広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« iPhoneで見る | トップページ | 残念な日本国政府 »

2013年4月26日 (金)

新たなコラボ、新しい歌も誕生!!


 先月、演歌 歌謡曲のオリジナル曲を持って活動している人の発表・交流会を広島市内のホテルで開いた。山口、島根県からも参加あり、作詞や作曲、CD製作、通信カラオケ関係者と地元歌手総勢130人が交流を深めた。
 最近メジャー歌手の歌を楽しむだけでなく、歌唱力のある人は自分の歌を持って楽しむ人が多くなった。機会があれば歌っているが、なかなかそのような場は少ない。そういった人が歌う場を多くし、次のオリジナル曲を作るための「出会いの場」としての会だ。今回で2回目だが新たなコラボも生まれ、新しい歌も誕生した。
 一般の演歌・歌謡曲を楽しむ人たちは、中央のメジャー歌手の歌を好んで歌う。その情報は、ラジオやテレビ、CDショップでの新譜の試聴、歌手のライブや携帯電話など豊富すぎるほどある。
 広島ではCDショップによる歌手のキャンペーンは、新譜が出るたびに行われている。最近はNHKの紅白に出場した大物歌手まで訪れるようになり、ショッピングセンターがライブの会場になっている。
 パソコンや携帯電話などの普及で、音楽の「送り手」と「受け手」の環境が急速に変化した。ソーシャルネットワークサービスによって「作り手」と「受け手」が直接につながり、情報は「受け手」を経由して拡散していっている。
 演歌 歌謡曲のファンは高齢者が多く、パソコンを活用する人はまだ少ない。「着うた」や「ユーチューブ」などを探すのもよい。広島でも一部の歌手は行っているが、パソコンや携帯電話などさまざまなツールを使ってファンを増やすこともできる。もっと活用すれば広島の歌謡界も一段と活性化する。
 そんな中、中国放送(RCC)のラジオ番組「田中俊雄の演歌茶屋」が先月末で終わった。20年以上続いた長寿番組。残念だが時代の流れ。ずいぶん前からテレビ、ラジオの演歌番組が消えていった中、よく続いたものだ。田中さん「今まで番組を続けてくれた会社と支えてくれた歌手やリスナーに感謝している」と述べた。

上村和博


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« iPhoneで見る | トップページ | 残念な日本国政府 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/57232656

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなコラボ、新しい歌も誕生!!:

« iPhoneで見る | トップページ | 残念な日本国政府 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30