広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 夏の日の午後ー平和大通り公園 | トップページ | 東京田無の東大農場 »

2013年7月28日 (日)

山本潰し本格化

反原発を掲げて当選した山本太郎へのバッシングが酷くなっているようです。

その一つに、山本太郎主演の映画の上映拒否が全国に拡がっています。

その映画「朝日のあたる家」は福島の原発事故の悲劇を描いたもので、原発事故後の被災者家族を描く内容ですから、原発の再稼働が議論されている今こそ、日本中の人が観るべき内容となっています。

ところが、今、日本各地の映画館から、この映画の上映拒否が続いているそうです。

それも大手映画館チェーンだけでなく、これまでは原発ドキュメンタリーを上映していた独立系の映画館からも拒否が続いているといいます。

理由は「最近は原発映画に客が入らない」ということだそうですが、湖西市の完成披露上映会では3千人が来場。浜松の特別上映でも満員御礼、というのが現実のようです。

そしてフェイスブック、ツイッターには「どこで上映していますか?」「**市では上映しますか?」「**館で上映してほしい」と上映を望む声が飛び交っています。

しかし未だに上映の目処はたたないようです。

自民党の勝利で、反原発潰しは勢いを増しているようです。

原発事故の悲劇を描く映画「朝日のあたる家」監督日記
http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2013-07-25-1

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


東京には反原発の映画を上映していたところはいくつもありますが、これは全くないのでしょうか。
広島ではサロンシネマとかでもだめなのでしょうか。
皆で声を上げて上映出来るようにしないといけませんね。

投稿: アコ | 2013年7月28日 (日) 08時31分


橋下市長(好きではありませんが)に対する個人攻撃も酷いものでしたが、山本太郎さんにはそれ以上の誹謗中傷、バッシング、排斥が行われるのでしょうね。
東電を潰さない限り、その資金がこうしたところに流れ、日本を潰します。

投稿: 通りすがり | 2013年7月28日 (日) 10時08分


サロンシネマには以下のページから問い合わせができます。
みんなで太田隆文監督の「朝日のあたる家」の上映を要望しましょう。

http://www.saloncinema-cinetwin.jp/contact/

投稿: サチ | 2013年7月28日 (日) 11時07分


新聞に、東京の野外コンサートで雨に打たれた人が百人近く倒れて、それも鼻血を出していたという報道がありました。
放射能のせいでしょうか。

投稿: トム | 2013年7月28日 (日) 11時18分


アコさん
皆で声を上げて行きたいですね。
それぞれで映画館に上映を促す声を届ける必要がありそうです。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 11時31分


通りすがりさん
私も橋本市長は好きではありませんが、彼に対するバッシングは酷いと思いました。

山本太郎さんも心配ですが、政府から莫大な援助を受けている企業が、売上や利益を上げるための広告ならまだしも、嘘を垂れ流し、節電という自らへの不買運動のようなことをするための広告費など認められるべきではありませんね。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 11時32分


サチさん
アドレスの紹介ありがとうございます。
これから太田隆文監督の「朝日のあたる家」の上映を要望します。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 11時34分


トムさん
流石に今程度の放射能の雨ですぐに鼻血が出たりはしないと思いますが、2011年3月15日の東京に大量の放射能の降下があった時、戸外に居た人は内部被曝している可能性は高いので、その影響は否定できないかも知れません。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 11時35分


東京に大量の放射能の降下なんて証拠はあるのですか?

投稿: トム | 2013年7月28日 (日) 12時02分


福井にも貴重な映画を上映している映画館があり、以前に何回か観に行ったことがあります。でも家計の都合でそれも無理な現状では何も言えません。

ただ、鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」のようにDVDを買えば、入場者数×500円で上映会ができるというシステムだと、何とか小さい場所でも自主上映できるので友人と頑張っています。(3回目が8月22日に決定)現在全国で800ケ所とか。(会場費はカンパ箱を置きました)

他人を当てにするより、こういうことは早くしたほうがよいと思うので、自主上映ができやすくしていただいたほうがよいのではと思いますが、こちらのほうが難しいでしょうか。

