広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 明日は明日の風が吹く・・・ | トップページ | 強かな戦略ーユニクロのリサイクルシステム »

2013年12月 3日 (火)

防空識別圏

防空識別圏についての報道は、多くの人に誤った認識を与えています。

そもそも日本の防空識別圏(ADIZ)は、領空より遥かに広く、排他的経済水域よりも広い範囲に及んでいます。そして、中国大陸にかなり近いところまで及んでいます。

中国の程永華駐日大使が先月(2013年11月26日)広島大学で講演し「中国沿海ギリギリに(日本の)防空識別圏が設定されており、中国も相応の措置をとらざるを得なかった」と述べたということですが、今まで防空識別圏を設定していなかった中国が、日本と同じことをしたからといって、中国を批難するのはおかしなことですし「日本が防空識別圏の撤回を求めるなら、まず日本が44年前に設定した防空識別圏を撤回してほしい」という中国の主張は間違っているようには思えません。

防空識別圏の設定は決して重要な問題ではなく、他の国にとって重要なのは運用でしょう。だからこそ米国はすぐにB52戦略爆撃機を中国に通報なく飛ばし、合同演習を続けながら確認をし、外交的には批難しながらも、民間には従うように言って事実上「容認」したわけです。そして、バイデン副大統領の訪中により完全に収束させるでしょう。

日本は自分が先にしていることを相手もしたからと口先だけで批判した上に、民間まで巻き込んで肝心なことは何もしていません。こんな政府に国防を語る資格があるのでしょうか。

Japanair

ちなみに我が国の外務大臣は殆どの週末を郷里で家族と一緒に過ごされているようです。とても良い夫であり父親です。日本は国防など語らなくても平和な国のようです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


そもそも防空識別圏は米国が創りだしたもので、日本では閣議決定をしたわけでも国会で審議されたわけでもなく、国際的にも何の意味もありません。

日本の防空識別圏は米国のためのもので、尖閣は入っていても、北方領土も竹島も入っていません。つまり米国にとって意味のないところは外してあるというわけです。

日本が中国の防空識別圏に異議を唱えるのであれば、まず日本として本当に必要な防空識別圏を設定すべきです。

投稿: 佐々木 | 2013年12月 3日 (火) 11時51分


特定秘密保護法案にしても,政府は都合の悪いことは説明せずに事を済ませようとします。
そして言いたいことはブログに「デモはテロ」などと非公式の場で書く。
国民への説明,情報開示が甚だ不十分な国だと思います。

投稿: もみじ日記 | 2013年12月 3日 (火) 15時30分


佐々木さん
確かに今回の問題は米中問題なのかも知れませんね。
日本政府は余計な口出しをして民間を巻き込まないで欲しいものです。

投稿: 工場長 | 2013年12月 4日 (水) 08時09分


もみじ日記さん
海外からみると「あんなに大人しいデモはない、あれではただの散歩だ」と言われるほど整然としたデモをテロ呼ばわりとは驚きますね。それを言うなら右翼の街宣車の方がよほど迷惑です。

投稿: 工場長 | 2013年12月 4日 (水) 08時10分


防空識別圏というより、本当はラインなんでしょうね。
自国に向かったいる飛行機が脅威になるかどうかを判断し始めるラインで、その飛行機が向きを変えればなにも問題はなく、その後の飛行ルートを監視するだけでしょうね。
しかしながら、自国に向かって来て何も応答が無い場合には、緊急発進して領空内に心配しないように迎撃できる距離でもあると思います。
防空識別圏が設定されても、お互いに意思の疎通があれば危険ではないと思います。
大韓航空機が旧ソ連の領空を侵犯して撃墜されてときには、確か意思の疎通がなかったような記憶があります。
それと日本の防空識別圏は、意味が無いことは随分前に立証されていますね。
旧ソ連の最新鋭戦闘機が、無傷で日本の民間飛行場に着陸したのですから。
ところで、西欧のように領土が隣接している国々では、防空識別圏はどのようになっているのでしょうか。
今回は、尖閣諸島がそこに入っているから問題なのかもしれませんね。
日本と中国が、安全保障のような条約を結ばない限り、防衛能力に大きさで、防空識別圏の範囲は広くなり、日本の領空もそこに含まれても仕方が無いことかも。

投稿: やんじ | 2013年12月 4日 (水) 13時31分


記事とは、関係ないのですが、またまた松井広島市長が暴言を発したようですね。
以下は、サンフレッチェの森脇豊一郎氏のfacebookからのコピーです。
彼は、これをひろくシェアを希望されていたので、勝手ながら多くの人が読まれるこのブログにコメントとして投稿させていただきます。ご迷惑なら削除して下さい。

######以下コピー#####

皆様へ。以下、事実であり、恐らく報道されることはありませんので、シェア、拡散いただき周知ご協力お願いいたします。
本日、広島写真記者クラブ懇親会に出席しました。映像、スチールカメラマンさん、マスコミの方々の公の会です。
来賓の松井市長はスピーチで、「カープはCS進出に満足せず優勝してください。サンフレッチェは、優勝されるとスタジアム問題が土俵際に追い込まれるので、2位でいい。」と、50人以上のマスコミの方々と私の前で、はっきり言われました。
たとえ思っていても公の場で発言するのは明らかにおかしいです。
サンフレッチェ広島の監督、選手、スタッフ、全国のサポーターは、広島の元気、夢、感動、希望、目標といったことを願って、優勝目指して一丸で戦っているのに、ホームタウンの長である松井市長は、サンフレッチェの優勝を願っておりません。
私は、松井市長の発言を目の前で聞いて、屈辱。怒りで腸が煮え繰り返ると同時に、悲しくて涙が出そうになりました。
以上、事実と個人の感想です。森脇豊一郎

