広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ひろしま菓子博2013

ひろしま菓子博を見にいった。

土休日は混むだろうからと、
平日の朝、10時半頃会場に着いたが、
メインゲートの前はすでに長い行列ができていた。

テーマがお菓子ということもあってだろう、圧倒的に女性が多い。
殆どの人は前売り券を持っているせいもあって、チケット売り場に列んでいる人は少ない。

入ってすぐ左手の「全国お菓子めぐり館」から見る。
デパートで鹿児島物産展、北海道展等をよく見かけるが、
こうして全国のお菓子が集まると、
それはそれで別の面白さがある。

長崎のカステラがこんなに沢山種類があるとは知らなかった。
かりんとうも沢山のメーカーがあり、色々な種類があるとも知らなかった。
そもそもかりんとうの製法は中国から伝わったようだが、その後日本独自の発展をとげたようだ。
何となくかりんとうを食べていたが、こんな歴史と広がりを知ると、味も違ってきそうだ。

和菓子のコーナーには、
春夏秋冬をテーマにデザインされた和菓子が展示されている。
美しい。
和菓子職人には、
優秀和菓子職認定者、伝統和菓子職認定者という資格があるということも知った。
和菓子は日本の文化だと改めて感じる。
こうした資格制度を作り、技術の保存、向上をはかることはいいことだ。

展示されているお菓子を買うには、一度バビリオンを出て、
「全国お菓子バザール」で買うことができる。
凄い行列だ。

Image_3

お菓子の工場では、
オートメと手焼きで作られたもみじ饅頭を食べ比べることができる。
意外とオートメで作られたもみじ饅頭は、皮がパリパリしていて美味い。

テーマ館、美術館では、
各地の菓子工業協会の菓子工芸部門の職人がお菓子で作ったという花、鳥、樹、人をモチーフにした作品が展示されている。
凄い迫力だ。
和菓子の職人が強烈な美意識を持っていると知る。

広島県のグループは厳島神社をテーマにした作品を出品している。
縦横10mはあろうかという大作だ。

行列に並ぶのと人混みと展示作品に圧倒され、少し疲れた。

茶席で、抹茶と和菓子をいただき、しばらく休憩してから退場した。

会場はグリーンアリーナ、ハノーバー広場、市民プール等を含む。
どこもかこも人で溢れている。
どのパビリオンも天井はテントだから、中は意外と明るい。

再入場のスタンプを押してもらい、4時頃再入場したが、午前中よりも空いていた。
混雑を避けるには、夕方いく方がよさそうだ。

入場する際、メインゲートが混んでいたら、グリーンアリーナの北にも幾つか入り口がある、
そちらの方から入った方がスムーズにはいれそうだ。

女性用トイレはどこも長い行列を作っていた。
ちょっとわかりにくいが、
解体せず残された市民球場観客席の後ろに設けられた大きな仮設トイレは空いている。

市民プール、グリーンアリーナ観覧席が休憩スペースになっている。
買ったお菓子をそこで食べるのもいい。

旧市民球場跡地がメイン会場になっているが、そこは全体の一部だ。
旧市民球場はこんなに狭かったかなと不思議な感じになる。

この日の来場者数は2.4万人だという。
総来場者数は目標の80万人に対し、出足は悪いが最終的には目標を上回るだろうと思う。

こうしたイベントは会期末が近づくにつれ、来場者が徐々に増えていくのがいつものパターンだ。

太田川河岸緑地も遊水池的に使うことも考えたらいいかもしれない。
川の流れをみながら、会場内で買ったお菓子を皆でお喋りしながら食べるのもたのしそうだ。

旧球場跡地一体はこうした類のイベントをするには最適だ。

ところで次は何をする?

食の次は衣?
広島マチコレ!
全国からマツダのクラシックカーがここに集結する!


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ゴールデンウイークが終わったら行こうと思っていますが、行く人行く人、知人、友人、親までが「面白くなかった」「行かん方がええよ」と不評です。

私も前売り券を買っていますし、おそらくかなりの人も買わされているようなので、それなりの収支にはなるのでしょうけど、海島博の時のように、最後の尻拭いを広島市がして「博覧会は黒字でした」なんてことだけにはしないで欲しいと思います。秋葉市長ならそんなことはないでしょうけど、今の市長では不安です。

投稿: ポン太 | 2013年4月30日 (火) 16時31分


ポン太様

そうですね、
テーマはいいと思いますので、
内容とスペースに、もう少し「遊び」と「余裕」が欲しいですね。

1日の来場者数が3万人を越えたら、
「見えるのは人ばっかり」
という感じになってしまいます。
ちょっともったいないですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月30日 (火) 18時20分

2013年4月29日 (月)

お札を見るアプリ

先日はiPhoneで「物を見るアプリ」を紹介しましたが、お札を見るということに特化したアプリがあります。

お札を識別するという点に関しては、先の「物を見るアプリ」より、手順は簡単で、お札をかざすだけで、iPhoneの操作は必要ありません。

ところで、そういうことをご存知かどうか、麻生太郎副総理・財務・金融相が記者会見で財務省が日銀、国立印刷局とともに五千円札などの日銀券について視覚障害者などが識別しやすくできるよう、取り組みを進めていく方針を明らかにしました。

早期の改良を目指すのは現在の五千円札で、券面のホログラムに貼る透明層の大きさと形を変え、触感で識別しやすくするそうです。

併せて国立印刷局は「米アップルのスマートフォン(iPhone)向けの専用アプリを開発提供する」とも発表しています。麻生財務相は「酔っぱらってタクシー代を払うときにも使うといい」と披露したということです。

ちなみに、このアプリの開発費は10億円という噂です。

Money Reader(600円)
https://itunes.apple.com/jp/app/id492823753

LookTel Money Reader(850円)日本のお札はまだダメです。
https://itunes.apple.com/jp/app/looktel-money-reader/id417476558

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


iPhoneって、つくづく凄いとおもいますが、アプリの開発費に10億円って、そんなにかかるものなのでしょうか。

投稿: アコ | 2013年4月29日 (月) 08時28分


USBさえ古くなっているクラウドの時代に「フロッピー」がどうとか言って、世界の笑い者になった麻生さんですから、iPhoneのアプリのことなんて何も知らないでしょうね。100万円で出来るものを100億円と言われても、何の疑問も持たないでしょう。

投稿: 通りすがり | 2013年4月29日 (月) 08時35分


ネットでは、このことで視覚障害者がバッシングされています。
「メクラのために10億円も使う」ということへの批難ですが、それが政府ではなく、視覚障害者に向けて罵声を浴びせられているところがいくつもあります。

せめて「麻生財務相は「酔っぱらってタクシー代を払うときにも使うといい」と披露した」ということに怒って欲しいのですが、怒りの多くは「メクラ」に向いています。

現在、不景気で治安も悪く、災害や、作り出されたミサイルの恐怖などの影響で、皆、かなりぴりぴりしているので、選挙対策のパフォーマンスをしたいのはわかりますが、そのために障害者を利用することは、本当に迷惑でやめて欲しいです。

投稿: 盲 | 2013年4月29日 (月) 09時01分


アコさん
アプリ=ソフトというものは材料費など直接的な原価はゼロですが、いくらでも安くできる一方で、手をかけて高くしようと思えばいくらでも高くできるという面もあります。10万円で作れと言われれば10万円で作れますし、10億円で作れと言われれば10億円でもできます。

また電力会社のように9次下請けまで使うような構造ですと、9次下請けが30万円で作って、それを8次下請けが50万円で買って、それを7次下請けが100万円で買って、それを6次下請けが500万円で買って、それを5次下請けが1000万円で買って、それを4次下請けが3千万円で買って、それを3次下請けが5千万円で買って、それを孫請けが1億円で買って、それを下請けが3億円で買って、それを5億円で買った大手企業が政府に10億円で売れば10億円になります。

つい先日も、電力会社が4500万円で発注したものを、受注した会社は大手企業に1000万円で丸投げしていたという報道がありました。そういう商売がはびこっているようです。

投稿: 工場長 | 2013年4月29日 (月) 09時19分


通りすがりさん
麻生さんが総務大臣就任記者会見で「地方中央諸官庁すべてIT、いわゆるフロッピー等々でこれをつなぐ、ということになりますんで、いわゆる、シュー、えー、いわゆる大量に必要としました所有が、書類が、フロッピー1枚で全部出来るようになる、という法律になりましたんで、すでになっておりますんで、これに合わせて事を進めていくことになります。」と日本語としても相当に難解なことを話されましたが、特にフロッピーという懐かしい物が注目されて、ITオンチという意味で「フロッピー麻生」と揶揄されていましたね。

そのフロッピー麻生氏がアプリの価格など知る由もないでしょうね。

投稿: 工場長 | 2013年4月29日 (月) 09時22分


盲さん
障がい者をバッシングとは酷いですね。そういう人がいると思うだけで悲しくなります。

海外から来た人が驚くことの1つに、日本のオフィスには障がい者がいない、ということがあります。最初は「日本には障がい者がいないのだろうか」と思うそうですが、次第に「日本社会は障がい者に優しくない」ことが分かるようです。

誰でもが暮らし易い社会を作るのは政府の大きな仕事です。そのための税金であり、そのための予算です。誰のためであれ、100万円で出来ることに10億円かけることは問題ですが、その批難は政府にこそ向けられるべきですね。

投稿: 工場長 | 2013年4月29日 (月) 09時24分


私は数年前から市の「広報」の音訳ボランティアをしていて、年1回視覚障がい者の方たちと交流会をしています。音声のパソコンを駆使されている方もありますが「地元の情報を知ることができるので助かる」と広報の音訳を喜んでくださるのが励みになっています。このお札のニュースはテレビで見ましたが、普段どうしていらっしゃるのか知りたくなりました。バッシングなどとはもってのほかです。6月には地元で全国大会が開催されるので、私たちの会からもお手伝いに行く予定です。

投稿: おおたき | 2013年4月29日 (月) 12時22分


おおたきさん
コメントありがとうございます。

「声の広報」は視覚障がい者だけでなく、私のように老眼が進んだ者も重宝していますし、健常者が使っても便利なもので、それを支えているボンランティアの人には本当に頭が下がります。

ただ、市長が替わってポッドキャストでの配信がなくなったり、メールマガジンがなくなったことで、利用する側のハードルは高くなり、せっかくの善意が十分に活かされていないのではないかと残念にも思っているところです。

お札に関しては触って分かり易いことが一番です。多くの視覚障がい者は麻生大臣のように支払いの時にまごまごしないように、財布の中でキチンと仕分けをしています。その仕分けの時に、こうしたアプリは役に立つと思いますし、既に多くの視覚障がい者が使い始めています。

視覚障がい者は情報弱者とも言われていますが、おおたきさんがされているような活動に加え、目覚ましいICTの普及が状況を変えつつあります。特にiPhoneなどのように標準仕様で障がい者をサポートしているような機器の登場で、従来パソコンなどではハードルが高すぎた人達にも、そうした技術の恩恵が受け易くなると思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月29日 (月) 12時58分


今日の記事もお借りします。
よろしくお願いします。

投稿: ときどきさん | 2013年4月29日 (月) 15時43分


ときどきさん
これからも視覚障がい者に対する情報は書いていきますので、よろしくお願いします。

投稿: 工場長 | 2013年4月30日 (火) 21時50分

2013年4月28日 (日)

季節のうつろいーひろしま菓子博2013

広島駅2階新幹線改札口をでたところに、「お菓子で作った蘭の花の輪」が展示されている。
今広島で開かれている「ひろしま菓子博2013」のPRコーナーだ。

Image

「これ、お菓子で作ったんだよ」といわれなければ、
本物の欄の花と信じてしまうほど上手くできている。
もっとも、これが本物だったら、さして面白くはない。

これだけの作品を作るには、相当な年月の修業と才能が必要だろうと思うが、
製作者の名前は書かれていない。
この程度の作品を作るのは、菓子職人にとっては当たり前のことなのだろう。

脇には、
「和菓子は山水花鳥風月の自然をテーマにしています。
より本物に近い質感、繊細さを表現するために様々な技術を駆使しています」
と書かれている。

西洋のお菓子と違って、日本のお菓子は
「美味しさ」だけでなく、
「お菓子が工芸品になっている」だけでなく、
「お菓子を食べることで、季節のうつろいを感じさせてくれる」

和菓子は日本の文化だ。

「ひろしま菓子博2013」は
そんなお菓子の文化が展示されているのだろう。
楽しみだ。

早速、
広島駅南口の臨時チケット販売所でチケットを買った。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


菓子博楽しんでくださいヽ(*´∀`)ノ
 あと、これからの菓子博のために気がつかれたことや、こうあって欲しかったみたいな意見があればブログに書いてもらえると嬉しいです。

投稿: プティコション | 2013年4月28日 (日) 06時49分


会場のスペースからみると、
1日2万人が適性規模でしょうね。

投稿: 元安川 | 2013年4月28日 (日) 12時32分

2013年4月27日 (土)

残念な日本国政府

広島市長が会長を務め、世界の156カ国5587の都市(10億人の市民)が加盟する平和市長会議は、2020年までの核兵器廃絶を掲げ、今や国連事務総長や全米市長会議までが賛同しています。

55a

そして、それを推し進めてきた、秋葉忠利前広島市長は、アジアのノーベル賞として知られるラモン・マグサイサイ賞、ネパールのゴータマ・ブッダ国際平和賞、米国の核時代平和財団の傑出した平和指導者賞、復元イエス・キリスト教会の国際平和賞、ドイツのオットー・ハーン平和メダルなどを受賞するなど、世界で称賛されています。

既に冷戦は終わり、多極化し、テロ行為の脅威が増し、大国の思惑だけで動かすことは出来ない世界です。アメリカさえも核の脅威から逃れるためには核廃絶しかないことを認識し、米国大統領も「核のない世界」を目指すことを宣言しました。

もはや、核の抑止力が無力であり、国家が核武装したり、核の傘に入ることも意味を失っています。

ところが、この唯一の被曝国として、例えアメリカの核の傘の下にいると言われても、非核三原則を掲げ、その立場を貫いてきたはずの日本が「核兵器の非人道性を批判し、核兵器廃絶を求める共同声明」にすら参加できないという事態に陥っています。

しかも外務大臣は被爆地ヒロシマの岸田文雄氏です。岸田外相は記者団に対して「時間切れということで発表されてしまった。大変残念だ」と悔しさをにじませたと言いますが、報道では単に稚拙な外交結果としか思えないところもあります。

いずれにしても、残念で情けない結果です。

以下は、2010年に行われたNPT再検討会議NGOセッションにおける平和市長会議の代表である秋葉忠利広島市長のスピーチです。特に外務省の職員は良く読んで心に刻んで欲しいものです。

●2週間前広島で、「インターアクション・カウンシル」(OBサミット)が開かれ、その最終コミュニケで、元政府首脳らは、世界の指導者、特に核兵器保有国の指導者たちに対し、広島を訪問するよう提言してくれました。
●平和市長会議加盟の約4千人の市長はその考えに同意しています。戦争等の苦しみを経験してきた市民や市長たちは、決して同じ過ちを繰り返してはならないと訴えています。
●被爆者は、それを「こんな思いを他の誰にもさせてはならない」という、報復ではない、和解の哲学として表現しています。
●同じ考え方を、法王ヨハネ・パウロ2世(2005年死去)は1981年、広島平和記念公園における演説で「過去を記憶することは、将来に対する責任を担うことだ」と説きました。核兵器のない世界実現のための決定力を持つ皆さんが、目標年次を定めた交渉を今すぐ始めなければ、その将来さえやっては来ないことになります。
●私たち平和市長会議は、2020年までにその目標を達成できると信じています。2020年が重要なのは、現在75歳を超える被爆者が生きているうちに核兵器を廃絶しなければならないからです。自らの苦悩と犠牲を通して、核兵器が絶対悪であることを教えてくれた被爆者に対する責任を果す義務が私たちにはあるからです。
●このような被爆者の願いを拒むことは、「他の誰にもこんな思いをさせてはならない」という被爆者のもう一つの願いをも否定することになります。
●この問題には時間的な制約があります。核兵器廃絶は、人類の生存に関わる問題であり、国連としての最優先課題にしなくてはなりません。
●世界中の市長たちは、核兵器のない世界を求める市民の心を代弁しています。世界の優れた指導者たちは、被爆者の切実な思いを共有し、今や核兵器のない世界実現のための、新たなうねりを起こしています。
●オバマ米大統領はこの目標の実現を目指し、たゆまぬ努力を続けています。潘基文国連事務総長は、この目標実現のために職を賭しています。NPT再検討会議中、非同盟諸国をはじめ多くの国々も支持を表明しています。
●被爆者が生きているうちに世界から核兵器を廃絶するために必要なのは、政治的意志だけです。皆さんには、その意志を実現する力があります。将来のすべての世代のためにその力を行使してください。世界4,000都市の市民である私たち、中でも広島と長崎の被爆者たちは、その願いを現実にするため、皆さんと一緒に、あらゆる努力をする覚悟です。
●力を合わせれば、私たちは2020年までに核兵器を廃絶できます。
(原文は英語で日本語訳は概略です)


