広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島オクトーバーフェスト | トップページ | アートの巡礼と瀬戸内海クルージング »

2013年9月16日 (月)

藤原紀香と秘密保全法

藤原紀香が「秘密保全法」を憂慮して、明日で締め切りになるパブリックコメントへ参加呼びかけを行っています。

彼女は自らのサイトで「秘密保全法案を、各所で読んでみたらその適用範囲が曖昧なので、そのようなスパイ行為にあたるものだけでなく、国が“この案件は国家機密である”と決めたことに関しては、国民には全く知らされないことになり、放射能汚染、被爆などのことや、他に、もし国に都合よく隠したい問題があって、それが適用されれば、私たちは知るすべもなく、しかも真実をネットなどに書いた人は罰せられてしまう。。。なんて恐ろしいことになる可能性も考えられるというので、とても不安です」と書き「大好きな日本にずっとずっと住んでいたいし、いま一人一人が自分の声をあげないと、秋の臨時国会にはこの法案がこのまま通ってしまうとのことで、これはきちんと国民の一人として意見しなければ」と思い立ち「それぞれ、賛成、反対などの意見を書きましょう♪」と呼びかけています。

Norika1

そもそも、この法律は尖閣での中国漁船衝突事件のビデオ映像流出を契機に検討が始まったとされますが、公務員に守秘義務があることは良く知られていることで、安全保障上の機密保持については国家公務員法や自衛隊法、日米相互防衛援助協定などで既に整備されています。

ところが、この法案では防衛や外交に関する国家機密から「公共の安全と秩序の維持」と範囲が拡げられ、適用対象が民間事業者や教育機関にまで拡大しており、処罰対象も公務員に限らず広く民間人に及びます。政府に都合の悪い国民は懲役10年の厳罰に付すことが出来るのです。

つまり、いつでも、誰でも、どんな理由でも取り締まることが可能になってしまいます。

しかも、マスコミは除外されるようで、こうなると益々、国民は真実からは遠ざけられます。消費税と同じく、マスコミは除外され、より政府の思惑を反映するメディアとなるのでしょうか。

「政府に不都合な真実」を書くブロガーは、枕を高くして眠れなくなるかも知れません。

藤原紀香の呼びかけ
http://www.norika.ne.jp/cgi-bin/spdiary-j.cgi?id=7&file=201309

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


とても危険な法律ですね。
ナチス・ドイツのようにと言った人がいましたが、その通りになりそうですね。
かってのソ連のような社会主義国や、北朝鮮、中国のように、国家に都合の悪いことを批判すれば、投獄できるようになりますね。
情報は、主権者たる国民が、国家・政府や政治を監視するためには、とても大切なものですね。
今日も世論調査の結果が、新聞に載っていましたが、「秘密保全法」については、何も書かれていません。パブリックコメントの情報も、ネットでなければ知ることができませんね。

東京新聞の社説→http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013091302000147.html

パブリックコメントの参考例→http://nohimityu.exblog.jp/20720759/

難しいことは考えずに、自分たちの思いや気持ちを込めて、意見は必要ですね。

投稿: やんじ | 2013年9月16日 (月) 07時33分


本当に酷い法律です。
藤原紀香さんの他に声をあげている有名人はいないのでしょうか。
アメリカなら何十人もの有名人が一斉に声をあげると思うのですが・・・

投稿: アコ | 2013年9月16日 (月) 08時22分


このブログの呼びかけに促されて、遅まきながら、内閣のメールアドレスに次のような意見を送りました。効果があるかどうかは分りませんが、先ずは、反対意見を送りましょう。

「このような形で、主権者の意見を聞くことについては評
価をしますが、まだまだ不十分です。公開の場で、この
法案提出の背景や必要性、具体的にどのような場合を想
定しているのか、法律ができた場合にはどのようなメ
リットが生じるのか、逆に国民のどのような権利が侵害
されるのか、法制定の手続きとして適正なのか、法を適
用する際の手続きは適正に決められているのか、法の趣
旨が明確かどうか、仮にそれが憲法を逸脱しないものだ
として、法律になった場合、法の趣旨を超える適用がな
される恐れがないものか、罰則は適正か、等々、普通の
市民が普通に考えただけでも、十分議論されなくてはな
らない点が多くあります。

