広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 保護生けがき | トップページ | カールミレスの彫刻と想定外 »

2013年8月21日 (水)

麻生外相の推薦図書

松江市教育委員会が「はだしのゲン」を閉架にし、貸し出し禁止要請し、全ての学校がそれに応じたことへの抗議は大きくなり、ネットでの署名も1万人を越しています。

Gen2

そんな中、6年前の、こんなニュースもクローズアップされています。

------------------------------

はだしのゲンで核軍縮訴え 外務省、NPT会議で配布 2007年4月29日 共同

 ウィーンで30日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、日本政府代表団が広島の被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」の英語版を会場内で展示、配布することになった。  大の漫画ファンで知られる麻生太郎外相の肝いりで実現、原爆の悲惨さを生々しく描写した漫画で核軍縮を訴える。  「はだしのゲン」は広島に投下された原爆で父、姉、弟を失い、自らも被爆した少年ゲンが母親、妹とともに懸命に生きていく姿を描いた物語で、米国はじめ各国で出版されている。外務省が英語版30冊を出版社から譲り受けた。  同省は「各国政府、非政府組織(NGO)関係者にぜひ手に取って読んでほしい」とPR。今後も国際会議などの場で漫画やアニメを使った情報発信を検討しており、「漫画外交」が活発に展開されそうだ。

------------------------------

「はだしのゲン」で核軍縮訴え…外務省が漫画活用作戦 2007年5月12日14時43分配信 読売新聞

 外務省は、核軍縮や核不拡散の重要性を世界にアピールするため、日本の漫画やアニメを積極的に活用する方針を決めた。

 海外で人気の日本のポップカルチャー(大衆文化)を利用して、世界の若者に核兵器の非人道性などへの理解を深めてもらうのが狙いだ。

 同省は、その第1弾として、11日までウィーンで開かれていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、原爆の悲惨さを描いて世界的ベストセラーとなった漫画「はだしのゲン」(中沢啓治作)の英語版を配布。

 今後も、被爆した女性の10年後を描いた「夕凪の街 桜の国」(こうの史代作)など、様々な漫画やアニメ、コンピューターグラフィックス(CG)作品を国際会議などの機会に配布、上映していく考えで、出版社などと使用許諾の協議を進めている。

------------------------------

つまり、安倍政権下で外務大臣であった麻生副総理が「肝いり」で世界に向けてアピールした「はだしのゲン」を松江市教育委員会は子どもの目の届かない棚の奥に仕舞い込んで簡単には読めないようにした、というわけです。

これに対し、麻生副総理は何も言わないのでしょうか。そして、広島出身の岸田外務大臣は何も言わないのでしょうか。マスコミはコメントを求めないのでしょうか。

それにしても、この問題におけるマスコミ報道で不思議なのは、一応どの局も松江市教委の処置には疑問を呈しているものの、教育委員会だけを悪者にしている、という点です。

そして、どこも、これが右翼団体の恫喝に屈した結果だとは報じていないことです。

それも、彼らは東京の新大久保、大阪の鶴橋、京都のウトロ地区など在日韓国人の多い地域で、耳を塞ぎたくなるような下品で下劣な言葉で、日本人の知性と品性を極限まで貶め、右翼団体最高顧問にすら「日の丸が泣いている」と言われた団体です。

マスコミは原発のお金だけでなく、右翼の恫喝にも弱いということなのでしょうか。

松江市の子ども達にも「はだしのゲン」を読む自由を、署名は以下で。
キャンペーン/生きろゲン-松江市教育委員会は-はだしのゲン-を松江市内の小中学校図書館で子どもたちが自由に読めるように戻してほしい

『はだしのゲン』(8月31日までの無料配信)
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00592/v12021/v1000000000000000721/?list_id=308673

『はだしのゲン 2』(8月31日までの無料配信)
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00592/v12022/v1000000000000000722/?list_id=308673


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


以前の記事で右翼に対応する松江市の職員の録音を聞きましたが、小心者の私ならすぐに屈してしまいそうです(;´Д`A ```

投稿: 小心者 | 2013年8月21日 (水) 08時34分


陳情書をねじ込んだのは在特会の下働きをしている「高知市から日本を考える会」代表者です。
高知新聞が取材を申し込んでいるようですが、今のところ拒否しています。
他のマスコミも高知に押し寄せて来て欲しいです。

投稿: 高知市民 | 2013年8月21日 (水) 09時03分


これを機に、今まで関心のなかった人たちが読んでくれるといいですね。なんかいい表現がありそうですが浮かんできません。アニメは初めて見ました。この騒動のおかげですね。

私事ですが、明日は地元のある公民館で鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」の3回目の上映会をします。今回は友人の協力で企画されたのですが、こちらも今まで「原発」に関心のなかった人たちにぜひ見てほしいと思います。

投稿: おおたき | 2013年8月21日 (水) 11時12分


河野先生もこの話題を書いておられますね。
さすが広島の2大ブログ。
頼もしい。
これからも広島の声を世界へ届けて下さい。
益々のご活躍をお祈りいたしております。

投稿: もみじ日記 | 2013年8月21日 (水) 14時28分


麻生副総理が外務大臣時代に、
外務省が配布しているという事実は、使えそうですね。
面白い!