投稿: おおたき | 2013年7月28日 (日) 12時13分


トムさん
東京が人類史上初の放射能に汚染された大都市ということは世界的にも知られていることです。

当初は隠され山を超えてから公開されたSPEEDYのデータでも明らかにされていますし、国内ではNHKの報道番組で観測所の担当者が「針が振り切れて計測機器が故障したのかと思った」と報じられていましたので、関係官庁もしくはNHKに問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 12時14分


おおたきさん
自主上映は最後の手段ではないでしょうか。
講演会や勉強会でも集まる人の大半は既に意識の高い人達で、本当に観て欲しい人達はなかなか集まらないものです。

もちろん、それでも思いを共有し、知識と理解をより深め意味のあることですが、できれば一般の映画館で上映し、広く多くの人に観て欲しいと思います。

取り敢えず、いくつか「良心的」と思われる映画館にメールで要望しておきました。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 12時24分


お言葉を返すようで申し訳ありませんが、映画館が「人が入らない」と言うように私が行った映画館でも観客はいつもほんの数人で、本当に申し訳ないくらいでした。

帰りがけに受付にいた方にお礼を言いながらちょっとお話ししたのですが、信念を持って上映されているようでした。
でも今回は状況も違うし、今一番問題になっているのでこれまでとは違うかもしれませんね。キャストも「反原発運動」にかかわった方たちが出演されているんですね。石田壱成さんや藤波心ちゃんも。福井でのデモでお会いしました。

自主上映会は人数こそ少なかったのですが、身近な会場で安くということで「今まであまり関心がなかったけど勉強になりました」とおっしゃってくださる方もありました。対象を誰にするかということです。ちなみに3回目の会場は公民館です。

今、福井の映画館へ電話をしましたが、やはり予定はないそうです。でも一応お願いしておきました。こんな時こそネットを活用しないとと思います。友人知人に一斉メールをします

投稿: おおたき | 2013年7月28日 (日) 14時35分


東京電力は事故以来、常に詳細な調査をし、データをまとめ、ネットで誰でも検索できるように公開していますが、そんなデータはありませんよ。

投稿: トム | 2013年7月28日 (日) 14時54分


おおたきさん
確かに商業的に成立しない価値のある映画を自主上映などで広めていくことは大切なことだと思いますし、そうしたことに尽力されている方々には頭が下がります。

ただ、今回の映画に関しては通常であれば一般の映画館でも上映できると思われるだけの反響があるにも関わらず「拒否されている」感じがあり、まずは声を上げることが重要ではないかと思いました。

官邸前の反原発・再稼働反対のデモもマスコミでは報道されることはなくなりました。しかしネットがある限り、全くないことには出来ませんから、少しでもこうしたことも発信して行きたいと思います。

また、自主上映の情報なども、こちらにお寄せ頂ければ、掲載していきたいと思います。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 15時42分


トムさん
世界で最も原発を推進しているフランスの放射線防護原子力安全研究所(IRSN)でさえ「日本政府や東電は未だに福島原発事故による被害の状況を明らかにしていない」(ルモンド紙)と言うほどの有様です。

汚染水が海に流出している問題でも、7月20日には分かっていたことを敢えて選挙が終わるのを待って公表するような企業です。

「福島第一原子力発電所の事故で、がんが増えるとされる100ミリシーベルト以上の甲状腺被ばくをした作業員が推計を含めて2,000人おり、昨年12月の公表人数より10倍以上増え、その数は作業員の1割にものぼる」という報道は世界中に流れています。

これまでに繰り返された以下のような隠蔽体質は全く改善されたようには見えません。

1978年 福島第一原発3号機で、制御棒の脱落により日本初の臨界事故が発生したが、2007年まで隠し続けた。
1979年 福島第一原発1号機で、弁を作動させる装置を不正に設定して検査を受けた。
1992年 柏崎刈羽原発1号機で、ポンプの故障を隠して定期検査を誤魔化し、そのまま原子炉を起動した。

2002年 原発に関する29件のトラブルを隠ぺいしていたことで、東電の原発、全17基に停止命令が下された。

それでも懲りずに。

2005年 福島第一原発6号機で、可燃性ガス濃度制御系流量計の入力基準改ざんがあった。
2007年 柏崎刈羽原発1号機で、故障偽装など定期検査時の不正が常態化していた。
2007年 福島第二原発4号機で、制御棒駆動装置の不正交換を偽装した。

