広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 百聞は一見に如かず | トップページ | 銀行に成り下がるな »

2013年10月13日 (日)

佛蘭西屋と洋食とお酒

この春に広島大学に転勤してきた友人夫妻と、西条駅を降りてすぐのところにある「佛蘭西屋」で昼食をご一緒した。

西条駅の近くにこんなおしゃれなお店ができているとは、私も知らなかった。
広島大学が近くにきたことで、西条駅の乗降客は増え、
駅周辺は大きく変わってきている。

Image_6

名称が、ちょっと気取って古い漢字を使った「佛蘭西屋」というのも可笑しい。
賀茂鶴酒造の酒蔵を改装したらしく、古風な木造の建物がレストランになっている。
1階が洋食、2階が和食。

1階の洋食のお店でランチを食べた。
ランチとはいえ一応フルコースだ。
前菜、スープ、メインディッシュはハンバーグ、デザート、コーヒー、
美味い。
これで1,500円!
この値段で、この味、そしてこの雰囲気が楽しめるとは、
感動した。

ワインリストもあったが、ここはお酒だ。
賀茂鶴の「蔵出し原酒」900円。
美味い。
外が黒、内が朱塗りの升の中に置かれたグラスに、お酒がグラスから溢れて注がれる。
昔のよく飲んべえ相手の居酒屋でされていた注ぎ方だ。
これで、1合くらいだというが、もっと多いように感じる。
昼の酒は効く。
すっかり酔っ払ってしまった。

「酒蔵」の「洋風料理」に「お酒」の組み合わせ、
素敵な奥様、恋人としっとりと味わうのもいい。

これで近くにお酒専門のショットバーでもあれば、
広島駅から、電車に乗ってフラッと来る価値はある。
電車の中でiPadをみていれば、
40分程度の時間はあっという間だ。

JR西日本と東広島市と西条の酒蔵が提携して、そんなライフスタイルを
創りだしたらいい。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


広大の賑わいを失った広島市は。。。。。。
広大が移転する前と後の西条は、全く違った街になりましたね。
夜遅くになっても、サラリーマンはいなくても、学生がいます。
だから、お店も遅くまで開いてるのもあるようですね。
広島市の千田町には、夜遅くは誰もいません。お店も開いていません。
活気があってこそ、経済は活性化するのでしょうね。

投稿: やんじ | 2013年10月13日 (日) 11時02分


知人が立ち上げの時から携わっており、10年以上前から
時々利用させていただいております。ええでしょ!ほんま
次回は和食(美酒鍋)もお試しあれ!東京の酒飲み友人を
ここでもてなし感動してもらいました。

投稿: \x{2466}パパ | 2013年10月13日 (日) 11時08分


やんじ様

残念ながら、
失ってから、初めてその価値を知る、というのは人の常のようですね。

でも大学は、夏休み、冬休み、春休みがあり、
さらに土休日もあるので
通算すると4~5ヶ月くらい、学生は大学にきません。
そうした学生を相手に、レストラン等のビジネスをするのは大変難しいことのようです。

投稿: 元安川 | 2013年10月13日 (日) 12時28分


\x{2466}パパ様

名物の「美酒鍋」
次はトライしてみようと思っています。

投稿: 元安川 | 2013年10月13日 (日) 12時37分

« 百聞は一見に如かず | トップページ | 銀行に成り下がるな »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

広大の賑わいを失った広島市は。。。。。。
広大が移転する前と後の西条は、全く違った街になりましたね。
夜遅くになっても、サラリーマンはいなくても、学生がいます。
だから、お店も遅くまで開いてるのもあるようですね。
広島市の千田町には、夜遅くは誰もいません。お店も開いていません。
活気があってこそ、経済は活性化するのでしょうね。

知人が立ち上げの時から携わっており、10年以上前から
時々利用させていただいております。ええでしょ!ほんま
次回は和食(美酒鍋)もお試しあれ!東京の酒飲み友人を
ここでもてなし感動してもらいました。

やんじ様

残念ながら、
失ってから、初めてその価値を知る、というのは人の常のようですね。

でも大学は、夏休み、冬休み、春休みがあり、
さらに土休日もあるので
通算すると4~5ヶ月くらい、学生は大学にきません。
そうした学生を相手に、レストラン等のビジネスをするのは大変難しいことのようです。

\x{2466}パパ様

名物の「美酒鍋」
次はトライしてみようと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58332657

この記事へのトラックバック一覧です: 佛蘭西屋と洋食とお酒:

« 百聞は一見に如かず | トップページ | 銀行に成り下がるな »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31