広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 日本は脱原発を実現した!? | トップページ | スキャナー Scan Snap iX500 »

2013年11月17日 (日)

原発の現実

1)原発は最も高コストな電源です。

2)原発ゼロでも電力は不足していません。

3)日本の省エネ技術は電力使用量を下げる一方です。

4)日本の人口は減少し、使用するエネルギーも減る一方です。

5)製造業も海外移転が進んでいますから、産業用のエネルギー需要も減っています。

6)このように今、足りていて、将来の需要は減るのですから代替エネルギーは必要ありません。

7)一方で、家庭のソーラーパネルから地域のメガソーラー、あるいは風力発電なども増えています。

8)脱原発で考えるべきことは、電力のことではありません。
  問題は廃炉、核廃棄物の処理、そして原発の理由にした補助金で支えてきた地域をどうするかです。

9)現代の資源は技術です。化石燃料ですら、そこにあるだけでは意味がありません。日本は資源大国です。

そして、世界で最も真剣に脱原発を掲げるドイツは、日本と同じ敗戦国でありながら、今やヨーロッパ経済の牽引役です。

Gen0

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


それでも原発を動かしたい安倍総理の頭の中には何かの「残像」があるのでしょうか?

それはいつか食べた美味しい何かの思い出だと思います。

彼念願の 「日本を取り戻す症候群」 は難病です。 

投稿: ちょっと辛口 | 2013年11月17日 (日) 06時38分


まるで出鱈目の羅列だね。

1)原発は最も高コストな電源です。

関西電力の公式サイトによると、1kw/hあたりの発電コストは
 原子力   8.9円
 石炭火力  9.5〜9.7円
 石油火力  35~40円
 太陽光   33~38円

原発が本当に高コストなら産業界も政府も使うわけが無いってことは誰が考えても分かるだろ。
だから原発が停まって、電気料金が上がって、困ってるのだよ。

2)原発ゼロでも電力は不足していません。

原発が停まって計画停電があったのをご存知ない?
夏には供給電力がギリギリで皆いつ停電するかとビクビクしていたのを忘れた?

3)日本の省エネ技術は電力使用量を下げる一方です。

省エネコストで電気製品が益々高くなる。

4)日本の人口は減少し、使用するエネルギーも減る一方です。

人口が減り続けても良いと?

5)製造業も海外移転が進んでいますから、産業用のエネルギー需要も減っています。

産業が海外に移転し続けてもいいと?

結局アンタは日本が滅べば嬉しいわけだ。

投稿: 脱原発は日本を滅ぼす | 2013年11月17日 (日) 09時04分


ちょっと辛口さん
お腹の難病は新薬で治った安倍さんですが、こちらの難病に効く薬はないのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年11月17日 (日) 09時36分


脱原発は◯◯さん
電力会社は総括原価方式で利益率が保証されていますから、原価は高いほど利益額は大きくなるという仕組みです。

ですから他の資材でも電力会社は他のどの企業より高く買います。そして9次下請けなどという他の企業ではあり得ないような構造が生まれるわけです。

その結果が、アメリカの2倍、韓国の3倍という高い電気料金でした。

ですから、電気を安く欲しい企業は自分で作ります。我が家も、近所の自動車工場も、私が東京でよく泊まるホテルも、知人の住んでいるマンションも、近くのコンビナートも、電気を電力会社からは買わず自分で電気を作ります。もちろん、どこも原発のように高コストな電源は持っていません。

あるいは、電力会社と交渉して、一般とはまるで違う料金にさせるというわけです。

原発の発電コストについては、ホームページにはウソが書いてありますが、正直に原発の発電コストが高いことを書く書類もあります。

原発の発電コストが高いことは公開されている電力会社の試算表や設置許可申請書だけでも分かることで、少し調べれば分かりますが、そのような時間も情報リテラシーも持たない人のために具体的な数字を書いておきます。