他にも、放射能の測定値を改ざんし、排気筒から出る放射性物質の濃度が実際より低いように見せかけたこともありました。

2011年3月以降のことについては枚挙に暇がありません。

このような東電の公表しているデータからは何も分からないでしょう。

ついでに、これは原発ではありませんが、原子力規制庁によると、北茨木市の工業団地で高い放射線量が観測されていたことが日本原子力研究開発機構からの連絡でわかったということです。規制庁の説明では「周辺の工場で放射線を使った非破壊検査が行われていて、その放射線」ということですが、この発表も事故から2週間後の選挙の翌日でした。

私達はそういう国に住んでいるのです。

投稿: 工場長 | 2013年7月28日 (日) 15時49分

« 夏の日の午後ー平和大通り公園 | トップページ | 東京田無の東大農場 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

東京には反原発の映画を上映していたところはいくつもありますが、これは全くないのでしょうか。
広島ではサロンシネマとかでもだめなのでしょうか。
皆で声を上げて上映出来るようにしないといけませんね。

橋下市長(好きではありませんが)に対する個人攻撃も酷いものでしたが、山本太郎さんにはそれ以上の誹謗中傷、バッシング、排斥が行われるのでしょうね。
東電を潰さない限り、その資金がこうしたところに流れ、日本を潰します。

サロンシネマには以下のページから問い合わせができます。
みんなで太田隆文監督の「朝日のあたる家」の上映を要望しましょう。

http://www.saloncinema-cinetwin.jp/contact/

新聞に、東京の野外コンサートで雨に打たれた人が百人近く倒れて、それも鼻血を出していたという報道がありました。
放射能のせいでしょうか。

アコさん
皆で声を上げて行きたいですね。
それぞれで映画館に上映を促す声を届ける必要がありそうです。

通りすがりさん
私も橋本市長は好きではありませんが、彼に対するバッシングは酷いと思いました。

山本太郎さんも心配ですが、政府から莫大な援助を受けている企業が、売上や利益を上げるための広告ならまだしも、嘘を垂れ流し、節電という自らへの不買運動のようなことをするための広告費など認められるべきではありませんね。

サチさん
アドレスの紹介ありがとうございます。
これから太田隆文監督の「朝日のあたる家」の上映を要望します。

トムさん
流石に今程度の放射能の雨ですぐに鼻血が出たりはしないと思いますが、2011年3月15日の東京に大量の放射能の降下があった時、戸外に居た人は内部被曝している可能性は高いので、その影響は否定できないかも知れません。

東京に大量の放射能の降下なんて証拠はあるのですか?

福井にも貴重な映画を上映している映画館があり、以前に何回か観に行ったことがあります。でも家計の都合でそれも無理な現状では何も言えません。

ただ、鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」のようにDVDを買えば、入場者数×500円で上映会ができるというシステムだと、何とか小さい場所でも自主上映できるので友人と頑張っています。(3回目が8月22日に決定)現在全国で800ケ所とか。(会場費はカンパ箱を置きました)

他人を当てにするより、こういうことは早くしたほうがよいと思うので、自主上映ができやすくしていただいたほうがよいのではと思いますが、こちらのほうが難しいでしょうか。

トムさん
東京が人類史上初の放射能に汚染された大都市ということは世界的にも知られていることです。

当初は隠され山を超えてから公開されたSPEEDYのデータでも明らかにされていますし、国内ではNHKの報道番組で観測所の担当者が「針が振り切れて計測機器が故障したのかと思った」と報じられていましたので、関係官庁もしくはNHKに問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

おおたきさん
自主上映は最後の手段ではないでしょうか。
講演会や勉強会でも集まる人の大半は既に意識の高い人達で、本当に観て欲しい人達はなかなか集まらないものです。

