広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 目は老眼になるし、メガネは劣化するし・・ | トップページ | スタバのマイボトル »

2014年1月30日 (木)

NHKの終焉か

一般的に国営より民営、独占より自由化が正しい方向だと思っていますが、これまではNHK(日本放送協会)に関してだけは国営の方がベターだと思っていました。

NHKの受信契約や放送受信料の徴収は法的根拠も疑問が多く、不公平なものです。そして徴収には苦労しています。そんな集金などに無駄な金をかけるくらいなら税金で賄い、国営放送として規模も縮小し、報道と文化・教育的な内容のみに特化した方が、ずっと安上がりだと思うわけです。

そして、その内容にも評価すべきものもありますので、そのコンテンツは国民の共有財産として、いつでもどこからでもオンデマンドで利用できるようにします。 そうすれば、NHKの価値もずっと上がると思っていました。

ところが、先日、NHK新会長である籾井勝人氏が就任の記者会見で「政府が右ということを左というわけにはいかない」と発言しました。

2013122100000015asahik0001view

つまり「政府が右といえば右という」ということです。
NHKは報道機関をやめるようです。

これは、もう国営放送ですらありません。政府広報部です。

受信契約・放送受信料は廃止し、内閣官房機密費(内閣官房報償費)で賄って欲しいものです。

ちなみに、その後、籾井勝人新会長は謝罪会見で「不徳の致すところ」と言い、職員あての謝罪文の送付などもされたようですが、新明解国語辞典第七版によると【不徳】=「人として身に付けているべき道徳感を備えていないこと」ということです。そんな人が会長になる報道機関は終わったとしか思えません。

この方も同じような意見です
http://www.youtube.com/watch?v=xSvcylbqyLE

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


このビデオにある「忖度する」というのは、日本人の強みであり、厄介なところですね。
忖度には証拠が残りませんから…

投稿: 通りすがり | 2014年1月30日 (木) 12時10分


通りすがりさん
その通りですね。
思いやり、気配り、人の気持ちを察する、空気を読む、忖度する、というのは日本社会では「良いこと」であり「大切なこと」とされています。 逆に、空気の読めない人は「KY」と言い、無作法で無神経な人、ということになります。

籾井勝人氏は記者会見で、はっきりと「政権寄り」であることを表明したわけで、謝罪会見をしようが、謝罪文を送ろうが、新会長の意思は示され、今後は特別な指示や依頼がなくても、NHKの職員はその会長の気持ちを察し、組織の中にそうした空気が作られ、現場はその空気を読んで仕事をするようになるでしょう。

投稿: 工場長 | 2014年1月30日 (木) 12時23分


NHKは国営放送ではないのでは?こういうのあまり適当に書くとよくない気がしますが。

投稿: | 2014年1月30日 (木) 22時54分


NHKは総務省が所轄する特殊法人です。
良く読めば分かると思いますが、今のように法的根拠が曖昧で明らかに時代に合わなくなって集金に苦労して余計な経費を使うくらいなら、規模を縮小して税金で賄う国営にした方がベターだと思ってきたが、「政府が右だと言えば右だという」ような組織では、国営にすらならない、と書いているわけです。それは政府の広報機関でしかありませんから。

投稿: 工場長 | 2014年1月30日 (木) 23時03分


NHKに少しの誇りでも残っているのなら、各番組の初めに、「この番組は大本営の発表です」とアナウンサーが宣言し、同時にテロップを流す必要があるのでは。それだけではなく、アナウンサーは全て北朝鮮のテレビ局での研修を経て、あの熱意でニュースを読まないと、いけないことになると思うのですが。

投稿: 半可通 | 2014年1月31日 (金) 01時14分


政府が右だと言えば右だとするのは、もはや報道機関とかマスコミと名乗る資格はないですね。
またどんな番組でも、疑問を唱えたり、論評なんてもってのほかですね。
 NHKがどうのこうのより、この人はNHKは政府の広報機関だと認識しているのですから始末が悪いですね。
慰安婦問題は、誰もが見ないふりや知ろうとしていないことが、問題だと思います。
また、史実を確認するのもマスコミの仕事ですが、韓国政府に配慮して、問題が無いように無難な態度をとるのは如何なものかと思います。
慰安婦となった人々に配慮は大切ですが、当時の社会情勢がどうだったか、きちんとする必要はあると思います。

投稿: やんじ | 2014年1月31日 (金) 05時20分


従軍慰安婦については色々な本を読みましたが、国家ぐるみであることは明らかですし、一般女性への強姦が減るはずどころか逆に増えていったことも知られています。
人殺し、武力による侵略など、どの国も行ってきたことですが、それを否定して人間はより平和に知的に進歩してきています。
昔は良かった、昔は誰でもしていた、ということは事実としても声高に言えることではありませんし、あくまで反省の材料とすべきことだと思います。

投稿: アコ | 2014年1月31日 (金) 09時47分


この新会長の記者会見で最も問題となり謝罪会見や謝罪文まで送るハメになったのは従軍慰安婦についての発言ですが、橋下代表が同じ発言をして維新が終わったことを見ていれば就任記者会見で言えることでないことは誰にでもわかることです。そんなこともわからない人なら本当に無能だということになりますが、そこまで計算済みで、それより空気づくりにかけたとなると油断ならない人で、それこそ日本の危機かも知れません。

