広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 駅のリニューアル | トップページ | ひろしま本通物語 »

2013年9月 2日 (月)

続く汚染水漏れ

6年前(2007年)の新潟県中越沖地震では柏崎刈羽原発が地震だけで大きくダメージを受け「放射能を持つ汚染水が3億ベクレル流出、国内最大の放射能漏れ」と大きく報道されました。

そして、その翌年には「サクラと環境・原発調査ネットワーク」が「柏崎刈羽原発周辺のソメイヨシノの異常花率が昨年の7倍以上になった」ということを、参議院議員会館の記者会見で明らかにしました。

その時の発表によると、通常、ソメイヨシノの花は、花弁とガクがそれぞれ5枚ですが、花ビラの変形、重なり、矮小化、花ビラ4枚や6枚、ガクの異常などを異常花とし、柏崎刈羽原発周辺では、2007年の異常花率は3.1%だったのに対し、2008年の異常花率は22.8%と、異常花の数と割合が激増したということです。

ちなみに、その年の全国平均の異常花率は2.89%だったそうです。

この時は、この記者会見の内容について、東京電力も「放射能の影響で無いと証明するのは大変に難しい」と放射能の影響を否定することはありませんでした。

そして、調査は福島でも行われていますが、今年は昨年よりも空間放射線量が下がったのに、調査結果は2倍以上に悪化しており、年間放射線量が減ってきても、放射線の影響は段々多くなってきている事実が確認されています。

それも当然といえば当然で、福島原発からの流出している汚染水は数十兆ベクレル、と6年前に「大騒ぎ」したレベルとは桁がいくつも違います。

しかし、それだけ莫大な放射能汚染がある中で、福島の子ども達に多発している甲状腺ガンは「原発事故との因果関係は認められない」とされています。

一方で、海外では、この「人類の危機」とも言える福島の汚染水漏れが「連日トップ」で伝えられ、海水浴シーンの解説は「日本人はどこまで放射能に無知なのだろう」というものです。

また、隣国では国政監査で学校給食に日本産のタラやブリなどの水産物が入っていることが判明し、子どもへの放射能の影響を心配して、子どもに弁当を持たせる親が増えているということです。

この状況の中で日本では、福島の子ども達の甲状腺ガンですら「原発事故との因果関係を否定」されています。

ちなみに以下はドイツでのシミュレーションで上が今現在、下が3〜4年後の放射能汚染図です。

Osen1
Osen2

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


本当にオトロシイことです。
日本人はどうなるのでしょうか。

投稿: アコ | 2013年9月 2日 (月) 08時47分


桜の花は言葉は話せなくても身を以て教えてくれているんですね。またパソコンの画面でしか真実を知ることができないなんて・・・本当にオトロシイことですね。病み上がりの体に余計響きます。

投稿: おおたき | 2013年9月 2日 (月) 12時54分


どうでも良いことは大袈裟な表現になるのに、本当の危機は控え目になるのですね。

投稿: 通りすがり | 2013年9月 2日 (月) 13時09分


肝心の当事国である日本が最も鈍感なようですね。
原発推進派の,大丈夫とか,日本は原発なしでは電力需要をまかなえないという「原発ありき」の声が大きくなって行き,福島の現状に対する意識が薄らいできているような気がします。

投稿: もみじ日記 | 2013年9月 2日 (月) 15時18分


日本のブログを読んで本当に驚いています。
いつから日本はこんな国になっていたのでしょうか。

私はアメリカ在住ですが、こちらでもマグロの放射能などが問題になっています。
友人達は、もうスシは食べないと言っています。
日本人はまだ魚、それも日本産のものを食べているのでしょうか。
それ自体に驚きます。

日本もいつの間にか、中国や北朝鮮と同じようになっているのですね。
それでも中国人や朝鮮の国民は自分たちの置かれた状況を知っていますが、日本国民は、それすら知らないのでしょうか。

投稿: アイ | 2013年9月 2日 (月) 20時44分


若者の日本語が乱れていると言われますが、マスコミは嘘の日本語の表現を使っていますね。原発関連では特に。
汚染水は「漏れ」でなく、「噴出」ですね。
「漏れ」とは、あまりにも過小な言葉で、いまの状況には間違った表現だと思います。それは嘘の情報でもあると思います。
また、仮説の容器であり接合部が溶接等で完全に塞がれていないと保存には限界があり、密封された容器だと、夏の暑さで容器内が膨張し、容器が破損するのは当然です。
流入する地下水の対策が先にすべきことでした。
また、海洋汚染を防ぐためには、海側に防水シートをいくつも埋め込んだ護岸を建設する必要があります。
また、二次冷却水の放水口が、海洋流失になってないかも心配です。
直接に原発の建屋と繫がっているのですから。
オリンピックで儲けるために、世界にたいして犯罪国家に日本はなってしまいますね。

投稿: やんじ | 2013年9月 3日 (火) 11時03分


アコさん
危機感のなさが一番の危機のような気もしますね。

投稿: 工場長 | 2013年9月 4日 (水) 07時39分


おおたきさん
桜は日本を代表するだけに象徴的ですね。
残念ながらネットで海外メディアを見なければ、本当のことはわからないのが今の日本です。
同じNHKでもNHK WORLD(海外向け)の方が国民が知るべきことが多く報道されているというのが、また情けないです。

