広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ネーミングライツと広島文化学園ホールとデオデオパーク | トップページ | 「壊すー作る」  赤坂プリンスホテル »

2013年1月17日 (木)

ネット利用で中選挙区

民主党は野党時代に選挙運動でのネット解禁を訴えていましたが、政権をとってからは放置しており、今度は政権を奪還した自民党が、その法案を作っています。

日本のネット解禁は選挙運動に関してで、インターネット投票どころか、電子投票までにも、ほど遠いものですが、それでも期待できることはあります。

それは小選挙区制の廃止と中選挙区制の復活です。

日本において、中選挙区制が強く批判されたのは、金権選挙の横行ということがありました。しかし、ネットでの選挙活動には、選挙区の広さは関係ありません。

日本における中選挙区のデメリットの一つが一気に払拭されるわけです。

そもそも昨今のように無党派層が多くなれば、小選挙区=政権の安定、とはいきません。下手をすれば連立与党の少数政党がキャスティングボードを握ったりして、おかしな力関係が生まれます。

さらに、韓国のように電子投票などが実施されれば、一人1票と言わず、一人10票でも投票できることになり、ただでさえ少ない投票の死票を少しでも抑えることができます。

そして、間接民主制から直接民主制へ移行することも、ネットの力でハードルは随分低くなっています。

既にお金もモノもネットで動いています。世の中を大きく動かしている株や為替も全てネット上と言っていいでしょう。技術的なハードルは殆どありません。

ただ、韓国でも大統領選挙は電子投票が行われないように、政権への信頼がなければ難しい面もあります。

それを考えると、まだまだ道のりは遠く、一歩づつ前進していくしかないようにも思えます。


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


大して支持率が高いわけでもない自民党が圧勝というのは明らかに選挙制度の問題ですよね。
早くネットでも投票できるようにして欲しいですが、一歩づつでも進めて欲しいものです。
でも、それが政権与党にできるのでしょうか。不安もありますね。

投稿: アコ | 2013年1月17日 (木) 09時17分


私は民主主義の基本はまさに「万機公論に決すべし」だと思います。

そのためには、このブログでも書かれていた直接民主制への移行が最終目標だと思いますが、それまでのステップとして小選挙区の廃止から、政党そのものの廃止まで行うべきだと思います。

国会議員は、自分の選出母体やましては自分の利害ではなく、国のため、日本の子供たちのために考えるという立場を取る人になって欲しいと思います.

現在は、テレビ、新聞だけでなく、インターネットからも十分な情報が得られる時代ですから、中国地方、関東地方と範囲を一つの選挙区として、それも1票ではなく、一人で複数票もしくは、◯と☓をつけるなど、少しでも民意を反映する=死票を少なくする工夫の余地はまだまだ多くあります。

しかしながらアコさんが書かれているように、これを現在の選挙制度の下で政権をとった政権与党に出来るのか、それが問題で、政治任せでは進まないことは明らかです。

投稿: 灰猫 | 2013年1月17日 (木) 10時38分


「民主主義は最悪の制度だが、残念ながら、それ以上にいい制度はない」
と何かで読んだことがあります。

中選挙区制が駄目だから、小選挙区制にしたのですが、その小選挙区制も欠陥だらけだということが、見えてきました。

あの頃と環境も変わりました。

中選挙区制といっても、
かなり違ったものになるだろうと思います。

何事も、澱めば腐るのです。

変えたらいいのです。

しかし、小選挙区制で権力を握った自民党は、自ら変えることはことはないでしょうね。

さあ、どうしたら、いいのでしょうか。
???

投稿: 宇品灯台 | 2013年1月17日 (木) 13時39分


小選挙区が成り立つには、まともな政治家が二つのグループに分かれ、党議拘束もない場合だけだと思います。今のような政治状況では、3割足らずのグループが政権をとりますし、最悪は1割足らずのグループが政権を左右する連立にもなります。
中選挙区も、政治家がまともでなかったですし。
党議拘束をなくし、政治家が個々の判断できる政治にならないといけないのかもしれませんね。
そすれば、バカが代表になっても、民意を裏切る消費増税はなかったでしょね。
また、衆参がねじれていても、必要な法案は通るでしょうね。
ネットだからこそ、中央集権政治から、道州制のような地方分権政治になったほうがいいかもしれませんね。

投稿: やんじ | 2013年1月17日 (木) 22時13分


小選挙区は大反対です。極論ですが支持率が49.99%VS50.01%でも議席はゼロもありえますよね。
また、地元への利益誘導をなくすためにも中選挙区と言わず、大選挙区でも良いのではと思う。
1票の格差もほぼなくなるし。問題は田舎が置いてけぼりになることでしょうね。あと、参議院は
政党や会派に入ることを禁じ「個人」として番人に徹する位置づけであってほしい。じゃないと要らん

投稿: ⑦パパ | 2013年1月18日 (金) 13時08分


アコさん
小選挙区制では明らかに切り捨てられる民意が多すぎるようです。
それを補うはずの比例区にしても、託すべき政党がいないとどうしようもありませんね。

投稿: 工場長 | 2013年1月20日 (日) 11時38分


灰猫さん
「万機公論に決すべし」の実現には、小選挙区も政党政治も程遠いものですね。
価値観も多様になり政党で意見を代表することも難しいようにも思えるので、政党の廃止というのもいいかも知れません。

