広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 対決より共存を・がん | トップページ | ヒヨドリの巣立ち »

2013年9月 6日 (金)

オリバー・ストーン

もう一ヶ月前になりますが、広島を訪れ、平和祈念式典にも参加したオリバー・ストーン監督は、ベトナム帰還兵で、「プラトーン」「7月4日に生まれて」で2回アカデミー監督賞を受賞し、「JFK」「ウォール街」「ナチュラル・ボーン・キラーズ」などの名作を作り、「エビータ」などの脚本も書いています。

そのオリバー・ストーン監督は広島でも講演をしていますが、その動画が公開されていますので、紹介しています。

字幕が付き、10分少々の動画ですが、以下のようなことが語られています。

平和式典には強く心を動かされたが、「偽善」もあった。「平和」そして「核廃絶」のような言葉が安倍首相らの口から出たが、私は彼の言葉を信じていないし、歴史をよく知る人々は私に同意してくれると思う。

第二次大戦で敗戦した2つの主要国家はドイツと日本だったが、ドイツは国家がしてしまった事を反省し、その後のヨーロッパで平和のためのリーダーシップをとった。ドイツは、60年代70年代を通して平和のためのロビー活動を行ない、常に反核であり、アメリカが望むように軍事力を引き上げることを拒否し続けてきた。

みなさんに聞きたいのは、どうして、ともにひどい経験をしたドイツが今でも平和維持に大きな力を発揮しているのに、日本は、アメリカの衛星国家としてカモにされているのかということだ。あなた方には強い経済もあり、良質な労働力もある。なのになぜ立ち上がろうとしない?

ここでみなさんにはドイツがヨーロッパでしたように、立ち上がって反対の声を上げてほしい。日本はかつて敗戦し広島、長崎その他でひどい目にあった。その悲しみを糧にして強くなり、繰り返し戦争を起こして日本と世界に痛みを与えてきたバカ者どもと戦ってほしいのです。


http://www.youtube.com/watch?v=WfpKRUEzcA4

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


日本でも頑張っている人はいますが、まだまだ一般の人の意識が低いように感じます。
オリバー・ストーン監督が広島に来られたのは良かったですが、できれば秋葉市長の時に来て欲しかったと思いました。

投稿: アコ | 2013年9月 6日 (金) 08時58分


大変貴重な映像をありがとうございました。本当にごもっともです。先日夜中にあった監督の番組は録画したのですが、ちょっと長いのでなかなか一度に見られず、数回に分けて観ています。この録画もなかなか消せません。たまるばっかりです。鳩山さんのことをこういう風に言う人はなかなかいないのでとてもうれしかったです。日本ではテレビも新聞もボロクソですからね。私も人に鳩山さんのことを肯定して言ってましたが、きっと信じてもらってなかったと思います。原爆にしても実験だとは思っていましたが、ロシアに対してというのは初めて聞きました。(録画で)ツイッターや一斉メールで拡散します。ありがとうございました。

投稿: おおたき | 2013年9月 6日 (金) 10時27分


シリア情勢についてのアメリカ大統領の言動を見ていると,そのうち,集団的自衛権行使を名目に,こういった紛争にも自衛隊が派遣され,日本も紛争当事国になるのではないかと不安でたまりません。

投稿: もみじ日記 | 2013年9月 6日 (金) 14時23分


アコさん
「できれば秋葉市長の時に来て欲しかった」確かにそうですね。


おおたきさん
相変わらず国内の報道では「肝心な部分」が抜けているものが多く、こうしたネット動画は重要です。


もみじ日記さん
日本は長年の間シリアに大使館を置いてますから、独自の判断もできるはずですが、とにかく対米従属というのが情けなく、危険を感じます。

投稿: 工場長 | 2013年9月 8日 (日) 14時52分


イラク戦争のときには、時の小泉首相に建白書を公電で出して辞めさせられた、レバノン大使がいました。天木直人氏ですが、彼のように、日本と中東との真の友好のため頑張ってくれる人もいなくなってしまったのでしょうかね。

投稿: 健忘症 | 2013年9月 8日 (日) 16時51分


健忘症さん
原発に批判的だった経産官僚の古賀茂明氏も辞めざるをえない状況に追い込まれましたが、結局、心ある人は辞めていくしかないのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年9月10日 (火) 07時46分

« 対決より共存を・がん | トップページ | ヒヨドリの巣立ち »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

日本でも頑張っている人はいますが、まだまだ一般の人の意識が低いように感じます。
オリバー・ストーン監督が広島に来られたのは良かったですが、できれば秋葉市長の時に来て欲しかったと思いました。

大変貴重な映像をありがとうございました。本当にごもっともです。先日夜中にあった監督の番組は録画したのですが、ちょっと長いのでなかなか一度に見られず、数回に分けて観ています。この録画もなかなか消せません。たまるばっかりです。鳩山さんのことをこういう風に言う人はなかなかいないのでとてもうれしかったです。日本ではテレビも新聞もボロクソですからね。私も人に鳩山さんのことを肯定して言ってましたが、きっと信じてもらってなかったと思います。原爆にしても実験だとは思っていましたが、ロシアに対してというのは初めて聞きました。(録画で)ツイッターや一斉メールで拡散します。ありがとうございました。

シリア情勢についてのアメリカ大統領の言動を見ていると,そのうち,集団的自衛権行使を名目に,こういった紛争にも自衛隊が派遣され,日本も紛争当事国になるのではないかと不安でたまりません。

アコさん
「できれば秋葉市長の時に来て欲しかった」確かにそうですね。


おおたきさん
相変わらず国内の報道では「肝心な部分」が抜けているものが多く、こうしたネット動画は重要です。


もみじ日記さん
日本は長年の間シリアに大使館を置いてますから、独自の判断もできるはずですが、とにかく対米従属というのが情けなく、危険を感じます。

イラク戦争のときには、時の小泉首相に建白書を公電で出して辞めさせられた、レバノン大使がいました。天木直人氏ですが、彼のように、日本と中東との真の友好のため頑張ってくれる人もいなくなってしまったのでしょうかね。

健忘症さん
原発に批判的だった経産官僚の古賀茂明氏も辞めざるをえない状況に追い込まれましたが、結局、心ある人は辞めていくしかないのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58109238

この記事へのトラックバック一覧です: オリバー・ストーン:

« 対決より共存を・がん | トップページ | ヒヨドリの巣立ち »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30