提案する内閣としては、このような点について、もっと
丁寧に国民に知らせ、国民との開かれた「議論」---
今回の意見募集のように一方的に意見を聞くだけではな
く、疑問に答え、再質問にも丁寧に対応するプロセス
---を徹底して行う必要があります。

現在の法案がそのまま法律になれば、あいまいな定義に
よって、表現の自由は奪われ、民主主義の基本である
「事実を事実として知る」権利は奪われ、政府の恣意的
な判断で、基本的人権が大きく制限されることになります。

戦後、1952年までGHQによる「プレス・コード」が、原
爆関連の情報をほぼ完全にコントロールした歴史を思い
出します。今回の法案では、これが原爆のみならず、国
民生活の全ての範囲を覆うことになりかねません。

法案提出を断念するか、先ずは数年かけて、国民との対
話・議論を重ねることから始める必要があります。」

投稿: 一市民 | 2013年9月16日 (月) 09時08分


日本は先の戦争前に戻ろうとしてるのでしょうか?

  学校の授業で習った 戦争中に出された法律みたいで怖いです

マスメディアが オリンピックと消費税増税を一斉に騒ぐなか
ひっそりと出されようとしていることにも 怖さを感じます
 この春 映画化された 「図書館戦争」 あの 物語の世界が 現実になろうとする
ってことも 怖いです
ことと次第によっては 小学生すら 捕まえることができるようになるのでは?
 と 感じました

投稿: はるめ | 2013年9月16日 (月) 11時31分


ツイートしました(◎´∀`)ノ

投稿: Nate | 2013年9月16日 (月) 13時41分


いつも貴重な情報をありがとうございます。コメントを書く前に友人知人に案内しました。藤原さんはこういうことにも関心をお持ちなんですね。芸能人の方がもっともっとこういうことを書いてくださるとありがたいのですが・・・。影響が大きいですからね。ところで台風18号は本当にひどかったですね。私の町は何とか一歩手前で雨が止んでホッとしましたが。でも怖い半日でした。

投稿: おおたき | 2013年9月16日 (月) 18時44分


日弁連も意見を出しているのですが,これほど重要な法案であるにも関わらず,パブコメの期間が短すぎると思います。
国民の関心を呼ばないようにしてささっと法案を可決しようとしているように感じられます。

投稿: もみじ日記 | 2013年9月16日 (月) 21時51分


やんじさん
貴重な情報をありがとうございます。
さすが東京新聞ですが、大手のマスコミの反応には本当にガッカリです。
地方紙やラジオでは言えても、メジャーな場所では言えないのですね。


アコさん
みんな山本太郎のようにはなりたくないのでしょうね。
みのもんたも、オリンピックに関して政府を厳しく批判した途端に、報道番組を自粛せざるを得ない事件が起きました。


一市民さん
素晴らしい意見をありがとうございます。

この意見募集は、行政手続法に基づく意見公募であれば30日以上の期間を置くべきものを、国会議員が審議する法案ということで、任意で僅か2週間と短く、公募の告知も殆どなく、政権与党の公明党にすら知らされてなかったということです。

まさに間接民主制の弊害が大きく出ていると思います。

先の選挙の街頭演説で自民党の石破茂幹事長が「公明党と連立を組んでいる限り、自民党が暴走することはありえない!」と言っていましたが、さて公明党はちゃんと歯止めとしての役目を果たせるでしょうか。


はるめさん
まさに治安維持法の復活ですね。


Natesさん
ツイートありがとうございますm(_ _)m


おおたきさん
いつも拡散ありがとうございます。


もみじ日記さん
今朝、別件で総務省に電話をすると、いきなり「機密保全法のパブリックコメントですか?」と聞かれましたから、かなりの反応があるのではないでしょうか。これもネットの力でしょうね。