1990年以降に運転開始した新しい原発ですら、以下のようなものです。

泊2号機(1991年) 14.3円
女川2号機(1995年) 12.3円
柏崎刈羽2号機(1990年) 17.72円
柏崎刈羽3号機(1993年) 13.93円
柏崎刈羽4号機(1994年) 14.24円
柏崎刈羽5号機(1990年) 19.71円
浜岡4号機(1993年) 13.87円
志賀原発(1993年)  16.58円
大飯3号機(1991年) 14.22円
大飯4号機(1993年) 8.91円
伊方3号機(1994年) 15.06円
玄海3号機(1994年) 14.7円

それに対し石油火力は3円くらい、LNG火力で7円程度です。

原発一基の発電量は100万kWhと言われますが、稼働率から言えば60万kWh程度です。
その原発一基を作る建設費は3千億円から5千億円です。

それに対し、土地代が桁違いに高い東京都に計画されている天然ガス火力発電所ですら、100万kWhのものが1千億円です。当然、消費地に作るわけで、送電ロスも小さく、送電網もずっと安く済みます。

さらに原発には以下のようなコストもかかります。

・周辺住民への補助金 年間数百億円
・廃炉費用一基あたり 最低5千億円
・原子力関連の補助金 年間8千億円

未だに目処のたっていない使用済み燃料の最終処分費用などは、天井知らずでしょうか。
それに加えて、福島のような過酷事故でも起こせば、その損害は10兆円から300兆円と言われています。
計画上の想定では原発の過酷事故は1万年から10万年に1度と言われていますが、現実には30年に3度、つまり10年に1度ですから、想定の1万倍というわけです。


>省エネコストで電気製品が益々高くなる。

そんな現実はありません。
多くの家電製品は安くなって、なおかつ省エネ化しています。
住宅でも自動車でも、同様に省エネ性能は高くなっています。


>人口が減り続けても良いと?

日本の人口減少は現実であり、希望でも妄想でもありません。
出生率が少々上がったところで、当面の人口減少を避けることが出来ないことは、どんな学者でも政治家でも認めているところです。


>産業が海外に移転し続けてもいいと?

私は製造業と書いていて、産業とは書いていません。
脱原発で、様々な産業が活性化することでしょう。


>結局アンタは日本が滅べば嬉しいわけだ。

日本に滅んで欲しくないから、脱原発をすべきだと書いています。

投稿: 工場長 | 2013年11月17日 (日) 09時39分


妄想御託の羅列は無視するが、ドイツはフランスから安い電力を買えるし、ヨーロッパは各国間で電力の調整がはかれるが、島国の日本では、どうにもならないという事実を無視して何を語っても単なる夢想だね。

投稿: 脱原発は日本を滅ぼす | 2013年11月17日 (日) 10時16分


脱原発は◯◯さん

>原発が停まって計画停電があったのをご存知ない?

震災後に計画停電などが必要だったのは原発が停止したためではなく、多くの火力発電所が停止したためです。ただし火力発電所は原発と違って、すぐに再稼働できます。

しかも、制度上、電力を流せない企業の電源はいくらでもあったわけですから、本来は、それを流しさえすれば、計画停電など必要なかったものです。その後、東京都庁などでも災害時にビルやホテルの電源から電力供給を受けることを可能にしています。これらは電源の問題ではなく、制度上の問題です。

中国電力では原発が全て停まっている猛暑の最中、原発級の大型火力発電所がトラブルで停まりましたが、節電要請すらなく、他の電力会社にも電力を供給し続け、その火力発電所も3日後には再稼働しました。

これが安定供給ということで、原発がなければ可能なことです。

また、計画停電が不要であったことは検証済みの歴史事実であり、総務大臣も怒っていたことです。「電力会社による電力テロ」という言葉さえ出ていました。


>夏には供給電力がギリギリで皆いつ停電するかとビクビクしていたのを忘れた?