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


新聞にも失望や批判の声が掲載されていましたが、ヒロシマ、ナガサキだけでなく、フクシマまで経験したというのに、本当に情けない政府です。
それにしても秋葉市長のスピーチは素晴らしいですね。本当に外務省に掲げて外務官僚の心に刻んで欲しい内容です。

投稿: アコ | 2013年4月27日 (土) 08時58分


はじめまして。
いつも目からウロコが落ちる記事を読ませてもらっています。

それにしもて唯一の被爆国で、アメリカの落とした原爆で何十万人も殺されたのに、アメリカの顔色を見て声明にすら賛同できないとか、いつまで日本はアメリカの植民地をやっているのでしょうね。

投稿: ウォーリー | 2013年4月27日 (土) 09時32分


アメリカと戦いたい人は中国でも朝鮮でも行って戦ってください。

投稿: 核が世界を守る | 2013年4月27日 (土) 09時54分


アコさん
そうですね。
「核の抑止力」ばかりでなく「核の平和利用」ですら幻想であったことを目の当たりにして、非核の立場を後退させている政府は一体何を考えているのでしょうか。

秋葉市長のスピーチは日本を実質的に動かしている全官僚に読んで欲しいですね。

投稿: 工場長 | 2013年4月27日 (土) 09時57分


ウォーリーさん
いつも読んで頂き、ありがとうございます。
以前から続いていることとは言え、このところの対米従属路線は酷すぎますね。
アメリカをはじめ、多くの国とは対等に良い関係を築きたいものです。

投稿: 工場長 | 2013年4月27日 (土) 09時59分


核が世界を守るさん
全く支離滅裂な内容でコメントの返しようもありませんが(^_^;)
今や、アメリカ大統領が核廃絶の必要性を説き、連合軍のトップである国連事務総長も核廃絶が最優先課題だと言い、全米市長会議が2020年までの核廃絶にも賛同しています。現在は、そういう時代だということをご存知でしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年4月27日 (土) 10時01分


アメリカは核保有国であり、友好国であり、同盟国であり、一番の友人です。
友人の嫌がることはしない、それが礼儀というものです。

投稿: 核が世界を守る | 2013年4月27日 (土) 10時16分


核が世界を守るさん
アメリカ=軍産複合体ではありません。
日本=安倍政権でも、日本=原子力ムラでもないのと同じです。

日本(政府&マスコミ)だけが大騒ぎした「北朝鮮がミサイルを発射する」騒動に関しても、それぞれの国はちゃんと話し合いをして、得るものは得ているのに対し、日本政府はアメリカに代わりPAC3の宣伝をして沖縄常設まで決めたわけですから日本の一人負けと言っても良いような展開です。

これまでも、米政府高官と北朝鮮高官が平壌で極秘裏に接触していることは何度か報じられていますが、米外交専門誌「フォーリン・ポィシー」でも米朝の高官がニューヨークで接触していたと報じられ、CNNでもカーニー米大統領報道官が「北朝鮮とは連絡手段があり、使っている」と述べているにも関わらず、日本政府が米国に米朝の接触に関して確認したところ、米国務省は不快感を露にして外務省に「これ以上の問い合わせは日米二国間関係を損ねる」と警告したということです。

これで一番の友達であると思える人は幸せ者ですね(笑)

投稿: 工場長 | 2013年4月27日 (土) 10時26分


どの国にも国家機密はあり、同盟国であっても言えないことは沢山ある。
特に前政権は国民を騙して政権を取り中韓ともツーカーだったから、警戒するのは当然のこと。

アメリカからも高い評価を受け信頼されている安倍政権がアメリカの意向に配慮するのも当然のこと。

投稿: 核が世界を守る | 2013年4月27日 (土) 11時10分


核が世界を守るさん
安倍一族が代々韓国から支援を受けてきたことは過去に何度も報じられていることですが、それはさておき。

安倍首相が就任一番に会いたがっていたアメリカ大統領との会談はなかなか相手にしてもらず思うようには実現できず、挙句の果てに日米首脳会談後も共同記者会見すら行われなかったという前代未聞の異常事態でした。とても友好国や同盟国に対する扱いではないでしょう。

今日の新聞でも、米国の意思を日本において実現する役割を負わされたジャパンハンドラーズの一人であり、中曽根、小泉両首相を一貫して褒め称えてきたジェラルド・カーティス氏が、安倍首相の掲げる靖国問題、憲法改正、歴史の見直し、戦後体制変更(レジームチェンジ)のすべてをこれ以上ない言葉で批判し否定しています。

確かに、間違いを間違いだと指摘するのは良い友達かも知れませんね(笑)

投稿: 工場長 | 2013年4月27日 (土) 11時16分


そろそろお出かけの時間になるし、左翼で固まったマスコミ情報を鵜呑みにしているような人に、これ以上書いても仕方ないので、最後にしますが、核兵器がなければ、世界中が戦禍をこうむるのです。
ヒロシマやナガサキに原爆が使われたから十数万人の犠牲で助かったのです。
そうでなければ数千万人が殺されていたでしょう。
そして核兵器がなくばれば、またそういう世界がやってくるのです。
左巻きの頭には理解できないかも知れませんけどねwww

投稿: 核が世界を守る | 2013年4月27日 (土) 11時43分


核が世界を守るさん
「左翼で固まったマスコミ情報」このように無知で無理解なことを自ら示してもらえると助かります(笑)

人類は知的に進化していますから、全体的には、通常兵器で数千万人も殺すほど愚かではなくなっていますし、市民を標的にする大量破壊兵器に対しては、国際社会も寛容ではありません。

ただ、核兵器は一部の愚か者でも、些細な誤ちでも、取り返しのつかないほどの大きな被害をもたらします。

震災で壊れた火力発電所がすぐに再稼働できたのに対して、原発は再稼働どころか十数万人の日本人の生活を奪ったようにです。

まだ今のレベルの人類では、核との共存は無理です。

投稿: 工場長 | 2013年4月27日 (土) 11時52分


未だに、核を保有しておけば国が守れると思っている人がいるのですね。
何千発と核を保有し、世界一の軍隊がありながら、9.11が起こり、たくさんの犠牲を出したアメリカ。毎日テロに怯えながら、莫大なお金と人員をそのために使い、国民生活は疲弊し、格差社会で苦しんでいる。
ましてや、核抑止力は20世紀の遺物になっているのに。
核抑止力は、国家間での争いだけに効力があり、テロのように攻撃拠点が存在しない相手には、まったく意味が無い。核攻撃されても、反撃する場所がないのですから報復のための核攻撃なんてできない。
日本は、安保を理由にしているようですが、もし日本に一発の核攻撃があったとしても、アメリカは核の報復攻撃はしないでしょう。アメリカが核攻撃されるのとは、まったく次元が違います。
安保でなく、軍拡をおこないたい安倍政府の思惑でしょう。
ヒロシマ・ナガサキそしてフクシマと、核でどんなに犠牲がでようとも、国民の生命・財産より核が大切だなんて、なんとも汚劣な人が政治家なんて情けない。
またそんな政治家が議員になれてしまうのは、選挙にも行かない社会責任を放棄した人達が多いからでしょうね。

投稿: やんじ | 2013年4月28日 (日) 04時54分


やんじさん
全くその通りだと思います。
そして、違憲状態で放置されている選挙制度に問題があるとは言え、今のような低い投票率では、国民(有権者)も無責任の謗りを免れないと思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月28日 (日) 20時32分


今回のことで、つくづく日本政府は軍隊を持つ資格がないと思いました。日本政府(安倍政権だけではなく、裏で糸を引く=実質的に政権党に関わらず日本を動かしている組織)は全く信用できないことも良くわかりました。人を信用するということはその人が「同じ事を言う」ことであり、変更の時には「その理由」を明示することですが、それがこの国の政府には全くできていません。

原発に5000億円以上のお金を出し、不経済な発電をしているのは、やはり「原爆を持ちたい」と思っているからでしょう。これでは憲法改正、そして再軍備も、すべてそこに行き着くとしか思えません。

そして、その責任は、黙ってみている日本国民にあると思います。

投稿: 灰猫 | 2013年4月28日 (日) 22時24分

2013年4月26日 (金)

新たなコラボ、新しい歌も誕生!!


 先月、演歌 歌謡曲のオリジナル曲を持って活動している人の発表・交流会を広島市内のホテルで開いた。山口、島根県からも参加あり、作詞や作曲、CD製作、通信カラオケ関係者と地元歌手総勢130人が交流を深めた。
 最近メジャー歌手の歌を楽しむだけでなく、歌唱力のある人は自分の歌を持って楽しむ人が多くなった。機会があれば歌っているが、なかなかそのような場は少ない。そういった人が歌う場を多くし、次のオリジナル曲を作るための「出会いの場」としての会だ。今回で2回目だが新たなコラボも生まれ、新しい歌も誕生した。
 一般の演歌・歌謡曲を楽しむ人たちは、中央のメジャー歌手の歌を好んで歌う。その情報は、ラジオやテレビ、CDショップでの新譜の試聴、歌手のライブや携帯電話など豊富すぎるほどある。
 広島ではCDショップによる歌手のキャンペーンは、新譜が出るたびに行われている。最近はNHKの紅白に出場した大物歌手まで訪れるようになり、ショッピングセンターがライブの会場になっている。
 パソコンや携帯電話などの普及で、音楽の「送り手」と「受け手」の環境が急速に変化した。ソーシャルネットワークサービスによって「作り手」と「受け手」が直接につながり、情報は「受け手」を経由して拡散していっている。
 演歌 歌謡曲のファンは高齢者が多く、パソコンを活用する人はまだ少ない。「着うた」や「ユーチューブ」などを探すのもよい。広島でも一部の歌手は行っているが、パソコンや携帯電話などさまざまなツールを使ってファンを増やすこともできる。もっと活用すれば広島の歌謡界も一段と活性化する。
 そんな中、中国放送(RCC)のラジオ番組「田中俊雄の演歌茶屋」が先月末で終わった。20年以上続いた長寿番組。残念だが時代の流れ。ずいぶん前からテレビ、ラジオの演歌番組が消えていった中、よく続いたものだ。田中さん「今まで番組を続けてくれた会社と支えてくれた歌手やリスナーに感謝している」と述べた。

上村和博


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2013年4月25日 (木)

iPhoneで見る

全盲でもiPhoneやiPadを通して、何があるかを知ることが出来る無料アプリがあります。

VoiceOver(iPhoneに標準装備されている視覚障害者向けの機能)をオンにして、このアプリを起動すると、カメラに写ったものを識別し、音声で何があるのか教えてくれます。

例えば、パソコンに向けると「アップルのマックブックです」と機種名まで言い、電話機に向けると「白い固定電話です」と言います。

あるいは、BOSSの缶コーヒーは「銀のサントリー缶です」、UCCだと「UCCブレンドコーヒーです」、ペプシネックスは「次のペプシです」となかなかの識別性能です。

また、ネクタイに向けると「水玉模様の赤のネクタイです」と言い、シャツに向けると「ピンクのストライプのシャツです」

お札も裏・表・一片とも「◯◯円紙幣です」と言ってくれます。

自分を撮影してみると「白と黒のストライプのシャツの男」と言い、窓から外を移すと「家並みと山々の上に青空」と説明します。

視覚障害者には便利なツールですし、健常者を驚かすことができます。

ただしSiriや音声翻訳と一緒で、通信できないと使えません。

taptapsee(視覚障害者向け画像認識カメラ)
https://itunes.apple.com/jp/app/taptapsee-blind-visually-impaired/id567635020


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


続編を書いていただき有難うございます。
早速、友に知らせます。

投稿: ときどきさん | 2013年4月25日 (木) 07時44分


デジカメの顔認証に驚いていましたが、もうそんなレベルではないのですね。
本当にビックリです。

投稿: アコ | 2013年4月25日 (木) 08時34分


いや、ホント凄いですね。
自撮りしたら、グレーのスーツの男と言われました。
しかも、手を撮ったら「男の手」・・・どうして性別まで分かるのか、ホント凄いです。

投稿: 通りすがり | 2013年4月25日 (木) 09時46分


iPhoneというべきか、このアプリというべきか、本当に凄いですね。
吸い殻がたくさん入った、灰皿を写してみたところ「汚い灰皿です」と言いました。
そこで、灰皿をきれいにして写してみると「クリスタルの灰皿です」と言いました。

それから、自分の頭を撮影したら「はくはつです」と言いました。
いつか薄くなったら「ハゲです」と言われるのでしょうか(^_^;)

投稿: ヤン爺 | 2013年4月26日 (金) 09時32分


ときどきさん
その方が広島市内の方でしたら、広島市視覚障害者情報支援センターが視覚障害者の方に対しては無料で情報提供やサポートを行なっていますので、もしご存知ないようであれば、こちらも是非お知らせください。以下がホームページです。

http://vic.jpn.org

投稿: 工場長 | 2013年4月26日 (金) 17時38分


アコさん
デジカメやガラケーは買った時の性能ですが、iPhoneやiPadは次々にアプリが登場するだけでなく同じアプリでさえ進化していきます。余り使わないものは、久しぶりに使うとその進歩に驚かされることがあります。

投稿: 工場長 | 2013年4月26日 (金) 17時41分


通りすがりさん
いかにも男らしい手だったのでしょうね。
そのうち、力強い手とか、優しい手とか、そういう表現もあるかも知れませんね。

投稿: 工場長 | 2013年4月26日 (金) 17時43分


ヤン爺さん
iPhoneの提供したプラットフォームは、アプリ開発者に無限の可能性を与えたように思います。
それにしても、髪の状態まで表現するとは、やりますねぇ。

投稿: 工場長 | 2013年4月26日 (金) 17時44分


自分の耳を撮影してみました。

上の方から撮ると「黒い髪と耳です」
下の方から撮ると「耳たぶです」
横の方から撮ると「男の耳です」と言います。

明らかに、私より表現力が豊かです(笑)

投稿: 新し物好き | 2013年4月28日 (日) 08時34分


新し物好きさん
私より見る目がありそうです(^_^;)

投稿: 工場長 | 2013年4月28日 (日) 20時34分

2013年4月24日 (水)

トヨタEDを売却

インターネットの買い取りサイトに書きこんだら、
書き終わらない内に、業者から電話がかかってきた。
1時間もしない内に、5社が集まってきたのには驚いた。

誰もが皆入念にチェックしていたが、
しかし使っているチェックシートはどの会社も皆同じ様だったのは可笑しい。

トヨタEDを、改めてネットで調べてみると、
「EDはExciting Dressy(エキサイティング・ドレッシィ=刺激的でしゃれている)を略したものである。
徹底的に耽美性を追求し、クーペ並みの低い全高に強く傾斜した前後ピラー、富士山型の小さなグリーンハウス(キャビン)を持つ八頭身プロポーションを特徴とする」
とある。
トヨタ車の中では珍しく格好のいい。

Image

私のは平成10年の購入だから、EDの3代目のモデルのようだが、それでももう15年も経っている。
車の法定償却は7年だそうだから、倍以上走ったことになる。
にもかかわらず、走行距離は7万キロをちょっと越えたくらいだ。
自家用車の平均走行距離は1万キロくらいというから、その半分も走っていないことになる。
密閉式の車庫に入れていたこともあり、殆ど傷んでもいない。
無違反とは言わないが、無事故の車だ。

修理工場をやっていた友人に聞けば、
「あと10年は使えますよ」と言っていた。

子供達に「どうだ」と声をかけたが、誰もいらないという。
彼らは街中に住んでいることもあって、
日常の生活には車がなくとも不便がないということもあるが、
そもそも全く車に興味がないようだ。
必要なときは、レンタカーを借りればいいと思っている。

私が子供の頃は、
車はステータスであり、
女の子を隣に乗せてドライブするのが夢だった。

車がなければスキーに行くのだって大変だった。
屋根の上にスキー板を載せていくのが、最高に格好いいことだった。

この車で子供たちを乗せて、随分あちこちに行った。

そんな色々な思い出の詰まった車を処分するのはなんとも寂しいことだ。
「街中に越したのでもう車は要らない」
という叔父からインサイトを譲り受けたので、車が2台になってしまっていた。
EDの車検が切れたことをきっかけに処分することにした。

雪用のチェーン、スキーキャリア、カーナビも一緒につけて売却した。

お金を払って処分するということも覚悟していたが、
数万円で売れた。
EDのファンは結構いるらしい。

しかし時代は確実に変化していることを、
改めて感じる。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


20年以上前のご近所の話です。ご主人がEDを買われたのですが
それを当時幼稚園児だ「ったお子さんが「うちのお父さんEDなんで」と
自慢されるのですが、車の知識と興味の無い私と嫁さんは、Erectile
Dysfunctionだと勘違いしました。

投稿: ⑦パパ | 2013年4月24日 (水) 09時56分


ナナパパ様

いわれてみれば、そうですねー。
EDというと、近頃はもっぱらそっちの意味で使われていますね。
EDがExciting Dressyの略とはちょっと無理がありますよね。

