広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« Otto Hahn 講演会 | トップページ | 原発の現実 »

2013年11月16日 (土)

日本は脱原発を実現した!?

「除染、廃炉はなかなか進まない、
安倍総理は、トルコ等海外に原発を売ることを積極的に支援している、
核廃棄物の処理についても未だ全く目処は立っていない、
政財界は原発再稼働をすべく蠢いている」
と何か虚しさ、肌寒さをを感じていたが、
10月31日の朝日新聞朝刊に、小熊英二氏(慶応大学教授)が面白いことを書いていた。

『福島第一原発事故後に、もっとも劇的に脱原発した国はどこか。
そう質問すると、多くの人が「ドイツ」と答える。しかしドイツは、政府が脱原発を宣言したが、実際には多くの原発を動かしている。
 では、政府は宣言していないが、実質的に脱原発した国はどこか。いうまでもなく日本である。いま日本では、一基の原発も動いていない。
 ではこの状況を作ったのは誰か。政治家がリーダーシップをとったのか。賢明な官僚が立案したのか。財界やマスコミの誘導か。アメリカの「外圧」か。いずれでもない。
答えはただ一つ、「原発反対の民意が強いから」だ。それ以外に何かあるというなら、ぜひ挙げてみてほしい。
・・・・・

近年の貿易赤字は、火力発電燃料の輸入増の影響というより、スマートフォンの輸入急増に象徴される、日本の貿易構造と世界経済に占める位置の変化によるものだ。
市場規制と補助金に依存した重厚長大産業である原発は、震災以前から斜陽産業で、廃炉促進に転換した方が優秀な人材も産業も育つだろう。
・・・・・
「日本には偉大なリーダーはいないが、民衆の実行力はすごい」というのが、高度成長期から一貫した日本評価である。
・・・・・』
という。

原発再稼働については、広島市民もかなり激しく抵抗してきた。
そうした活動は無意味ではなかったというわけだ。

原発による発電量の割合が8%と、沖縄についで少なかったのは中国電力だが、
これも広島市民、県民の思いの反映だといっていい。

どうも日本人は「駄目だ、駄目だ」といいたがる自虐趣味的なところがある。

儲かっている人に限って、絶対に「儲かってます」なんていわない。

日本人は、自分達に、そして日本にもっと自信を持つべきなんだろう。

自信を持ちすぎて、
「神の国日本」、「安全神話」
に陥るのも困るが。

小熊氏の指摘するような「脱原発 日本」はまだまだ仮免、ハリボテ状態だといっていいだろう。
早急に真の「脱原発 日本」を実現したい。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ドイツは脱原発に舵をきり電力調達コストが上がり、ドイツ国内工業の国際競争力は低下しました。ドイツの産業界はメルケル政権のエネルギー政策を支持していません。また、中国製の安い太陽光パネルが市場を席巻したので、ドイツ国内の太陽光パネル産業は壊滅寸前です。
太陽光パネルの原料であるシリコンは電気精錬しているので、大電力がないと太陽光パネルが作れず、その大電力を確保するために中国や韓国は原発電力を大量に使っています。中国はさらに石炭火力も盛大に使っているので、大気汚染が進み、その被害は日本にも及んでいます。中国や韓国から安価な太陽光パネルを輸入して使用することは、実質上、中国や韓国からエネルギー資源を輸入しているのと同じことです。日本国内から原発を排除しても、風に乗って放射性物質が飛んでくる隣国に多数の原発があったらリスクは同じですから、それなら日本で安全な原発を作った方がいいでしょう。
しかも、世界最高水準の技術と安全基準で運用されている日本の原発に比して、中国や韓国の製造・運営技術は未熟な上に杜撰です。現在、韓国の原発は、予算の横領や資材のすり替え・横流しなどによるトラブルが発覚して数基の原発が停まりました。日本の原発停止は想定外の天災によるものですが、韓国の原発停止は人災によるものです。
脱原発は日本を滅ぼす無責任な政策です。

投稿: アトム | 2013年11月16日 (土) 10時06分


アトム様
アトムさん、コメントありがとうございます。
アトムさんが指摘されるような懸念、矛盾を一つ一つ解決していく能力も意思も日本人にはあると思っています。
それこそが被爆国日本としての責任ではないでしょうか。

投稿: 元安川 | 2013年11月16日 (土) 14時01分


アメリカが地下深くに使用済み核燃料を格納しているのは、天然のウランが尽きたらこれを使うためです。本当に要らなくて危険ならば、ロケットで宇宙に棄てれば良いだけですから。

核分裂しないウラン238を、原子炉内で手間暇かけて核分裂するプルトニウム239に熟成させたものを、核のゴミとか言って棄てたり他国にお金をつけてあげるなど、金をドブに棄てるようなものです。