日本には経産省に届けられている電源だけでも最大ピーク時の150%という無駄に多い発電設備があります。そして現在の電力供給システムですら、予定の130%までは停電しません。

自動車で公道を走行する場合、法定速度を僅かに超えたくらいでは事故はしませんし、緊急車両はそれ以上の速度で走行できることと同じことです。


>島国の日本では、どうにもならない

まず、沖縄は日本本土より遥かに小さな島ですが、原発なしですし、他の国との電力の調整も行っていません。

これが現実です。

ちなみにドイツは自然エネルギー100%の国であるノルウェーとは海底電力ケーブルで結ばれますが、その全長は580kmです。それに対し対馬海峡は200kmに過ぎません。

日本の電力が自由化され、電力が溢れるようになれば、こうした海底電力ケーブルで、海外に電力を売ることを考えても良いのかも知れません。

投稿: 工場長 | 2013年11月17日 (日) 11時22分


そもそもひとの名前もちゃんと書けずにコメ返して礼儀知らずにもほどがあるが、せっかくだから、もう少し教えてやろう。

反原発の詐欺なところは、火力発電に頼った結果、今の日本は莫大な貿易赤字を出していることを完全に無視していること。
そして、普段は環境環境と騒ぐくせに、CO2の排出が多くなることには知らん顔をしていること。

投稿: 脱原発は日本を滅ぼす | 2013年11月17日 (日) 11時44分


脱原発は◯◯さん

>そもそもひとの名前もちゃんと書けずにコメ返して

「脱原発は日本を滅ぼす」が名前なのでしょうか。それは主張ではないでしょうか。
そして、それは妄想ですから、本来は「脱原発は日本を滅ぼす」という妄想に囚われた◯◯さんと書くべきところを、面倒なので省略して書いています。


>火力発電に頼った結果、今の日本は莫大な貿易赤字を出していること

貿易赤字を出して、どんな大問題があるのでしょうか。
かつて日本は莫大な貿易黒字を出しながら、莫大な財政赤字を作ってきました。

また貿易黒字が良いことだとすれば、世界で最も強い意思で脱原発を進めているドイツは、過去最高の貿易黒字を出しています。


>CO2の排出が多くなる

まず、CO2は人体に有害なものではありません。
その無害なCO2を出さないために、人類には無毒化できないような有害物質を出す原発を推進するというのは、糖分が体に悪いからと発がん性の高い合成甘味料を使う、ということと同じで本末転倒も良いところです。

CO2による地球温暖化説は極めて怪しい仮設ですが、仮にそれが正しいとしても原発は地球温暖化の切り札どころか、地球温暖化の促進にしか役に立ちません。

原子力発電は発電の段階ではCO2を排出しません。そのためクリーンエネルギーの切り札的存在として見られる向きもありますが、燃料であるウランを製造する過程では大量のCO2を排出していますし、コジェネレーション(廃熱利用)をしないことなども総合的に考えると、数年前の天然ガス発電と比べても同じ、最近の高効率でクリーンなコンバインドサイクル発電より多く、バイオマス火力発電の7倍ものCO2を排出してると言われています。

さらに原発は付近の海を直接的に温めますから、温暖化にはもっと悪い影響を与えます。

投稿: 工場長 | 2013年11月17日 (日) 11時59分


ヨコからになりますが、エスタブリッシュメントのお先棒を担ぐ人たちって、なんでみんな上から目線で、「下々」に「お言葉を賜る調」になってしまうのでしょうか。あるいは、Y系の口ぶりで喧嘩を売りかけたり。

事実の裏付けがない、あるいはより大きな力に動かされている結果、上っ面の「権威」とか「力」くらいしか依って立つ基盤がないということなのでしょうか。哀れですね。

事実を持って語らしめる、というのが一番効果があることを工場長さんがしっかり見せてくれていますね。勉強になります。

その機会を作ってくれた「脱原発----」さんにも感謝です。ハンドルネームのセンスの良さも説得力に影響しますよ。

投稿: 庶民 | 2013年11月17日 (日) 12時10分


あんなコメ返で論破した気にでもなっているのが笑わせるが、もし太陽光が原発より優位なら砂漠地帯の様に日照時間が長く、国土が広いアフリカなんぞは今頃大金持ちだろうよ。

