広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 雨漏りしない家はない | トップページ | WHOの立場 »

2013年3月19日 (火)

匠ー鉄板焼き

銀山町の電停を降りて、三越と反対側に歩くとすぐのビルの2階に鉄板焼き「 匠」はある。
入り口は小さく、ちょっとわかりにくい。

久しぶりに鉄板焼きを食べたが。
「こんなに美味かったかなー」と妙に感動した。

Image


シェフが、鉄板の上で、大小2枚のヘラを使って料理する。
料理といっても、野菜と肉を鉄板の上で焼いて、皿に盛ってくれる。
それを客は好みで、塩か醤油をつけて食べる。
なんともシンプルだが、それが素晴らしく美味い。

野菜や肉の食材の味を最大限活かすというのは、いかにも日本料理らしい。
そして、シェフが2本のヘラを扱う姿はなんとも美しい。
茶道のお点前、踊りを見ているような美しさがある。

フランス料理でもイタリア料理でも、
シェフの料理する姿を愛でるということはない。

料理する姿を楽しむというのは、日本独特の美学だろう。

鉄板焼きそのものは、それほど古いことではないらしい。
wikipediaでみると、
「鉄板を用いた調理が一般化するのは、戦後の闇市や屋台において、廃品の鉄板の上で調理した料理を販売したことに始まると言われる」
と書かれている。
戦後に始まるのであり、貧しさの中から生まれた料理法のようだ。

昔、ニューヨークにオーブンしたレストランBenihanaでは、
シェフがナイフとフォークで、ステーキを鉄板の上で料理し、西部劇のガンマンがピストルを扱うように、ナイフをクルクルと回して腰のフォルダーに入れる、
その技を客が拍手喝采するということで、大流行りしたことがある。

料理をショーとし、外国人に日本料理を紹介としたということでは、
画期的なことでだったと評価されるべきだろうが、
こうして静かに調理される鉄板焼きを見ていると、
「鉄板焼き」は改めて日本の文化だとして再評価されるべきだと思えてくる。

広島ではBMW広島が、鉄板焼きチェーン「弁兵衛」を数年前から展開しはじめた。
自動車販売店がどうして?と思ったが、
鉄板焼きは日本を代表する文化だと思ったのだろう。

広島風お好み焼きと対になって
「広島風鉄板焼き」があってもいい。

「広島風鉄板焼き」??

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ハワイやロサンゼルスで日本食と言えば、寿司、天ぷら、そして鉄板焼きだったように思います。
その中でも鉄板焼きはパフォーマンスがあり、日本人以外の外国人観光客も多く、いつも隣りの席の人とは「どこから来たのですか?」と聞いていました。
鉄板焼きというと、どうも海外旅行を思い出します。

投稿: アコ | 2013年3月19日 (火) 08時51分


アコ様

そのうちハワイに
「鉄板焼き 広島弁兵衛」なんてお店ができたらいいですね。

投稿: 元安川 | 2013年3月19日 (火) 09時26分


海外の観光地で日本食と言えば、Sushi bar、Teppanyaki Restaurantですね。
他の日本料理と比べると、食材の調達が楽で、本来の料理人としての腕もそれほど重要でもなく、何よりパフォーマンスがうけるということでしょう。
香港では高級な鉄板焼きの店として「なだ万」などもあります。
広島風鉄板焼きということは、オタフクソースでしょうか?

投稿: 灰猫 | 2013年3月19日 (火) 09時34分


灰猫様

なだ万で鉄板焼きをしているとは知りませんでした。
広島にはプリンスホテルになだ万がありますが、
鉄板焼きコーナーはあるのでしょうか。

投稿: 元安川 | 2013年3月19日 (火) 10時25分


国内ではシャングリ・ラホテル東京、横浜グランドインターコンチネンタルのなだ万には鉄板焼きがありましたが、広島のプリンスホテルにはなかったように思います。
広島で鉄板焼きと言えば、ヒロコシの味味亭でしょうか。

投稿: 灰猫 | 2013年3月19日 (火) 11時46分


灰猫様

灰猫さんは何でも詳しいですね。

八雲は何度かいったことがありますが、
味味亭はまだ行ったことがありません。
楽しみがまた一つ増えました。

投稿: 元安川 | 2013年3月19日 (火) 13時16分


ヒロコシといえばルッソですね。
ルッソはヒロコシの頂点です。
誰か誘ってくださいm(_ _)m

投稿: ひろ子 | 2013年3月19日 (火) 17時30分


ひろ子様

ルッソは確かにおしゃれなお店ですね。
会員制というのもあって、ちょっと敷居が高いですね。

投稿: 元安川 | 2013年3月19日 (火) 18時05分

« 雨漏りしない家はない | トップページ | WHOの立場 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ハワイやロサンゼルスで日本食と言えば、寿司、天ぷら、そして鉄板焼きだったように思います。
その中でも鉄板焼きはパフォーマンスがあり、日本人以外の外国人観光客も多く、いつも隣りの席の人とは「どこから来たのですか?」と聞いていました。
鉄板焼きというと、どうも海外旅行を思い出します。

アコ様

そのうちハワイに
「鉄板焼き 広島弁兵衛」なんてお店ができたらいいですね。

海外の観光地で日本食と言えば、Sushi bar、Teppanyaki Restaurantですね。
他の日本料理と比べると、食材の調達が楽で、本来の料理人としての腕もそれほど重要でもなく、何よりパフォーマンスがうけるということでしょう。
香港では高級な鉄板焼きの店として「なだ万」などもあります。
広島風鉄板焼きということは、オタフクソースでしょうか?

灰猫様

なだ万で鉄板焼きをしているとは知りませんでした。
広島にはプリンスホテルになだ万がありますが、
鉄板焼きコーナーはあるのでしょうか。

国内ではシャングリ・ラホテル東京、横浜グランドインターコンチネンタルのなだ万には鉄板焼きがありましたが、広島のプリンスホテルにはなかったように思います。
広島で鉄板焼きと言えば、ヒロコシの味味亭でしょうか。

灰猫様

灰猫さんは何でも詳しいですね。

八雲は何度かいったことがありますが、
味味亭はまだ行ったことがありません。
楽しみがまた一つ増えました。

ヒロコシといえばルッソですね。
ルッソはヒロコシの頂点です。
誰か誘ってくださいm(_ _)m

ひろ子様

ルッソは確かにおしゃれなお店ですね。
会員制というのもあって、ちょっと敷居が高いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56913428

この記事へのトラックバック一覧です: 匠ー鉄板焼き:

« 雨漏りしない家はない | トップページ | WHOの立場 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30