれの機関で扱える情報を制限すれば、セキュリティーも確保して多くのカードが1枚で済むはずですが、縦割り行政だとなかなか出来ないのでしょうね。
広島市政も「この3年で随分縦割りに戻った」と、何人かの幹部職員から異口同音に聞きました。

投稿: 工場長 | 2014年3月16日 (日) 09時45分

« ゲレンデマジックとゲレコン | トップページ | シャレオの交番がお店に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

住基カード に関しては、全く同感です。

まさに 渋忌カード です。

運転免許証を持てなくなった高齢者が増えています。
行政が率先して身分証明書として欲しいですね。

住基ネットの維持費が年間180億円だったと思いますが、マイナンバー制度のシステムも別に作るのでしょうね。
所詮、役人の天下り先を作るだけですね。

私の母は免許を持っていないので,住基カードだけが頼りです。
それにしても免許証はなぜあんなに信用が高いのですかね。
昔,公務員時代に,レンタルビデオショップでカードを作る際に身分証明書を見せたら,「免許証はありますか?」と言われました。
法務省のものより,その指示を受ける警察のもののほうが信用があるのかと苦笑するしかありませんでした。

ちょっと辛口さん
「渋忌カード」確かに!

元安川さん
法律で公的な身分証明書として認められ、インターネットによる行政手続きにも使えるものが、行政で使えないというのは本当に酷いと思います。(もちろん粘れば使えるのですが)

通りすがりさん
住基ネットの維持費が年間180億円というのもお役所ならではで、民間がやれば桁がいくつか違ってきますが、予算も手間も、かければかけるだけ良いと勘違いしているお役人が多いようです。
民間では電力会社くらいですが。

もみじ日記さん
カードにICチップが付く時代ですから、政府がIDカードを発行し、それに免許、保険、住民票、戸籍などの情報を入れて、インターネットのブラウザーで使われているCookieのように、それぞれの機関で扱える情報を制限すれば、セキュリティーも確保して多くのカードが1枚で済むはずですが、縦割り行政だとなかなか出来ないのでしょうね。
広島市政も「この3年で随分縦割りに戻った」と、何人かの幹部職員から異口同音に聞きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/59273628

この記事へのトラックバック一覧です: 住基カード:

« ゲレンデマジックとゲレコン | トップページ | シャレオの交番がお店に »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30