現実には飢餓で苦しんでるのだがね。

投稿: 脱原発は日本を滅ぼす | 2013年11月17日 (日) 12時51分


庶民さん
ありがとうございます。
確かに、ネット上の他の書き込みをみても、そうした傾向がありますね。

ただ、私は人の評価や態度は気にならないので、無知と誤解による反論を行ってもらえることで、より詳しく説明できることを有難く思っています。

投稿: 工場長 | 2013年11月17日 (日) 13時11分

脱原発は◯◯さん

>もし太陽光が原発より優位なら砂漠地帯の様に日照時間が長く、国土が広いアフリカ

太陽光発電は自然エネルギーでは最も高コストなもので、大規模発電に向いてはいませんが、住宅の屋根でも簡単に設置できますし、遊休地の有効利用にも適しています。

また、砂漠のように日照条件の良いところでは、太陽光発電ではなく、24時間発電可能で技術的にもレガシーな太陽熱発電が建設されています。

圧倒的に日照条件が良いサハラ砂漠だと、その土地の1%未満で、世界中の電力の半分を賄えると言われています。

太陽熱発電は太陽熱でお湯を沸かして発電するレガシーで簡単な技術ですから、世界トップの再生可能エネルギー生産国を目指すモロッコなども太陽熱発電所を稼働させています。さらに、ドイツも47兆円が投入されるプロジェクトを立ち上げており、フランスを中心とした地中海連合も地中海南岸で大規模なプロジェクトを計画しています。

ちなみに、モロッコが建設している太陽を利用した発電所は、150万人に対して電力を供給できる世界最大のものですが、この建設費用は原発1基の5分の1以下です。

IBMも最近開発した新方式の高効率太陽光発電でやはり「サハラ砂漠の2%で全世界の電力を賄える」としています。

もちろん、日本でもそうしたことは考えており、東京大学が提唱したサハラ・ソーラーブリードプロジェクトでは、サハラ砂漠の砂と海水から製造したソーラーパネルにより太陽光発電所を自己増殖的に建設し、超伝導電線で電力を世界中に送電することが計画されています。

以上のことでも分かるように、資源は技術です。
太陽光でも太陽熱でも風でも水でも化石燃料でも、そこにあるだけではエネルギーにはなりません。

私が高校の頃、石油はあと40年で枯渇する、と言われ、その40年後には43年と言われ、現在は8千年とも言われているのは、石油埋蔵量というのは、経済的可採埋蔵量だからです。要するに技術がなければ、いくらそこにあってもエネルギーにはならないのです。

ツルハシで資源を掘り出す時代は既に終わっています。

これが現実です。

投稿: 工場長 | 2013年11月17日 (日) 13時16分


出鱈目の次は荒唐無稽www

もし本当に「サハラ砂漠の面積の2%で、世界中の電力を賄える」のなら、資源簒奪戦争大好きのアメリカは、産油国なんかじゃなく、サハラ砂漠に軍事侵攻して占領するよ(笑)

なにしろ10%も占領したら、現在の世界中の電力の5倍の電力が手に入るというのだからね。世界中の土地を買いあさっている中国マネーはサハラ砂漠も買いあさってるのかね(爆)

投稿: 脱原発は日本を滅ぼす | 2013年11月17日 (日) 14時51分


脱原発は◯◯さん

>出鱈目の次は荒唐無稽

こういうのを不都合な真実というのでしょうか。

>資源簒奪戦争大好きのアメリカ

今、アメリカはシェールガス革命で、エネルギー資源はいくらでもありますから、それで戦争をするようなことはありません。

>10%も占領したら、現在の世界中の電力の5倍の電力が手に入る

全く意味のないことです。
よく「電力は貯めることはできない」と言われます。
ですから、出力調節の出来ない原発を持つと、需要の変動を埋めるために、夜間電力を安く売りオール電化をすすめたりしていましたが、それでも最終的には他の電源に頼るしかなくなっていました。

