広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« アベノミクス | トップページ | インフルエンザ対策 »

2013年1月26日 (土)

国立大学も広告する!

東京駅のステーションホテルが先日改装オープンした。
それに合わせて駅構内も大幅に改装され、随分と綺麗になった。

キョロキョロして歩いていたら、
新幹線の改札口の手前の柱に幅1M、高さ2Mはあろうかという大きな
「奈良先端大」の広告が目に入った。

Image

正式には奈良先端科学技術大学院大学というらしい。
そんな大学があるとは知らなかったが、また随分と長ったらしい名前の大学だ。
近頃大学の宣伝ポスターを見ることは、さしてめずらしいことではないが、それも皆私立の大学だ。
それが国立大学も広告をするようになったとは驚く。

新幹線に乗って、ネットで調べてみると、
「最先端研究に資する充実した設備、既存の学部概念を取り払った柔軟な教育・研究体制が特徴。
国家戦略「科学技術立国」を目的に、大学院に特化した研究教育機関、国立理工系大学院大学として1991年開校。
学生数は修士課程の学生が700人、博士課程の学生が300人」とある。
小さな大学だが、「既存の縦割り化した学部学科の垣根を取り払った構成にしている」
というのは興味もあるが、博士課程の学生が300人というのは凄い。
毎年100人近く博士が生まれているということだろう。
博士の価値もなくなるわけだ。

しかしそれにしても、こんな形で国立大学がPR活動をせざるを得なくなったというのも、
変われば変わるもんだと驚く。

背景には、色々あるようだが、
国立大学が独立行政法人になり、研究、教育活動の独立性を確保できるようになったのと引き換えに、教育、研究費も自ら確保しろということがあるようだ。
そして、それは大学・研究機関の予算が年々、無条件に一律一割カットされるようになったということに、如実に現れている。

そして更に、
「文科省は、大学に向け、大きな方針として「域学連携」を課している。
これは、平たく言えば、大学が生き残りをかけるには、地域の問題に学で貢献せよ、
ということであり、
それをもっと突き詰めていえば、
研究に必要な費用は自分で集めて来いということである。
それが出来なければ、淘汰されますということだ」
と友人の大学教授は嘆いていた。

そういわれて、思い出すのは、アメリカに留学していた友人が、
「アメリカの大学では、
ある助教が研究の成果をまとめ、本にしてだしたら、
その研究に興味を持った企業から共同研究を申し込まれ、潤沢に研究費を獲得することができるようになった。
彼は、その金でスタッフとスペースを確保し、研究機器を取り揃え、
更に研究成果を上げ、発表した。
それを知った企業が、また・・・・
という循環を繰り返し、助教だった彼はあっと言う間准教授になり、教授になった」
といっていた。

iPs細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中教授は研究者としての才能も素晴らしいと思うが、
優秀なスタッフを集める能力、必要な資金を集める能力も凄い。
そのスタッフも殆どは正規の大学職員ではないという。
山中教授はプロデューサーとしての能力があるともいえるが、
それはもう企業の経営者としての能力があるといってもいいだろう。
そうした能力の裏付けがあって、初めてあれだけの成果が挙げられたのだろう。


今の時代にあっては、
研究者としての個人も大学も、経営者としての能力が要求されるということであれば、
当然こうした大学の広告ポスターも必要になるというわけだ。

そのうち東京駅で「広島大学」のPRポスターやテレビCMをみるようになるのだろうか。

大変な時代になったもんだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


山中教授は、その奈良先端科学技術大学院大学で教授になり、iPS細胞の開発に成功し
京大に迎えられましたよね。受賞時唯一名前を出した(広島出身で同志社大学工学部卒の)
高橋和利さんとも出会っています。今が売り時だから広告を出して一気に知名度をあげたいのでは?
沖縄の公立名桜大学は広島でもTVCMも流してますよね。

投稿: ⑦パパ | 2013年1月26日 (土) 12時12分


そもそもアメリカには日本のような国立大学が存在しませんよね。
アメリカで国立大学と言えば軍事専門大学くらいですし、日本や韓国にみられるような受験制度もなく、A大学で入学してB大学で卒業するなどということもありますから、ハーバードやMITのように特別な大学もありますが、例えば早稲田、慶応のような感じの大学もないように感じます。
日本社会の歪の多くも日本独特の大学制度に起因するものも多く、大学はまだまだ変わらなければならないと思います。

投稿: 灰猫 | 2013年1月26日 (土) 12時13分


ナナパパ様

そういえば山中教授は奈良先端大で実績を上げて、京大に移りましたね。
奈良先端大は最初からそうしたDNAがインプットされていたのでしょうね。
これからそうした能力を創りださなければいけないというところは大変でしょうね。

投稿: 元安川 | 2013年1月26日 (土) 18時29分


灰猫様

確かに日本のシステムのガラパゴス性は、日本の大学制度に由来するところが大きいでしょうね。
それを変えていくのは、大変でしょうね。

投稿: 元安川 | 2013年1月26日 (土) 18時33分

« アベノミクス | トップページ | インフルエンザ対策 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

山中教授は、その奈良先端科学技術大学院大学で教授になり、iPS細胞の開発に成功し
京大に迎えられましたよね。受賞時唯一名前を出した(広島出身で同志社大学工学部卒の)
高橋和利さんとも出会っています。今が売り時だから広告を出して一気に知名度をあげたいのでは?
沖縄の公立名桜大学は広島でもTVCMも流してますよね。

そもそもアメリカには日本のような国立大学が存在しませんよね。
アメリカで国立大学と言えば軍事専門大学くらいですし、日本や韓国にみられるような受験制度もなく、A大学で入学してB大学で卒業するなどということもありますから、ハーバードやMITのように特別な大学もありますが、例えば早稲田、慶応のような感じの大学もないように感じます。
日本社会の歪の多くも日本独特の大学制度に起因するものも多く、大学はまだまだ変わらなければならないと思います。

ナナパパ様

そういえば山中教授は奈良先端大で実績を上げて、京大に移りましたね。
奈良先端大は最初からそうしたDNAがインプットされていたのでしょうね。
これからそうした能力を創りださなければいけないというところは大変でしょうね。

灰猫様

確かに日本のシステムのガラパゴス性は、日本の大学制度に由来するところが大きいでしょうね。
それを変えていくのは、大変でしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56604822

この記事へのトラックバック一覧です: 国立大学も広告する!:

« アベノミクス | トップページ | インフルエンザ対策 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30