投稿: 工場長 | 2013年1月20日 (日) 11時40分


宇品灯台さん
他の方も指摘されている通り、政治家任せではダメでしょうね。
国民の力が問われる時ではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2013年1月20日 (日) 11時41分


やんじさん
確かにアメリカの議会などは、いくらねじれても政府はあらゆるメディを使い国民に説明すると共に野党議員一人ひとりへの働きかけも行い、党より個人の考えが優先されているように思えます。
灰猫さんが書かれているように、政党そのものも要らないのかも知れません。

投稿: 工場長 | 2013年1月20日 (日) 11時43分


⑦パパさん
小選挙区制では余りに死票が多過ぎますね。
他の方も書かれているように、政党ではなく、個人を選ぶ選挙にする必要があるのかも知れませんね。
特に参議院は、その通りだと思います。

投稿: 工場長 | 2013年1月20日 (日) 11時45分

« ネーミングライツと広島文化学園ホールとデオデオパーク | トップページ | 「壊すー作る」  赤坂プリンスホテル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大して支持率が高いわけでもない自民党が圧勝というのは明らかに選挙制度の問題ですよね。
早くネットでも投票できるようにして欲しいですが、一歩づつでも進めて欲しいものです。
でも、それが政権与党にできるのでしょうか。不安もありますね。

私は民主主義の基本はまさに「万機公論に決すべし」だと思います。

そのためには、このブログでも書かれていた直接民主制への移行が最終目標だと思いますが、それまでのステップとして小選挙区の廃止から、政党そのものの廃止まで行うべきだと思います。

国会議員は、自分の選出母体やましては自分の利害ではなく、国のため、日本の子供たちのために考えるという立場を取る人になって欲しいと思います.

現在は、テレビ、新聞だけでなく、インターネットからも十分な情報が得られる時代ですから、中国地方、関東地方と範囲を一つの選挙区として、それも1票ではなく、一人で複数票もしくは、◯と☓をつけるなど、少しでも民意を反映する=死票を少なくする工夫の余地はまだまだ多くあります。

しかしながらアコさんが書かれているように、これを現在の選挙制度の下で政権をとった政権与党に出来るのか、それが問題で、政治任せでは進まないことは明らかです。

「民主主義は最悪の制度だが、残念ながら、それ以上にいい制度はない」
と何かで読んだことがあります。

中選挙区制が駄目だから、小選挙区制にしたのですが、その小選挙区制も欠陥だらけだということが、見えてきました。

あの頃と環境も変わりました。

中選挙区制といっても、
かなり違ったものになるだろうと思います。

何事も、澱めば腐るのです。

変えたらいいのです。

しかし、小選挙区制で権力を握った自民党は、自ら変えることはことはないでしょうね。

さあ、どうしたら、いいのでしょうか。
???

小選挙区が成り立つには、まともな政治家が二つのグループに分かれ、党議拘束もない場合だけだと思います。今のような政治状況では、3割足らずのグループが政権をとりますし、最悪は1割足らずのグループが政権を左右する連立にもなります。
中選挙区も、政治家がまともでなかったですし。
党議拘束をなくし、政治家が個々の判断できる政治にならないといけないのかもしれませんね。
そすれば、バカが代表になっても、民意を裏切る消費増税はなかったでしょね。
また、衆参がねじれていても、必要な法案は通るでしょうね。
ネットだからこそ、中央集権政治から、道州制のような地方分権政治になったほうがいいかもしれませんね。

小選挙区は大反対です。極論ですが支持率が49.99%VS50.01%でも議席はゼロもありえますよね。
また、地元への利益誘導をなくすためにも中選挙区と言わず、大選挙区でも良いのではと思う。
1票の格差もほぼなくなるし。問題は田舎が置いてけぼりになることでしょうね。あと、参議院は
政党や会派に入ることを禁じ「個人」として番人に徹する位置づけであってほしい。じゃないと要らん

アコさん
小選挙区制では明らかに切り捨てられる民意が多すぎるようです。
それを補うはずの比例区にしても、託すべき政党がいないとどうしようもありませんね。

灰猫さん
「万機公論に決すべし」の実現には、小選挙区も政党政治も程遠いものですね。
価値観も多様になり政党で意見を代表することも難しいようにも思えるので、政党の廃止というのもいいかも知れません。

宇品灯台さん
他の方も指摘されている通り、政治家任せではダメでしょうね。
国民の力が問われる時ではないでしょうか。

やんじさん
確かにアメリカの議会などは、いくらねじれても政府はあらゆるメディを使い国民に説明すると共に野党議員一人ひとりへの働きかけも行い、党より個人の考えが優先されているように思えます。
灰猫さんが書かれているように、政党そのものも要らないのかも知れません。

⑦パパさん
小選挙区制では余りに死票が多過ぎますね。
他の方も書かれているように、政党ではなく、個人を選ぶ選挙にする必要があるのかも知れませんね。
特に参議院は、その通りだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56537311

この記事へのトラックバック一覧です: ネット利用で中選挙区:

« ネーミングライツと広島文化学園ホールとデオデオパーク | トップページ | 「壊すー作る」  赤坂プリンスホテル »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31