5倍の電力を手にしても、叩き売るしかなくなり、それでも8割は売れ残って捨てるだけですから、需要以上の電力を手にしても何の意味もないでしょう。

>世界中の土地を買いあさっている中国マネーはサハラ砂漠も

中国は太陽熱発電でアジア全体に電力を供給しようというアジア・デザーテック計画というのに着手していますし、今や太陽光パネルの生産で世界一になっているのは中国メーカーです。

投稿: 工場長 | 2013年11月17日 (日) 15時14分


今回の議論は大変わかりやすく、勉強になりました。

こうして事を曖昧にせず、きちんと反論を繰り返すことは重要なことですね。
しかし、人をバカにしたような言葉使いは、
その人の品格を穢すだけですから、止めた方がいいですね。
大きな犬に向って、
後ずさりしながら、キャンキャン吠える小さな犬のようでもあります。

投稿: 宇品灯台 | 2013年11月17日 (日) 19時31分


宇品灯台さん
実際に政治家ばかりか学者にまで、こうした事実に反することを堂々と言っている人も多いですし、こうした反論は、まだまだ事実を知らない人、誤解している人、騙されている人がいることが分かりますね。

投稿: 工場長 | 2013年11月18日 (月) 08時47分

« 日本は脱原発を実現した!? | トップページ | スキャナー Scan Snap iX500 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

それでも原発を動かしたい安倍総理の頭の中には何かの「残像」があるのでしょうか?

それはいつか食べた美味しい何かの思い出だと思います。

彼念願の 「日本を取り戻す症候群」 は難病です。 

まるで出鱈目の羅列だね。

1)原発は最も高コストな電源です。

関西電力の公式サイトによると、1kw/hあたりの発電コストは
 原子力   8.9円
 石炭火力  9.5〜9.7円
 石油火力  35~40円
 太陽光   33~38円

原発が本当に高コストなら産業界も政府も使うわけが無いってことは誰が考えても分かるだろ。
だから原発が停まって、電気料金が上がって、困ってるのだよ。

2)原発ゼロでも電力は不足していません。

原発が停まって計画停電があったのをご存知ない?
夏には供給電力がギリギリで皆いつ停電するかとビクビクしていたのを忘れた?

3)日本の省エネ技術は電力使用量を下げる一方です。

省エネコストで電気製品が益々高くなる。

4)日本の人口は減少し、使用するエネルギーも減る一方です。

人口が減り続けても良いと?

5)製造業も海外移転が進んでいますから、産業用のエネルギー需要も減っています。

産業が海外に移転し続けてもいいと?

結局アンタは日本が滅べば嬉しいわけだ。

ちょっと辛口さん
お腹の難病は新薬で治った安倍さんですが、こちらの難病に効く薬はないのでしょうか。

脱原発は◯◯さん
電力会社は総括原価方式で利益率が保証されていますから、原価は高いほど利益額は大きくなるという仕組みです。

ですから他の資材でも電力会社は他のどの企業より高く買います。そして9次下請けなどという他の企業ではあり得ないような構造が生まれるわけです。

その結果が、アメリカの2倍、韓国の3倍という高い電気料金でした。

ですから、電気を安く欲しい企業は自分で作ります。我が家も、近所の自動車工場も、私が東京でよく泊まるホテルも、知人の住んでいるマンションも、近くのコンビナートも、電気を電力会社からは買わず自分で電気を作ります。もちろん、どこも原発のように高コストな電源は持っていません。

あるいは、電力会社と交渉して、一般とはまるで違う料金にさせるというわけです。

原発の発電コストについては、ホームページにはウソが書いてありますが、正直に原発の発電コストが高いことを書く書類もあります。

原発の発電コストが高いことは公開されている電力会社の試算表や設置許可申請書だけでも分かることで、少し調べれば分かりますが、そのような時間も情報リテラシーも持たない人のために具体的な数字を書いておきます。

1990年以降に運転開始した新しい原発ですら、以下のようなものです。

泊2号機(1991年) 14.3円
女川2号機(1995年) 12.3円
柏崎刈羽2号機(1990年) 17.72円
柏崎刈羽3号機(1993年) 13.93円
柏崎刈羽4号機(1994年) 14.24円
柏崎刈羽5号機(1990年) 19.71円
浜岡4号機(1993年) 13.87円
志賀原発(1993年)  16.58円
大飯3号機(1991年) 14.22円
大飯4号機(1993年) 8.91円
伊方3号機(1994年) 15.06円
玄海3号機(1994年) 14.7円

