広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 米の原発事故事故補償と壊す技術 | トップページ | ノンステップバス »

2013年10月20日 (日)

広島カープを応援して核なき世界につなげよう

昨日、ヘルシンキの国際会議に出席している秋葉忠利前市長から当ブログに寄稿頂きましたので、以下に掲載します。

「広島カープを応援して核なき世界につなげよう」

10月の18日と19日、ヘルシンキで開かれている「Nuclear Exits 会議(大雑把に訳すと、核兵器を捨てた国々、捨てようとしている国々をどう増やすかを考える会議、とでも呼べば良いのでしょうか)」(主催はInternational Peace Bureau(国際平和ビューロー), Physicians for Social Responsibility(社会的責任を取る医師の会)のフィンランド支部、IPPNW(核戦争防止国際医師の会)共催)で、私もオーガナイザーのイルカ・タイパレ、バップー・タイパレ両医師に招待されて出席しました。広島大学特任教授そして中堅国家構想議長と紹介され、基調講演の一翼を担いました。

発言時間はちょうど、現地時間の12時、日本時間の午後6時だったため、その時間に開始される広島・巨人戦に触れないわけにはゆきませんでした。「今カープと巨人の試合が始まりました。カープが今日の試合に勝ち、その後3連勝すれば私たちは、核なき世界に一歩近付くことになります。広島のファンと一緒になって会場の皆さんもカープに声援を送って下さい」と呼びかけました。

続けて、カープが楽天を破り29年ぶりに日本選手権を手にすれば、その記念に、「アメリカのワールドリーグの覇者と、日米交流試合、可能なら日米選手権試合を開催するよう、日米の野球関係者、野球ファンに提案したいと考えています。アメリカと日本のホームグラウンドで試合をするとして、第一戦目には、アメリカに安倍首相が同行し始球式を行い、日本での試合はカープになれば、私の市長時代に完成した、世界一の市民球場、マツダスタジアムで、オバマ大統領が始球式を行うことになります。オバマ大統領には、資料館も見て貰い理解を深めてもらうことで、核なき世界の実現に弾みが着くはずです」と強調しました。フィンランドでもヨーロッパでも野球の人気は今一ですが、100人ほどの参加者からは大きな拍手を貰いました。

核兵器廃絶のための会議で、スポーツを通して、オバマ大統領広島訪問の可能性が高まるかもしれないというメッセージが好意的に受け止められたことに、核廃絶運動がイデオロギーを超えて、市民レベルでの運動になっていることを強く感じました。

その後のレセプションでは、「ゲームの結果はどうだった」と何人もの参加者から聞かれ、「残念ながら、3対1で負けました」と報告すると、「来年も頑張れ。私たちも応援するから」という言葉が返ってきました。ヘルシンキにもカープファンが増えたことだけは確実です。

今回の会議には、後援団体のフィンランド外務省やヘルシンキ市の高官に加えて、ウッタ・ウルピライネン財務大臣、エリザベス・レーン大臣、ノーベル平和賞受賞者のウイリアム・デクラーク元南アフリカ大統領、パグウォッシュ会議議長のジャヤンタ・ダナパラ元軍縮担当国連事務次長、ティルマン・ラフならびにアイラ・ヘルファンドIPPNW共同議長等、平和の分野でこれまで活発な運動を展開してきたリーダーたちも参加しています。

Akiba2


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


秋葉前市長は、最近このブログにも話題の多い松井市長とは比較にもなりませんが、岸田外務大臣と比べても、それ以上のご活躍のようですね。

さて、ヘルシンキはフィンランド最大の都市です。
フィンランドと言えば、昨日の記事のコメントにも書かれていましたが、小泉元首相が訪問し「原発ゼロ」に転換した国です。

それについて日本ではあまり報道されていませんが、フィンランドは地震がない国にも関わらず日本の2〜3倍の安全装置を設置しており、安全と責任感の証として電力会社の本社を原発の敷地内に建設し、使用済み核燃料も以前はロシアに返還しており、今は世界に先駆けて最終処分場を建設し、使用済み核燃料は自国内で処分しなければならないという法律を作っています。

その国を見て、小泉元首相は「日本には無理だ」と判断されたのでしょう。おそらく講演会などでは具体的に語っておられるのではないかと思いますが、日本のメディアはそこを報道しません。