投稿: 元安川 | 2013年4月24日 (水) 10時36分


15年前の中古車に値が付くというのが凄いですね。
よほど丁寧に乗られていたのでしょう。

投稿: 灰猫 | 2013年4月24日 (水) 12時14分


灰猫様

確かに、いい条件が重なったから、値段がついたのだと思いますが、
それ以上に、
日本の技術が向上し、
車が消耗品でなくなりつつあるということがあるように思います。
それがトヨタの販売台数が世界一になった理由の一つでもあるだろうと思います。
いいことですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月24日 (水) 13時18分
うちの父はマツダのルーチェに30年近く乗っていました。
車検に出す度に驚かれていたようです。

投稿: アコ | 2013年4月24日 (水) 13時46分


アコ様

30年ですか!
それは凄いですね。

私は以前日産シルビアに乗っていたことがありますが、
10年過ぎたら、
マフラーに穴があき、
それを替えて、しばらくして、今度は、
走っている途中で、スーッと止まってしまったことがあります。
オートマが壊れたとのことでした。
高速で走るだけに、そんなトラブルが命とりになりかねないからと、慌てて新車に買い替えたことがあります。
新車だから大丈夫ということでもないのが、車の怖さでしょうが、
それにしても30年というのは凄いですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月24日 (水) 14時16分

2013年4月23日 (火)

iPhoneで読む

以前も書きましたが、撮るだけというのは本当に簡単です。メモだけでなく文書などもiPhoneで撮ってテキスト化することが多くなりました。

そして、それは視覚障害者にも大きな光を与えています。

それは、目が見えなくても、iPhoneやiPadを使えば墨字が読めるからです。

墨字(すみじ)というのは視覚障害者が読む「点字」に対して、全盲だと読むことの出来ない手書きや印刷された文字を指しますが、iPhoneがあれば、その墨字も読むことができます。

つまり、目が見えなくても普通の本や新聞が読めるようになるのです。

iPhoneに限らず、Appleの製品は特別なアプリを使わなくても殆どの国の言語が使えるだけでなく、障がい者にも使えるようになっています。

ですから、それらの標準的な機能と、OCRのアプリを組み合わせれば、墨字も読めるというわけです。OCRアプリは既に沢山ありますし、進化し続けています。

KYBER(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/kyber/id382580920

JotNot Scanner Free(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/jotnot-scanner-free/id310789464

JotNot Scanne(170円)
https://itunes.apple.com/jp/app/id307868751

CamScaner Free(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/camscanner-free/id388627783

CamScaner+(450円)
https://itunes.apple.com/jp/app/camscanner/id388624839

もじかもめ(350円)
http://mediadrive.jp/products/mjkmi/

DocScanner(450円)
https://itunes.apple.com/jp/app/docscanner/id312391317

e.Typist Mobile(450円)
http://mediadrive.jp/products/etmi/

またiPhoneやiPadを仕事で使う人が圧倒的に使っているEvernote(無料)には、OCR(テキスト化)機能もあります。
http://evernote.com/intl/jp/

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


1つ試しにダウンロードしてみましたが、使えますね。
ところで、沢山ありますが、どれがお薦めでしょうか。

投稿: 通りすがり | 2013年4月23日 (火) 09時04分


読むだけで読み逃げばかりしています。
いつも興味深く読ませていただいています。

全盲のお友達がいます。
この記事をコピーして友のブログで
教えてもよろしいでしょうか?

投稿: ときどきさん | 2013年4月23日 (火) 15時51分


通りすがりさん
iPhoneアプリのお薦めは非常に難しいです。
というのは、個人によって使い方が違うことだけではなく、どのアプリも頻繁にバージョンアップを繰り返しているので、1ヶ月も経てば評価も大きく変わるからです。

ですからユーザーの評価(カスタマーレビュー)も参考にならないことが多いです。

投稿: 工場長 | 2013年4月23日 (火) 23時22分


ときどきさん
コメントありがとうございます。
これからも全盲の人が便利に使えるアプリや機能について紹介してきますが、参考になることがあれば、どうぞご利用ください。

投稿: 工場長 | 2013年4月23日 (火) 23時25分


お返事有難うございます。
情報として伝えます。
これからも新しい情報楽しみにしております。

投稿: ときどきさん | 2013年4月24日 (水) 06時39分

2013年4月22日 (月)

おばあさんの下駄

靴がどうにもこうにも靴箱に納まらなくなってきた。
会社に履いて行く黒い靴、
茶のスーツに合わせた茶系の靴、
スニーカー、ゴルフシューズ、バイキングシューズ、ブーツ、スエードの靴・・・
といってうちに、どんどん増えていった。

靴箱を整理していたら、
1番上の棚から下駄が数足でてきた。

もう随分長い間下駄なんて履いていない。
こんなところに下駄があることすら忘れていた。

そういえば、かっては靴箱といわず、下駄箱と言っていた。
今では下駄箱という人はいない。
いつの頃から、靴箱というようになったんだろう。

小さい下駄と大きい下駄と2種類あるが、両方私のだ。
長さは同じだが、
一つは角が丸く、幅も狭い、
もう一つは角ばっていて、幅が広い。

Image

祖父は、東京の下町の旦那として、
俳句を作り、都々逸を唄い、芸者遊びをするといった粋な生活をしていたらしい。
出かける時は、
「下駄は柾目の桐、女物だがおばあさん向けの下駄が軽くていい」
といっていたと祖母から聞いたことがある。

通常男物の下駄は、丈夫だが、四角く、大きく、重い。
女物のおばあさん向け下駄は、小さく軽く、角もなく、鼻緒も模様はなく、色も地味だ。

祖父は、丈夫な下駄でなく、
そんな女物の下駄を履いて出かけていたようだ。
相当に遊び人だったことがわかる。

私も、祖父の好みに習って、
おばあさん用の女物の下駄にしたというわけだ。

そんな思い出のある下駄も、
もう履くことはないだろうからと捨てようかと思ったが、

広島には、6月になればとうかさんの「ゆかたできん祭」もある。

どこか探せば浴衣も、大島紬もあるはずだ。

今年はこの小さな下駄を履いて「ゆかたできん祭」に参加しようかな。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私は今でも下駄箱って言います(^_^;)
「葉っぱではなく、紙に代っても葉書と言うが如し」でしょうか。
靴箱というと、靴を買った時に入っている箱を連想してしまいます。
近所のスーパー銭湯でも下駄箱って言っていますが・・・特別なのでしょうか?

投稿: アコ | 2013年4月22日 (月) 09時08分


私は風流とは関係なく、すっとはけて楽なので外出以外は下駄をはいています。家の中ではタタミの草履。以前スリッパのときあわてて二階から降りたら落ちたことがあるので、それからこれにしました。下駄も陽の目を見られて喜んでいることでしょう。

投稿: おおたき | 2013年4月22日 (月) 09時47分


え?我が家ではいまだに「下駄箱」ですよ!
靴箱は初めて聞きました。我が家だけ?

投稿: ⑦パパ | 2013年4月22日 (月) 10時17分


アコ様

我が家では何気無く「靴箱」といっていましたが、
改めてネットで調べてみると、
古くは「下足箱」ともいっていたようですね。
それが「下駄箱」といわれるようになり、
今では「靴箱」ともいわれるようになって、
その3つの呼び方が混在しているようですね。
混在しながら、微妙に使い分けているというのは、いかにも日本人らしいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月22日 (月) 11時37分


おおたき様

下駄に雪駄?
また随分と粋な生活をされていますね。
羨ましい!

投稿: 元安川 | 2013年4月22日 (月) 11時42分


ナナパパ様

我が家ではいつの間にか靴箱というようになっていました。
いつそうなったのかすら、覚えがありません。
子供が生まれ、小さな靴を履かせるようになり、
何度目かの引っ越しで、畳の部屋がなくなったころに、
誰もが「靴箱」というようになったような気がしますが、定かではありません。
面白いですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月22日 (月) 13時41分

2013年4月21日 (日)

この夏の電力見通し

今年の夏の電力需給見通しについて、同じデータにも関わらず、新聞によって全く違う見出しに驚きました。

ある新聞では「夏の電力、余力乏しく ピーク時需給綱渡り」と報じられ、ある新聞では「原発なしでも電力確保 融通すれば余力」と、まるで正反対の印象を受けます。

しかも内容は同じで、2010年並みの猛暑をベースに算出したピーク時の電力供給予備率は全国平均で6.3%となり、安定供給の目安となる3%を上回った、というものです。

猛暑でも、安定供給の倍もの余裕があるのに「余力乏しく」とか「綱渡り」という表現がどこから来るのか、言語数理運用科を履修していても理解不能でしょう。

ちなみに311以前から、全原発が停止しても余裕のあった中国電力は、この夏も、景気が上向いて工場などの需要が増えたとしても、まだまだ余裕があり、猛暑を予想したピーク時ですら10%以上の余裕があると言います。

余裕と言えば言葉は良いものの、普通の企業であれば、販売不振か過剰設備ですから、営業して需要を延ばすか、規模を縮小するか、どちらかですが、電力会社は余裕です。

Tky201304090598

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


中国電力の発電量は十分ですが、その反面にかなり古くなった発電所を無理しながら発電しているというのもあるようです。綱渡り的な発電をしていると。
さっさと、発送電分離をさせて、他の企業の発電への参入をさせれば、設備投資や雇用が向上するのではないかと思います。
なかなか先行きの見通しが立たない、家電メーカーなど、自社発電での収益にもなるでしょう。
電気料金の値上げでも、円安で輸入するのにお金がかかると言っていますが、円高の時には電気代はほとんど安くなっていないのですから、動かせない、動かす事が将来的に無理な原発の維持費のための経費負担を消費者させているだけですね。
「金」で、情報をマスコミは都合よい表現を使っていることは、多くの人の心に伝わっています。
今の日本の、「全てはお金」でなんでもする、人を殺すのは、マスコミのプロパガンダの影響ではないでしょうか。

投稿: やんじ | 2013年4月21日 (日) 07時13分


週刊誌では見出しと内容がかなり違うことが多いですが、新聞がこれでは困りますね。
余裕なのに逼迫というのは、その新聞は誰の立場で書いているのでしょうか。

投稿: アコ | 2013年4月21日 (日) 08時41分


やんじさん
確かに古い発電所も稼働していますが、一昨年トラブルを起こした原発並みの発電量を持つ火力発電所も3日で再稼働し、誰も避難するようなこともありませんでした。そういう意味では原発以外は古くても使えるだけ使った方がベターではないでしょうか。

それに加えて中国地方には経産省の古いデータですら、中国電力の5割に匹敵するほどの民間の電源があります。そして福島の原発事故後にはメガソーラーやクリーンで高効率のガスコンバインドサイクル発電所なども出来て稼働を始めていますから、それらを市場に流すだけで、古くて効率の悪い発電所を稼働させる理由はなくなるのではないでしょうか。

とにかく、日本の電力会社は世界一高い燃料を使い、似たような状況にある韓国の3倍もの電気料金を堂々と押し付け、消費者には電力を選ぶ自由はないわけです。

国民の情報リテラシーを問われますね。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 09時24分


アコさん
これでは見出しだけみて「電力不足」だと思い込む人もいるでしょうね。
記事では余裕の数値を書きながらも、不足を印象づける見出しを付ける新聞社は報道機関としての「自覚不足」ですね。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 09時27分


電力は大切さん
まず、電力は「売り切れ」にはなりません。
あくまで、需給問題はピーク時(通常は夏の数日の数時間)のみの需給バランスのことです。
普通の民間企業なら、その平準化に努め無駄な設備投資を抑えますが、日本の大手電力会社はその努力をせずに過剰投資し放題です。当然、その結果は、アメリカの2倍、韓国の3倍という電気料金になるわけです。

そして、その高い電気料金で産業も国民の暮らしも足を引っ張られています。しかも、福島の原発事故では十数万人もの生活を奪って、まともに補償もできないのが日本の大手電力会社です。

更に、電力会社は独占と総括原価方式に守られながらも、安定供給の義務を果たしていません。
震災時の計画停電や節電要請もそうですが、余裕がある今ですら、節電の呼びかけがあります。
これで供給の義務を果たしていると言えるのでしょうか。

また、電力会社の利益の9割を担っている家庭には、今のような高品質の電力は必要ありませんが、一部の産業のために、その高い電力を押し付けられています。国民は莫大な補助金で税金を使われる上に、世界で最も高いと言われる電気料金まで取られるわけです。これ以上「高くつく」ことはないでしょう。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 09時34分


電力も「売り切れ」になります。
大停電です。
電力を自由化したアメリカなどで起きています。

日本の電力会社でも平準化(ピークカット&ピークシフト)は行なっていますよ。
揚水発電、コージェネレーションシステム、料金体系の見直しなどを行い、その上、世界一安定した電力を供給しています。
アメリカは資源国で、韓国は国策で赤字の電力です。そんな国との比較は意味がありません。
日本の電気料金は、脱原発などとバカなことを言っているドイツやイタリアより安いですよ。

日本はアメリカのように大きくもなく資源もなくヨーローッパのように国と国の間で電力融通できません。
日本だけで安定供給しなければならないというハンディがあります。

それに日本は工業立国ですから、国際競争力をつけることは、最終的に日本全体の繁栄につながるものです。

投稿: 電力は大切 | 2013年4月21日 (日) 10時04分


電力は大切さん
大停電の原因は様々ですが、多くは送電システムの問題で、自由化の問題ではありません。
むしろ独占が大停電の原因になることもあります。
電力の自由化で送電システムがスマートになり、電源が小型分散化し、電力の地産地消が進めば大停電はなくなるでしょう。

平準化に関して書かれていることは最低レベルのことです。
料金体系の見直しなども、形だけと言わざるを得ません。
一体、普通の消費者がどんな料金プランが選べて、それがどのようにピークシフトに貢献してるというのでしょうか。
他の国では電力会社を選べるのも当然ですが、豊富な料金プランも用意されています。
そして、スマートグリッド、スマートメーターなどの導入で、ピークカット、ピークシフトも進んでいます。

日本のメーカーは自動車にしても鉄鋼にしても、海外から原料を輸入して、それを「資源国」のアメリカを始め多くの国へ輸出しています。日本には資源がなくてもアメリカと肩を並べだけの技術力があります。そして資源の多くは、その土地に何があるかではなく、それを採掘できる技術があるかどうか、という局面を迎えています。そういう意味で日本は資源大国になる可能性を持つ国です。

日本でも原発など国策で莫大な税金や補助金が投入されています。もし韓国で電気料金の日本の半分にでもなれば韓国の電力会社は相当な黒字が出せるでしょう。日本の電力会社も赤字経営で電力料金を3分の1にすれば「社会の発展に貢献している」と言われるでしょう。

ヨーロッパではドイツやイタリアだけでなく、オーストリア、ノルウェー、ギリシャなどの国々も原発を持たないことを選択しています。特に311以降、脱原発を更に強く推し進めているドイツでは、既に自然エネルギーの割合が日本の何十倍ですが、電力も原発大国のフランスなどに輸出超過で、その輸出電力も急激に増えています。

そして、ドイツでは電力会社も電力料金も選べます。私の知人はドイツで自然エネルギー100%の電気を日本の電力料金と同じような料金で使っています。もちろん、火力などのもっと安い電気を使うこともできます。そのように消費者が電力を選べるのです。ですから平均価格で比べることに意味はありません。

また、日本でも他国との電力融通は可能です。日本と大陸間は僅か200キロで繋がります。ドイツなどは400キロ以上離れたノルウエーとも電力ケーブルで繋いでいます。そういうことを含め、日本の大手電力会社は出来る事をしていないだけです。

電力会社の立場で日本の繁栄を言うのであれば、韓国のように赤字になってでも料金を3分の1にしてみてはどうでしょうか。他人のカネをあてにして安定供給もないものです。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 10時22分


なんかネットからのいい加減な情報の羅列で、現実を何も知らない人の意見に思えます。
電源の小型分散化が簡単に出来るのなら、大手の工場はみな自前で電力を作りますよ。
それが流通できなくても、自社だけで相当の電力消費がありますからね。

今もてはやされて太陽光発電だって、補助金なしではとても採算の取れないものですよ。
これが現実ですから。

投稿: 電力は大切 | 2013年4月21日 (日) 11時05分


電力は大切さん
電気を作ること=発電は簡単なことです。
ですから、近所の工場や私が良く泊まるホテル、そして知人のマンションなども自家発電で、安くて安定した電力を作っています。しかし、いくら余剰電力があっても、目の前のショッピングモールにさえ供給することはできません。

これが現実です。

鉄鋼など工場もそうですが、マツダなどは20年も前から自家発電設備を持っていますが、今ではトヨタや日産なども電力会社を作り、電力自由化に向けて供給体制を整えています。瀬戸内沿岸に並ぶコンビナートの多くも自家発電しています。

これが現実です。

また、企業どころか個人でもソーラーパネルで発電している家庭は増えました。
我が家は150平米の戸建て住宅に家族4人が住み、給湯も料理器具も冷暖房も全て電気のオール電化で、一人1台以上のエアコンとテレビとパソコンを持ち、全自動トイレが二箇所、照明は50個以上で、平日の昼間でも留守にはならないような家ですが、自然エネルギーとしては最も効率の悪いと言われる屋根の太陽光パネルで発電される電力の7割は売電しています。

これが現実です。

さらに、その最も効率の悪いと言われる太陽光発電ですが、我が家の例で言えば、2年間で1万2千kwh発電しています。ソーラーパネルは工事費込み(補助金なし)で200万円ですから、今では一般的な保証期間の20年で考えても、kwあたり17円で、30年使えば11円、40年使えば8円と標準的な電気料金より安いのはもちろん、余った電力を安く売っている深夜電力よりも安くなります。

これが現実です。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 11時20分


もしその数値が本当であれば、よほど日照条件の良いところに住んでいるのでしょうけど、一般的に公表されている太陽光発電のコストはそんなに安くありませんよ。

しかも40年は無茶苦茶にしても、20年でもどうでしょうか。そんな実績はないことはもちろん、多くのソーラーパネルメーカーの保証はせいぜい10年のはずです。

それにパワコンなんて、もって10年です。まるで現実味のあるものには思えませんけどね。

投稿: 電力は大切 | 2013年4月21日 (日) 11時46分


確かに我が家の日照条件は良いです。
ただ、日本中で言えば、かつて塩田で栄えたような地域はもちろん、我が家以上のところも多いと思います。
それに、前のコメントにも書いたように、太陽光発電は最も効率の悪い発電です。
それですら、こういう実績を出しているのが現実だという例に書いています。
電力会社や経産省が出している都合の良いコスト計算と、目の前の現実とどちらを信じますか?