それに対し石油火力は3円くらい、LNG火力で7円程度です。

原発一基の発電量は100万kWhと言われますが、稼働率から言えば60万kWh程度です。
その原発一基を作る建設費は3千億円から5千億円です。

それに対し、土地代が桁違いに高い東京都に計画されている天然ガス火力発電所ですら、100万kWhのものが1千億円です。当然、消費地に作るわけで、送電ロスも小さく、送電網もずっと安く済みます。

さらに原発には以下のようなコストもかかります。

・周辺住民への補助金 年間数百億円
・廃炉費用一基あたり 最低5千億円
・原子力関連の補助金 年間8千億円

未だに目処のたっていない使用済み燃料の最終処分費用などは、天井知らずでしょうか。
それに加えて、福島のような過酷事故でも起こせば、その損害は10兆円から300兆円と言われています。
計画上の想定では原発の過酷事故は1万年から10万年に1度と言われていますが、現実には30年に3度、つまり10年に1度ですから、想定の1万倍というわけです。


>省エネコストで電気製品が益々高くなる。

そんな現実はありません。
多くの家電製品は安くなって、なおかつ省エネ化しています。
住宅でも自動車でも、同様に省エネ性能は高くなっています。


>人口が減り続けても良いと?

日本の人口減少は現実であり、希望でも妄想でもありません。
出生率が少々上がったところで、当面の人口減少を避けることが出来ないことは、どんな学者でも政治家でも認めているところです。


>産業が海外に移転し続けてもいいと?

私は製造業と書いていて、産業とは書いていません。
脱原発で、様々な産業が活性化することでしょう。


>結局アンタは日本が滅べば嬉しいわけだ。

日本に滅んで欲しくないから、脱原発をすべきだと書いています。

妄想御託の羅列は無視するが、ドイツはフランスから安い電力を買えるし、ヨーロッパは各国間で電力の調整がはかれるが、島国の日本では、どうにもならないという事実を無視して何を語っても単なる夢想だね。

脱原発は◯◯さん

>原発が停まって計画停電があったのをご存知ない?

震災後に計画停電などが必要だったのは原発が停止したためではなく、多くの火力発電所が停止したためです。ただし火力発電所は原発と違って、すぐに再稼働できます。

しかも、制度上、電力を流せない企業の電源はいくらでもあったわけですから、本来は、それを流しさえすれば、計画停電など必要なかったものです。その後、東京都庁などでも災害時にビルやホテルの電源から電力供給を受けることを可能にしています。これらは電源の問題ではなく、制度上の問題です。

中国電力では原発が全て停まっている猛暑の最中、原発級の大型火力発電所がトラブルで停まりましたが、節電要請すらなく、他の電力会社にも電力を供給し続け、その火力発電所も3日後には再稼働しました。

これが安定供給ということで、原発がなければ可能なことです。

また、計画停電が不要であったことは検証済みの歴史事実であり、総務大臣も怒っていたことです。「電力会社による電力テロ」という言葉さえ出ていました。


>夏には供給電力がギリギリで皆いつ停電するかとビクビクしていたのを忘れた?

日本には経産省に届けられている電源だけでも最大ピーク時の150%という無駄に多い発電設備があります。そして現在の電力供給システムですら、予定の130%までは停電しません。

自動車で公道を走行する場合、法定速度を僅かに超えたくらいでは事故はしませんし、緊急車両はそれ以上の速度で走行できることと同じことです。


>島国の日本では、どうにもならない

まず、沖縄は日本本土より遥かに小さな島ですが、原発なしですし、他の国との電力の調整も行っていません。

これが現実です。

ちなみにドイツは自然エネルギー100%の国であるノルウェーとは海底電力ケーブルで結ばれますが、その全長は580kmです。それに対し対馬海峡は200kmに過ぎません。