これからも、秋葉前市長のご活躍とともに、こちらのブログに対しても期待していることを述べておきたいと思います。

投稿: 灰猫 | 2013年10月20日 (日) 10時06分


「岸田外務大臣と比べても・・・」まさに、その通りですね。
それ故に「核廃絶を本気で実現しようとしている」ことに加え、海外での活躍や高い評価も、外務省にとって、秋葉前市長は疎ましい存在だと思います。

フィンランドの原発政策については、記事を予定していましたが、先に書かれてしまいましたね(^_^;)

最終処分施設であるオンカロ処分場については、ある程度の報道はあるものの、フィンランドのこうした厳しい原発政策について、日本では殆ど報道がない、というのは本当に問題だと思います。

小泉元総理の「原発ゼロ発言」は原発を推進する立場からも、反対する立場からも批判はありますが、私は小泉元総理の政策や思想とは別に、嘘をついて人を騙そうとするような人ではないと感じています。

秋葉前市長は小泉元総理とも親しかったとも聞いていますので、その辺りの情報も頂けないかと、密かに期待しているところです。

投稿: 工場長 | 2013年10月20日 (日) 11時04分


私、実は…小泉純一郎議員と小泉進次郎議員の、隠れファンです( ´艸`)
もちろん…秋葉忠利先生は国会議員時代からの、大ファンです(〃∇〃)

長く政権を維持できた人は、やはり違うと思います。

カープの結果は残念でしたが、こうして秋葉先生の寄稿を読ませてもらって幸せです。
これからも寄稿…期待していますm(_ _)m

投稿: サチ | 2013年10月20日 (日) 13時05分


今、原発の「安全なんですよ」アピールのCMは全く見なくなりましたね。
島根原発に見学に行ってあれこれ質問して「かわされた」ことが原発への不信感だった私は、震災で事故があって「やっぱり…」と。こう感じている人は多いのでしょうね。

こうして日本のプロ野球チームと核を結びつけて、聞き手を引きつけての訴え、素晴らしいですね。なくなればこんなにも素晴らしいことが起こる!そして、世界の人々に原爆の恐ろしさ、原発の不必要さ、それが平和につながる!そしてそして、カープが世界から応援される!!
広島市民はいい加減気付くべきです。
3連敗して「やっぱり敵はつよかった…」と少々気分が落ち込んでいましたが、元気になりました!

投稿: ちゃん | 2013年10月20日 (日) 15時06分


スポーツを通じた交流はいいですね。
スポーツを愛する人に悪い人はいないと私は信じています。

投稿: もみじ日記 | 2013年10月20日 (日) 23時32分


秋葉前市長は、オリンピックもですが、野球の国際試合を上手に使って、核保有国のトップをとりわけオバマ大統領を、政治的でない方法でいかに広島に来させるかと色々と考えられているようですね。
スポーツ関係での来ヒロシマなら、他の政治家が批判できにくいでしょうね。
アメリカ大統領が、ヒロシマに政治的な謝罪で来るのは許されないでしょうからね。

投稿: やんじ | 2013年10月21日 (月) 00時18分


サチさん
秋葉前市長は旧社会党の出身にも関わらず、自民党や民主党の大臣クラスの大物政治家とも親しいようです。思想信条は違っていても、ちゃんと話しのできて嘘のない人とは、それなりの交流があるのだと思います。


ちゃんさん
文科省は「わくわく原子力ランド」という教材まで作っていましたからね。本当に何をするにしても、今までも嘘を謝り訂正してから次に進んで欲しいものです。

カープの優勝と核廃絶、どちらも広島市民の強い願いだと思います。この二つを結びつけたプレゼンは素晴らしいと思いますし、広島のマスコミは大きく取り上げるべきものだと思いますね。


もみじ日記さん
まさにスポーツの平和利用でしょうか。


やんじさん
最も現実的に米国統領の広島訪問を実現する方法かも知れませんね。

投稿: 工場長 | 2013年10月22日 (火) 07時46分

« 米の原発事故事故補償と壊す技術 | トップページ | ノンステップバス »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

秋葉前市長は、最近このブログにも話題の多い松井市長とは比較にもなりませんが、岸田外務大臣と比べても、それ以上のご活躍のようですね。

さて、ヘルシンキはフィンランド最大の都市です。
フィンランドと言えば、昨日の記事のコメントにも書かれていましたが、小泉元首相が訪問し「原発ゼロ」に転換した国です。