投稿: 工場長 | 2013年9月17日 (火) 10時32分


今日は「ふれあい会館開放日」だったので明日吹き込む「広報」の読み練習をしていました。裏表紙に「パブリック・コメント」のはがきがあったので見ると「市地域防災計画」(原子力災害対策編)とあります。願ったりかなったりの課題。「市長と語る会」でも「原発事故は逃げられないから動かさないのが一番の防災」と意見を言っているのですが・・・聞く耳持たぬ・・・10月に市長選があります。書いても無駄だけど思いっきり書きます。

投稿: おおたき | 2013年9月17日 (火) 16時58分


おおたきさん
こちらでは市長が替わって「オフィスアワー」「タウンミーティング」など誰でも参加できる市長との直接対話の場もなくなり、市民の意見交流の場である電子掲示板も閉鎖されました。
その上、新たに設けられた「区長を囲む会」では、事前打ち合わせは念入りにされるものの、後のフォローは1年経っても梨の礫という状況です。
それでも言い続けることは重要だと思います。

投稿: 工場長 | 2013年9月17日 (火) 20時14分

« 広島オクトーバーフェスト | トップページ | アートの巡礼と瀬戸内海クルージング »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

とても危険な法律ですね。
ナチス・ドイツのようにと言った人がいましたが、その通りになりそうですね。
かってのソ連のような社会主義国や、北朝鮮、中国のように、国家に都合の悪いことを批判すれば、投獄できるようになりますね。
情報は、主権者たる国民が、国家・政府や政治を監視するためには、とても大切なものですね。
今日も世論調査の結果が、新聞に載っていましたが、「秘密保全法」については、何も書かれていません。パブリックコメントの情報も、ネットでなければ知ることができませんね。

東京新聞の社説→http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013091302000147.html

パブリックコメントの参考例→http://nohimityu.exblog.jp/20720759/


難しいことは考えずに、自分たちの思いや気持ちを込めて、意見は必要ですね。

本当に酷い法律です。
藤原紀香さんの他に声をあげている有名人はいないのでしょうか。
アメリカなら何十人もの有名人が一斉に声をあげると思うのですが・・・

このブログの呼びかけに促されて、遅まきながら、内閣のメールアドレスに次のような意見を送りました。効果があるかどうかは分りませんが、先ずは、反対意見を送りましょう。

「このような形で、主権者の意見を聞くことについては評
価をしますが、まだまだ不十分です。公開の場で、この
法案提出の背景や必要性、具体的にどのような場合を想
定しているのか、法律ができた場合にはどのようなメ
リットが生じるのか、逆に国民のどのような権利が侵害
されるのか、法制定の手続きとして適正なのか、法を適
用する際の手続きは適正に決められているのか、法の趣
旨が明確かどうか、仮にそれが憲法を逸脱しないものだ
として、法律になった場合、法の趣旨を超える適用がな
される恐れがないものか、罰則は適正か、等々、普通の
市民が普通に考えただけでも、十分議論されなくてはな
らない点が多くあります。

提案する内閣としては、このような点について、もっと
丁寧に国民に知らせ、国民との開かれた「議論」---
今回の意見募集のように一方的に意見を聞くだけではな
く、疑問に答え、再質問にも丁寧に対応するプロセス
---を徹底して行う必要があります。

現在の法案がそのまま法律になれば、あいまいな定義に
よって、表現の自由は奪われ、民主主義の基本である
「事実を事実として知る」権利は奪われ、政府の恣意的
な判断で、基本的人権が大きく制限されることになります。

戦後、1952年までGHQによる「プレス・コード」が、原
爆関連の情報をほぼ完全にコントロールした歴史を思い
出します。今回の法案では、これが原爆のみならず、国
民生活の全ての範囲を覆うことになりかねません。

法案提出を断念するか、先ずは数年かけて、国民との対
話・議論を重ねることから始める必要があります。」

日本は先の戦争前に戻ろうとしてるのでしょうか?