ソーラーパネルも日進月歩です。かつては10年保証が主流だったメーカーも今は20年保証になっているところも多く、25年保証というところさえあります。

一年しか保証のない家電製品でも10年くらい使えるのが普通です。20年の保証があるソーラーパネルが40年もったとしても不思議ではありませんし、十分に期待できることではないでしょうか。

ソーラーパネルの法定耐用年数は17年ですが、一般的に殆どのものが法定耐用年数以上に使えます。自家用自動車の法定耐用年数は6年ですが、10年は使えるのが普通ですし、12年使っても無茶苦茶でも驚くことでもありません。

また、ソーラーパネルの寿命というのは、他の家電製品のように壊れてゼロになるわけではありません。LED照明のように劣化して効率が悪くなるだけです。基本的に壊れるようなものではありませんから、保証も12年までは90%、25年までは85%の発電能力を保証するというようなものです。

ちなみに、日本で一番最初に太陽光発電を自宅に設置したのは、元三洋電機社長の桑野理事長ですが、その20年前のソーラーパネルですら、20年間パネルはもちろんパワコンも一度も故障していないということです。当然ですが、現在のソーラーパネルは効率だけでなく、強度も耐久性も遥かに良くなっています。

これが現実です。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 12時01分


いくら「これが現実です」と書かれても、内容が常識からかけ離れていて信用できませんね。

投稿: 電力は大切 | 2013年4月21日 (日) 13時10分


電力は大切さん
私自身の個人情報を含めて、ここに書いている殆どのことは簡単に裏が取れるようなことばかりです。
情報リテラシーの向上のためにも、是非ご自身で挑戦してみてください。

ちなみに経産省や電力会社が「安い」と主張する原発の発電コストですが、有価証券報告書のデータで計算しても1kWhあたり、原子力が10.69円、火力が9.90円、一般水力が3.98円、 揚水が53.54円となるようです。

その上、揚水は本来原子力に含まれべきものですし、研究費、設計・開発費、廃棄物処理費には、原子力関係予算として国民の税金が投入され、原発を受け入れる自治体への交付金の財源も国民の税金です。もちろん事故のリスク、事故後の補償、なども計上されていません。

もしかして、電力は大切さんの常識とは、こういう人達の算出する数字のことなのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 13時20分


そう言えば、汚染水の処理だけで40兆円規模になるという報道を見たことがあります。
こうなるともう高いとか安いとかいうレベルではありませんね。

投稿: 通りすがり | 2013年4月21日 (日) 14時38分


通りすがりさん
福島の原発事故では空中、地中、海中、あらゆるものを放射能で汚染していますし、汚染水も管理できていません。本当におカネの問題ではありませんね。

投稿: 工場長 | 2013年4月22日 (月) 08時35分

2013年4月20日 (土)

マンションのリノベーションor建て替え

広島駅北口を出てすぐのところに、
友人の住む地産マンション広島がある。

定礎をみると、昭和49年12月と彫られている。
このマンションは竣工からすでに38年経っている。
かなり古い。
山陽新幹線開業がしたのが1975年(昭和50年)だというから
それに合わせて作られたのだろう。

建物も老朽化しているが、
住んでいる人も高齢化している。

Image_2


1981年以前の建物は耐震性にも問題があると聞く。
1階飲食店、2~3階 事務所、4~11階は住戸になっているが、
立地がいいこともあってかなり事務所等への転用が増えている。

150戸以上はあるようだが、1戸1戸も部屋もかなり狭い。
彼の住む部屋もまことに狭い。

耐震補強をして、
リノベーションをすることも考えられる。

隣接する二葉の里の再開発計画も進み始めた。
政府は、3大都市圏では、容積率、用途地域の大幅な緩和をするという。

マンションを含めた超高層の複合ビルに建て替えることも考えられる。

民間の分譲マンションの建て替えは住民の同意を取るのが難しいと聞く。
しかしここなら建て替えするにしても、
所有者にそれなりにメリットのある条件を提案することは可能だろう。

古くなった民間分譲マンションをリノベーションするのか、
解体して建て替えをするのかは時代のテーマだ。

地産マンション広島はそのモデルケースとなるかもしれない。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


建築の専門家の人から、中古マンションは1982年から1989年までが買い得だと聞きました。
うちのマンションも昨年15年目の外壁工事をしましたが、1億円でした。
積み立てで間に合ったものの、外壁それも見た目には、それほど分からないような工事で、そんなにかかるとは驚きでした。

投稿: 通りすがり | 2013年4月20日 (土) 21時45分


通りすがり様

1982-1989年の間に作られたマンションがお買い得くとはしりませんでした
耐震基準が改定後に作られたということと、
バブルの頃に作られたということで、大幅に値下がりしているので、
その割にお買い得ということなのでしょうかね。

塗装や水周りは建物本体より早く劣化しますから、
その維持管理費用はバカになりませんよね。

建物は人間と同じように、
生まれる=建設、老化=劣化、死=解体撤去
するのだから、
建物を持っていれば維持管理費用はかかるのだということを理解する必要があるようです。
解体撤去を含めた維持管理費用は建設費の4-6倍かかるといわれています。

投稿: 元安川 | 2013年4月21日 (日) 14時50分

2013年4月19日 (金)

今度はドイツで平和賞

広島市の前の市長で、世界5500余りの都市が加盟する「平和市長会議」の会長として2020年までの核廃絶を呼びかけてきた秋葉忠利氏は、その活動が世界中で高い評価を受け、これまでも数々の国際的な平和賞を受賞していますが、今回はドイツの「オットー・ハーン平和メダル」(Award of the Otto Hahn Peace Medal in Gold)を日本人としては初めて受賞しました。

秋葉忠利前広島市長は、1970-80年代に米国で教鞭をとりながら、世界のジャーナリストを広島・長崎に招待し、被爆の実相を伝える「ヒバクシャ・トラベル・グラント・プログラム」(通称アキバプロジェクト)を立ち上げ、帰国後はテレビのコメンテーター、大学教授、国会議員を経て、1999年から2011年には広島市長として平和市長会議の議長を務める中で「2020年までに核兵器を廃絶する」というビジョンを掲げて活動し、参加都市数を就任前の500足らずから5500以上にまで増やしてきました。

その活動は潘基文国連事務総長や全米市長会議にまで支持され、市長を辞した後も多くの国から、その功績を讃えられています。

今回の受賞も全会一致で秋葉氏の平和、人道、国際理解への卓越した貢献を称え、2013年4月16日、ベルリンのドイツ銀行支店内アトリウムで授与式が行われ、ベルリンのクラウス・ヴォーヴェライト市長からメダルが授与されました。

そして授賞式のあとのインタビューでは「核の保有国やこれから核を持とうとしている国のリーダーには一度、広島に来てもらいたい。それをきっかけに目を開いてもらって、新しい時代について考えてほしい」と話されました。

現在、秋葉氏は広島大学で教鞭をとるかたわら、ボランティアで公益財団法人AFS日本協会理事長やMPI(中堅国家構想)議長を務めています。

「核と人類は共存できない」そのメッセージをこれからも世界へ発信し続けてて欲しいものです。

NHK「前広島市長にドイツの平和賞」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/k10013969641000.html

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


素晴らしいことですね。
それにしても、国内での扱いが小さ過ぎるように思います。
国民栄誉賞とかより、もっと大きな扱いであって良いと思うのですけど。

投稿: アコ | 2013年4月19日 (金) 09時07分


秋葉忠利氏は海外では歴代総理より著名で高い評価を得ています。市の幹部職員も「あんなに頭の良い人は見たことがない」と言うほどです。

しかし、それほど素晴らしい方を市長に選んでおきながら、それを一番知らなかったのが多くの広島市民のような気もします。

よく日本では無名でも海外で評判になると、それで日本での評価が上がるということは良くありますが、秋葉忠利氏ほど海外で高い評価を受けながら、日本での知名度が上がらない人も珍しいと思います。

そこにどんな力が働いているのか、普通の市民には知る由もありません。

投稿: 灰猫 | 2013年4月19日 (金) 09時23分


アコさん
確かにニュースバリューに対して、扱いが小さ過ぎますね。
逆に北朝鮮の関連ニュースは騒ぎ過ぎです。

投稿: 工場長 | 2013年4月20日 (土) 07時57分


灰猫さん
残念なことですが、全くその通りと言わざる得ませんね。
いずれは核を持ちたいと考えている様々な勢力の力があるのではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年4月20日 (土) 07時59分


創価学会の池田氏といい勝負ですね。あの方もたくさん賞をもらっています。

投稿: いろは | 2013年4月21日 (日) 07時26分


私は池田大作氏についてはあまり良く知りませんが、受賞されている賞には国連という名前が入っているが国連とは何も関係ないものとか、首を傾げるようなものもあるようですね。

私自身は無宗教で、支持政党もありませんが、個人的に知っている公明党の方や創価学会の方はボランティアに熱心で親切な方が多く、その活動は評価しています。ただ、それとは逆に、組織として動きには疑問も多く感じています。

巨大組織を持つ池田大作氏と、孤独と言っても良いほど組織力を持たずに一人で活動しされている秋葉前市長とはまるで違うと思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 09時20分


秋葉氏は、ヒロシマの知名度を上手く利用して賞をもらっているイメージがあります。秋葉氏も池田氏もたくさん賞をもらっているのに、どうしてもノーベル平和賞 には手が届かないところも一緒ですね。
ノーベル平和賞のための五輪誘致だ、という話もよく聞きました。

投稿: いろは | 2013年4月21日 (日) 12時03分


いろはさん
秋葉氏は、これまでも国連でのスピーチを始め、海外の議会でも、常にヒロシマやヒバクシャの努力や功績を強くアピールしてこられてきたように思います。その活動を見る限り、秋葉氏がヒロシマを利用したというのは、全く逆ではないでしょうか。

ですから、ヒバクシャの代表である、坪井直氏などが秋葉市長のノーベル平和賞受賞を願い、それを公言されていました。

広島市民は3期12年間、秋葉市長自らがタスキを繋ぐことを決意されるまで、秋葉市長を選んできました。ところが一方で、根も葉もない誹謗中傷が流布され、それを流した犯人が起訴され有罪になってもなおそれを信じている市民が多くいたことは非常に残念なことです。

投稿: 工場長 | 2013年4月21日 (日) 12時19分

2013年4月18日 (木)

満天に咲く白い花ードウダンツツジの林

実家に帰る途中の畑の脇の斜面に、なんとも豪快にドウダンツツジの花が咲いている。
高さは3mは越え、
それが20mくらいも続いている。


街を歩くと、道路の並木に沿ってドウダンツツジの植え込みをよく見かけるが、

毎年50cmくらいの高さに切りそろえられている。

ドウダンツツジがこんなにも大きくなるとは思わなかった。

こんなに大きくなって、林のようになったドウダンツツジは見たことがない。

Image

学名のEnkianthus(エンキアンサス)は、ギリシャ語の「enkyos(妊娠する)+anthos(花)」が語源だそうだが、
小さな花の中ほどがちょっと膨らんでいる形はなんとも愛らしい。

中国では満天星ともいうらしいが、
白い小さな花が一杯に咲く様は、満天の星空をみるようでもある。
秋になると葉は真っ赤紅葉する。
美しい。


それにしても、

ここまで大きくなるのに、どのくらい経ったのだろうか。

50年以上経っているのは確かだろう。

ドウダンツツジの花言葉は
「節制」「上品」「私の思いを受けて」「返礼」

だという。
なかなか洒落てる。

まちおこしに
サクラやヒマワリ、菜の花、ユリ等はよく取り上げられるが、
「ドウダンツツジの咲く町」なんてのもあったらいい。

春には可憐な白い花、
秋には燃えるような紅葉が楽しめる。

夜、暗くなって、ライトアップすれば、
それこそ満天に白い花が星のように輝いて見えるかもしれない。

漢字では「灯台躑躅」と書く。
読めないよなー。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

本当に見事ですね!私の大好きな花の一つです。近所の庭にもありますがどれも1Mちょっとぐらい。こんなに大きくなるなんて初めて知りました。近くだったら行ってみたいと思いますが・・・残念!

投稿: おおたき | 2013年4月18日 (木) 11時39分


おおたき様

ツツジは通常1~2mですから、
3mを越える高さというのは珍しいですね。
「保存樹木」に指定してもいいでしょうね。

投稿: 元安川 | 2013年4月18日 (木) 17時20分

2013年4月17日 (水)

iPhoneでコピー

iPhoneを使うようになって、写真を良く撮るようになりました。

写真と言っても風景とか記念写真、あるいは料理の写真ではなく、メモ代わりのものです。目の前にあるものは、例えSiriで音声入力することと比べても、写真に撮る方が早くて簡単です。必要であれば、Evernoteやメールで使うのも、すぐに簡単にできます。

年度末に年度初めや、クルマの購入でも書類をコピーすることが続きましたが、これも全てiPhoneで撮って、プリンターで出しました。

ファックス付き電話や多機能プリンターでもコピーは出来ますが、iPhoneの方が簡単です。

書類によっては、本当にそのままカメラアプリで撮ってプリントするだけで十分な場合もありますが、スキャナーのアプリを使えば、文字をより鮮明にしたり、紙の歪みを補正したり、テキスト化(文字化)することも簡単です。

名刺もiPhoneで撮って整理しています。

以下はスキャナー(コピー)アプリの例ですが、他にも沢山あります。

JotNot Scanner Free(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/jotnot-scanner-free/id310789464

Genius Scam(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/genius-scan-pdf-scanner/id377672876

CamScaner Free(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/camscanner-free/id388627783

RectAce(170円)
https://tunes.apple.com/jp/app/rectace-sukyana/id432461955

DocScanner(450円)
https://itunes.apple.com/jp/app/docscanner/id312391317

e.Typist Mobile(450円)
https://itunes.apple.com/jp/app/e.typist-mobile/id469017106

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


レストランでも料理を撮っている女性は多いですね。
私も気になるお店があると、取り敢えず写真に撮ります。
iPhoneで撮ると、場所の情報まで全部入るので、あとでどこか地図も表示できますから。
何もしなくてもMacに入るのも便利です。

投稿: アコ | 2013年4月17日 (水) 08時43分


アコさん
コンピュータに目が付き、GPSや加速度センサーが付き、いつでもネットに繋がり、どこにでも持ち運べるようになることで、これまで思いも寄らなかった用途にも利用されるようになりました。
世界点字作文コンクールの受賞作品の一つにiPhoneで人生が変わった視覚障害者の作品もいくつかありました。これから、そうしたアプリも紹介していきたいと思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月18日 (木) 08時23分

2013年4月16日 (火)

人生最大の仕事 

義父が亡くなった

87歳だった。

義父でもあり、遠いこともあって、お会いした回数は少なかったが、
亡くなると、やはり無性に寂しい。

義父は80歳になったころ、パーキンソン病を発症し、
それから急速に老化が進んだ。
要介護3にまでなっていた。

あれほどガッシリとしていたのにガリガリに痩せ、
亡くなる2週間ほど前からは、何も喉をとおらなくなっていた。
水を飲んでも痛いというようになったという。
改めて検査をしたら、膵臓、胆嚢、肝臓、肺、骨までに癌が進行していたという。

祖母は20年くらい前、60歳を過ぎた頃、
胃の全摘手術をしたこともあって、痩せて、歩くのも辛そうだったが、
それでも、
ヨタヨタしながら、
義父の世話をしていた。
まさに老老介護だった。

義母もこれでホッとして、
スーッと逝ってしまうのではないかと心配になる。

義父母は娘2人、息子1人を育て、
今では孫が7人、ひ孫が2人いる。

孫息子の1人は、1ヶ月程前にオーストリア人の女性と結婚した。
海軍にいたこともある義父は「全く思ってもみなかったことだ」
と言っていたという。
世界は確実に変わっている。

その彼から、ついこの前「妻が妊娠した」と知らせがあった。
不思議な巡り合わせを感じる。

人生最大の仕事は、
次の世代に「死を見せることだ」と、
何かの本で読んだことがある。

人が死、
そして人が生まれる。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


義父様、ご愁傷さまでした。
そしてお孫さんのお誕生、おめでとうございます。
こうして時代は移り、命は循環していくのですね。

投稿: アコ | 2013年4月16日 (火) 09時36分


アコ様

世界はどんどん変わって行きますね。
だから、面白いのでしょうね。

ブログでこうしてお話しができるようなるなんて、
10年前に誰が予測したでしょうか。

想定外?