日本の電力が自由化され、電力が溢れるようになれば、こうした海底電力ケーブルで、海外に電力を売ることを考えても良いのかも知れません。

そもそもひとの名前もちゃんと書けずにコメ返して礼儀知らずにもほどがあるが、せっかくだから、もう少し教えてやろう。

反原発の詐欺なところは、火力発電に頼った結果、今の日本は莫大な貿易赤字を出していることを完全に無視していること。
そして、普段は環境環境と騒ぐくせに、CO2の排出が多くなることには知らん顔をしていること。

脱原発は◯◯さん

>そもそもひとの名前もちゃんと書けずにコメ返して

「脱原発は日本を滅ぼす」が名前なのでしょうか。それは主張ではないでしょうか。
そして、それは妄想ですから、本来は「脱原発は日本を滅ぼす」という妄想に囚われた◯◯さんと書くべきところを、面倒なので省略して書いています。


>火力発電に頼った結果、今の日本は莫大な貿易赤字を出していること

貿易赤字を出して、どんな大問題があるのでしょうか。
かつて日本は莫大な貿易黒字を出しながら、莫大な財政赤字を作ってきました。

また貿易黒字が良いことだとすれば、世界で最も強い意思で脱原発を進めているドイツは、過去最高の貿易黒字を出しています。


>CO2の排出が多くなる

まず、CO2は人体に有害なものではありません。
その無害なCO2を出さないために、人類には無毒化できないような有害物質を出す原発を推進するというのは、糖分が体に悪いからと発がん性の高い合成甘味料を使う、ということと同じで本末転倒も良いところです。

CO2による地球温暖化説は極めて怪しい仮設ですが、仮にそれが正しいとしても原発は地球温暖化の切り札どころか、地球温暖化の促進にしか役に立ちません。

原子力発電は発電の段階ではCO2を排出しません。そのためクリーンエネルギーの切り札的存在として見られる向きもありますが、燃料であるウランを製造する過程では大量のCO2を排出していますし、コジェネレーション(廃熱利用)をしないことなども総合的に考えると、数年前の天然ガス発電と比べても同じ、最近の高効率でクリーンなコンバインドサイクル発電より多く、バイオマス火力発電の7倍ものCO2を排出してると言われています。

さらに原発は付近の海を直接的に温めますから、温暖化にはもっと悪い影響を与えます。

ヨコからになりますが、エスタブリッシュメントのお先棒を担ぐ人たちって、なんでみんな上から目線で、「下々」に「お言葉を賜る調」になってしまうのでしょうか。あるいは、Y系の口ぶりで喧嘩を売りかけたり。

事実の裏付けがない、あるいはより大きな力に動かされている結果、上っ面の「権威」とか「力」くらいしか依って立つ基盤がないということなのでしょうか。哀れですね。

事実を持って語らしめる、というのが一番効果があることを工場長さんがしっかり見せてくれていますね。勉強になります。

その機会を作ってくれた「脱原発----」さんにも感謝です。ハンドルネームのセンスの良さも説得力に影響しますよ。

あんなコメ返で論破した気にでもなっているのが笑わせるが、もし太陽光が原発より優位なら砂漠地帯の様に日照時間が長く、国土が広いアフリカなんぞは今頃大金持ちだろうよ。