  学校の授業で習った 戦争中に出された法律みたいで怖いです

マスメディアが オリンピックと消費税増税を一斉に騒ぐなか
ひっそりと出されようとしていることにも 怖さを感じます
 この春 映画化された 「図書館戦争」 あの 物語の世界が 現実になろうとする
ってことも 怖いです
ことと次第によっては 小学生すら 捕まえることができるようになるのでは?
 と 感じました

ツイートしました(◎´∀`)ノ

いつも貴重な情報をありがとうございます。コメントを書く前に友人知人に案内しました。藤原さんはこういうことにも関心をお持ちなんですね。芸能人の方がもっともっとこういうことを書いてくださるとありがたいのですが・・・。影響が大きいですからね。ところで台風18号は本当にひどかったですね。私の町は何とか一歩手前で雨が止んでホッとしましたが。でも怖い半日でした。

日弁連も意見を出しているのですが,これほど重要な法案であるにも関わらず,パブコメの期間が短すぎると思います。
国民の関心を呼ばないようにしてささっと法案を可決しようとしているように感じられます。

やんじさん
貴重な情報をありがとうございます。
さすが東京新聞ですが、大手のマスコミの反応には本当にガッカリです。
地方紙やラジオでは言えても、メジャーな場所では言えないのですね。


アコさん
みんな山本太郎のようにはなりたくないのでしょうね。
みのもんたも、オリンピックに関して政府を厳しく批判した途端に、報道番組を自粛せざるを得ない事件が起きました。


一市民さん
素晴らしい意見をありがとうございます。

この意見募集は、行政手続法に基づく意見公募であれば30日以上の期間を置くべきものを、国会議員が審議する法案ということで、任意で僅か2週間と短く、公募の告知も殆どなく、政権与党の公明党にすら知らされてなかったということです。

まさに間接民主制の弊害が大きく出ていると思います。

先の選挙の街頭演説で自民党の石破茂幹事長が「公明党と連立を組んでいる限り、自民党が暴走することはありえない!」と言っていましたが、さて公明党はちゃんと歯止めとしての役目を果たせるでしょうか。


はるめさん
まさに治安維持法の復活ですね。


Natesさん
ツイートありがとうございますm(_ _)m


おおたきさん
いつも拡散ありがとうございます。


もみじ日記さん
今朝、別件で総務省に電話をすると、いきなり「機密保全法のパブリックコメントですか?」と聞かれましたから、かなりの反応があるのではないでしょうか。これもネットの力でしょうね。

今日は「ふれあい会館開放日」だったので明日吹き込む「広報」の読み練習をしていました。裏表紙に「パブリック・コメント」のはがきがあったので見ると「市地域防災計画」(原子力災害対策編)とあります。願ったりかなったりの課題。「市長と語る会」でも「原発事故は逃げられないから動かさないのが一番の防災」と意見を言っているのですが・・・聞く耳持たぬ・・・10月に市長選があります。書いても無駄だけど思いっきり書きます。

おおたきさん
こちらでは市長が替わって「オフィスアワー」「タウンミーティング」など誰でも参加できる市長との直接対話の場もなくなり、市民の意見交流の場である電子掲示板も閉鎖されました。
その上、新たに設けられた「区長を囲む会」では、事前打ち合わせは念入りにされるものの、後のフォローは1年経っても梨の礫という状況です。
それでも言い続けることは重要だと思います。

秘密保全法で、ケッシュ財団のプラズマリアクターの情報は、このまま握りつぶされるかもしれない。

ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

汚染水を食い止め、暴走する原発を収束させる唯一の手段は、これ以外にはないだろう。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58190599

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原紀香と秘密保全法:

« 広島オクトーバーフェスト | トップページ | アートの巡礼と瀬戸内海クルージング »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30