広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島市まんが図書館 とはぐれ雲  | トップページ | 並木の下草 »

2013年3月10日 (日)

忘れないで3・11

東日本大震災から、もうすぐ2年になります。
震災直後から続いているヒロシマからの支援も続いています。

昨日、浪江町から広島に来た人は、ヒロシマからの支援に感謝するとともに「天災は許せても、人災である原発事故は許せない」と言いました。

福島原発の1号機は未だに人が入ることの出来ない状態で手も付けられず汚染水を垂れ流しており、1号機を含め2号機も3号機もメルトダウンからメルトスルー、メルトアウトの可能性もあり、4号機の使用済み燃料プールの危険性も当分は何も変わらないということです。

更に、町は野生化したイノブタが爆発的に増え、家は雨漏りなどで傷んでいるところにネズミとダニが増え、森林の除染には手も付けられず目処も立っていません。

そんな状態で、政府は帰宅を進めようとしている・・・

そういう厳しい状況の被災者に具体的な支援はできなくても、せめて忘れることのないよう、文化のチカラでエールを送り続けている人達もいます。

今日(3月10日)明日(3月11日)は以下のようなイベントがあります。


◯ 忘れないで3.11 トーク&ライブ

<第1部>「忘れないで3.11(トーク)」
<第2部>「カスティージョ・デ・アンデス コンサート」

■開催日:2012年 3月 10日
■場所・時間等:古田公民館 研修室1  午後2時〜午後4時

■対象者:だれでも
 要申込:先着50名

■参加費: 無料

■内容:
<第1部>
 「忘れないで3.11(トーク)」
 被災地ボランティアや写真展、広島に避難してきた子どもたちとの交流行事を行なった広島修道大学生たちの活動を紹介します。
 福島県など東北に伝わる人はや伝説、復興のお話など現地の方から聞き取り、 3年で100本を紙芝居にして届けるプロジェクトの取り組みを紹介します。また、その中から、一昨年の紅白歌合戦でも話題になった福島県いわき市豊間中学校の被災ピアノ物語の紙芝居を上映します。

<第2部>「カスティージョ・デ・アンデス コンサート」
 ジャズで広島と福島をつなごうと、広島や東北を拠点に活動し、昨秋、福島県川俣町で開催されたフォルクローレ音楽祭に広島から出演した「カスティージョ・デ・アンデス」と震災後に福島から広島に転居して来られたオペラ歌手 渡邊弥生さんのジョイントライブです。

■申込方法:
古田公民館窓口または電話  広島市西区古江西町19番15号

■TEL・FAX (082)272-9001


◯ 3.11東日本大震災を忘れない追悼の集い 広島

2012年3月11日、東日本大震災による約2万人の犠牲者を悼む追悼の集いを開催いたします。
平和記念公園から被災地に向けて哀悼の意を届け、永遠に震災の記憶を風化させない為に追悼します。
この追悼の集いは、震災による「心の痛み」を抱える人々が、「心の復興」に向けて歩み出す出発点でもあり、お金やものでなく「深く思いを寄せる心」にこそ幸せの源がある事を忘れずに、全ての「人と人」の「つながり」を大切にしたものです。
被災地・被災者に心を寄せる多くの方々のご参加をお願い申し上げます。

日時:2012年3月11日(月)17時30分〜18時30分
場所:平和記念公園・元安川「親水テラス」
内容:3.11キャンドルを囲み黙とう
   広島から被災地に向けたメッセージ
   詩の朗読&合唱
主催:3.11東日本大震災を忘れない追悼の集い広島実行委員会

00a

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


愛情の反対は無関心だと言います。
本当に忘れてしまうことが最悪だと思います。
「福島を想う、誰もができる復興支援」最低でも、このくらいはしたいですね。

投稿: アコ | 2013年3月10日 (日) 08時47分


アコさん
個人で支援できることは違うと思いますが、まずは福島を想い忘れないことからでしょうか。
その上で、何が支援できるのか考え行動できれば良いですね。

投稿: 工場長 | 2013年3月10日 (日) 19時12分


忘れてはならない、決して!

でも人は忘れやすい生き物なんですね、殊にそれが我が身に降りかかった事態でなければ尚のこと。
所詮は他人事として自分たちの日々の暮らしの中に埋没させてしまいます。

人は忘れなければ生きてゆけないのも事実ですが、教訓として未来に活かす為にもやはり忘れてはならないんですね。

投稿: アゲハ | 2013年3月12日 (火) 07時26分

« 広島市まんが図書館 とはぐれ雲  | トップページ | 並木の下草 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

愛情の反対は無関心だと言います。
本当に忘れてしまうことが最悪だと思います。
「福島を想う、誰もができる復興支援」最低でも、このくらいはしたいですね。

アコさん
個人で支援できることは違うと思いますが、まずは福島を想い忘れないことからでしょうか。
その上で、何が支援できるのか考え行動できれば良いですね。

忘れてはならない、決して!

でも人は忘れやすい生き物なんですね、殊にそれが我が身に降りかかった事態でなければ尚のこと。
所詮は他人事として自分たちの日々の暮らしの中に埋没させてしまいます。

人は忘れなければ生きてゆけないのも事実ですが、教訓として未来に活かす為にもやはり忘れてはならないんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56922590

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れないで3・11:

« 広島市まんが図書館 とはぐれ雲  | トップページ | 並木の下草 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31