広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 騙されたふり作戦 | トップページ | 年齢なり »

2013年6月19日 (水)

世の中、上手くできている!

実家を継いでいる弟から、
祖父の33回忌をするから、出席して欲しいと連絡があった。

読経が終わって、住職さんに「おめでとうございます」といわれたのにはびっくりした。
法事なのに、おめでとうございます?
何故?
と思ったが
「33回忌を済ませますと、これで先祖の仲間入りをします」
と説明してくれたが、ちょっとよくわからない。

私は7回忌、13回忌、33回忌というのは、亡くなった人を偲ぶ会だと単純に思っていたが、

ネットで調べてみると、
どうも、それぞれにそれなりの謂われがあるようだ。
「亡者が「初七日」 - 「七七日(四十九日)」と「百ヶ日」を含めた8つの忌日と、「一周忌」、「三回忌」の2つの年忌の、合計10度の時点で、冥界の十人の王に審判を受けるという「十王信仰」に基づいている。この十王信仰は、仏教が伝来した後に、中国で生まれた信仰であり、道教とも共有しているものである。その審判の時に、遺族による追善供養による功徳で、亡者の審判に資することを期すのが、忌日と年忌の法要の持つ意味あいである。
「七回忌」以降の法要は、日本で独自に付加されたものであり、鎌倉時代に、「七回忌」、「十三回忌」、「三十三回忌」が行われるようになったが、これは、「十三仏信仰」に基づいている。これは、十王信仰の各王を垂迹と見て、それぞれの王に本地となる仏菩薩を擬定し、それぞれの法要の時には、その仏菩薩を本尊として法要を行うというものである。
「三十三回忌」、もしくは「五十回(遠)忌」を最後の年忌にするのが一般的であり、それを「弔い上げ」、あるいは、「問切り」と呼んでいる」
「33回忌を済ますと位牌も片付ける」
と書かれている。
フーン

浄土真宗では追善供養を行わわず、位牌も作らないそうだ。

つい1週間ほど前、赤ちゃんが生まれた。
祖父から見ればひ孫に当たる。

Image

私にしても、祖父の記憶は余りない。
ひ孫なら、祖父の記憶はあろうはずがない。

33回忌を一世代とすれば4回、世代が変わったたことになる。
そうなれば位牌を片付けて、
⚪⚪家の墓になるというのは、至極スンナリ受けいれられる。

この世の中、上手くできてる。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


亡くなって、7日ごとにお浄土へ向かうための関門ようなものがあると聞いた事があります。
だから、迷わずに成仏してもらうために、お経をあげて手助けをしてあげるのだと。
49日目で、浄土にたどり着くそうです。
思い違いかもしれませんが、亡くなって49日経たないうちにお盆が来ても、初盆にはならなかったと思います。お浄土に到着していないのに、成仏していないのに、お盆には帰って来れないですからね。
浄土真宗でも、安芸門徒は位牌はありませんが、私の親の里の備後では位牌はありますよ。

投稿: やんじ | 2013年6月19日 (水) 04時47分


以前こちらのブログで韓国では300回忌まで行うと書いてあり驚きましたが、それから田舎の親戚で100回忌を行うというので、母を連れて行ったことがあります。
集まった方たちは、久しぶりに会う人が多く、昔話に花が咲いていましたが、当の100回忌が行われる本人については、誰も覚えていないようでした。

投稿: アコ | 2013年6月19日 (水) 08時37分


やんじ様

死については、宗教、宗派、地域によって色々な考え方があるようですね。
聞いても、調べてもよくわからないので、
私は、自分に一番都合いいように解釈することにしています。
??

投稿: 元安川 | 2013年6月19日 (水) 19時32分


アコ様

100回忌、300回忌、
凄いですね。
「おめでとうございます」を越えていますから、
なんといえばいいのでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2013年6月19日 (水) 19時35分

« 騙されたふり作戦 | トップページ | 年齢なり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

亡くなって、7日ごとにお浄土へ向かうための関門ようなものがあると聞いた事があります。
だから、迷わずに成仏してもらうために、お経をあげて手助けをしてあげるのだと。
49日目で、浄土にたどり着くそうです。
思い違いかもしれませんが、亡くなって49日経たないうちにお盆が来ても、初盆にはならなかったと思います。お浄土に到着していないのに、成仏していないのに、お盆には帰って来れないですからね。
浄土真宗でも、安芸門徒は位牌はありませんが、私の親の里の備後では位牌はありますよ。

以前こちらのブログで韓国では300回忌まで行うと書いてあり驚きましたが、それから田舎の親戚で100回忌を行うというので、母を連れて行ったことがあります。
集まった方たちは、久しぶりに会う人が多く、昔話に花が咲いていましたが、当の100回忌が行われる本人については、誰も覚えていないようでした。

やんじ様

死については、宗教、宗派、地域によって色々な考え方があるようですね。
聞いても、調べてもよくわからないので、
私は、自分に一番都合いいように解釈することにしています。
??

アコ様

100回忌、300回忌、
凄いですね。
「おめでとうございます」を越えていますから、
なんといえばいいのでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/57568589

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中、上手くできている!:

« 騙されたふり作戦 | トップページ | 年齢なり »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31