投稿: 元安川 | 2013年4月16日 (火) 10時05分

2013年4月15日 (月)

TPP全敗

「TPP問題は経済問題ではない、対米従属問題だ」と主張する人がいますが、日米の事前協議を見る限り、その意見に反対できないように思います。

Tpp

確か「TPPに参加すれば、これだけ儲かる」というような試算があったと思いますが、これだけ日本だけが譲歩し、全敗と思えるような交渉結果を踏まえても、まだ同じことが言えるのでしょうか。

ところで「TPPで軽自動車が消えてなくなる」という人もいますが、この主張には疑問があります。

確かに日本の軽自動車は優遇されていると思います。しかし、その大きさ(小ささ)以上に優遇されているのは自動車税ですが、それは1万円か2万円程度のものです。

現在、日本の自動車の4割近くが軽自動車で、特に地方では5割以上が軽自動車というところもあるようですが、その理由の多くが、1万円か2万円の税金の問題というわけではないでしょう。

他の維持費の安さは、保険にしても車検にしても燃費にしても、大きさなりであり、決して軽自動車だからではないように思えます。

特にTPP交渉は対米交渉のようなものですが、アメリカの自動車メーカーは日本を市場としてみているか、それすら疑問です。

現在、日本で外車と言えば、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェ、ローバー、ボルボ、フィアット、ルノー、ジャガー・・・アメ車など思いつきません。広島ではマツダとの関係で辛うじてフォードをみることがあるくらいでしょうか。

いや、そもそも税金の1万円や2万円で、外車にしようか軽自動車にしようか悩む人もいないでしょう。

TPPで軽自動車の優遇税制をなくして欲しいのは、軽自動車を作っていない国内メーカーでしょうね。国内問題なのに、黒船だより(外圧だより)というのはよくあるパターンです。


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


TPPで電力も自由化すればいいですけど、それは無理なのでしょうね。

投稿: アコ | 2013年4月15日 (月) 08時36分


一口に日本と言っても各個人、法人、団体、地域で利害は同じではありませんよね。
それをビジョンもなければ、交渉力もない、戦略もなければ戦術もない、そんな政府が「国益」を口にしても、虚しいだけですね。

投稿: 灰猫 | 2013年4月15日 (月) 09時22分


どうせ全敗なのですから、無駄に交渉なんかしないで、最初から全面降伏しが方がいいのではないでしょうか。
第二次大戦も無条件降伏で結果オーライでしたし、いっそアメリカ合衆国になった方が、ひとつの州として対等に扱ってもらえるのではないでしょうか。

投稿: 通り魔 | 2013年4月15日 (月) 22時22分


内容が伴わなくても、言葉だけで誤摩化す政治にはウンザリですね。
どこに国益があるのやら。
彼らの言う国益とは、アメリカの属国になることではないでしょうか。
アメリカの51番目の州になりたいのではと思います。
大統領を選ぶ権利のない州として。
日本の自衛隊も、アメリカ合衆国軍に所属する、空軍や陸軍に付属する日本軍としてね。
TPPは、アメリカの経済界の植民地政策であることは確かのようです。
日米安保と同じで、経済的な地位協定も存在しそうですね。

投稿: やんじ | 2013年4月16日 (火) 16時43分


アコさん
TPPでは電力の自由化は望めませんが、エネルギー版TPPを目指している組織もあります。それは国内だけの自由化にとどまらず、ヨーロッパのように、東南アジア諸国と電力の融通をしようというものです。

日本と韓国、フィリピン、インドネシア、オーストラリアなどを海底ケーブルで結び、地熱発電が多いフィリピン、砂漠での太陽光発電導入が進んでいるオーストラリアなど各国の特徴を生かしながら電力の相互補完体制を作るというものです。

投稿: 工場長 | 2013年4月16日 (火) 20時58分


灰猫さん
ご指摘の通り、政府がいうところの「国益」の「国」が具体的に誰を指すのかは重要な問題ですね。
それにしても優秀な官僚も沢山いるはずですが、向いている方向が違うのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年4月16日 (火) 21時01分


通り魔さん
正面から否定できなことが情けないですね(^_^;)

投稿: 工場長 | 2013年4月16日 (火) 21時03分


やんじさん
これらのことが「日本を取り戻す」と繰り返す愛国・保守の首相の手によって行われているということが、何とも言えず絶望的になりますね。

投稿: 工場長 | 2013年4月16日 (火) 21時06分

2013年4月14日 (日)

専用タブレットから飲食を注文!

先日東京に出かけた際、
若い人達と一緒に近頃流行りの個室居酒屋にいった。

飲み放題がついて3,000円だ。
随分と安い。

メニューは極めて限定されているが、料理だってまあまあだ。

どうしてこんなに安いの?
と不思議に思ったが、
そのポイントは、
料理、飲み物の注文できる専用のタブレットの導入にありそうだ。
客はタブレットの画面を見て、料理を決め、タッチすることで注文すればいい。
タブレットはiPadくらいの大きさだ。

Image_2

店員にしても、客席にまで行って、注文を聞かなくていい。
客席に行くのは運ぶ時だけだ。

客の方からすれば、
いちいちお店の人を呼ばなくていいし、来るまでイライラしながら待たなくていい。
飲み物、料理が欲しい時に、タブレットをとって、タッチすればいい。

このシステムなら、
客席を全て個室になっていて、
客、店員の双方から互いに見えなくとも、なんら差し障りはない。

お店はこのシステムを導入することで、
料理、サービスの経費を大きく削減したのだろうと思う。

製品名は、テーブルターミナル、
メーカーはワールドピーコムという会社のようだ。

ネットで調べてみると2007年から製品の販売をしているとある。

その頃、導入したお店はお客に使い方を説明するだけでも、大変だったらしい。

しかし今となれば、スマートフォンに使い慣れた若者たちには改めて説明する必要もない。
誰もが、タブレットから注文している。

しかしこうした「便利だ」と思われる機器も、
時代と歩調があっていないと、
ビジネスとしては成功しないのだろうな。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2年くらい前に神戸の(回る)お寿司屋さんでタッチパネルで注文することを知って(´゚Д゚`)ンマッ!!
人件費の削減⇒(益々)雇用減!?
色んなメリットはあるでしょうが…
個室ってのは人と人の繋がりがなく非人間的な気がします
アナログ人間ですから…器械に操られるのは…好みません(。´pq`)クスッ

投稿: まるがりーた | 2013年4月14日 (日) 06時47分


吉野家もくるくる寿司も一度は倒産していますよね?
やはり、最初は時代に合ってなかったのでしょうか。

投稿: アコ | 2013年4月14日 (日) 09時00分


最近は安い居酒屋でも個室が増えましたね。
個人的には常にスタッフが見ているか、側にいてくれて、気を利かしてくれる店が好きですが、スタッフを探すのにキョロキョロするくらいなら、呼び出しのボタンがある個室の方が良いですし、気の利いたアドバイスのできないスタッフがウロウロするくらいなら、端末の方が良いです。
それと以前からファミレスなどでは端末をもって注文を取りに来ますが、あれをiPadなどのタブレットに変えることを検討している店が増えているようです。専用端末に比べてタブレットの方が桁違いに安い上に、使い易いからです。

投稿: 灰猫 | 2013年4月14日 (日) 10時45分


まるがりーた様

欧米では、
レストランの上席は、真ん中の、人に見られる席だそうですが、
日本では壁際等隅の方がが好まれるようです。
最近は居酒屋も個室を売りにするようになっています。
そうしたことは、
時代、文化によって変化するのでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2013年4月14日 (日) 10時48分


アコ様

時代の一歩先を行く、
遅れては駄目、
あまり先を行っては駄目、
ビジネスは難しいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月14日 (日) 10時54分


灰猫様

専用端末を導入するより、
iPadなりのアプリで対応した方が安いかもしれませんね。
それにしても、
ICT技術の進歩は凄まじいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月14日 (日) 11時01分


広島でも、回転寿司店に導入されていますね。
回転寿しだけど、廻っているのでなく、自分の好きな寿司ネタを注文している人は多いですね。
売り切れになったネタは、注文のさいに説明しなくっても、タブレットで表示すれば簡単ですね。
待つのも、名前と人数と入力するようになってます。
タブレットでの注文に、ゲーム性を持たせたら、もっと面白くなるかも。
例えば、当たり付きとか。

投稿: やんじ | 2013年4月14日 (日) 15時32分


やんじ様

当たり注文に、グリコのおまけみたいなものをつけたら、面白いかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2013年4月14日 (日) 17時21分

2013年4月13日 (土)

カネで済ます

アメリカでさえ何でもおカネに換算して解決できるわけではない、という事例が1970年代のアメリカで起きた「フォード・ピント事件」です。大学の企業倫理などの講義にも良く取り上げられる有名な事件です。

フォード・ピント(Ford Pinto)は、フォード社が発売したサブコンパクトカーで、元社長のリー・アイアコッカが開発責任者となり、日本車との熾烈な戦いの中で非常に短期間で市場投入されましたが、開発段階で発覚した構造上の欠陥をもっていました。

しかし、フォード社は欠陥対策に掛かる費用と事故発生時に支払う賠償金額とを比較し、賠償金を支払う方が安価であると判断して、欠陥を知りながら開発を進め市場投入を急ぎました。

その結果、多くの死者を出すことになり、コスト比較計算の事実も発覚し、結果的にフォードは多額の賠償金の支払いが課せられることとなってしまい、経済的な打撃だけでなく、フォードに対する信用も信頼も失墜してしまう結果となりました。

当時のアメリカ人は日本車に苦戦している自国の自動車会社とはいえ、命をカネで済そうとしたフォードに寛容ではありませんでした。

もう1つ、これは最近のことですが、ネヴァダ州知事候補の考えた財政再建策が「速度違反をカネで買う」というものでした。クルマにETCのような機械を取り付けて、クレジットカードでチャージさえすれば、スピード違反をしても捕まることはなく、その州には年間13億ドルという収入が見込めるというものです。

ある意味では特急券のようなものですが、年間13億ドルという収入が得られるとしても、その「違反をカネで買う」という行為は支持されなかったようです。

今の日本はアメリカよりも「カネ次第」の社会なのでしょうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


今朝はiPhoneの緊急警報で起きました。
皆さん、ご無事でしょうか。
こんなに地震の多い日本で、原発なんてトンデモナイと改めて思いました。
お金の問題ではありませんね。

投稿: アコ | 2013年4月13日 (土) 07時00分


班目教授、
あまりに率直な発言に愕然とします。
アメリカンプラグラティズムに汚染され、
人間ではない、別の生き物になってしまっているようですね。
原子力村は全域、汚染されているのでしょね。

投稿: 宇品灯台 | 2013年4月13日 (土) 09時17分


アコさん
私も今朝はiPhoneの緊急地震速報で目を覚ましました。
初めてでした。
しかし、この程度の地震は東日本では日常茶飯事だと聞きます。
本当に日本ほど原発に適さない国もないでしょうね。

投稿: 工場長 | 2013年4月13日 (土) 11時52分


宇品灯台さん
日本人は海外から取り入れたものをブラッシュアップするのが得意ですが、市場原理もそうなのでしょうか。
班目教授のような人が原子力の安全を監視する組織のトップにいたかと思うと、ゾッとしますね。

投稿: 工場長 | 2013年4月13日 (土) 11時54分


私は無実の一旦停止違反で切符を切られました。
弁護士の先生に相談しましたが、なかなか難しいようでしたし
店を閉めて裁判で戦うはデメリットは大きすぎ、無実の罰金を
収めました。未だに納得がいきません。

投稿: ⑦パパ | 2013年4月13日 (土) 12時43分


⑦パパさん
これも難しい問題ですね。
痴漢の冤罪でも、無罪を主張するときの代償があまりにも大きく、お金を払って示談にした方が犠牲は少ないという現実があります。
また、日本の弁護士は資格だけで食えるため、弁護士が警察や検察と馴れ合っていることが多く、知恵も能力も誠意もないのが多いのも現実です。
(逆に友人には一旦停止、速度違反、飲酒運転まで口で済ませたという男もいますが・・・)

投稿: 工場長 | 2013年4月13日 (土) 14時22分


このような考え方は、政治の解決手段に戦争があるからでしょうね。
戦争は、損得で行われます。
戦費より戦勝で得る、利益が多くなる。
戦死者より利益が多い。
だから、日本では病気や怪我になる人を一人でも少なくしなければと考えますが、
戦争ができる国は、その考え方で、得られる利益から何%までの被害は許容できることになります。
狂牛病汚染牛肉の考え方がそのようになってますね。
ですから、TPPで我々は、狂牛病汚染牛肉を投資の損得で、強制的に食べ放題にされます。
金融経済で、金融利益優先政策を、多くの国がやっているのですから、カネが儲かるのが善で、そうでないものは全て悪になるのは当然でしょうね。

投稿: やんじ | 2013年4月14日 (日) 15時45分

2013年4月12日 (金)

ともかく買わないことだ!

実家のある町内会で
「不要に服、書籍、紙類を収集します。
町内会の費用に充てます、
との回覧板が回ってきた。
これを機会に屋根裏、納戸にあるものを整理したいので手伝って欲しい」
と呼び出された。

お袋が着ていた洋服類は、
体型が大きく変わってしまったので、もう着られない、
娘にも着せてみたが小さくて駄目だったという。
親父のスーツ類も、微妙にファションが変わっていることもあり、もう着ない、
裾丈も袖丈も肩幅も息子とは全く違うから、息子も着られないという。
擦り切れたから捨てるという服は殆んどないようだ。
勿体ない。

Image

その点、着物はよく出来ている。
肩上げ、裾上げは簡単にできるし、
擦り切れたら、その部分を切り取って、仕立て直しをすれば、子供の着物になった。
さらに擦り切れたらオムツにすればいい。
最後は雑巾にする。
その程度のことは昔の女性なら誰でも出来たことだ。
とお袋から聞いたことがある。

親父が、銀座でオーダーメイドで作ったという服も処分した。
当時、そんなことをすれば月給の数倍もかかったという。
そんなスーツを着ていることがステータスだつたのだという。
しかし今では、デパートでだって数万円で作れる。
初任給の10分の1程度で作れるのだ。
いい服を着ていることがステータスになるなんてことはなくなってしまった。

勿体ないからと、とっておいても、シミがでてきたりし、結局は捨てることになる。

それなら早めに処分した方がいいということになったようだ。
かなりの量になった。

先日はリユースをしますというリクルート系の会社をネットで探し、
大きな段ボール箱一杯分の服を、2,000円も払って送った。
インドで仕分けし、東南アジアで売り、
その収入を開発途上国へのワクチン配布の費用に充てるのだという。

今回は辞書類も捨てた。
ネットで検索するの方が遥かに便利だ。
ハウツウ物の本も捨てた。
文庫本もバーコードのついていない本はブックオフも引き取らないということだったので、
少しでも町内会の費用になればいいということで、町内会に任せることにしたのだという。

それにしても、もったいない。

今の時代にあって、
捨てなくて済ませようと思ったら、
「ともかく買わないことだ」
ということを改めて思い知らされた。

そういえば、
中学生、高校生の頃、
通学にも、冠婚葬祭にも、それこそ365日、冬の制服1着、夏は半袖シャツが2着で過ごした。
それも3年間もの間をだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


同感です(◎´∀`)ノ
我が家も少しずつ…断捨離を始めてます
「いつか…」は無いに等しい言葉のようで(*´・д・)*´。_。)ゥミュ
必要なモノ以外…買わない!ですね

投稿: まるがりーた | 2013年4月12日 (金) 09時49分


いやいや、お金は使ってもらわなければなりません。
いくらお金をばら撒いても、株などに投資されるばかりでは実体経済は良くならず、いずれバブル崩壊です。
ばら撒いたお金は使ってナンボですから、株や預金に使うことなく、しっかりモノやサービスに使ってください。
モノを捨てるのが面倒なサービスに使ってください。
飲み屋、エステ、リラクゼーションに通い、食事はできるだけ五つ星の高級レストランか高級料亭で、移動は新幹線ならグリーン車、飛行機ならファーストクラス、宿泊は高級ホテルのスイート・ルームか高級旅館の離れ、お金の使い途は溢れています。