それについて日本ではあまり報道されていませんが、フィンランドは地震がない国にも関わらず日本の2〜3倍の安全装置を設置しており、安全と責任感の証として電力会社の本社を原発の敷地内に建設し、使用済み核燃料も以前はロシアに返還しており、今は世界に先駆けて最終処分場を建設し、使用済み核燃料は自国内で処分しなければならないという法律を作っています。

その国を見て、小泉元首相は「日本には無理だ」と判断されたのでしょう。おそらく講演会などでは具体的に語っておられるのではないかと思いますが、日本のメディアはそこを報道しません。

これからも、秋葉前市長のご活躍とともに、こちらのブログに対しても期待していることを述べておきたいと思います。

「岸田外務大臣と比べても・・・」まさに、その通りですね。
それ故に「核廃絶を本気で実現しようとしている」ことに加え、海外での活躍や高い評価も、外務省にとって、秋葉前市長は疎ましい存在だと思います。

フィンランドの原発政策については、記事を予定していましたが、先に書かれてしまいましたね(^_^;)

最終処分施設であるオンカロ処分場については、ある程度の報道はあるものの、フィンランドのこうした厳しい原発政策について、日本では殆ど報道がない、というのは本当に問題だと思います。

小泉元総理の「原発ゼロ発言」は原発を推進する立場からも、反対する立場からも批判はありますが、私は小泉元総理の政策や思想とは別に、嘘をついて人を騙そうとするような人ではないと感じています。

秋葉前市長は小泉元総理とも親しかったとも聞いていますので、その辺りの情報も頂けないかと、密かに期待しているところです。

私、実は…小泉純一郎議員と小泉進次郎議員の、隠れファンです( ´艸`)
もちろん…秋葉忠利先生は国会議員時代からの、大ファンです(〃∇〃)

長く政権を維持できた人は、やはり違うと思います。

カープの結果は残念でしたが、こうして秋葉先生の寄稿を読ませてもらって幸せです。
これからも寄稿…期待していますm(_ _)m

今、原発の「安全なんですよ」アピールのCMは全く見なくなりましたね。
島根原発に見学に行ってあれこれ質問して「かわされた」ことが原発への不信感だった私は、震災で事故があって「やっぱり…」と。こう感じている人は多いのでしょうね。

こうして日本のプロ野球チームと核を結びつけて、聞き手を引きつけての訴え、素晴らしいですね。なくなればこんなにも素晴らしいことが起こる!そして、世界の人々に原爆の恐ろしさ、原発の不必要さ、それが平和につながる!そしてそして、カープが世界から応援される!!
広島市民はいい加減気付くべきです。
3連敗して「やっぱり敵はつよかった…」と少々気分が落ち込んでいましたが、元気になりました!

スポーツを通じた交流はいいですね。
スポーツを愛する人に悪い人はいないと私は信じています。

秋葉前市長は、オリンピックもですが、野球の国際試合を上手に使って、核保有国のトップをとりわけオバマ大統領を、政治的でない方法でいかに広島に来させるかと色々と考えられているようですね。
スポーツ関係での来ヒロシマなら、他の政治家が批判できにくいでしょうね。
アメリカ大統領が、ヒロシマに政治的な謝罪で来るのは許されないでしょうからね。

サチさん
秋葉前市長は旧社会党の出身にも関わらず、自民党や民主党の大臣クラスの大物政治家とも親しいようです。思想信条は違っていても、ちゃんと話しのできて嘘のない人とは、それなりの交流があるのだと思います。


ちゃんさん
文科省は「わくわく原子力ランド」という教材まで作っていましたからね。本当に何をするにしても、今までも嘘を謝り訂正してから次に進んで欲しいものです。

カープの優勝と核廃絶、どちらも広島市民の強い願いだと思います。この二つを結びつけたプレゼンは素晴らしいと思いますし、広島のマスコミは大きく取り上げるべきものだと思いますね。


もみじ日記さん
まさにスポーツの平和利用でしょうか。


やんじさん
最も現実的に米国統領の広島訪問を実現する方法かも知れませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58416900

この記事へのトラックバック一覧です: 広島カープを応援して核なき世界につなげよう:

« 米の原発事故事故補償と壊す技術 | トップページ | ノンステップバス »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31