資源を持たない日本にとって、核燃料サイクルは、現段階では唯一自給できる大規模エネルギーなので、これを放棄することは文明社会を放棄するようなものです。

投稿: ヤマト | 2013年11月16日 (土) 14時50分


いつも批判的なことを書いていますので、今日は好意的なことを。
「脱原発は日本を滅ぼす」なんて言いますが、原発が稼働していない現在、日本はアベノニクスで好景気だと言われています。冬のボーナスも軒並みUPしそうだとか。
つまり、原発の有無と景気の動向は関係ないということではないでしょうか。

投稿: 二河川 | 2013年11月16日 (土) 18時19分


なるほどですね、日本が一番の脱原発。明日の「収穫祭」に向けて「サヨナラ原発福井ネットワーク」としてテントを一つ借りるので、アンケート用の資料を作っていますが手作業は一番の苦手。赤や青の丸いシールを貼るようにしましたが、質問の項目が難しい。すぐ返事が出るような質問にしないと・・・。夜には山本太郎さんを迎えてのフォーラムもあります。

投稿: おおたき | 2013年11月16日 (土) 21時50分


日本の高度成長を支えたのは、原発ではない。
原発は安価だと考えられていたが、それは事故を起こさないのが前提。
だれもが、事故が起これば大変なことになり莫大な費用がかかると知っていたが、事故は滅多にないと、絶対管理できると机上の空論で慢心していた。
ところが原発事故は、度々起こり、チェルノブイリでも福島でも、甚大な被害をだした。
世界の原発の数とその歴史からみると、他の発電に比べて事故率は高く、事故は短期間に繰り返されている。また事故にかかる費用も尋常でない。
それでも、原発は安全だと、管理はできるという。
まるで飲酒運転した人の言い訳と同じ、少し位飲んでも平気で安全に運転できると。
人間が、完全に安全に管理できるのなら、事故対策は不要なもの。
原発は地球の温暖化のためには必要という。
地球の温暖化の主原因は、地球上の発熱源の増加であり、CO2はその発熱した温度を溜め込む一因でしかない。
原発は莫大な量の高温の廃熱を伴う。だから原発も地球温暖化の発熱源の一つである。
また都市から遠く離れて地に作られる原発は、送電ロスも多い。無駄な発電量が必要になる。
原発がどうしても必要だという理由があるのだろうか。
多くの国民は、どうしても必要だとは思っていない。原発が無くても不自由していないから。
TTPも特定機密保護法も関心は薄い。生活に不自由していないから。
この国で、原発が必要だと言っているのは、それの利権がある人だけでしょうね。

投稿: やんじ | 2013年11月16日 (土) 21時57分


小泉さんが言っている「脱原発」
実は今実現しているのですね。
そう考えると日本の世論は素晴らしいですね。

投稿: もみじ日記 | 2013年11月16日 (土) 22時37分


ヤマト様

使用済み核燃料を保有しているのは、
米国:61,000 カナダ:38,400 日本:19,000 フランス:13,500 ロシア:13,000 韓国:10,900 ドイツ:5,850 英国:5,850 スウェーデン:5,400 フィンランド:1,600
単位トン
だそうです。
可採天然ウラは有限だといわれていますから、
その使用済み核燃料が再利用できれば、それは素晴らしいことでしょうが、
それにしても、そのプロセスがきちんと安全性を確認してからにしてほしいですね。


投稿: 元安川 | 2013年11月17日 (日) 13時47分


二河川様

好意的なコメントありがとうございます。
原発と景気は関係ないというより、
なにか原発がない方が多方面での新しい技術革新が刺激され、
景気がよくなっているようにすら感じますね。

投稿: 元安川 | 2013年11月17日 (日) 13時53分


おおたき様

おおたきさんの進められている「サヨナラ原発福井ネットワーク」のような草の根活動が
「脱原発日本を実現する」ことになるのでしょうね。

投稿: 元安川 | 2013年11月17日 (日) 13時58分


やんじ様

原発の排出熱量の2/3は海に捨てられているそうですが、
近年原発周辺の海の生態系の異変が指摘されています。
そうしたことへの影響もきちんと理解する必要がありそうですね。
投稿: 元安川 | 2013年11月17日 (日) 14時19分


もみじ日記様

世論、民主主義、
多数になり、権力と結びついた時が、要注意ですね。

投稿: 元安川 | 2013年11月17日 (日) 14時23分

« Otto Hahn 講演会 | トップページ | 原発の現実 »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

ドイツは脱原発に舵をきり電力調達コストが上がり、ドイツ国内工業の国際競争力は低下しました。ドイツの産業界はメルケル政権のエネルギー政策を支持していません。また、中国製の安い太陽光パネルが市場を席巻したので、ドイツ国内の太陽光パネル産業は壊滅寸前です。

太陽光パネルの原料であるシリコンは電気精錬しているので、大電力がないと太陽光パネルが作れず、その大電力を確保するために中国や韓国は原発電力を大量に使っています。中国はさらに石炭火力も盛大に使っているので、大気汚染が進み、その被害は日本にも及んでいます。中国や韓国から安価な太陽光パネルを輸入して使用することは、実質上、中国や韓国からエネルギー資源を輸入しているのと同じことです。日本国内から原発を排除しても、風に乗って放射性物質が飛んでくる隣国に多数の原発があったらリスクは同じですから、それなら日本で安全な原発を作った方がいいでしょう。

