広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | これは多様性ではない »

2013年1月 2日 (水)

カラオケバトル

近頃テレビは、お笑い系の番組ばかりで、面白い番組はないと、
付けっ放しにしていることが多いが、
昨晩、元旦の18:00からの
「新春カラオケバトル 史上最強下克上スペシャル」は夢中になってみてしまった。

ヒット曲を歌った本家の歌手と、歌に自信のある素人が、同じ歌を歌って、その上手さを競う。

カラオケの機器は、DAMの採点付きの機器のようだ。
音程、安定性、コブシ、ロングトーン等が評価され、総合点が出る。

Image


あの大ヒットした「夢舞台」を
アナウンサーの草野仁は 88点、
本家の歌手 梅沢富美男はなんと 81点だ。

「今さらジロー」を歌った
小柳ルミ子は  86点
元宝塚の姿月あさとは  91点。

「いつでも夢を」は
えなりかずき  が 93点
橋幸夫  は91点。

司会をしていた堺まさあきは、最後に歌ったが、なんと83点だった。

「さざんかの宿」をものまね芸人ゆうぞうは95点、
本家の大川栄策は96点というケースもあるが、
ヒットさせた本家が、
次々と負ける。

上手いというのと、人の心ん掴む歌い方というのは違うということだろう。
その人らしい味わいは、正確さからの距離に比例するとすらいいたくなる。

私が時々カラオケで歌う中村泰士作曲の「喝采」は、
作曲家自身が、ちあきなおみに渡したデモテープの歌い方で歌ったというが81点、
対するカラオケ大好きという素人の叶美香は83点だった。
この曲も素人の勝ちだ。

私がシダックスで歌った時は、やっと70点だった。

学校の成績では、60点を越せば合格だ。
私は70点ということで、充分満足しているが、
カラオケ大好き人間の友人は、
コンスタントに86~90点近くだすのに、
彼はなんとしても90点を出すのだと、益々カラオケに入れ込んでいる。

カラオケバトルは平和の象徴?

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


言い訳が出来て、良かったですね。

投稿: 宇品灯台 | 2013年1月 2日 (水) 11時02分


宇治灯台様

そうですね。
何事も、言い訳するのは、苦労します。

投稿: 元安川 | 2013年1月 2日 (水) 11時13分

« 謹賀新年 | トップページ | これは多様性ではない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

言い訳が出来て、良かったですね。

宇治灯台様

そうですね。
何事も、言い訳するのは、苦労します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56447212

この記事へのトラックバック一覧です: カラオケバトル:

« 謹賀新年 | トップページ | これは多様性ではない »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30