広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 原発とアベノミクス | トップページ | 壁のコカコーラ »

2013年12月 7日 (土)

第三者機関の実態

各界の著名人からの強い反対にも関わらず、政府が強行に採決した秘密保護法の大きな問題の一つに「第三者機関」があります。

特定秘密の指定や解除をチェックする「第三者機関」ですが、現状では「独立で公正な立場」を期待できそうにもないことが大きな問題です。

行政には有識者会議というものがつきものですが「公正に見せかけるため」のものであり、アリバイ作りや責任転嫁であることが少なくありません。

私も、これまでに、その手の審議会や委員会に参加してきましたが、人選は事務方である役人が行いますから、決して公正なものではありません。

ただ、公正には見せかけています。

多くの場合、座長含め3〜4割は事務方の意向通りに発言してくれる立派な肩書を持つ御用学者等で、5〜6割は中立的ですが肩書だけは立派でも当該事案については素人同然の学者、文化人、実業家、関係団体の長、そして1割はアリバイ用に役所の意向とは反対の意見をもつ(大した肩書ではない)専門家で構成されるものです。

当然ですが、会議は事務局のペースで進められます。関係団体の長と言っても、単に充て職であったり、名誉職でしかない人も多くいます。事案については深い知識もなく、強い信念どころか大した意見もありません。ただ座っているだけの人も多く、たまに口を開けば初歩的な質問や、的外れな意見になることも珍しくありません。

たまに出る強い主張は、その団体の利益を守るためのものでしかない場合が多いものです。

そして、おそらく多くの場合、最もまっとうな一割の「事務局に都合の悪い意見」は、少数意見として無視されるか、せいぜい報告書の隅の方に書かれる程度です。

せめて学者には正しい情報を提供して欲しいものですが、原発関連で見せつけられたようにデータを偽造したり、平気でウソをいう立派な肩書の学者までいると、どうにもなりません。


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


本当に酷い法案が通りました。
日本はこれからどうなるのでしょうか。
どんどん戦争のできる国になっていきそうです。

投稿: アコ | 2013年12月 7日 (土) 10時33分


本当に酷い国になったものです。
秘密法案強行にしても、原発政策にしても、日本政府は日本国民が滅べば良いと思っているのでしょうか。
それなら、いっそのこと日本はキャロライン・ケネディを州知事にでもして、アメリカの51番目の州になった方が良いのではないかとすら思います。

投稿: K | 2013年12月 7日 (土) 11時31分


この会議は「次官級」などと最初から政府が決めているのですから,事務方がチェアマンを行うイエスマンばかりの機関になりそうですね

投稿: もみじ日記 | 2013年12月 7日 (土) 15時45分


アコさん
多くの人が同じように感じています。
国民の力が試されているのかも知れませんね。

投稿: 工場長 | 2013年12月 8日 (日) 10時00分


Kさん
日本人としては情けないことですが、本当にそう思いたくもなりますね。

私の母は「戦争に負けたら奴隷にされる」と言われていたが、実際に負けると「占領下の方がずっと良かった」と言っていました。そんな国になるのでしょうか。

あるいは、日本から独立する都市でも出てこないでしょうか。
世界には、そのくらいの規模の国も沢山ありますから。

投稿: 工場長 | 2013年12月 8日 (日) 10時06分


もみじ日記さん
確かに、この第三者機関は、どこから見ても第三者ではない、そう見せかけることすらしていない組織になりそうです。

今回、自民党の良識派も、公明党も歯止めとしての機能を失いました。強い危機感を持ちます。

投稿: 工場長 | 2013年12月 8日 (日) 10時08分

« 原発とアベノミクス | トップページ | 壁のコカコーラ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当に酷い法案が通りました。
日本はこれからどうなるのでしょうか。
どんどん戦争のできる国になっていきそうです。

本当に酷い国になったものです。
秘密法案強行にしても、原発政策にしても、日本政府は日本国民が滅べば良いと思っているのでしょうか。
それなら、いっそのこと日本はキャロライン・ケネディを州知事にでもして、アメリカの51番目の州になった方が良いのではないかとすら思います。

この会議は「次官級」などと最初から政府が決めているのですから,事務方がチェアマンを行うイエスマンばかりの機関になりそうですね

アコさん
多くの人が同じように感じています。
国民の力が試されているのかも知れませんね。

Kさん
日本人としては情けないことですが、本当にそう思いたくもなりますね。

私の母は「戦争に負けたら奴隷にされる」と言われていたが、実際に負けると「占領下の方がずっと良かった」と言っていました。そんな国になるのでしょうか。

あるいは、日本から独立する都市でも出てこないでしょうか。
世界には、そのくらいの規模の国も沢山ありますから。

もみじ日記さん
確かに、この第三者機関は、どこから見ても第三者ではない、そう見せかけることすらしていない組織になりそうです。

今回、自民党の良識派も、公明党も歯止めとしての機能を失いました。強い危機感を持ちます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58709252

この記事へのトラックバック一覧です: 第三者機関の実態:

« 原発とアベノミクス | トップページ | 壁のコカコーラ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31