でないと、せっかくのアベノミクスが「危ないミックス」になってしまいますから。

投稿: 晋三 | 2013年4月12日 (金) 09時58分


晋三さんの意見に賛成です
このブログよく見てただけに、今回の記事には驚きました。がっかりのほうで。
もう少し考えられて書かれては?と思います

投稿: 晋三さんと同じ | 2013年4月12日 (金) 13時19分


私も晋三さんの意見には大筋で賛成です。
お金を手にした人はギャンブル(株やFX)で遊ぶのではなく、モノやサービスに使うべきです。
そして、私もモノは面倒なので、サービスで使うようにしています。
ただ、経済が全てかと言えば、そこに対しては疑問もあります。
工場長さんの市場経済の行く末に対する問題提起は鋭いものだと思いますし、それぞれに人生にとって本当に大切なものは何か、真剣に考える時ではないかと思います。

投稿: 灰猫 | 2013年4月12日 (金) 13時29分


まるがりーた様

カクテルのマルガリータを、私は大好きでした。
なんとなく逞しく、美しい女性を思い浮かべます。
ひらがなの「まるがりーた」さんは、可憐で・・・

「断捨離」
難しいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月12日 (金) 14時33分


晋三様

飲み屋、食事、宿泊、遊び、介護・・・・
サービス産業、教育産業等は、
お金をかければかけるほど見返りがありますね。
尚且つ捨てる必要もありません。
でも、そこに使うほどのお金がないというのが寂しいなー。

投稿: 元安川 | 2013年4月12日 (金) 14時40分


晋三さんと同じ様

亡くなった親父がよくいってました
「世の中、インフレ気味の方が景気がいい」と。

問題はそれをいかに上手くコントロールするかですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月12日 (金) 15時02分


灰猫様

アメリカは全ての価値基準がお金になってしまっていますが、
そのアメリカが世界をリードしているというのが、厄介ですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月12日 (金) 15時10分

2013年4月11日 (木)

首相夫人へ公開直訴状

福島の母子を救うために拡散希望ということです。

---------- ここから引用 ----------

安倍昭恵様

 拝啓

 突然に公開直訴状をお届けする非礼をお許し下さい。

 しかしこれはとても重要なことですので、最後までお読みいただければ幸甚です。

 私は先日、縁あって福島で講演に呼ばれ、そこで知りました。福島の若いお母さんたちが、愛する自分の子どもたちが被曝の犠牲になるのではないか、神に授かった祝福さるべき赤ちゃんは大丈夫なのか、という不安におののきながら毎日を暮らしている現実を知りました。
 
 科学者や医学者の中には、福島の放射線量はおそれるにたりないとか、身体に影響のでる放射線量については諸説が分かれているといった意見を唱える人たちがいることを私も知っています。

 しかしそんな議論を繰り返している間にも幼児が被爆し、胎児が危険にさらされているかも知れないのです。

 重要な事は不安におびえながら日々の暮らし送らなければならない母子が助けを求めているという現実です。しかもその責任は母子達には一切ありません。

 無垢の子どもが流す涙の一粒さえも防げないような神様なら私は神様の存在を信じないと言ったのは、ドフトエフスキーの小説の中の主人公でしたが、福島の母子の不安を救えないような政治は政治に値しません。

 私は講演で訪れた福島で、福島の子どもたちを放射線被曝から守るために一日も早く疎開させようとしている人たちの存在を知りました。そしてその人たちが出版している冊子を買い求めて読みました。

 「いま子どもがあぶない 福島原発事故から子どもを守る『集団疎開裁判』」(「ふくしま集団疎開裁判の会」編集 本の泉社 マイブックレットNO.22)とう冊子がそれです。

 涙なくしては読めない冊子です。ノーム・チョムスキーをはじめ国内、国外の有識者が訴えています。被曝の危険にさらされている子どもを放置し続ける事はもはや倫理の問題であり人間として許されることではないと。

 是非この冊子に目を通してください。そして私がそうであったように、この冊子を読んで福島の現実に気づいてください。

 真実を知ろうとしないことは単なる怠慢であり、臆病だと思います。

 真実を知ってしまった以上、その解決に向かって、自分のできる範囲でいいから、行動に移そうとしないことは、それもやはりひとつの罪だと思います。

 ましてや安倍昭恵様はこの国の指導者である安倍首相の夫人です。

 そして母子を被曝から救ううということは、政治的立場やイデオロギーとは無関係に、大人の人間として皆がひとしく果たさなければならない無条件の責務だと思います。

 ご主人の安倍晋三首相は国民的支持を得て国民のために日夜努力をされています。

 その御主人を敬愛し、信頼しておられる昭恵夫人もまた安倍総理を支えるべく日夜ご活躍のことと拝察します。

 ご同慶の至りです。

 そうであればなおさらのこと福島の母子を助けるために福島に目を向けてください。

 この冊子に目を通し、福島の母子と会ってその不安と苦しみ、悲しみを共有してください。

 そして一日も早く子どもたちの集団疎開に向けて正しい政治を実現して欲しいと願います。

 それは決して難しいことではありません。

 疎開を切望する母子たちだけでも安全に暮らせる集団疎開をいますぐ可能にするために、場所と経費を提供するだけの話です。

 膨大な復興予算の中のほんの一部を配分するだけで可能です。

 ただでさえ無駄遣いや流用が非難されている復興予算です。

 福島の母子の救済に使うことに反対する者はいないはずです。

 それは安倍政権の原発政策に反することにはなりません。

 それどころか、国民のすべてから感謝、歓迎される安倍首相の善政になるでしょう。

 長々と書きました事をお許し下さい。

 これは被曝の不安に苦しむ福島の母子の気持ちを代弁した一国民の公開直訴状です。

 この訴えが昭恵夫人の目にとまり、そして昭恵夫人が行動に移される事を切に願います。

                                                    敬具

 2013年4月8日
                                              天木直人
                                                     侍史

Copyright ©2005-2013 www.amakiblog.com

---------- ここまで引用 ----------

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


福島の子ども達のために、微力ですが転載記事拡散させていただきます。

投稿: 華 | 2013年4月11日 (木) 08時35分


私も拡散させていただきます。

投稿: アコ | 2013年4月11日 (木) 09時04分


大人より体積が小さい子供には放射線の当たる確率も少ないのです。
新陳代謝は大人より旺盛なので、DNAが損傷受けても修復は早いのです。
日本の粉ミルクはウクライナのようなヤギミルクから作ったものではないので安全なのです。
真実を知ることが安心につながります。

投稿: 安心 | 2013年4月11日 (木) 18時47分


華さん
ありがとうございます。
よろしくお願いします。

投稿: 工場長 | 2013年4月11日 (木) 19時05分


アコさん
いつも、ありがとうございます。
よろしくお願いします。

投稿: 工場長 | 2013年4月11日 (木) 19時07分


安心さん
ウソはやめましょう。

放射線は距離の二乗に反比例しますから、原発事故のように土壌が汚染された場合は、大人より地面に近い位置に子どもは、より強い放射線を浴びます。

子どもは新陳代謝が旺盛です。つまり細胞分裂が激しく、未分化の細胞が多く、長期にわたって分裂が繰り返されるため、DNA損傷の影響が大きく、子どもの放射線に対する感受性が強いというのは今や誰でも知っていることです。

ミルクどころか、日本では関東の水道水でさえ安全でなく、ペットボトルの水がなくなったことは、まだ記憶に新しいことです。

投稿: 工場長 | 2013年4月11日 (木) 19時12分


たしかに子供の方が起原に近いですが、電磁波は距離の二乗に比例して減衰しますし、二対の染色帯を同時に破壊するエネルギーはありません。

福島でチェルノブイリの再現はありえない。

六十年代に我々は 今の中通りの線量は十年あまりにわたって経験しましたが何もなかった。

安全と安心の概念は別物ですね。
不安を煽り、懐柔しようとするものの餌食にされないことだと思います。

投稿: 安心 | 2013年4月11日 (木) 19時50分


安心さん
繰り返しますが、ウソはやめましょう。

「福島県内の児童の被曝安全説を触れ回ってきたことに関して、業務上過失致傷罪にあたるもの」として業務上過失致傷罪で告発されている先生ですら「化学物質の場合、遺伝子の傷は多くの場合は突然変異であって、煙草の煙に含まれる発がん物質である芳香族炭化水素などは、特異的な遺伝子の突然変異を誘発し、どの塩基配列の何番目に傷が入るかということまで分かっています。反面、放射線による傷の場合、DNAの二重鎖を切断するなどもっと複雑な影響が出るために、実際に傷がつく遺伝子を特定したり、その傷ががんの発症とどう結びつくのかといったことはまだよく分かっていないのです。発がんにおける放射線の「爪痕」を見つけるのが困難な理由は、遺伝子が、傷ついた部分を修復する機能を何重にも備えていることと、がん発症までに長期間を要するためです。いずれにしても放射線被ばくが、発がんリスクの一つであることは事実ですから、そのリスクは可能な限り排除しないといけません。」と述べています。

つまり原発を推進する立場の人や組織ですら、放射線の影響にしきい値=安全な値はない、としているということです。

チェルノブイリの原発事故は6ヶ月で収束しましたが、福島は2年過ぎても未だに目処がたっていません。これが目の前の現実です。

しかも、100万人に一人とも言われ、甲状腺の専門医でさえ遭遇することのなかった小児甲状腺ガンが多発しているという福島の現状を前に、安心できる親がいるのでしょうか。

いわき市など、福島原発が大量に放出された放射能の降下が起こったと思われる地域の子ども達ですら、未だに検査されていません。これで、どう安心しろというのでしょうか。

たまに医師でも「自分は年間◯十ミリシーベルト放射線を浴びているが元気だ」という人がいますが、「飲酒運転をしても元気だ」ということと同じくらい、少し考えれば浅はかで恥ずかしいことです。

投稿: 工場長 | 2013年4月11日 (木) 20時07分


今最も問題になっているセシウムでも体内に取り込んだところで、生物的半減期はたった100日あまりで、壊変することなく排泄されます。

ストレスの方が放射線より体に対する負担は大きいですよ。

投稿: 安心 | 2013年4月11日 (木) 20時49分


安心さん
今日は4月1日ではありません。

今、最も問題になっているのは放射性ヨウ素で、半減期は僅か8日です。その既に影も形もない放射能のために小児甲状腺ガンが多発しているのです。

かつて「プルトニウムを飲んでも大丈夫」というエライ学者さんがいました。あるいは「笑っていれば放射線は逃げる」とか「ヒロシマの被爆者が世界で最も長生きだ」とか「チェルノブイリでは避難しなかった人の方が長生きだ」とか「核廃棄物は数年後には無毒化できる」などと、およそ学者とは思えない根拠のないウソをついて被ばく被害を拡大しました。

当然ですが、そんなウソをつけば、告訴されます。

投稿: 工場長 | 2013年4月11日 (木) 20時54分


こういうことは感情ではなく科学で考えます。

5m先にある、50万ベクレルの放射性セシウムがあったとして、1時間あたり何本の放射線を出すか計算して、当たる確立と残存エネルギーを計算すればわかることです。

放射線は5mも離れれば、DNAに当たる確立は314分の1になりますが、成人でもDNAの破壊修復は1時間あたり二万回で子供はさらに多く、そこに対する放射線によるDNAの破壊は一回増えるか増えないかの話です。それに加えてDNAの二重らせんを同時切断する線量率がなければ完全に修復されるので何の影響もありません。

投稿: 安心 | 2013年4月12日 (金) 16時43分


安心さん
書かれている計算も内容もデタラメなものですが、仮に正しいとしても、こうした一部のことだけを取り上げて、他の核種の影響も最もリスクの高いとされる内部被曝の影響も全て無視して安全だと言ってきたのが、これまでも書いてきた御用学者達の恥ずべき騙しのテクニックでした。

いつまでも論点をすり替えたデタラメを書き続けるのではなく、もし、これまでのコメ返に1つでも反論できるものがあれば、正面からの議論を試みてはどうでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年4月12日 (金) 17時11分


では、コメ返にある間違いを指摘します。

放射線による影響にはしきい値があります。 もし僅かでも害があるなら人類は遥か前に絶滅しているでしょう。 人類はショウジョウバエとは違い、DNAを修復できます。だから、地球に溢れんばかりに繁栄しているのです。 高自然放射線地域における疫学研究でも、それは証明されています。

原発からと原爆の放射線は違いません。 γ線は波長がおよそ10 pmよりも短い電磁波で、起源が違えば 違う名称がX線のようにつけられますが内容は同一です。 X線は医療機関で普通に使われるものです。

投稿: 安心 | 2013年4月13日 (土) 11時34分


安心さん
世の中には放射線は体に良いというような人までいますが、ICRP(国際放射線防護委員会)でも放射線被曝に関しては、しきい値はないとしていますし、もっと明確に原発を推進しているIAEA(国際原子力機関)ですら、しきい値を否定する一方で「安全のためには、被曝は極力低いに越したことは無い」としています。

自然放射線はどこにでもありますが、ショウジョウバエも絶滅していません。

日本では交通事故で毎年数千人が亡くなりますが、だからと言って日本人が絶滅することはありません。他にも様々なリスクが溢れていますが、僅かなリスクで種が絶滅するわけはありません。しかし、リスクはリスクです。そして小さなリスクだから構わないということでもありません。

また、高自然放射線地域に暮らす人と、そうでない地域で暮らす人のリスクも違うでしょう。海外では、生水を飲めば普通の日本人はてきめん下痢になる地域が多くあります。でも、現地の人は平気だったりします。

原発と原爆がもたらす放射能の量はまるで違います。さらに汚染となると全く違います。だから広島も長崎もすぐに復興し、チェルノブイリは未だに住めない地域が沢山あるのです。

これまでも何度か書いていますが、医療行為は毒を飲ませる、刃物で体を傷つける、そんな行為です。いくら医療行為で行われていても、日常生活で行われれば犯罪になることは沢山あります。医療行為はそれほど危険なことが多いわけで、医療行為で普通に行われているから、日常生活で起きても良いということにはなりません。

投稿: 工場長 | 2013年4月13日 (土) 11時56分

2013年4月10日 (水)

JR広島駅ASSE連絡口とICカード

JR広島駅南口駅ビルASSEの2階にスターバックスがある。
スターバックスの西のコーナーの窓際に座ると、丁度目の下に広島駅とアッセを結ぶ連絡口が見える。

切符を買う人、
ICOCAにチャージする人
ロッカーに荷物を預ける人、
女性駅員に尋ねている人、
待ち合わせをしている人、

それにしてもまあ随分と多種多様な人が通っていく。

Image

なぜか自動改札口を通れなくなった人もいる。
どうしてかな。
タバコの自販機があるが、買う人は殆どみることはない。
それだけ喫煙をする人はへったのだろう。

大きなキャリーバックを引っ張っている人もいる。
外国人もかなり見かける。
どこからきた人だろうか。

そんなことを想像しながら見ていると退屈しない。

改札口に立つ女性駅員は、改札口を通っいく人にいちいちきちんと頭を下げて挨拶をしている。
国鉄時代にはみたことがなかったことだ。

女性の駅員に何かを尋ねる人は多く、次から次とひっきりなしだ。
駅員が切符をハサミで切っていた時代なら、
これだけ人通りも多ければ、とても1人では対応出来なかったろうと思う。
出札窓口だって数台は必要だったろうし、それでも行列が出来ただろうと思う。
それが今では、殆どの人がICカードを持つようになって、出札機も1台、駅員も1人だ。。

ICカードは人の流れまで変えてしまったようだ。

ASSEは赤字だったこともあるようだが、
今ではJR西日本の優良企業になっているのではないだろうが。

買い物がなくとも、この改札口からASSEの中を通って、タクシー乗り場、広電乗り場に出ることもある。
何となく気分がウキウキしてくるからだ。

でもASSEを通って、広島駅のホームに入ったことはない。
どうしてかな。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


人間ウォッチ大好きです。
とくにカップルとかだと、物語を作って一人で楽しんでいます。
趣味悪いですか?(゚ー゚;

投稿: hanaママ | 2013年4月10日 (水) 09時35分


hanaママ様

人間ウォッチング、
作家の才能がおありのようですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月10日 (水) 10時53分


まだ駅ビルと呼ばれていた頃、駅前福屋の場所に広島百貨店があり、駅前交差点には陸橋あり、駅ビルの西端には映画館がありました。その映画館で今は無いリバイバル上映の映画を観ていた頃、
私が高校生の頃だったから約37年前くらいかな?駅ビルの3階に駅構内の陸橋に直接入れる改札口ができたと思います。駅ビルでの買い物客の利便性のために。
その入り口ですよね。
ASSEになって改装されてから、2階のようになったのですね。
2階部分で残っているのは、東側にある食堂街だけかな?
駅で行き交う人を見ていると、色々な人がいて、なんだかドラマのワンシーンを見ているようですよね。
会話は聞こえなくても、態度や表情で想像すると面白いですね。
もしかしたら、有名な作家もお忍びで観察して、小説に使っているのかもしれませんね。

投稿: やんじ | 2013年4月10日 (水) 13時00分


やんじ様

町で行き交う人より、
駅、空港で行き交う人の方が、何か色々物語を感じさせてくれますね。

投稿: 元安川 | 2013年4月10日 (水) 17時10分

2013年4月 9日 (火)

命の売買

今や命までカネで売買する、市場経済はそういうステージに来ています。

今回は、その動物編です。

それは絶滅危惧種を守るために、その絶滅危惧種を殺す權利を売る、という矛盾するような施策ですが、お金によるインセンティブ=市場原理を使って絶滅危惧種を守ろうというものです。