もちろん、それでも思いを共有し、知識と理解をより深め意味のあることですが、できれば一般の映画館で上映し、広く多くの人に観て欲しいと思います。

取り敢えず、いくつか「良心的」と思われる映画館にメールで要望しておきました。

お言葉を返すようで申し訳ありませんが、映画館が「人が入らない」と言うように私が行った映画館でも観客はいつもほんの数人で、本当に申し訳ないくらいでした。

帰りがけに受付にいた方にお礼を言いながらちょっとお話ししたのですが、信念を持って上映されているようでした。
でも今回は状況も違うし、今一番問題になっているのでこれまでとは違うかもしれませんね。キャストも「反原発運動」にかかわった方たちが出演されているんですね。石田壱成さんや藤波心ちゃんも。福井でのデモでお会いしました。

自主上映会は人数こそ少なかったのですが、身近な会場で安くということで「今まであまり関心がなかったけど勉強になりました」とおっしゃってくださる方もありました。対象を誰にするかということです。ちなみに3回目の会場は公民館です。

今、福井の映画館へ電話をしましたが、やはり予定はないそうです。でも一応お願いしておきました。こんな時こそネットを活用しないとと思います。友人知人に一斉メールをします

東京電力は事故以来、常に詳細な調査をし、データをまとめ、ネットで誰でも検索できるように公開していますが、そんなデータはありませんよ。

おおたきさん
確かに商業的に成立しない価値のある映画を自主上映などで広めていくことは大切なことだと思いますし、そうしたことに尽力されている方々には頭が下がります。

ただ、今回の映画に関しては通常であれば一般の映画館でも上映できると思われるだけの反響があるにも関わらず「拒否されている」感じがあり、まずは声を上げることが重要ではないかと思いました。

官邸前の反原発・再稼働反対のデモもマスコミでは報道されることはなくなりました。しかしネットがある限り、全くないことには出来ませんから、少しでもこうしたことも発信して行きたいと思います。

また、自主上映の情報なども、こちらにお寄せ頂ければ、掲載していきたいと思います。

トムさん
世界で最も原発を推進しているフランスの放射線防護原子力安全研究所(IRSN)でさえ「日本政府や東電は未だに福島原発事故による被害の状況を明らかにしていない」(ルモンド紙)と言うほどの有様です。

汚染水が海に流出している問題でも、7月20日には分かっていたことを敢えて選挙が終わるのを待って公表するような企業です。

「福島第一原子力発電所の事故で、がんが増えるとされる100ミリシーベルト以上の甲状腺被ばくをした作業員が推計を含めて2,000人おり、昨年12月の公表人数より10倍以上増え、その数は作業員の1割にものぼる」という報道は世界中に流れています。

これまでに繰り返された以下のような隠蔽体質は全く改善されたようには見えません。

1978年 福島第一原発3号機で、制御棒の脱落により日本初の臨界事故が発生したが、2007年まで隠し続けた。
1979年 福島第一原発1号機で、弁を作動させる装置を不正に設定して検査を受けた。
1992年 柏崎刈羽原発1号機で、ポンプの故障を隠して定期検査を誤魔化し、そのまま原子炉を起動した。

2002年 原発に関する29件のトラブルを隠ぺいしていたことで、東電の原発、全17基に停止命令が下された。

それでも懲りずに。

2005年 福島第一原発6号機で、可燃性ガス濃度制御系流量計の入力基準改ざんがあった。
2007年 柏崎刈羽原発1号機で、故障偽装など定期検査時の不正が常態化していた。
2007年 福島第二原発4号機で、制御棒駆動装置の不正交換を偽装した。

他にも、放射能の測定値を改ざんし、排気筒から出る放射性物質の濃度が実際より低いように見せかけたこともありました。

2011年3月以降のことについては枚挙に暇がありません。

このような東電の公表しているデータからは何も分からないでしょう。

ついでに、これは原発ではありませんが、原子力規制庁によると、北茨木市の工業団地で高い放射線量が観測されていたことが日本原子力研究開発機構からの連絡でわかったということです。規制庁の説明では「周辺の工場で放射線を使った非破壊検査が行われていて、その放射線」ということですが、この発表も事故から2週間後の選挙の翌日でした。

私達はそういう国に住んでいるのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/57873093

この記事へのトラックバック一覧です: 山本潰し本格化:

« 夏の日の午後ー平和大通り公園 | トップページ | 東京田無の東大農場 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30