広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« OKONOMIYAKIとTAKOYAKI | トップページ | 地下鉄のネットサービスとアストラムライン »

2013年11月 1日 (金)

事故は起きるもの

人間が作ったものであれ、神様が作ったもの(自然)であれ、事故(災害)はつきものです。

ですから、原発も事故が起きることを前提に作られるのが当たり前で、日本以外の国では事故の場合の避難も含め、そこが出来ていなければ、原発の運転はできません。

例えば、ニューヨークのロングアイランドに建設された原発は、燃料棒を入れるだけという段階であったにもかかわらず、廃炉に追い込まれました。

それは、事故が起きた時に、住民の避難経路が確保できない、という理由からです。

ロングアイランドは本土と橋一本で繋がれていますが、その橋では住民が一斉に避難するには十分ではなく、海側に大きな港を作って船で避難させるという案も、台風が来ていたら無理だということで、結局その原発は稼働できませんでした。

これが、原発を推進する国の常識ある判断です。

日本の原発は全て海沿いにあり、近くの島は船で避難するしかありませんが、日本も台風の多いところです。

これだけでも原発を稼働させることは無理だというのが世界の常識です。

福島原発1、3号機爆発映像
http://www.youtube.com/watch?v=VLJspb_mo-s


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ゼロということはない、
それならその時どうする?
死ぬしかない、
俺は関係ない、
というのは無責任ということでしょう!

投稿: 宇品灯台 | 2013年11月 1日 (金) 07時41分


今月、燃料棒を取り出す作業が行われていると言われ、海外では東電で大丈夫か、もしもの時は北半球から逃げるしかない、という報道が行われています。
世界は平穏な正月を迎えられるのでしょうか。

投稿: アコ | 2013年11月 1日 (金) 08時53分


上関原発の立地場も、多くの問題があります。
原発への道路は拡張されていますが、大地震や豪雨があれば斜面崩壊し通行できない道路です。
当然、海が時化ていたら近づけません。
原発に問題が起きても、何もできない場所に建設しようとしています。
また福島ような汚染水問題がおきても、汚染水を貯める場所もありません。
全ての原発は、事故を起こさないという前提条件で作られていますから、なんでもありですね。
福島第一原発の場所も汚染水が問題になっていますが、もともと地下水が豊富で建設時にも大きな問題だったと思います。それを山側の井戸を掘ってくみ上げていたようですね。
重要構造物の立地場として不適切でも、関係なかったようですね。事故は起きないのが建設条件ですからね。
投稿: やんじ | 2013年11月 1日 (金) 15時20分


総理はトルコへの原発輸出に腐心されているようですが,安全面はきちんと検証されているのでしょうか?

投稿: もみじ日記 | 2013年11月 1日 (金) 16時19分


宇品灯台さん
どうも日本人は救命ボートのない船に乗っているようです。


アコさん
具体的な作業について、知っている人ほど心配しているようですね。日本のマスコミは「直ちに危険のない」汚染水問題は報道しても、直ちに危険のあることについては報道しないようです。


やんじさん
おそらく、日本に原発に適した場所はなく、安全な原発はないのでしょうね。


もみじ日記さん
おそらく事故の責任や使用済み核燃料の始末だけは、きっちり約束させられているのでしょうね。最後は全て日本国民の責任というわけです。

投稿: 工場長 | 2013年11月 2日 (土) 08時06分

« OKONOMIYAKIとTAKOYAKI | トップページ | 地下鉄のネットサービスとアストラムライン »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

ゼロということはない、
それならその時どうする?
死ぬしかない、
俺は関係ない、
というのは無責任ということでしょう!

今月、燃料棒を取り出す作業が行われていると言われ、海外では東電で大丈夫か、もしもの時は北半球から逃げるしかない、という報道が行われています。
世界は平穏な正月を迎えられるのでしょうか。

上関原発の立地場も、多くの問題があります。
原発への道路は拡張されていますが、大地震や豪雨があれば斜面崩壊し通行できない道路です。
当然、海が時化ていたら近づけません。
原発に問題が起きても、何もできない場所に建設しようとしています。
また福島ような汚染水問題がおきても、汚染水を貯める場所もありません。
全ての原発は、事故を起こさないという前提条件で作られていますから、なんでもありですね。
福島第一原発の場所も汚染水が問題になっていますが、もともと地下水が豊富で建設時にも大きな問題だったと思います。それを山側の井戸を掘ってくみ上げていたようですね。
重要構造物の立地場として不適切でも、関係なかったようですね。事故は起きないのが建設条件ですからね。

総理はトルコへの原発輸出に腐心されているようですが,安全面はきちんと検証されているのでしょうか?

宇品灯台さん
どうも日本人は救命ボートのない船に乗っているようです。


アコさん
具体的な作業について、知っている人ほど心配しているようですね。日本のマスコミは「直ちに危険のない」汚染水問題は報道しても、直ちに危険のあることについては報道しないようです。


やんじさん
おそらく、日本に原発に適した場所はなく、安全な原発はないのでしょうね。


もみじ日記さん
おそらく事故の責任や使用済み核燃料の始末だけは、きっちり約束させられているのでしょうね。最後は全て日本国民の責任というわけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58487107

この記事へのトラックバック一覧です: 事故は起きるもの:

« OKONOMIYAKIとTAKOYAKI | トップページ | 地下鉄のネットサービスとアストラムライン »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31