広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 100円ショップとオモチャ | トップページ | コンビニで住民票 »

2013年6月24日 (月)

死者に税金

「死屍に鞭打つ」という言葉がありますが、「死者に税金」という言葉が生まれるのでしょうか。

金持ちだけが儲かるアベノミクスを進めてきた日本政府は、それで儲けた国民ではなく、そういうこと(=ギャンブル)には無縁で、真面目に働く庶民のサイフばかり当てにしています。

そしてついに「死んだ人からも税金を取ろう」という案が出てきました。しかも「金持ちを除く」です。

今月行われた社会保障制度改革国民会議で「民間委員」として参加し「死者からも税金を取る」ことを提案したのは、安倍首相のブレーンとして知られている東大教授でした。

彼の提案は「本来、生きていれば使っていたであろうお金を使わずに死んだのだから、その分の消費税を徴収しよう」ということのようです。

週刊ポストは「棺桶を掘り返す『墓泥棒』」と評して報じているようですが「長年、介護してきた父が亡くなった。息子は介護のために会社を早期退職し、妻のパートで食べている。貯金も底を尽いた。遺産として同居していた家が残ったものの、評価額は3000万円。そこに「死亡消費税」の請求書が届く。現行の消費税なら150万円、増税後なら300万円になる。とても払えず、家を手放すことになった」というようなことが起きると懸念しています。

いずれにしても「ついにここまで来たか」という呆れるしかありません。

ちなみに相続税を払うようなお金持ちには二重課税はないでしょうから、影響のないことです。


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


世も末ですね。

投稿: 宇品灯台 | 2013年6月24日 (月) 15時35分


先日の「朝ズバ」でこの「死亡消費税」のことを知りましたが、本当にびっくりしました。コメンテーターの片山さんもおっしゃっていましたが、必ず売れるとは限りませんし、ましてやこんな消費税ができるとしたら、持ち家をという人も減るのではないでしょうか。財産と言ったら築43年の家と土地しかない者に、いったいどうしろというのでしょう。これでは
死ぬにも死ねません。

投稿: おおたき | 2013年6月24日 (月) 17時06分


この税金は、不平等だから無理でしょう。
本来使われるべきお金が使われていなかったからという理由なら、家等の固定資産から徴収はできませんよね。家を購入した時には、消費税を支払っていますから。多重の課税になります。
物品は購入時に消費税を支払っていますから、目的にあいません。
徴収するとしたら現金や株等でしょうね。預貯金なら額がわかりますが、タンス預金だと、現金の額がわからないから課税はできません。
このような消費税ができたら、預貯金は現金にしてすべてタンス預金になるでしょうね。
課税対象がどのくらいあるのかわからないのですから、無理です。
週刊ポストの記事の内容は、変ではないですか?
こんなくだらい税金を考えるなんて、実行が不可能なことはだれでもわかるようなことを言うのは、東大教授ってアホですか?
そういえば、原子力も東大は、アホばかりですよね。
それと、9月の入学をやめたそうですが、これもアホですよね。
東大に入学したいと、東大の教授の講義を受けたいと強く思うなら、入学の月は関係なく海外の優秀な人は東大に行きますよ。
東大のレベルが海外の大学より低いから優秀な人が来ないのを、入学制度のせいにしていたのですから、やっぱりアホですね。
税金がもっと欲しいのなら、株の取引額に消費税を課税すればいいし、当然に政治献金にもね。

投稿: やんじ | 2013年6月25日 (火) 05時23分


宇品灯台さん
こんなことを考える人間がいると思うだけでおぞましいですね。

投稿: 工場長 | 2013年6月25日 (火) 07時33分


おおたきさん
こんなタラレバ税が通ると、本当に何でもアリになりますね。
報道が少ないのも不思議です。

投稿: 工場長 | 2013年6月25日 (火) 07時34分


やんじさん
福島原発事故以来すっかり「嘘吐き」の代名詞になった東大教授ですが、某私立大教授によると「東大生で価値があるのは大した受験勉強もせずに入学してくる僅かな学生のみで、そういう学生は教授にはならない。東大教授になるのは青春を受験勉強だけで潰し、その犠牲を回収するために私利私欲にまみれた人が多い」ということでした。
常識的に考えると「あり得ない」税ですが、今回の都議会選の結果などを見ると、危機感をもちます。

投稿: 工場長 | 2013年6月25日 (火) 07時35分

« 100円ショップとオモチャ | トップページ | コンビニで住民票 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

世も末ですね。

先日の「朝ズバ」でこの「死亡消費税」のことを知りましたが、本当にびっくりしました。コメンテーターの片山さんもおっしゃっていましたが、必ず売れるとは限りませんし、ましてやこんな消費税ができるとしたら、持ち家をという人も減るのではないでしょうか。財産と言ったら築43年の家と土地しかない者に、いったいどうしろというのでしょう。これでは
死ぬにも死ねません。

この税金は、不平等だから無理でしょう。
本来使われるべきお金が使われていなかったからという理由なら、家等の固定資産から徴収はできませんよね。家を購入した時には、消費税を支払っていますから。多重の課税になります。
物品は購入時に消費税を支払っていますから、目的にあいません。
徴収するとしたら現金や株等でしょうね。預貯金なら額がわかりますが、タンス預金だと、現金の額がわからないから課税はできません。
このような消費税ができたら、預貯金は現金にしてすべてタンス預金になるでしょうね。
課税対象がどのくらいあるのかわからないのですから、無理です。
週刊ポストの記事の内容は、変ではないですか?
こんなくだらい税金を考えるなんて、実行が不可能なことはだれでもわかるようなことを言うのは、東大教授ってアホですか?
そういえば、原子力も東大は、アホばかりですよね。
それと、9月の入学をやめたそうですが、これもアホですよね。
東大に入学したいと、東大の教授の講義を受けたいと強く思うなら、入学の月は関係なく海外の優秀な人は東大に行きますよ。
東大のレベルが海外の大学より低いから優秀な人が来ないのを、入学制度のせいにしていたのですから、やっぱりアホですね。
税金がもっと欲しいのなら、株の取引額に消費税を課税すればいいし、当然に政治献金にもね。

宇品灯台さん
こんなことを考える人間がいると思うだけでおぞましいですね。

おおたきさん
こんなタラレバ税が通ると、本当に何でもアリになりますね。
報道が少ないのも不思議です。

やんじさん
福島原発事故以来すっかり「嘘吐き」の代名詞になった東大教授ですが、某私立大教授によると「東大生で価値があるのは大した受験勉強もせずに入学してくる僅かな学生のみで、そういう学生は教授にはならない。東大教授になるのは青春を受験勉強だけで潰し、その犠牲を回収するために私利私欲にまみれた人が多い」ということでした。
常識的に考えると「あり得ない」税ですが、今回の都議会選の結果などを見ると、危機感をもちます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/57649535

この記事へのトラックバック一覧です: 死者に税金:

« 100円ショップとオモチャ | トップページ | コンビニで住民票 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30