広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ウインズ広島とパブリックビューイング | トップページ | ヤマト運輸のリヤカー »

2013年7月16日 (火)

サヨナラ原発

昨年の3月11日、若狭の美浜原発のすぐ横にある水晶浜で「サヨナラ原発福井ネットワーク」主催による「風船飛ばし」が開催されました。参加者は会員他思いのある人たち約40人がそれぞれメッセージが書かれたハガキ付きの風船500個を手にして子どものように笑顔いっぱいで飛ばしていきました。

運よくその時は晴れており、青空の中を色とりどりの風船が南風に乗って山のほうへ飛んでいくさまは本当にきれいでした。丁度1週間ほど前に県外からのグループが1000個の風船を飛ばしましたが、その時は運悪く強風にあおられあっという間に山の彼方へ飛んでいったので写真も撮れませんでした。

2時間ほどの間に海を背にして真正面から右手90度の方向へ風向きが変わり、どこへ飛んでいくのだろうと思っていましたが、結果的には1時間後に岐阜県から第1報が入り、ほかにももっと遠方まで飛んだということでした。

私たちの方は約5時間後に300キロ以上離れた栃木県から第1報が入ったことを知ってみんなびっくりしたものです。
詳しいことは「サヨナラ原発福井ネットワーク」のHPに動画もありますのでぜひご覧ください。

昼食後、ポツポツと雨が降ってきたのでバスの中へ避難しましたが、雨や雪が降ればそのまま下に落ちます。私の住む町は原発から30キロ圏内ですが、そんな距離は全然問題にならないということでした。

先日の東海村の事故では、33時間もたってから記者会見が行われましたが、私たちが事故のことを知るのははたして何時間後になるのでしょうか。どう考えても原発事故においての防災など不可能だと思います。

昨年、あるテレビ局の若いディレクターが「原発の町で生まれて」という番組を作り、賞を受けました。地元にいながら知らずにいたことがたくさんありました。

車1台通る道もない陸の孤島に降ってわいたような原発話。「安心安全」の御旗を振りながら迫る軍団に、いつしかおぼれていった行政。本音を口に出せないのが現状です。

この番組はぜひ全国の人たちに見てほしいと思いました。また今年に入って第2弾の「原発の町に生きて」が放映され、地元で30年以上前から原発の危険性を訴え続けてきたYさんが取材を受けました。これは全国放映の予定があるらしいので、その時はぜひご覧いただきたいと思います。

 おおたきさんより寄稿

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ドキドキしながらパソコンをあけました。どうもありがとうございます。HPもぜひ見ていただきたかったのでご配慮本当にうれしいです。

昨年夏から都合で私個人としてはあまり活動もしていませんが、自分ができる範囲内でボチボチといった感じです。子どもたちの未来のためにも一人一人ができることを今していかないと、日本の未来はなくなります。林さんじゃないけどまさに「今でしょ!」

投稿: おおたき | 2013年7月16日 (火) 08時36分


福島の原発が爆発した後、放射能は関東まで達し汚染されましたが、あの時、もし雨が振れば東京でも住めなくなるところが出たと言われています。
本当に原発は一刻も早く全て廃炉にして欲しいですね。

投稿: アコ | 2013年7月16日 (火) 08時37分


おおたきさん
寄稿ありがとうございました。
一人ひとりが未来のために「今できること」をしていきたいですね。
また何かありましたら、よろしくお願いします。

投稿: 工場長 | 2013年7月17日 (水) 08時42分


アコさん
福島の爆発後には、東京も放射性プルームに覆われ、東京の観測地点でも「計器が壊れたのかと思った」というほどの放射能が降下しましたが、雨が振れば、まさに「黒い雨」になって被害はまだまだ広がったようです。
ただ、それでも相当数の人が内部被曝していると思いますので、これからも不安は払拭できませんね。

投稿: 工場長 | 2013年7月17日 (水) 08時44分

« ウインズ広島とパブリックビューイング | トップページ | ヤマト運輸のリヤカー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ドキドキしながらパソコンをあけました。どうもありがとうございます。HPもぜひ見ていただきたかったのでご配慮本当にうれしいです。

昨年夏から都合で私個人としてはあまり活動もしていませんが、自分ができる範囲内でボチボチといった感じです。子どもたちの未来のためにも一人一人ができることを今していかないと、日本の未来はなくなります。林さんじゃないけどまさに「今でしょ!」

福島の原発が爆発した後、放射能は関東まで達し汚染されましたが、あの時、もし雨が振れば東京でも住めなくなるところが出たと言われています。
本当に原発は一刻も早く全て廃炉にして欲しいですね。

おおたきさん
寄稿ありがとうございました。
一人ひとりが未来のために「今できること」をしていきたいですね。
また何かありましたら、よろしくお願いします。

アコさん
福島の爆発後には、東京も放射性プルームに覆われ、東京の観測地点でも「計器が壊れたのかと思った」というほどの放射能が降下しましたが、雨が振れば、まさに「黒い雨」になって被害はまだまだ広がったようです。
ただ、それでも相当数の人が内部被曝していると思いますので、これからも不安は払拭できませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/57787856

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラ原発:

« ウインズ広島とパブリックビューイング | トップページ | ヤマト運輸のリヤカー »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30