これには有名な2つの事例があります。

1つはクロサイを守るために、クロサイを撃ち殺す權利を売りだした南アフリカの生物多様性保全の当局です。

彼らは絶滅の恐れのあるクロサイを守るために、富裕層であるトロフィーハンターに、その權利を売りました。その結果、現地の人達は密漁からクロサイを守り、世話をし、繁殖に努めるようになり、クロサイの頭数は回復し始めたのです。

クロサイを撃ち殺す權利を売ることで、クロサイを守ったのです。

もう1つは、同じく裕福なトロフィーハンターに、セイウチを撃ち殺す權利を売ったイヌイットです。

イヌイットは4千年を超える歴史の中でセイウチ猟を生活の糧としてきました。ところが、4千年以上減ることのなかったセイウチも、巨大で無防備という特徴からハンターの格好の標的となり激減したために、イヌイットはカナダ政府から捕獲数を制限されました。

そこでイヌイットの指導者たちが考えついたのが、その捕獲権を売るということです。そうすれば、セイウチの捕獲量はそのままで、イヌイットは経済的に豊かになります。

いずれのケースも、絶滅危惧種を守り、現地の人を潤おわせ、富裕層にも満足を与えます。
市場原理は見事に働き、全ての人が幸せになっているように見えます。

C0121577_23293811

生活のためではなく、遊びのために動物を殺すという点を除けば・・・

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


これは、とても難しい問題ですね。
結果がすべてだと考えれば、ある意味では発想の転換で誰もがハッピーになる解決策に思えますし、死生観や倫理、道徳などに照らして本当に許されることなのか、考えれば考えるほどわからなくなります。

投稿: アコ | 2013年4月 9日 (火) 08時57分


この記事で指摘されていることは、TPPなどにより、これから更に加速するであろうグローバル化に際して、心にとめておくべき重要な課題だと思います。

今の日本は電力を筆頭に、まだまだ規制緩和で市場に任せた方が良いものが沢山あり、それはTPPのような外圧でも加速すると思います。ただし、今アメリカなどで起きていることを見ると、本当にどこまで市場に任せて良いものか、何をどこまでお金に置き換えるべきなのか、人間としての道徳や倫理はどうなのか、特に厳しい戒律のある宗教を持たない日本人には難しい問題が待ち構えていそうです。

最近続けて指摘されている市場の問題点は、幸か不幸か日本ではまだ先の課題のようにも思えますが、いずれは直面する重要な課題だと思います。

投稿: 灰猫 | 2013年4月 9日 (火) 09時31分


絶滅危惧種を殺す権利を売ることで、絶滅危惧種を守る。
なんとも皮肉な論理ですね。
オリンピックもプロ化することで、スポーツ振興を図る
というのも、同じ論理でしょうね。
最後はお金でしょうというより、
全てがお金でしょうというのは、
何か虚しいですね。

投稿: 宇品灯台 | 2013年4月 9日 (火) 15時11分


アコさん
簡単に正解のない問題のように思います。
それだけに、考え続けることが必要ではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年4月10日 (水) 08時54分


灰猫さん
ご指摘の通り、日本はまだ市場に委ねるべきことが多くあると思います。
しかし、その先のことも常に頭においておく必要がありますね。

投稿: 工場長 | 2013年4月10日 (水) 08時58分


宇品灯台さん
「机の上でお金をもらうのがプロで、机の下でお金をもらうのがアマチュアだ」と言われた時代がありますが、いずれにしても厄介で煩わしいものですね、お金というものは。

ただ「最近の若者は経済的インセンティブより承認によるインセンティブの方が強い」という分析もあるようで、具体的な事例では、お金をもらうより「イイネ!」のクリックの方が嬉しいという若者が増えている、ということでしたから、今後は経済指標と幸福度は乖離していくのではないかとも思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月10日 (水) 09時01分

2013年4月 8日 (月)

ポッポとクック

広島パルコ前、中央通りの歩道に、
平成6年に広島で開催されたアジア大会を記念しての「ポッポとクックの塔」
が建っている。

Image

脇を通る人は見ることもなく通り過ぎていく。
こんなところに記念の塔があったことも、
アジア大会のシンボルキャラクターがハトだったということもすっかり忘れていた。

「ポッポとクック」
ちょっとディズニー風のデザインだ。
今なら、
折鶴をモチーフにしたり、ゆるキャラだっりすることだろう。

「広島 ゆるキャラ」で検索すると、
なんと広島県内だけで35種類ものゆるキャラが登録されている。
清盛をモチーフにしているのもあれば、
ひらがなのひ、モミジ饅頭、カキ等色々な物、事をモチーフにしている。

こうしたキャラクターには形態、名称には著作権があって、
新たに作ることはかなり難しいことだと聞く。

広島でのアジア大会は、各国の首都以外で初めての大会でもあったともいう。
それだけにちょっと背伸びし過ぎたところもあったのだろうし、
バブル景気の時代の雰囲気を反映してのこともあったのだろう、
後になって広島市の財政に大きな負担を残したと批判されることが多い。
しかしそれも秋葉市長の苦労のおかげでなんとかなった。
広島にとってのアジア大会は、それなりに大きな飛躍のイベントであったことは確かだ。
もっと前向きに評価すべきことだろう。

「ポッポとクック」
当時の市民には大変親しまれたキャラクターであり、
広島の歴史の一コマを象徴しているキャラクターでもある。


「ポッポとクック」
広島のスポーツ関連の施設、イベントにもっと積極的に活用したらいい。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


アジア大会は、有効だったと思います。
そのおかげで、広島には立派なスポーツ施設ができましたからね。
そのための借金を語るより、より有効に使う努力が無かったように感じます。

広島には、市政100年事業で行った海島博の遺産が残っています。
むしろこちらの赤字の方が、問題は大きいと思ってました。
その遺物は、宇品海岸にあるタワーと基町公園にある架空の生き物のです。
宇品海岸の方は、やっと公園らしくなりましたが、基町公園の方は、中国の重慶市との友好で建てられた渝華園(中国庭園)の傍に、無造作に置かれ、景観が台無しです。
どちらも、広島市がわざわざ海島博の赤字の埋め合わせのために市の税金で購入した物です。

投稿: やんじ | 2013年4月 8日 (月) 08時26分


私もアジア大会は素晴らしかったと思います。
アジアから多くの人が訪れて、子ども達にも、かけがえない思い出を残したと思います。

宇品にある海島博の塔はホームレスの寝床になっているとも聞きました。
赤字補填のために市が買い取ったと報道で見た時には、本当に呆れました。

投稿: アコ | 2013年4月 8日 (月) 08時54分
やんじ様

どんなイベントも「やってみなければわからない」という面があります。
それだけに失敗したときにどうするかを、予め考えておく必要があるようですね。

とはいえ、殆んどのイベントは大体始まる前に、結果は予想できます。
菓子博は多分大成功でしょうね。
当時の商工会議所会頭の太田さんの置き土産ですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月 8日 (月) 14時41分


アコ様

あの塔はなんとなく意味不明ですし、
それがホームレスの寝床になっているとは困ったもんですね。
壊すわけにもいかないだろうし・・

投稿: 元安川 | 2013年4月 8日 (月) 14時48分

2013年4月 7日 (日)

アメとムチ

女子柔道に端を発した体罰問題で、私がふと思い出したのは、勉強に報奨金を付けるという制度で学力を上げたというアメリカの学校の報道でした。

日本でも小遣いを餌にして勉強させるという親はいます。しかしアメリカでは学校が生徒に対して、本を読んだり、宿題をしたり、成績を上げることに対して、お金を払うというのです。

いずれもムチとアメによるもので、教育というより動物の調教レベルとしか思えません。

私がテレビで見たのは成功事例でしたが、調べてみると失敗した学校も沢山ありました。

確かに、お金をもらって本を読んでいるうちに、読書の素晴らしさを知る子どももいるとは思います。

最初は強制されて行なっていたことでも、それを続けるうちに本当の意味や価値、意義を見出して、自発的に正しいことが行えるようになるかも知れません。私は、そうした全ての可能性を否定しようとは思いません。

ただ、人間として、互いの信頼関係にもとづいた教育ではなく、家畜のような方法しかとれない理由が、その子ども自身の抱える問題によるもなのか、あるいは環境の特殊性なのか、それとも教える側の力量不足なのか、十分に考えて意識する必要はあると思います。

アメとムチは教育でしょうか。

私には、体罰も報奨金も、人間としては決して堂々と使える手段ではないように思えます。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


アメリカの学校については、以前テレビで見ました。
本を一冊読むと1ドル?もらえるとか、一番になるとリムジンでの送迎まであるとか、それで学力が伸びたという肯定的な報道で、私もその時は「アメリカって凄い」としか思いませんでした。
でも改めて今日の記事を読んで考えさせられました。
確かに動物の調教と人間の教育は同じではない、同じであってはいけない、そう思います。

投稿: アコ | 2013年4月 7日 (日) 09時45分


学ぶ楽しさは、損得でなく、いかに興味を持たせるかだと思います。
型にはまった教育では、無理でしょう。
教科書でない、資料を先生が一生懸命につくってくれていた授業は興味深かったですね。
マニュアル教育でなく、教えることを本当に深く知っている人だからこそできる教育が必要ではないでしょうか。
授業中に、教えている事から関連していく、いわゆる「脱線」は、興味を持たせることができるでしょうし、それは教える人が深く学んでいる知識が必要ですからね。

投稿: やんじ | 2013年4月 7日 (日) 09時47分


女子柔道や大阪の高校で起きていたことを「体罰」というのは間違いです。
それらは単なる暴力で、教育でも指導でもありません。
既に十分なモチベーションを持って上を目指している選手や生徒に手をあげるのは教育者でも指導者でもなく、ただのアホかサディストです。

それより、あんなアホ指導者やバカ教師の起こした暴力事件を「体罰」として報道することで、遅刻した生徒を立たせることも、宿題を忘れた生徒を残して勉強させるようなことまで「体罰」として禁止されることの弊害は少なくありません。

それから適切な信賞必罰は必要です。特に公平であることが重要です。

投稿: 教師 | 2013年4月 7日 (日) 10時09分


アコさん
手段もですが、どういう人間を目指すのかゴールを考えることも重要だと思います。
311以降デタラメなことを言う東大教授が大勢いることを見ると、いくら学力や学歴が立派でもダメな人間が出来ることが良く分かります。

投稿: 工場長 | 2013年4月 8日 (月) 08時31分


やんじさん
その通りだと思います。
学ぶ楽しさ、考える喜びは、どんなご褒美より強力なインセンティブになりますが、下手なご褒美はその喜びを覚えるチャンスを遠ざけてしまいます。

ゆとり教育は、一律でない創意工夫した授業と、保護者や地域とも連携し、生きる力を付けるもので、土堂小学校など一部の学校では目覚ましい成果をあげましたが、残念ながら多くの学校では制度を活かすのに時間がかかり過ぎ、やっと目処が見えてきたところで方向転換となりました。
それでも詰め込み教育で育った大学生はパチンコや麻雀それにバイトに明け暮れていたのに比べ、ゆとり教育で育った大学生の方が遥かに真面目に勉強しているのですが・・・

投稿: 工場長 | 2013年4月 8日 (月) 08時34分


教師さん
「体罰」として報道されたものの多くが暴力だということについては、その通りだと思います。
また、懲罰ということはあって良いと思いますが、教師の気分ではなく、他の多くの国のように、誰にでもわかるように明確で具体的なルールによって行われるべきだと思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月 8日 (月) 08時37分

2013年4月 6日 (土)

駅のストリートパーフォーマンス

若い女性が、
黒のパンチングを被り、
明るいブルーのベストを着、
腰にはブルーのポシェットを付け、
耳にはイヤホーンを付けて、
テキパキと掃除をしている。

格好いい!
どこか凛々しくさえある。

Image_2

ビルの清掃という仕事は、
昔はおばさんが、できるだけ目立たないようにと、
服装も地味にし、
掃除をする時間も人がいなくなった頃にしていたもんだ。

それがどうだ、
今は、若い女性が(本当はそう若くもない?)
駅の掃除を、一つのストリートパーフォーマンスにしてしまった。

駅に行くのも楽しくなった!

これもディズニーランドの影響だろうか。

それにしても、
今まで「汚い、格好悪い、きつい」の3Kの象徴のような清掃という仕事を、
こうした工夫で、
綺麗な、格好いい、楽しい仕事に変えたということは
素晴らしい。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


その先駆的会社が、サマンサジャパンです。
つい先日、経産省の「おもてなし経営企業」に選ばれたばかりです。

投稿: shiozy | 2013年4月 6日 (土) 09時30分


shiozy様

サマンサジャパンは山口県周南市発祥の地とする企業のようですね。
地方から、こうした全国展開をする企業が生まれ、育っていくというのは素晴らしいことですね。

広島からも合人社という企業が育っています。
期待したいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月 6日 (土) 13時03分

2013年4月 5日 (金)

原発のリスクを問い直す

明日4月6日(土) 23:00 〜23:59のEテレ(NHK/デジタル教育1)は、「原発のリスク」を問い直す=米・原子力規制委元トップ福島訪問「私たちは本当のリスクなおざりにしてた」です。

日本では福島県放射線健康リスク管理アドバイザーになった放射線の専門家が「笑っていれば放射線は逃げる」とか「ヒロシマの被爆者が世界で最も長生きだ」とか「チェルノブイリでは避難しなかった人の方が長生きだ」と、およそ学者とは思えない根拠のないウソをついて「被ばく被害を拡大した」と訴えられています。

しかも、この中の一人である広島大学(原爆放射線医科学研究所)神谷研二所長は、電気事業連合会からの資金で行った「放射性ヨウ素が誘発する小児甲状腺ガン」の研究があろうことか放射線障害防止法に抵触して大学から処分を受け、地元の中国新聞でも社説にまで取り上げられて叩かれたにも関わらず福島県放射線健康リスク管理アドバイザーに就任しました。

日本の原子力の専門家に「反省」という言葉はないのでしょうか。

以下はNHKのホームページからの引用です。

東京電力・福島第一原発の事故が起きた当時、アメリカでNRC(原子力規制委員会)の委員長を務めていたグレゴリー・ヤツコ氏が、福島を訪ねた。
事故に直面し、これまでの“原発のリスク”の考え方を根本から変えねばならないと思い始めたからだ。
事故から2年たった今も、15万人を超える人々が放射性物質に汚染された自宅を離れ、避難生活を続けている。町民全員が避難生活を送る福島県浪江町を訪れたヤツコ氏は、故郷に住めなくなり、家族がバラバラになって苦悩する被災者の現実を目の当たりにする。

原発大国・アメリカで、原発の安全を監督するトップを務めてきたヤツコ氏。これまで、アメリカをはじめ世界の原発関係者は、原発が事故を起こした場合のリスクを“被ばくによる死亡”の確率を基準に考えてきた。今回のような、大規模かつ長期にわたる住民の避難は、原発事故のリスクとして視野に入っていなかった。
「この大きな社会的損失を目の前にして、私たちはこれまで、原発事故のリスクと本当に向き合ってきたと言えるだろうか?」
福島で被災者の声に耳を傾けるうちに、ヤツコ氏はそう痛感する。

現地を回り、避難を強いられている人々や、黒川清・国会事故調元委員長、柳田邦男・政府事故調元委員長代理と対話を重ねる中で、ヤツコ氏がたどり着いた結論とは何か・・・
福島第一原発の事故後、わたしたちは、原発のリスクとどう向き合うべきなのか。ヤツコ氏の福島への旅を追う。

0nhk

【再放送】は2013年4月13日(土)午前0時45分(金曜日深夜 )です。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

こちらのブログでも、河野先生のブログでも、日本の政治家や専門家と称する学者には腹の立つことばかりです。
猿でも出来ると言われる反省すらできない人達というのは、どうすればいいのでしょうか。

投稿: アコ | 2013年4月 5日 (金) 09時19分


アコさん
ドイツやイタリアのように、国民がもっと声をあげるしかないのでしょうね。

投稿: 工場長 | 2013年4月 6日 (土) 10時45分

2013年4月 4日 (木)

カフェバー ロペラ

京橋を渡ってすぐのところに
cafe bar  l'opera
はある。

Image

道路に面し、ちょっと広めのウッドデッキのテラスが設けられ、
そこには洒落たテーブルと椅子がおかれている。
黒いスチールの扉を開け、デッキの脇を通り、ガラスのドアを開けて中に入ると、
黒と白を基調にした室内は思ったより広い。

