広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« アートの巡礼と瀬戸内海クルージング | トップページ | 本通りの老舗・下村時計店 »

2013年9月18日 (水)

みのもんた報道自粛

みのもんたは、次男の逮捕で、報道番組への出演を自粛するそうです。
その、みのもんたが東京オリンピックが決まる前日に、ラジオでの発言です。

------------------------------

オリンピック招致のプレゼンで「東京と福島は250キロ離れているから安全」という一言は引っかかった。
福島の漁業関係者とも話したが「がっくりした」と言っていた。
250キロ離れているから安心だとは何事だと現地は皆思った。

汚染水漏れについてはイギリスのBBCなどは連日トップで報道している。
それを日本は470億円出してやりますからと言っても、2年半前に起きたことが未だに解決できないで汚染水が垂れ流しになっている。

オリンピックには6000億円を超えるお金をかける。
安倍さんが汚染水に470億、オリンピックに6000億、どう感じますか。おかしくないか?

アベノミクスの円安で輸出産業は一時的には儲かった。
それ以外の輸入に頼っているところはどうだ。
消費税を8%あげて福祉に使うというが実際は1%くらいしか使わない。

オリンピックには6000億円使える日本が福島には470億円。
何万人の人が、まだふるさとに帰れないか。

そして、これまで8回福島を観に行き、建屋の近くまで行った。
何とか交渉し、10月には4号機の中に入れてもらえることになっている、
自分の目で見た本当のことを言うよ。 体調の良い時に・・・

------------------------------

この数日後、次男は逮捕されました。
10月の取材はこれでなくなったのでしょうか。

以下、9分間の音声です。

みのもんた 東京オリンピック開催、汚染水問題を語る
http://www.youtube.com/watch?v=06A31QILeBM

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。恣意(本音)の人ならそうなる。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。成り行き次第。

>親戚のじいちゃんはガ島で地獄を見てきた。
>「あれは決して国のために尊い命を落とす姿じゃ無かった」という言葉を忘れない。
兵卒は優秀。参謀は愚鈍。日本語脳の定めであるか。理不尽に耐える心を養うべきか。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

わかっている、わかっている。皆、わかっている。
ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
十二歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養 (洞察力) がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。
我々は、自らは望むことなく危機に陥る民族なのか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2013年9月18日 (水) 05時55分


みのもんたさんのような大物ですら、というところが怖いです。
そう思うと、山本太郎さんには頑張って欲しいし、藤原紀香さんも応援したいです。

投稿: アコ | 2013年9月18日 (水) 08時48分


イサゲ~

投稿: マサ | 2013年9月18日 (水) 12時11分


またまた拡散です。怖いですね。いろいろ言われますが、やっぱりみのさんの姿が見えない「朝ズバ」は気の抜けたビールって感じです。井上アナは好きですが・・・。
「広報」の音訳活動が終わってホッと一息です。34ページはきつい!

21日には「陸海空軍」の自衛隊のパレードが福井の大通りであります。
こちらも怖い!

投稿: おおたき | 2013年9月18日 (水) 21時28分


個人的には,成人の息子が逮捕されたことでなぜ自粛しなければならないのか疑問に感じます。
それなら,もし総理大臣に成人の子どもがいてその子が逮捕されたら,総理の職を辞任しなければならないのでしょうか?
道義的責任すらないと思います。
ましてやこれで10月の取材がなくなるなら本当に残念です。

投稿: もみじ日記 | 2013年9月18日 (水) 21時29分


nogaさん
日本国民が試されていますね。


アコさん
これで秘密保全法などが成立すると、本当にどうなるか考えるだけでも恐ろしいことです。


マサさん
韓国語という理解でコメ返しますが、
確かに変ですね。
大企業の正社員で、初犯の窃盗なら「反省と補償」さえ行えば、逮捕も拘留もなく、起訴さえ免れることも出来ると思いますし、弁護士もそういうアドバイスはするように思いますが、普通ではない何かがあるのでしょうね。


おおたきさん
これで萎縮する報道関係者もいるのでしょうね。
本当に怖い国になったものです。


もみじ日記 さん
みのもんた自身も「親が責任を取るのは二十歳まで」と言っていましたし「最後まで息子を信じる」とも言っていました。

ただ、親のせいとは言え、大きく報道されて問題にされている時に、中立にはなれない自分が報道の場にいることが相応しくない、ということだったと思います。

しかし、窃盗事件がそこまで長く報道されることはないでしょうし、他の報道と関連のあることでもありませんから、10月の取材も報道も是非行って欲しいものです。

投稿: 工場長 | 2013年9月18日 (水) 21時41分

« アートの巡礼と瀬戸内海クルージング | トップページ | 本通りの老舗・下村時計店 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。恣意(本音)の人ならそうなる。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。成り行き次第。

>親戚のじいちゃんはガ島で地獄を見てきた。
>「あれは決して国のために尊い命を落とす姿じゃ無かった」という言葉を忘れない。
兵卒は優秀。参謀は愚鈍。日本語脳の定めであるか。理不尽に耐える心を養うべきか。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

わかっている、わかっている。皆、わかっている。
ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
十二歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養 (洞察力) がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。
我々は、自らは望むことなく危機に陥る民族なのか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

みのもんたさんのような大物ですら、というところが怖いです。
そう思うと、山本太郎さんには頑張って欲しいし、藤原紀香さんも応援したいです。

イサゲ~

またまた拡散です。怖いですね。いろいろ言われますが、やっぱりみのさんの姿が見えない「朝ズバ」は気の抜けたビールって感じです。井上アナは好きですが・・・。
「広報」の音訳活動が終わってホッと一息です。34ページはきつい!

21日には「陸海空軍」の自衛隊のパレードが福井の大通りであります。
こちらも怖い!

個人的には,成人の息子が逮捕されたことでなぜ自粛しなければならないのか疑問に感じます。
それなら,もし総理大臣に成人の子どもがいてその子が逮捕されたら,総理の職を辞任しなければならないのでしょうか?
道義的責任すらないと思います。
ましてやこれで10月の取材がなくなるなら本当に残念です。

nogaさん
日本国民が試されていますね。


アコさん
これで秘密保全法などが成立すると、本当にどうなるか考えるだけでも恐ろしいことです。


マサさん
韓国語という理解でコメ返しますが、
確かに変ですね。
大企業の正社員で、初犯の窃盗なら「反省と補償」さえ行えば、逮捕も拘留もなく、起訴さえ免れることも出来ると思いますし、弁護士もそういうアドバイスはするように思いますが、普通ではない何かがあるのでしょうね。


おおたきさん
これで萎縮する報道関係者もいるのでしょうね。
本当に怖い国になったものです。


もみじ日記 さん
みのもんた自身も「親が責任を取るのは二十歳まで」と言っていましたし「最後まで息子を信じる」とも言っていました。

ただ、親のせいとは言え、大きく報道されて問題にされている時に、中立にはなれない自分が報道の場にいることが相応しくない、ということだったと思います。

しかし、窃盗事件がそこまで長く報道されることはないでしょうし、他の報道と関連のあることでもありませんから、10月の取材も報道も是非行って欲しいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58211604

この記事へのトラックバック一覧です: みのもんた報道自粛:

« アートの巡礼と瀬戸内海クルージング | トップページ | 本通りの老舗・下村時計店 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30