投稿: 宇品灯台 | 2013年8月21日 (水) 15時49分


稲田朋美氏のような人が閣僚にいますからねぇ…

投稿: kankan | 2013年8月21日 (水) 16時27分


マスコミの報道は残酷な描写の問題に終始しているが、そもそもの問題は有りもしない『南京大虐殺』と『従軍慰安婦』を捏造した自虐的歴史観であり、この本に流れる一貫した左翼思想だ。左翼の多いマスコミは、だからこそ、そこに触れることが出来ないのだ。

投稿: 日本万歳 | 2013年8月22日 (木) 19時09分


小心者さん
敢えて録音して公開するくらいですから、彼らとしては十分に紳士的な言動で、本来はもっと下劣で怖いと思います。

企業でも行政でも暴力団に恫喝されることはありますし、広島市なども右翼団体から恫喝されたり、街宣車で囲まれたりすることは珍しくありません。

しかし、役所がそれに屈するようでは、市民の安全は保てないように思います。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 19時38分


高知市民さん
今日のローカルニュースでは松江市の教育委員会(副教育長)へのインタビュー映像も出して、経緯を解説していましたが、不思議なくらい「抗議をした市民」が高知市民であることや、右翼団体であることは隠しています。そんなに怖いのでしょうか、あんなチンピラが。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 19時41分


おおたきさん
松江市教委の処置は情けないことですが、こうして関心を呼ぶことはいいことですね。
松江市でも閉架の見直しが検討されているようですし、災い転じて福となす、となればいいですね。

福島の原発は悪化の一途のようにしか見えませんが、多くの人が関心を持って、二度と福島と同じことが起きないように祈ります。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 19時45分


もみじ日記さん
もみじ日記さんをはじめ、他にも多くのブロガーが声を上げられていることでも勇気づけられます。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 19時47分


宇品灯台さん
マスコミは広島市長や広島県知事には質問しても、何故、麻生副総理にコメントを取らないのか、不思議ですね。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 19時49分


kankanさん
規制改革というのは通常、規制をなくしていくことを言いますが、規制の大好きな稲田氏を規制改革の特命大臣にするというのは、一体どういう冗談なのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 19時53分


日本万歳さん
「左翼の多いマスコミ」ということには笑うしかありませんが、「はだしのゲン」を世界にアピールした麻生副総理も左翼なのでしょうね。

日本軍が犯した過去の「植民地支配」と「侵略」については、日本政府が公式に認めて謝罪していることです。

南京事件については「非戦闘員の殺害、略奪行為などがあったことは否定できない」というのが政府の見解であり、従軍慰安婦についても、橋本市長ですら最終的には「かつて日本兵が女性の人権をじゅうりんしたことは痛切に反省し、慰安婦の方々に謝罪しなければならない」と言わざるを得ないほど明確な事実です。

安倍内閣ですら「歴代内閣の立場を引き継ぐ立場だ」(今年の参院予算委員会)と表明しています。
そういう安倍首相も左翼なのでしょうね。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 19時57分


私も「はだしのゲン」は左翼漫画だと思う。

投稿: 大和魂 | 2013年8月22日 (木) 21時13分


大和魂さん
日本万歳さんと親しい方のようですが(IPが同じなので)、
日本のアニメを世界的に有名にした手塚治虫は「はだしのゲンは反戦、反核マンガでない」とし「家族の愛情や苦悩を描いたもの」だと言われましたし、大江健三郎も「民衆の記録である」とし、特定のイデオロギーによる物語ではないと評していましたよ。

投稿: 工場長 | 2013年8月22日 (木) 21時20分


ヨコから済みません。

『はだしのゲン』の英語版をアメリカの学生に読んで貰ったことがあります。彼らも感じたのは、「暴力的シーン」が多いこと。それは戦争の場面に限らず、日常生活でもすぐ殴ったり殴られたりというシーンが出てくるからだという理由でした。

でも原爆の恐ろしさや、原爆がもたらした悲劇については理解していました。国としてのアメリカの責任も理解していました。同時に、帝国陸軍の犯した酷い罪についても理解していました。

結局自分にだけ都合の良い歴史などというものは、先ず存在しないということなのではないでしょうか。

投稿: アメリカ通 | 2013年8月23日 (金) 01時12分

« 保護生けがき | トップページ | カールミレスの彫刻と想定外 »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