カウンター席の後ろにはたくさんの酒瓶が並んでいる。
反対側の白い壁にはオペラスのシーンが映されている。

ゆったりとした黒いソファと赤い丸テーブル置かれ、
黒の木製の椅子はカリモク製だという。

ここロペラはちょっとフレンチテイスト。
オーナーのお勧めはシャンパン。
ビールではないところが洒落ている。

流川、薬研堀の歓楽街の喧騒から離れてるのもいい。

こんな素敵なBARで、
彼女と待ち合わせ、
シャンパンを飲みながら、
「次、何処にいく?」
なんていってみたい。

オーナーが経営しているという
袋町のDBARはアメリカンテイスト、
平和公園前のCLEAT ISLANDブリティッシュテイストといった雰囲気だ。

どれもも広島の文化発信の拠点といえる。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ここは大きなモエ・シャンドンの看板とプロジェクターの映像が印象的なお店ですね。
ゆったりとした空間で、コーヒーにはGODIVAのクッキーが付いて来たり、水が1リットルのボトルだったりと贅沢感たっぷりの大人の空間です。ドンペリがグラスであるのも珍しいと思います。
ソファーも音楽も落ち着けるもので、スタッフも目を離さず、しかし押し付けがましくはない、高級ホテルのレストランに居るような気持ちにさせてくれます。
隠れ家的で、あまり人には紹介して欲しくない店です(^-^;

投稿: アコ | 2013年4月 4日 (木) 08時40分


アコ様

ドンペリがグラスであるとは知りませんでした。
まさに、大人の隠れ家ですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月 4日 (木) 12時43分

2013年4月 3日 (水)

カネ次第の社会

妻が自分の顔写真を撮っているので、何かと思えば、コンサートのチケット購入に必要だと言います。

転売目的でチケットを入手し転売を行う行為はダフ行為として法律で禁止されていますが、ネットオークションの普及などで、そうしたダフ屋は増える一方です。

そのダフ行為を防ごうとする主催者は、チケットに写真や個人情報を記載するようにしたり、身分証明書の提示を求めるなど、まともな利用者は不便になる一方です。

そうしたことに対し、そもそもダフ屋を禁止することの方が資本主義の原則に反するという意見もあります。

事実、これに類したサービス(行列に並ばずにおカネでいい席をとる)は、この数年、増える一方です。

1)クレジット会社のコールセンターに電話した時、一般会員は「順番に対応しております」という録音を聞きながら待たされますが、ブラックと呼ばれるプレミアムカードの会員は待たされることはありません。

2)空港で預けた荷物が出てくる順番も、ファーストクラスやプレミアムシートの荷物が先に出てきます。

3)最近では手荷物検査でも、ファーストトラックと称して「カネ次第」で入出国の行列にも割り込めます。

4)更に、以前は平等であった遊園地でも「行列の先頭に出られるパス」が売り出され「カネ次第」で御行儀よく並ぶという道徳を学ぶ必要がなくなっています。

5)裁判や議会の傍聴するための行列にも代行業者が登場して「カネ次第」で並ぶことなく傍聴券を手に入れることができます。

このように、お金さえ払えば、待つこともなく、行列に並ぶこともなくなる、というサービスは広がる一方です。

これらの「行列に割り込む行為」だけでなく、公共施設の命名権、学校の成績や宿題がお金になったり、保険金を使い「人の命を対象とした賭博」が登場し、市民権なども含め、公共の場と考えていたものも次々と広告スペースとなるなど、従来お金にならかったものが次々と売られるようになっています。

現在の日本では性行為や内蔵、あるいは投票権を売ったり買ったりすることはできません。

しかし、生殖に関する産業、ED治療薬から、卵子のデザイン、精子の売買、妊娠・出産の代行、環境汚染権の売買は広がり、軍隊までアウトソーシングが進み、イラクやアフガニスタンでは国の軍人より軍事請負企業の方が活躍しています。

行列だけでなく、健康、教育、治安、安全保障、司法、宗教、道徳、環境、生殖までがカネ次第となりつつあります。

今や、おカネは市場経済の馴染まない分野にまで浸透してきています。
そして、国民が政府に求める第一は「景気を良くする」=「おカネ」です。

本当におカネはそんなに大事なものなのか、どこまでカネ次第の社会にすべきなのか、真剣に考える必要があるように思います。

特に、こんな動画を見ると。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


本当にいつの間にこんな世の中になったのでしょうか。
デタラメさんばかりではなく、普通の人からも日本人の良さがどんどん失われているように感じます。

投稿: アコ | 2013年4月 3日 (水) 08時51分


国民が「経済の豊かさ」を最優先だと考える以上、市場経済は命だろうが道徳だろうがカネにするしかないのではないでしょうか。
国家が全ての社会主義は崩壊しましたが、市場が全ての社会もまた限界が見えます。
そういう意味で、日本はバランスの良い社会でしたが、このところ大きくバランスを崩しているように感じます。
TPPも拝金主義を加速し格差社会を助長するのでしょうね。

投稿: 灰猫 | 2013年4月 3日 (水) 09時20分


 斑目委員長に対して批判的に書かれていますが「最後は結局お金でしょ」というのは現実であり、既に核廃棄物がある以上、それ以外の解決策はないというのは誰が考えても自明の理ではないでしょうか。
 交通事故でも、最後は結局お金でしか償うことは出来ません。それが現実の社会です。そして、最終的にはお金になるものは何であれお金にしていくことで経済は潤い豊かな社会になるのではないでしょうか。

投稿: 匿名 | 2013年4月 3日 (水) 12時42分


いやいや、何もかも「金」が物を言う時代になっても、日本という国は金の論理を超えた素晴らしい施策を展開しているではありませんか。

国土のどこでも米軍の基地として「タダ」で差し出し、いや間違えました、ただどころではなく、お金までつけて、つまり、その運営等の「金」も全て日本持ち、それどころか「思いやり予算」としてそれに上乗せして「金」を献上し、自国民が米兵の犯罪被害に遭っても、裁判権さえも差し出しています。これほど、謙譲の美徳に富み、己を空しゅうして相手への思いやりに満ち、「金」の論理、「拝金主義」を超越しているのが日本の政府です。

詳しくは、工場長さんも紹介してくれた『日米地位協定入門』をお読み下さい。

http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/2013/03/post-82f3.html

投稿: 天邪鬼 | 2013年4月 3日 (水) 12時52分


アコさん
日本人は良くも悪くもおカネ以外の行動規範をいくつも持っていたように思います。
道徳心、恥(世間体)、和(集団主義)、そういったものです。
私も若い頃は、そうした規範には反発し、もっと合理的な価値基準である自由経済の方に魅力を感じたものです。
ただ、市場経済がここまで進んでくると、おカネという評価尺度には馴染まないものもあるように感じてきている今日この頃です。

投稿: 工場長 | 2013年4月 3日 (水) 12時53分


灰猫さん
市場原理主義の膨張はどこかで踏みとどまるラインが必要に思えてきますね。
政府の役割は景気浮揚ではなく、もっと別のものに思えます。

投稿: 工場長 | 2013年4月 3日 (水) 12時55分


匿名さん
やむを得ない事故の場合、確かにお金で補償するしかない場合もあると思いますが、核廃棄物は違います。核廃棄物はやむを得ないものではなく敢えて生産しているものです。他のどんな工場でも、無毒化できず処理の目処が立たないのに、操業が許可されるということはありません。

お金で償う、ということと、お金で済ませるということは大きく違います。

遅刻に関して罰金を課したところ、遅刻が増えたという事例があります。これは遅刻するということを罪ではなく、お金で済ませられるものだと思わせた結果だと分析されています。道徳までも買える社会というのは、やはり間違っていると思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月 3日 (水) 12時58分


天邪鬼さん
この「思いやり」が経済的に貧しい国や、外交的に弱い国に対するものであれば、日本ほど素晴らしい国はありませんね。

投稿: 工場長 | 2013年4月 3日 (水) 13時04分


 お金になるものが多いということは、より平等な社会を実現すると考えられないでしょうか。お金になるものが限定されるほど、お金持ちは既得権に依存すると思います。
 日本では献血はタダですが、アメリカでは血液を売ることができます。そのことで貧困層は経済的に助かるのです。また臓器にしてもそうです。マンキューという経済学者は「機能する腎臓を一つも手に入れることができずに死んでいく人々がいる一方で、殆どの人は別に必要もない余分な臓器をもって生活している。これで公平といえるだろうか」と問いかけました。

 あらゆるものがお金になることで、より平等な社会が築かれるのではないでしょうか。

投稿: 匿名 | 2013年4月 3日 (水) 13時49分


匿名さん
誰も余分な臓器など持っていません。余分なのは、せいぜい皮下脂肪や内臓脂肪くらいでしょうか。

血液や臓器を市場に任せればどうなるかは、それをセックス=売春と置き換えればよく分かることでしょう。決して平等な社会を作ることはなく、むしろ逆にしか作用しません。

それは犯罪の温床となり、必要なセフティーネットの構築を妨げ、貧困層からお金より大切なものまで奪ってしまいます。

投稿: 工場長 | 2013年4月 3日 (水) 14時15分


 日本でも売春は行われています。
 臓器売買もそうです。
 アメリカの禁酒法が実証しているように、そういうものはなくなることはなく、規制することにより、ブラックマーケットを形成し、それこそ犯罪の温床になるだけです。
 むしろヨーロッパのように売春を合法化すれば、売春は正当な労働として不当なピンハネをされることもなく正当な労働対価と社会保障を受けることが出来、税金も払うようになり、政府による管理体制のため感染症も減ります。逆に日本のように売春を規制している国にエイズは増えているのです。
 中国や台湾でも世界の潮流である売春の合法化に同調する動きがありますし、韓国でも「日本やアメリカで圧倒的に多い売春婦の国籍」という汚名を返上するためにも合法化の動きがあります。

投稿: 匿名 | 2013年4月 3日 (水) 15時30分


匿名さん
現在の日本では、売春が禁止されていても、アメリカの禁酒法時代のような状況にはありません。また、ヨーロッパの一部の国や、中国や台湾のように、売春の合法化を検討すべき状態にもない、と思います。

日本人はそれを誇りに思っても良いのではないでしょうか。

売春を合法化している国は、ライセンス制度を設けたり、政府による管理体制を作るなど、いずれも政府による強い関与があります。決して市場に任せているわけではありません。ある意味で、性行為まで政府に管理させるようなものです。

韓国は、かつては売春が合法でしたが、違法になった国です。その結果として売春婦が日本やアメリカに流れただけで、原因と結果が逆です。

日本における性感染症の増加は、売春が違法であることが原因ではなく、性教育の不備によるものです。詳しくは河野美代子先生のブログで勉強してください。

投稿: 工場長 | 2013年4月 3日 (水) 15時45分

2013年4月 2日 (火)

閉店した呉そごう→?

先日久しぶりに呉駅に降りた。
次の予定まで時間があったので、駅の周辺を散歩した。

今年2013年1月31日、呉そごうは閉店した。
さすがに周辺は寂しい。
呉そごうに接しているペデストリアンデッキも歩いている人を殆ど見かけない。

呉の人口の少子高齢化による閉店ということもあるだろうが、
どうもそれだけではないようだ。。

Image_2

駅の西口に回ると、ユニクロ、docomoの入ったrecreは結構賑わっているし、
それを抜けてゆめタウンに入ると、凄い賑わいだ。

大和ミュージアムもくじら館もかなりの人で賑わっている。

衰退してる地方都市というイメージはどこにもない。

オツにすましたデパート文化の時代は過ぎ、
ゆめタウンのようなショッピングセンターの時代になったということもあるのだろう。
でもショッピングセンターといってもダイエー、西友は倒産した。
それ等とは違った低価格の日常品のお店を集めた名店街ともいえるショッピングセンターが持て囃されているということだろうか。

いずれにしろ、時代はどんどん変わっている。

しかしそれにしても閉店した呉そごうの跡はどうするか、
まだ具体的には何も決まっていないようだ。

広島では天満屋が閉店し、
家電量販店のヤつマダ電気LABIとユニクロと、
丸善と専ジュンク堂書店がコラボレートした1,200坪・約120万冊の品揃えという巨大な書店が出店した。

広島駅ビルアッセは賑わっている。
東京では、JR東日本系列の駅ビル経営会社「ルミネ」は快進撃を続けている。
有楽町駅から離れたの西武、阪急デパートの跡に出店すらしている。

そごう跡のビルもっと駅とダイレクトにつなげ、経営をJRに任せるのも一つの手だろうし、
家電量販店を誘致する手もあるだろう。

呉駅にあっては、賑わいが裏表が逆になっている。
勿体無い。

呉駅東口はバス、タクシーの乗り降り場になっている。
交通機関の乗り換え機能は東口にはある。

賑わいの場となるポテンシャルは充分にある。

乗り換え客の求めることは時代とともにかわる。

東口駅前広場だって、ストリートパーフォーマンスやコンサート等のできるイベント広場に改修することも考えたらいい。

そごう跡地と駅前広場が新しい人の賑わいの場として復活すれば、
呉市の新しい文化発信の拠点にもなるだろう。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私もデパートを見て歩くのは好きですが、買うのは催事の時くらいでしょうか。
平日で特別な売り出しもない時は、年配の人ばかりで、買っているのはブランド物を身に着けている常連のお金持ちという感じです。
それで、いつまでもデパートの売上を経済指標のように言うのは何か変ですね。

投稿: アコ | 2013年4月 2日 (火) 09時15分


アコ様

近頃は「デパートで品物を見て、ネットで買う」ということが増えているようですね。
さらにブランド品等についてはリサイクルショップが増えています。
経済指標にカウントされないチャンネルがどんどん増えているのに、
景気が悪いというのは、どこかおかしいですね。

アウトレットモールがあちこちにできていますが、
デパートのバーゲンの方が安かったりします。

安いからと買った品物で、我が家はホアグラ状態です。

投稿: 元安川 | 2013年4月 2日 (火) 11時31分


呉の人達は、そごう本体が無くなったことより、そごうの一階の食品売り場が無くなったことが、
痛いそうですね。
5・60代にとって、昔はデパートはあこがれの場所だったと思います。
高齢化の世の中になっていくようですから、そのような世代が集まるような魅力的なデパートになるのがいいかもしれませんね。

投稿: やんじ | 2013年4月 2日 (火) 16時45分


やんじ様

広島三越は小さいながらも、
日本橋三越より洒落たデパートです。
そんな感じのデパートは是非残って欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月 2日 (火) 17時58分


呉そごうの閉店が決まったことは残念です。呉そごうは1990年3月18日に開業して以来23年間愛されてるそごうです。呉そごうのエレベーターは三菱製で呉駅側も国道側もピヨピヨ鳴ります。呉そごうのエスカレーターは東芝製です。呉そごうの跡地はリム呉ができてほしいです。リムは福山ロッツの跡地にできるエフピコリムです。福山ロッツの前身は福山そごうでした。福山そごうは呉そごうが開業して2年1ヵ月後の1992年4月29日に開業しましたが2000年12月25日に閉店となり、福山そごうはわずか8年の営業でした。現在の福山ロッツは2013年4月24日に閉店する予定です。福山ロッツのエレベーターは三菱製で南側、東側、駐車場側(北西側)の3箇所ありますがピヨピヨ鳴りません。かつては福山ロッツの駐車場側エレベーターのみピヨピヨ鳴ってました。福山ロッツのエスカレーターは東芝製です。リム呉の専門店はロフトやフードコートやリムビアガーデン(夏季)などができてほしいです。

投稿: | 2013年4月 5日 (金) 11時27分


名無し様

デパートのエレベーター、エスカレーターはもっと楽しくあって欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月 6日 (土) 12時57分


エレベーターのピヨピヨは、そごう名物ですね。
ドアは国道側も呉駅側もダリアではなくカモメが貼られていました。
これでカモメのドアは横浜そごうのみとなりました。

投稿: そごうファン | 2013年4月 6日 (土) 14時01分


そごうファン様

エレベーターのピヨピヨ、
ドアのカモメ、
いいですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月 6日 (土) 16時14分

2013年4月 1日 (月)

女子の暮らしの研究所

福島では放射能の影響について、話し難い雰囲気があると言います。

特に若い女性は、これから妊娠を考える女性から、既に子どもを持つ母親まで、悩みを口にすることすら出来ない空気があるようです。

下手なことを言うと「風評被害」だと言うレッテルを貼られますし、東京からエライ先生がやってきて4月1日でもないのに「放射線は笑っていれば影響ない」とか「ヒロシマの被爆者が世界で最も長生きだ」とか「チェルノブイリでは避難しなかった人の方が長生きだ」と言います。

そして「最後はお金でしょ」と言われる。

そんないい加減な情報を押し付けられる中で、悩んでいた彼女たちが、ヒロシマの被爆二世で産婦人科医の河野美代子先生に出会いました。

そして、そうした状況を変えて行こうと、福島県内に住む女性たちが新しい取り組みを始めています。

それが「女子の暮らしの研究所」です。

女子の暮らしの研究所(HomePage)
http://www.girls-life-labo.com

女子の暮らしの研究所(facebook)
http://www.facebook.com/girlslifelabo

女子の暮らしの研究所(Ustream)
http://www.ustream.tv/channel/labolaboradio

女子の暮らしの研究所(Twitter)
https://twitter.com/girlslifelabo

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


日本の総理大臣に女性がなったら、
日本も随分変わるでしょうね。

その前に、広島市の市長を女性にすべきですね。

投稿: 元安川 | 2013年4月 1日 (月) 17時04分


元安川さん
人口の半分は女性ですからね。
政治にも、まだまだ女性の力を必要としているように思います。

投稿: 工場長 | 2013年4月 1日 (月) 21時39分

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31