投稿: やんじ | 2013年12月 4日 (水) 13時34分


やんじさん

防空識別圏は、国境を接しているヨーロッパ諸国などでは、他国の領土上空にも設定されており、重複もしています。

そもそも、防空識別圏は、それぞれの国の空軍などが対領空侵犯措置を行うために、各国の領空の外側の公海上などに設定している空域ですから、それぞれの国が国内法で独自に定めているだけの、あくまでも自国の軍に向けた国内規定です。ですから、どこに設定しようが各国の自由であり、それを公表している国もあれば、公表していない国もあります。

「(安倍政権が)脅されているという雰囲気をつくりだし、平和憲法の改正と軍備増強を推進している」という中国の指摘は、その通りです。

それから、森脇豊一郎さんのfacebookからのコピーありがとうございました。「ひろくシェアを希望」を受けて、再度、記事にしたいと思います。

投稿: 工場長 | 2013年12月 4日 (水) 18時43分

« 明日は明日の風が吹く・・・ | トップページ | 強かな戦略ーユニクロのリサイクルシステム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そもそも防空識別圏は米国が創りだしたもので、日本では閣議決定をしたわけでも国会で審議されたわけでもなく、国際的にも何の意味もありません。

日本の防空識別圏は米国のためのもので、尖閣は入っていても、北方領土も竹島も入っていません。つまり米国にとって意味のないところは外してあるというわけです。

日本が中国の防空識別圏に異議を唱えるのであれば、まず日本として本当に必要な防空識別圏を設定すべきです。

特定秘密保護法案にしても,政府は都合の悪いことは説明せずに事を済ませようとします。
そして言いたいことはブログに「デモはテロ」などと非公式の場で書く。
国民への説明,情報開示が甚だ不十分な国だと思います。

佐々木さん
確かに今回の問題は米中問題なのかも知れませんね。
日本政府は余計な口出しをして民間を巻き込まないで欲しいものです。

もみじ日記さん
海外からみると「あんなに大人しいデモはない、あれではただの散歩だ」と言われるほど整然としたデモをテロ呼ばわりとは驚きますね。それを言うなら右翼の街宣車の方がよほど迷惑です。

防空識別圏というより、本当はラインなんでしょうね。
自国に向かったいる飛行機が脅威になるかどうかを判断し始めるラインで、その飛行機が向きを変えればなにも問題はなく、その後の飛行ルートを監視するだけでしょうね。
しかしながら、自国に向かって来て何も応答が無い場合には、緊急発進して領空内に心配しないように迎撃できる距離でもあると思います。
防空識別圏が設定されても、お互いに意思の疎通があれば危険ではないと思います。
大韓航空機が旧ソ連の領空を侵犯して撃墜されてときには、確か意思の疎通がなかったような記憶があります。
それと日本の防空識別圏は、意味が無いことは随分前に立証されていますね。
旧ソ連の最新鋭戦闘機が、無傷で日本の民間飛行場に着陸したのですから。
ところで、西欧のように領土が隣接している国々では、防空識別圏はどのようになっているのでしょうか。
今回は、尖閣諸島がそこに入っているから問題なのかもしれませんね。
日本と中国が、安全保障のような条約を結ばない限り、防衛能力に大きさで、防空識別圏の範囲は広くなり、日本の領空もそこに含まれても仕方が無いことかも。

記事とは、関係ないのですが、またまた松井広島市長が暴言を発したようですね。
以下は、サンフレッチェの森脇豊一郎氏のfacebookからのコピーです。
彼は、これをひろくシェアを希望されていたので、勝手ながら多くの人が読まれるこのブログにコメントとして投稿させていただきます。ご迷惑なら削除して下さい。

######以下コピー#####

皆様へ。以下、事実であり、恐らく報道されることはありませんので、シェア、拡散いただき周知ご協力お願いいたします。
本日、広島写真記者クラブ懇親会に出席しました。映像、スチールカメラマンさん、マスコミの方々の公の会です。
来賓の松井市長はスピーチで、「カープはCS進出に満足せず優勝してください。サンフレッチェは、優勝されるとスタジアム問題が土俵際に追い込まれるので、2位でいい。」と、50人以上のマスコミの方々と私の前で、はっきり言われました。
たとえ思っていても公の場で発言するのは明らかにおかしいです。
サンフレッチェ広島の監督、選手、スタッフ、全国のサポーターは、広島の元気、夢、感動、希望、目標といったことを願って、優勝目指して一丸で戦っているのに、ホームタウンの長である松井市長は、サンフレッチェの優勝を願っておりません。
私は、松井市長の発言を目の前で聞いて、屈辱。怒りで腸が煮え繰り返ると同時に、悲しくて涙が出そうになりました。
以上、事実と個人の感想です。森脇豊一郎

やんじさん

防空識別圏は、国境を接しているヨーロッパ諸国などでは、他国の領土上空にも設定されており、重複もしています。

そもそも、防空識別圏は、それぞれの国の空軍などが対領空侵犯措置を行うために、各国の領空の外側の公海上などに設定している空域ですから、それぞれの国が国内法で独自に定めているだけの、あくまでも自国の軍に向けた国内規定です。ですから、どこに設定しようが各国の自由であり、それを公表している国もあれば、公表していない国もあります。

「(安倍政権が)脅されているという雰囲気をつくりだし、平和憲法の改正と軍備増強を推進している」という中国の指摘は、その通りです。

それから、森脇豊一郎さんのfacebookからのコピーありがとうございました。「ひろくシェアを希望」を受けて、再度、記事にしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58682537

この記事へのトラックバック一覧です: 防空識別圏:

« 明日は明日の風が吹く・・・ | トップページ | 強かな戦略ーユニクロのリサイクルシステム »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31