投稿: ゲンカン | 2014年1月31日 (金) 10時02分


半可通さん
広辞苑第六版によると「大本営発表」は「権力を持つ側が一方的に流す、自らに都合の良い情報」となっていますが、次の版では「NHK報道」も同じ意味として記載されるのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2014年1月31日 (金) 21時03分


やんじさん
せめて半可通さんが書かれているように「大本営発表」でしかないことを明らかにすべきですね。
また私は社説などで立場をはっきりさせることは良いことだと思っていますが、アメリカなどの報道機関に比べ日本の報道機関のように(分かる人には分かるとは言え)中立を装って世論を誘導するのは罪だと思います。

投稿: 工場長 | 2014年1月31日 (金) 21時05分


アコさん
戦争は人間として最も重い罪である殺人さえ肯定してしまうものです。
昔は、その戦争も肯定されていましたが、知的に進化した人間なら否定すべきことだと思います。

投稿: 工場長 | 2014年1月31日 (金) 21時08分


ゲンカンさん
これが故意犯なら、本当に恐ろしいことです。

投稿: 工場長 | 2014年1月31日 (金) 21時09分

« 目は老眼になるし、メガネは劣化するし・・ | トップページ | スタバのマイボトル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント


このビデオにある「忖度する」というのは、日本人の強みであり、厄介なところですね。
忖度には証拠が残りませんから…

通りすがりさん
その通りですね。
思いやり、気配り、人の気持ちを察する、空気を読む、忖度する、というのは日本社会では「良いこと」であり「大切なこと」とされています。 逆に、空気の読めない人は「KY」と言い、無作法で無神経な人、ということになります。

籾井勝人氏は記者会見で、はっきりと「政権寄り」であることを表明したわけで、謝罪会見をしようが、謝罪文を送ろうが、新会長の意思は示され、今後は特別な指示や依頼がなくても、NHKの職員はその会長の気持ちを察し、組織の中にそうした空気が作られ、現場はその空気を読んで仕事をするようになるでしょう。

NHKは国営放送ではないのでは?こういうのあまり適当に書くとよくない気がしますが。

NHKは総務省が所轄する特殊法人です。
良く読めば分かると思いますが、今のように法的根拠が曖昧で明らかに時代に合わなくなって集金に苦労して余計な経費を使うくらいなら、規模を縮小して税金で賄う国営にした方がベターだと思ってきたが、「政府が右だと言えば右だという」ような組織では、国営にすらならない、と書いているわけです。それは政府の広報機関でしかありませんから。

NHKに少しの誇りでも残っているのなら、各番組の初めに、「この番組は大本営の発表です」とアナウンサーが宣言し、同時にテロップを流す必要があるのでは。それだけではなく、アナウンサーは全て北朝鮮のテレビ局での研修を経て、あの熱意でニュースを読まないと、いけないことになると思うのですが。

政府が右だと言えば右だとするのは、もはや報道機関とかマスコミと名乗る資格はないですね。
またどんな番組でも、疑問を唱えたり、論評なんてもってのほかですね。
 NHKがどうのこうのより、この人はNHKは政府の広報機関だと認識しているのですから始末が悪いですね。
慰安婦問題は、誰もが見ないふりや知ろうとしていないことが、問題だと思います。
また、史実を確認するのもマスコミの仕事ですが、韓国政府に配慮して、問題が無いように無難な態度をとるのは如何なものかと思います。
慰安婦となった人々に配慮は大切ですが、当時の社会情勢がどうだったか、きちんとする必要はあると思います。

従軍慰安婦については色々な本を読みましたが、国家ぐるみであることは明らかですし、一般女性への強姦が減るはずどころか逆に増えていったことも知られています。
人殺し、武力による侵略など、どの国も行ってきたことですが、それを否定して人間はより平和に知的に進歩してきています。
昔は良かった、昔は誰でもしていた、ということは事実としても声高に言えることではありませんし、あくまで反省の材料とすべきことだと思います。


この新会長の記者会見で最も問題となり謝罪会見や謝罪文まで送るハメになったのは従軍慰安婦についての発言ですが、橋下代表が同じ発言をして維新が終わったことを見ていれば就任記者会見で言えることでないことは誰にでもわかることです。そんなこともわからない人なら本当に無能だということになりますが、そこまで計算済みで、それより空気づくりにかけたとなると油断ならない人で、それこそ日本の危機かも知れません。

半可通さん
広辞苑第六版によると「大本営発表」は「権力を持つ側が一方的に流す、自らに都合の良い情報」となっていますが、次の版では「NHK報道」も同じ意味として記載されるのでしょうか。

やんじさん
せめて半可通さんが書かれているように「大本営発表」でしかないことを明らかにすべきですね。
また私は社説などで立場をはっきりさせることは良いことだと思っていますが、アメリカなどの報道機関に比べ日本の報道機関のように(分かる人には分かるとは言え)中立を装って世論を誘導するのは罪だと思います。

アコさん
戦争は人間として最も重い罪である殺人さえ肯定してしまうものです。
昔は、その戦争も肯定されていましたが、知的に進化した人間なら否定すべきことだと思います。

ゲンカンさん
これが故意犯なら、本当に恐ろしいことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/59030867

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの終焉か:

« 目は老眼になるし、メガネは劣化するし・・ | トップページ | スタバのマイボトル »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31