投稿: 工場長 | 2013年9月 4日 (水) 07時47分


通りすがりさん
まさにその通りだと思います。
福島原発が爆発した時もメルトダウンをなかなか認められなかったように、本当の危機は報道できないようです。

気象では「かつて経験のない」とか「観測史上最大」とか言えても、原発では「人類史上最悪」とかは使えないようです。

投稿: 工場長 | 2013年9月 4日 (水) 07時49分


もみじ日記さん
これだけ原発が危険であることや、原発がなくても電力供給に問題がないことを目の当たりにしても、まだ原発を再稼働させようという空気が拡がるのが信じられませんが、このままでは国際社会も黙っていないのではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年9月 4日 (水) 07時51分


アイさん
他のブログでもカリフォルニアの人が「もうスシは食べない」と書いていました。

韓国でさえ学校給食に日本産の海産物が入っていたことが問題視されていますが、日本では福島県などで「地産地消」と称して、福島県産の食材が学校給食で使われています。こんなことはかつての日本では考えられなかったのではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年9月 4日 (水) 07時53分


やんじさん
確かに「漏れ」どころではありませんね。
国内では刑事告発もされていますが、このままでは国際賠償も戦後賠償を上回るという試算もあるようです。

投稿: 工場長 | 2013年9月 4日 (水) 07時56分

« 駅のリニューアル | トップページ | ひろしま本通物語 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

本当にオトロシイことです。
日本人はどうなるのでしょうか。

桜の花は言葉は話せなくても身を以て教えてくれているんですね。またパソコンの画面でしか真実を知ることができないなんて・・・本当にオトロシイことですね。病み上がりの体に余計響きます。

どうでも良いことは大袈裟な表現になるのに、本当の危機は控え目になるのですね。

肝心の当事国である日本が最も鈍感なようですね。
原発推進派の,大丈夫とか,日本は原発なしでは電力需要をまかなえないという「原発ありき」の声が大きくなって行き,福島の現状に対する意識が薄らいできているような気がします。

日本のブログを読んで本当に驚いています。
いつから日本はこんな国になっていたのでしょうか。

私はアメリカ在住ですが、こちらでもマグロの放射能などが問題になっています。
友人達は、もうスシは食べないと言っています。
日本人はまだ魚、それも日本産のものを食べているのでしょうか。
それ自体に驚きます。

日本もいつの間にか、中国や北朝鮮と同じようになっているのですね。
それでも中国人や朝鮮の国民は自分たちの置かれた状況を知っていますが、日本国民は、それすら知らないのでしょうか。

若者の日本語が乱れていると言われますが、マスコミは嘘の日本語の表現を使っていますね。原発関連では特に。
汚染水は「漏れ」でなく、「噴出」ですね。
「漏れ」とは、あまりにも過小な言葉で、いまの状況には間違った表現だと思います。それは嘘の情報でもあると思います。
また、仮説の容器であり接合部が溶接等で完全に塞がれていないと保存には限界があり、密封された容器だと、夏の暑さで容器内が膨張し、容器が破損するのは当然です。
流入する地下水の対策が先にすべきことでした。
また、海洋汚染を防ぐためには、海側に防水シートをいくつも埋め込んだ護岸を建設する必要があります。
また、二次冷却水の放水口が、海洋流失になってないかも心配です。
直接に原発の建屋と繫がっているのですから。
オリンピックで儲けるために、世界にたいして犯罪国家に日本はなってしまいますね。

アコさん
危機感のなさが一番の危機のような気もしますね。

おおたきさん
桜は日本を代表するだけに象徴的ですね。
残念ながらネットで海外メディアを見なければ、本当のことはわからないのが今の日本です。
同じNHKでもNHK WORLD(海外向け)の方が国民が知るべきことが多く報道されているというのが、また情けないです。

通りすがりさん
まさにその通りだと思います。
福島原発が爆発した時もメルトダウンをなかなか認められなかったように、本当の危機は報道できないようです。

気象では「かつて経験のない」とか「観測史上最大」とか言えても、原発では「人類史上最悪」とかは使えないようです。

もみじ日記さん
これだけ原発が危険であることや、原発がなくても電力供給に問題がないことを目の当たりにしても、まだ原発を再稼働させようという空気が拡がるのが信じられませんが、このままでは国際社会も黙っていないのではないでしょうか。

アイさん
他のブログでもカリフォルニアの人が「もうスシは食べない」と書いていました。

韓国でさえ学校給食に日本産の海産物が入っていたことが問題視されていますが、日本では福島県などで「地産地消」と称して、福島県産の食材が学校給食で使われています。こんなことはかつての日本では考えられなかったのではないでしょうか。

やんじさん
確かに「漏れ」どころではありませんね。
国内では刑事告発もされていますが、このままでは国際賠償も戦後賠償を上回るという試算もあるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58105719

この記事へのトラックバック一覧です: 続く汚染水漏れ:

« 駅のリニューアル | トップページ | ひろしま本通物語 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30