現実には飢餓で苦しんでるのだがね。

庶民さん
ありがとうございます。
確かに、ネット上の他の書き込みをみても、そうした傾向がありますね。

ただ、私は人の評価や態度は気にならないので、無知と誤解による反論を行ってもらえることで、より詳しく説明できることを有難く思っています。

脱原発は◯◯さん

>もし太陽光が原発より優位なら砂漠地帯の様に日照時間が長く、国土が広いアフリカ

太陽光発電は自然エネルギーでは最も高コストなもので、大規模発電に向いてはいませんが、住宅の屋根でも簡単に設置できますし、遊休地の有効利用にも適しています。

また、砂漠のように日照条件の良いところでは、太陽光発電ではなく、24時間発電可能で技術的にもレガシーな太陽熱発電が建設されています。

圧倒的に日照条件が良いサハラ砂漠だと、その土地の1%未満で、世界中の電力の半分を賄えると言われています。

太陽熱発電は太陽熱でお湯を沸かして発電するレガシーで簡単な技術ですから、世界トップの再生可能エネルギー生産国を目指すモロッコなども太陽熱発電所を稼働させています。さらに、ドイツも47兆円が投入されるプロジェクトを立ち上げており、フランスを中心とした地中海連合も地中海南岸で大規模なプロジェクトを計画しています。

ちなみに、モロッコが建設している太陽を利用した発電所は、150万人に対して電力を供給できる世界最大のものですが、この建設費用は原発1基の5分の1以下です。

IBMも最近開発した新方式の高効率太陽光発電でやはり「サハラ砂漠の2%で全世界の電力を賄える」としています。

もちろん、日本でもそうしたことは考えており、東京大学が提唱したサハラ・ソーラーブリードプロジェクトでは、サハラ砂漠の砂と海水から製造したソーラーパネルにより太陽光発電所を自己増殖的に建設し、超伝導電線で電力を世界中に送電することが計画されています。

以上のことでも分かるように、資源は技術です。
太陽光でも太陽熱でも風でも水でも化石燃料でも、そこにあるだけではエネルギーにはなりません。

私が高校の頃、石油はあと40年で枯渇する、と言われ、その40年後には43年と言われ、現在は8千年とも言われているのは、石油埋蔵量というのは、経済的可採埋蔵量だからです。要するに技術がなければ、いくらそこにあってもエネルギーにはならないのです。

ツルハシで資源を掘り出す時代は既に終わっています。

これが現実です。

出鱈目の次は荒唐無稽www

もし本当に「サハラ砂漠の面積の2%で、世界中の電力を賄える」のなら、資源簒奪戦争大好きのアメリカは、産油国なんかじゃなく、サハラ砂漠に軍事侵攻して占領するよ(笑)

なにしろ10%も占領したら、現在の世界中の電力の5倍の電力が手に入るというのだからね。世界中の土地を買いあさっている中国マネーはサハラ砂漠も買いあさってるのかね(爆)

脱原発は◯◯さん

>出鱈目の次は荒唐無稽

こういうのを不都合な真実というのでしょうか。

>資源簒奪戦争大好きのアメリカ

今、アメリカはシェールガス革命で、エネルギー資源はいくらでもありますから、それで戦争をするようなことはありません。

>10%も占領したら、現在の世界中の電力の5倍の電力が手に入る

全く意味のないことです。
よく「電力は貯めることはできない」と言われます。
ですから、出力調節の出来ない原発を持つと、需要の変動を埋めるために、夜間電力を安く売りオール電化をすすめたりしていましたが、それでも最終的には他の電源に頼るしかなくなっていました。

5倍の電力を手にしても、叩き売るしかなくなり、それでも8割は売れ残って捨てるだけですから、需要以上の電力を手にしても何の意味もないでしょう。

>世界中の土地を買いあさっている中国マネーはサハラ砂漠も

中国は太陽熱発電でアジア全体に電力を供給しようというアジア・デザーテック計画というのに着手していますし、今や太陽光パネルの生産で世界一になっているのは中国メーカーです。

今回の議論は大変わかりやすく、勉強になりました。

こうして事を曖昧にせず、きちんと反論を繰り返すことは重要なことですね。
しかし、人をバカにしたような言葉使いは、
その人の品格を穢すだけですから、止めた方がいいですね。
大きな犬に向って、
後ずさりしながら、キャンキャン吠える小さな犬のようでもあります。

宇品灯台さん
実際に政治家ばかりか学者にまで、こうした事実に反することを堂々と言っている人も多いですし、こうした反論は、まだまだ事実を知らない人、誤解している人、騙されている人がいることが分かりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58588219

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の現実:

« 日本は脱原発を実現した!? | トップページ | スキャナー Scan Snap iX500 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31