以前の記事で右翼に対応する松江市の職員の録音を聞きましたが、小心者の私ならすぐに屈してしまいそうです(;´Д`A ```

陳情書をねじ込んだのは在特会の下働きをしている「高知市から日本を考える会」代表者です。
高知新聞が取材を申し込んでいるようですが、今のところ拒否しています。
他のマスコミも高知に押し寄せて来て欲しいです。

これを機に、今まで関心のなかった人たちが読んでくれるといいですね。なんかいい表現がありそうですが浮かんできません。アニメは初めて見ました。この騒動のおかげですね。

私事ですが、明日は地元のある公民館で鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」の3回目の上映会をします。今回は友人の協力で企画されたのですが、こちらも今まで「原発」に関心のなかった人たちにぜひ見てほしいと思います。

河野先生もこの話題を書いておられますね。
さすが広島の2大ブログ。
頼もしい。
これからも広島の声を世界へ届けて下さい。
益々のご活躍をお祈りいたしております。

麻生副総理が外務大臣時代に、
外務省が配布しているという事実は、使えそうですね。
面白い!

稲田朋美氏のような人が閣僚にいますからねぇ…

マスコミの報道は残酷な描写の問題に終始しているが、そもそもの問題は有りもしない『南京大虐殺』と『従軍慰安婦』を捏造した自虐的歴史観であり、この本に流れる一貫した左翼思想だ。左翼の多いマスコミは、だからこそ、そこに触れることが出来ないのだ。

小心者さん
敢えて録音して公開するくらいですから、彼らとしては十分に紳士的な言動で、本来はもっと下劣で怖いと思います。

企業でも行政でも暴力団に恫喝されることはありますし、広島市なども右翼団体から恫喝されたり、街宣車で囲まれたりすることは珍しくありません。

しかし、役所がそれに屈するようでは、市民の安全は保てないように思います。

高知市民さん
今日のローカルニュースでは松江市の教育委員会(副教育長)へのインタビュー映像も出して、経緯を解説していましたが、不思議なくらい「抗議をした市民」が高知市民であることや、右翼団体であることは隠しています。そんなに怖いのでしょうか、あんなチンピラが。

おおたきさん
松江市教委の処置は情けないことですが、こうして関心を呼ぶことはいいことですね。
松江市でも閉架の見直しが検討されているようですし、災い転じて福となす、となればいいですね。

福島の原発は悪化の一途のようにしか見えませんが、多くの人が関心を持って、二度と福島と同じことが起きないように祈ります。

もみじ日記さん
もみじ日記さんをはじめ、他にも多くのブロガーが声を上げられていることでも勇気づけられます。

宇品灯台さん
マスコミは広島市長や広島県知事には質問しても、何故、麻生副総理にコメントを取らないのか、不思議ですね。

kankanさん
規制改革というのは通常、規制をなくしていくことを言いますが、規制の大好きな稲田氏を規制改革の特命大臣にするというのは、一体どういう冗談なのでしょうか。

日本万歳さん
「左翼の多いマスコミ」ということには笑うしかありませんが、「はだしのゲン」を世界にアピールした麻生副総理も左翼なのでしょうね。

日本軍が犯した過去の「植民地支配」と「侵略」については、日本政府が公式に認めて謝罪していることです。

南京事件については「非戦闘員の殺害、略奪行為などがあったことは否定できない」というのが政府の見解であり、従軍慰安婦についても、橋本市長ですら最終的には「かつて日本兵が女性の人権をじゅうりんしたことは痛切に反省し、慰安婦の方々に謝罪しなければならない」と言わざるを得ないほど明確な事実です。

安倍内閣ですら「歴代内閣の立場を引き継ぐ立場だ」(今年の参院予算委員会)と表明しています。
そういう安倍首相も左翼なのでしょうね。

私も「はだしのゲン」は左翼漫画だと思う。

大和魂さん
日本万歳さんと親しい方のようですが(IPが同じなので)、
日本のアニメを世界的に有名にした手塚治虫は「はだしのゲンは反戦、反核マンガでない」とし「家族の愛情や苦悩を描いたもの」だと言われましたし、大江健三郎も「民衆の記録である」とし、特定のイデオロギーによる物語ではないと評していましたよ。

ヨコから済みません。

『はだしのゲン』の英語版をアメリカの学生に読んで貰ったことがあります。彼らも感じたのは、「暴力的シーン」が多いこと。それは戦争の場面に限らず、日常生活でもすぐ殴ったり殴られたりというシーンが出てくるからだという理由でした。

でも原爆の恐ろしさや、原爆がもたらした悲劇については理解していました。国としてのアメリカの責任も理解していました。同時に、帝国陸軍の犯した酷い罪についても理解していました。

結局自分にだけ都合の良い歴史などというものは、先ず存在しないということなのではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/58031667

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生外相の推薦図書:

« 保護生けがき | トップページ | カールミレスの彫刻と想定外 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30