しかも、世界最高水準の技術と安全基準で運用されている日本の原発に比して、中国や韓国の製造・運営技術は未熟な上に杜撰です。現在、韓国の原発は、予算の横領や資材のすり替え・横流しなどによるトラブルが発覚して数基の原発が停まりました。日本の原発停止は想定外の天災によるものですが、韓国の原発停止は人災によるものです。

脱原発は日本を滅ぼす無責任な政策です。

アトム様

アトムさん、コメントありがとうございます。
アトムさんが指摘されるような懸念、矛盾を一つ一つ解決していく能力も意思も日本人にはあると思っています。
それこそが被爆国日本としての責任ではないでしょうか。

アメリカが地下深くに使用済み核燃料を格納しているのは、天然のウランが尽きたらこれを使うためです。本当に要らなくて危険ならば、ロケットで宇宙に棄てれば良いだけですから。

核分裂しないウラン238を、原子炉内で手間暇かけて核分裂するプルトニウム239に熟成させたものを、核のゴミとか言って棄てたり他国にお金をつけてあげるなど、金をドブに棄てるようなものです。

資源を持たない日本にとって、核燃料サイクルは、現段階では唯一自給できる大規模エネルギーなので、これを放棄することは文明社会を放棄するようなものです。

いつも批判的なことを書いていますので、今日は好意的なことを。
「脱原発は日本を滅ぼす」なんて言いますが、原発が稼働していない現在、日本はアベノニクスで好景気だと言われています。冬のボーナスも軒並みUPしそうだとか。
つまり、原発の有無と景気の動向は関係ないということではないでしょうか。

なるほどですね、日本が一番の脱原発。明日の「収穫祭」に向けて「サヨナラ原発福井ネットワーク」としてテントを一つ借りるので、アンケート用の資料を作っていますが手作業は一番の苦手。赤や青の丸いシールを貼るようにしましたが、質問の項目が難しい。すぐ返事が出るような質問にしないと・・・。夜には山本太郎さんを迎えてのフォーラムもあります。

日本の高度成長を支えたのは、原発ではない。
原発は安価だと考えられていたが、それは事故を起こさないのが前提。
だれもが、事故が起これば大変なことになり莫大な費用がかかると知っていたが、事故は滅多にないと、絶対管理できると机上の空論で慢心していた。
ところが原発事故は、度々起こり、チェルノブイリでも福島でも、甚大な被害をだした。
世界の原発の数とその歴史からみると、他の発電に比べて事故率は高く、事故は短期間に繰り返されている。また事故にかかる費用も尋常でない。
それでも、原発は安全だと、管理はできるという。
まるで飲酒運転した人の言い訳と同じ、少し位飲んでも平気で安全に運転できると。
人間が、完全に安全に管理できるのなら、事故対策は不要なもの。
原発は地球の温暖化のためには必要という。
地球の温暖化の主原因は、地球上の発熱源の増加であり、CO2はその発熱した温度を溜め込む一因でしかない。
原発は莫大な量の高温の廃熱を伴う。だから原発も地球温暖化の発熱源の一つである。
また都市から遠く離れて地に作られる原発は、送電ロスも多い。無駄な発電量が必要になる。
原発がどうしても必要だという理由があるのだろうか。
多くの国民は、どうしても必要だとは思っていない。原発が無くても不自由していないから。
TTPも特定機密保護法も関心は薄い。生活に不自由していないから。
この国で、原発が必要だと言っているのは、それの利権がある人だけでしょうね。

小泉さんが言っている「脱原発」
実は今実現しているのですね。
そう考えると日本の世論は素晴らしいですね。

ヤマト様

使用済み核燃料を保有しているのは、
米国:61,000 カナダ:38,400 日本:19,000 フランス:13,500 ロシア:13,000 韓国:10,900 ドイツ:5,850 英国:5,850 スウェーデン:5,400 フィンランド:1,600
単位トン
だそうです。
可採天然ウラは有限だといわれていますから、
その使用済み核燃料が再利用できれば、それは素晴らしいことでしょうが、
それにしても、そのプロセスがきちんと安全性を確認してからにしてほしいですね。


二河川様

好意的なコメントありがとうございます。
原発と景気は関係ないというより、
なにか原発がない方が多方面での新しい技術革新が刺激され、
景気がよくなっているようにすら感じますね。

おおたき様

おおたきさんの進められている「サヨナラ原発福井ネットワーク」のような草の根活動が
「脱原発日本を実現する」ことになるのでしょうね。

やんじ様

原発の排出熱量の2/3は海に捨てられているそうですが、
近年原発周辺の海の生態系の異変が指摘されています。
そうしたことへの影響もきちんと理解する必要がありそうですね。

もみじ日記様

世論、民主主義、
多数になり、権力と結びついた時が、要注意ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58536423

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は脱原発を実現した!?:

« Otto Hahn 講演会 | トップページ | 原発の現実 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31